FC2ブログ
2019
08.19

悩みに負けない生命力

Category: 信心
 

 台風も日本列島を通過していきましたが、皆さんのところは大丈夫だったでしょうか?こちらは台風の暴風域でしたが田んぼの稲が少し倒伏したぐらいで、大きな被害はありませんでした。それにしても暑さが尋常でありません。私も日中はなるべく外に出ないで、自宅で題目をあげたり本を読んだり、高校野球も見たりしながら、お盆はゆっくりと過ごしておりました。



13_R.jpg



 我が家ではここ数年、家内が病との戦いを強いられたもので試練が続いていましたが、ようやく一山超えたように思います。この夏も検査で引っかかっていたこともあり、娘も一緒に無事を祈り勤行唱題を真剣にいたしました。個々の信心を励まし家族の絆を強めるという意味で、病こそ「人間革命」の機縁となります。御聖訓に「このやまひは仏の御はからひか・そのゆへは浄名経・涅槃経には病ある人仏になるべきよしとかれて候、病によりて道心はをこり候なり」(妙心尼御前御返事1480p)とあります。家内もまた病によって信心に目覚めていった一人です。

 精密検査の結果が出るまでは、家内はとても不安な心境だったのですが、検査結果では何ら異常もなく、みんなで手を取り合って喜びあいました。「お父さんに比べたら、私はまだまだ自分を信じられてないわ」と家内が言いますので、「それがわかっただけでもすごいやん」と私は言いました。

 今の私は、「いつでも仏の力を出せるのだ」「題目があれば鬼に金棒なのだ」・・・そういう心境で生きています。何もないことが幸福なのではなく、何があっても負けない強い心こそが幸福です。それが本当の安穏であり自信です。そう確信できれば「煩悩即菩提」へといつでも開くことができます。結局はわが生命を御本尊と信じきって唱題行に励むほかありません。

 いまだその確信が家内にはないのかもしれませんが、その間は私が杖柱となって支えていくしかありません。「今日も励まし明日も励まし」・・・そうやってお互いの信頼も強まれば、おのずと和楽の家庭も築けるのではないかと思います。一緒になったころは喧嘩もよくありましたので、病を通じて夫婦の人間関係も深まっていったように思います。

 何かあるごとに、信心が強くなっていく・・・その姿があればその人は、「一生成仏」への軌道を正しく進んでいるといえるのではないでしょうか?

 8月4日付の聖教新聞一面、<四季の励まし>で池田先生は次のように綴られています。

 信心したからといって、悩みの「汚泥」が
 なくなるわけではない。
 「悩みに負けない生命力」が出るということだ。

 むしろ、悩みをいっぱいもっていくことだ。
 それらの悩みに どれだけ挑戦できるかを
 楽しみにできるような 境涯になることである。

 大いなる境涯の人は幸福である。
 広々とした心で、毎日を生きぬいていける。
 強き境涯の人は幸せである。
 苦しみにも負けることなく、
 悠々と一生を楽しんでいける。

 

 そして希望をもって自己の課題に挑戦していくことの大切さ、またその源こそが信仰であると指導されています。私もその通りに生きていきたいと思います。「むしろ、悩みをいっぱいもっていくことだ。」・・・この一行に信心の醍醐味が感じられ、何とも頼もしい心を感じます。

 かくいう私の眼前にも不可能と思えるような壁が横たわっています。しかし、必ず超えて見せるとの強い信念と不屈の闘志を燃え上がらせていきたいと思います。不幸の壁にマシンガンを撃ち続けるが如く、力強き唱題行に専念するのみです。「私には題目がある、今こそ題目ですべての壁を打ち砕くのだ」との思いで挑戦です。

 組織にあってはいよいよ今週から唱題会を中心に後半戦の活動が始まります。誰よりも題目に挑戦する「唱題行の王者」、「地域の黄金柱」となって、先陣を切って戦っていきたいと思います。



Comment:0  Trackback:0
2019
08.03

仏はあなたを見捨てない

Category: 信心

 8月に入り猛暑の日が続いています。しかし心は灼熱地獄に負けることなく、8月の太陽のごとく輝いて生きていける・・・それが妙法の生命力です。よく睡眠をとり、栄養のあるもの、水分摂取を心掛け、夏バテしないようにやっていきたいと思います。
 
