広布の大河に君ありて tori

病多き衆生の良薬

 

 聖教新聞の体験談を見ても家庭不和や経済苦、医者も見放すような病気、障碍と、それこそありとあらゆる悩み、苦しみがでてきます。それでも明るく強くたくましく生きていくことができる。悩みを跳ね返し、悩みに負けない生命力を日々の信心で湧現し、やがてその悩みを克服していった体験であふれています。

 その一番の原動力は何か? 私は自分自身の「負けじ魂」であり、信心に対する「「歓喜」「感謝」の心ではないかと思います。

 前回の記事で、池田先生の「感謝するから幸福になる」との言葉を引用しましたが、私自身はどうかというと、実は感謝や歓喜が湧かない時期も長くあったのです。(引きこもっていた時期もだいぶありましたので(笑))

 それが私の場合はある悩みを契機に感謝や歓喜の信心に変わっていきました。どういうことかといいますと、その悩みは自分ではどうすることもできないもので、御本尊の力を頼む以外に道がなかったのです。どんな悩みでも解決できる御本尊をいただいている・・・無理を承知で頼める御本尊がある・・・そう思うとそれだけで「なんとありがたい」と思えたのです。





IMG_3222b.jpg
                             <白い曼珠沙華>




 「南無妙法蓮華経」は一切衆生のあらゆる病の最上無比の特効薬です。そしてその薬は飲み放題であり、飲むほどに体内に行き渡り、不思議にも悩みは解決していきます。そう思うと、題目がありがたく思えて、あげることがうれしくなってきたのです。早く良くなりたいものですから、よくあがるのです。

 コップ一杯の水は普段はさほどありがたみを感じませんが。本当に喉が渇けばそのありがたみがわかります。それと同じように自分が窮(きゅう)した時にはじめて御本尊様を拝めるありがたみを感じたのです。


 世の中には精神的な病や癌や難病など、まだまだ医学では解決できないものがたくさんあります。そういう宿業が身に出た時、「ついに出たか、だがいかなる病もこの妙法で治せるのだ、その題目が自分にはある。」「御本尊第一、題目第一でこの病を必ず変毒為薬できる。」「ありがたい、ありがたい」と歓喜と感謝に燃えて、題目を唱え抜いていけば、御本尊様の力が湧かないわけはないと思います。そしてその題目は凡夫にはまさに「色香美味」であり、ありがたくおいしいのです。

 それを幹部に指導を受け、「あなたは何時間あげなさい」などと言われ、「大変なことになった」と渋々義務であげてもどこか苦しいものです。(笑)それより「ありがたい薬を飲ませていただける。」と歓喜と感謝の心であげれば、仏も歓喜して我が身に力を返してくださるのではないでしょうか?

 その題目に功徳が出ないということはないと思います。どこまで行っても自分の一念が自分に返ってくる。おまけもお釣りもありません。鐘を突けば突いた力の分で音が返ってくるように、自分の信心がそのままダイレクトに返ってくるのだと思います。

 「この腐った脳味噌をきれいにしたい」 「もっと笑いがあふれる家庭にしたい」 「貧乏を卒業してお金もじゃんじゃん入ってくるようにしたい」と、私など病気も満載の不浄の身の上です。ですので今日も「妙法病院」に通い、「南無妙法蓮華経」のお薬をありがたく頂戴するのであります。

 この感謝の題目にどんな功徳が返ってくるか、私はいつも楽しみです。ニッコリ笑顔で大聖人様の御生命を拝し、「南無妙法蓮華経」をありがたく唱える・・・それしか私にはこの世を生き抜く智慧も力もないのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


「感謝するから幸せになる」




IMG_3088q.jpg
 



 <幸せだから感謝する>以上に<感謝するから幸せになる>のである。

 これは池田先生の「ありがとうは奇跡の言葉」(「人生は素晴らしい」より)という一文の中の一節です。信心していくものにとって、この言葉は深く考えるべき言葉ではないかと私は思います。

 世間では「お金持ちになり悠々自適にでもなれば、感謝するよ」といいます。確かにそうかもしれませんが、仏法ではまず感謝できる自分になることが先で、その後に幸せになるのだというのです。ですからお金持ちになろうという願いよりも、感謝して生きていける自分になることの方が先に来るべきなのかもしれません。

 私自身もお金も欲しくて信心してきたのですが、気が付くとお金より「感謝や歓喜」の方が先にやってきました。こんな私にも他者の幸福をガンガン祈りながら毎日を生きる・・・自分のこともままならないのに、そんな世界が俄然、開いてきたのです。

 「ネットだから王者の剣はまたきれいごと言ってるよ」と言われそうですが、「六根清浄」の功徳ある信心をしているのですから、30年もやってそうならない方がおかしいのだとも言えます。

 「感謝するから幸せになる」・・・これを応用しますと、「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいことが起こってくる」「元気だから人を励ますのではなく、人を励ますから元気になる」・・・という風にすべて、物事の順序が逆になってくるのです。信心が強ければ病気に感謝、貧乏に感謝、そして御本尊様に感謝となり、それでその苦しい宿命に勝てるのだと思います。

 私の地区でも「今の私では誰も信心しない。もう少し幸福になったら折伏する」という人がいます。それでは駄目ですよね。貧乏でうだつがあがらない自分のままで折伏に歩くから、仏様から功徳をいただいて立派になっていくのですから。

 この一文には次のような一節もあります。

 「ありがとう」と言えない時、人の成長は止まっている、成長している時、人は他人のすごさが見えるからだ。成長が止まると、人の欠点ばかりが目につくからだ

 うーん、まさにこの通りですね。「人を見下げて高いところにいたい、自分が中心でないと面白くない」・・・そういう根性の人は「ありがとう」が出ないものです。人の欠点をあげつらうことによって、自分を立派そうに見せる・・・そういう人は成長が止まっていると仰せです。人の素晴らしさを感じることができるか・・・そこに人を鏡として自分の成長も見えるというものです。

 
 昨夜は同中に参加しましたが、素晴らしい同中でした。海外の友の弾ける笑顔・・・「青年よ21世紀の広布の山を登れ」の大歓喜の合唱に私も心が打たれました。家内も感動していました。明日は外部の友人を連れてもう一度、同中参加です。その友人も任用試験を受けてくれることになりました。(笑)

さあ、行動の秋きたる・・・私も一段とエンジンを吹かして、他者の幸福のため、地域を奔走したいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

先生のメッセージから



 少し前ですが、7月30日付の聖教新聞に、池田先生の全国最高協議会へのメッセージが紹介されました。

 一部を抜粋しますと・・・


 「釈尊、そして御本仏の広大なる慈悲を体し、荒れ狂う娑婆世界で大法を弘通しているのは、学会しかない。戸田先生が「創価学会仏」と言い切られた所以である。」

 「学会が勝ち栄えなければ、広宣流布は断絶してしまう。学会を守ることが妙法を守ることだ。学会を永遠ならしめることこそ、慈折広布を永遠ならしめることなのである」

 「学会の永遠性を確立するのはまさに「今この時」なのであり、この「地涌の本懐」を宿縁深き同志と一緒に、断固と成し遂げていきたい」


そして最後に「原田会長を中心に、油断を排し、一切の魔を打ち破る祈りと「水魚の思い」の団結で、常勝の大前進を」と念願されています。





IMG_2534c.jpg






 先生が終始、原田会長以下の現学会を信頼し、その前進を見守っておられることがメッセージからもよくわかると思います。
一切の魔を打ち破る祈りと「水魚の思い」の団結で、魔を見破って学会を守っていきなさいとの仰せです。


 近年の一連の改革(広布大誓堂建設、会則改正、新勤行要典)などは私もすべて池田先生のお考えであったと思います。そしてもう一歩深くそれを考えるなら、池田先生が御本仏日蓮大聖人の御仏意を受けて、具体化されていったものだと思います。


 日蓮大聖人の願いは広宣流布であり、一切衆生の幸福です。一人でも多くの民衆が信心を遂げて「一生成仏」していくために、「創価学会」と「創価三代の会長」を呼び出だされ、平成になっての宗門からの独立、そして今日の改正等の流れと、すべては御仏意、御仏智として創価学会の中に具現化されていった・・私はそう確信するようになりました。

 「後顧に憂いなき」という言葉がありますが、後のものが安心して信心に励めるように、どこまでも手を打ってくださる師匠に「先見の明」を感じるとともに感謝の思いは尽きません。

 インドやアフリカを始め、世界広布は今、歴史的画期を迎え、旭日の昇るがごとき勢いです。その時に長行の五座三座の勤行では世界広布の足かせになります。忙しい現代人にとって、「方便自我偈」を一回にして、お題目をできるだけ唱えるという、現実的、価値的なスタイルも時代にふさわしいものであり、会員に喜ばれ定着しました。

 また宗門の権威に会員を縛り付けるのではなく、伸び伸びと民衆が広宣流布に向かえるようにしてくださったことも、すべては民衆のため、広宣流布のためという発想の賜物だと思います。

 創価学会がなければ世界広布など夢のまた夢です。おそらく他の誰も成し遂げることはできないでしょう。創価三代という御本仏直結の師匠が指揮をとられたがゆえに可能になったことは歴史の事実であり、仏意仏勅の団体として「仏力法力」が流れ通わなければできるものではないことを確信します。

 素晴らしい師匠に連なっていける地涌の菩薩の誉れも高く、皆さんと共に「人間革命」の坂を登っていきたい・・・昇りくる朝の太陽に誓いながら、今日もまた前進したいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30