 我が家で購読している未来ジャーナルを読んでいましたら、こんな指導がありました。

 戸田先生に、入会まもない女子部員が「『南無妙法蓮華経』の意味について教えてください」と質問したことがあります。
先生は、「いい質問だね」とほめられながら、満面の笑みで答えてくださいました。「南無妙法蓮華経とは、つきつめれば、日蓮大聖人の御命と断じて差しつかえない。大聖人の御生命が南無妙法蓮華経ですから、弟子たるあなたの生命も同じく南無妙法蓮華経なのだよ。自信をもち、胸を張って、朗らかに生きなさい」
(未来ジャーナル2019.5.1号より)

 信心の姿勢、信仰者の生き方について明快に教えてくださっています。この心で信仰に励むなら、どんな苦難も乗り越え、道は開いていきます。これで不幸になって人生が終わるなら、仏様は嘘つきになってしまいますが、そのようなことは絶対にありません。


砂丘1a_R



 医者が見放した病であっても、返しきれない借金を背負った人であっても、使命のある人であるなら仏様は絶対に見放したりはされません。凡夫が仏を捨てることがあっても、仏が凡夫を捨てることなどあるでしょうか?「絶体絶命」という時のための御本尊であり、必ず解決の道が開いていきます。そのことを知るために、また御本尊様の功力を証明するために、信心の強い人には大きな難が出るとも言えます。それはその人が必ず信心で乗り越えられるだけの人だからです。

 病で言えば医者は外から薬なり手術なりの治療ですが、仏様は体内から病を打ち破る力を出してくださいます。医者の治療は受けるとして、御本尊に題目を唱える時、その無限の力を体内に引き出せる・・・南無妙法蓮華経は宇宙に存在するあらゆるものを生み出す根源ですから、ガンであれ借金であれ、それらを治癒し、変毒為薬する力があるのは当然です。


 さらに次のような指導があります。

「此の御本尊も只信心の二字にをさまれり以信得入とは是なり」
(御書1244p)
 「信心」とは「信じる心」「信じ抜く心」です。御本尊と自分が一体であると信じ、題目を唱え続け、前進していくところに、必ず必ず、希望と幸福の勝利の道が限りなく開いていくのです。」(同未来ジャーナル)

 御本尊は我々と不二であり、一つです。我々の生命が南無妙法蓮華経であり、信心する人はいつでもどこでもその力を出すことができます。あたかも打ち出の小槌を持っているようなものです。

 だから「困った、南無妙法蓮華経」といけばいい。それが天台のような難しい法華経と違って、大聖人様の信心の素晴らしいところです。智慧の有る無しを問わず、信心さえあればどなたでもウエルカムです。(笑)一切衆生、万人に開かれた御本尊であり、幸福製造機械と言われる所以です。

 その素晴らしい御本尊を顕してくださった大聖人様に今日も感謝を申し上げながら、「我が生命は南無妙法蓮華経なり!これだけでいくのだ」と、決意すればそれで全てです。その心に立つとき、どこにいようと希望が満ち、歓喜の生命となります。そしてその人は未来永遠に妙法と生き抜く軌道に載っていけることでしょう。私もその一人となって、さらに信心を強めていきたいと思います。



 続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2019
07.25

法戦を終えて

Category: 徒然の記


 多くの同志の皆様、法戦大勝利おめでとうございます。兵庫は苦しい選挙戦でしたが、激戦に勝利することができました。地元をはじめとする全国同志の団結の勝利だと思います。「兵庫を勝たそう!」という支援を全国各地から頂きました。その意味で兵庫の勝利は創価同志全員の勝利だと思います。

 また今日よりは気持ちを切り替え、勝って奢らず・・・兜の緒を締めて、次なる峰に向かって歩を進めたいと思います。



IMG_7476q.jpg



 選挙当日、私も諸天の加護を感じながら走っておりました。早朝から「Tさん入れたよ!」「投票、行ってきたよ」と外の方からいつになく連絡をいただいたり、また普段は話がうまく通じない障碍者の方が、喜んで選挙に行くと言ってくださったり・・・すべてがスムーズにうまくいきますので、「今日は勝てるぞ」との確信を持って回っていました。婦人部の方とも連携を取り、皆さん連れ出しによく動いていただきました。結果、全体の投票率が下がる中、前回よりもわが町は得票数を伸ばし、候補も当落線上から2位当選・・・県内では歓喜が爆発しました。

  一人一人、自身の宿命転換を賭けての戦いです。広宣流布のために、健気に戦った人には必ず功徳があります。私も動くほどに、生命に勢いが出て、これまで会えなかった人ともたくさん対話できました。そして大きな功徳をいただきました。戦い終えて、今、私が一番感じることは先生と共に、先生の下で戦うことほど誇らしくまた楽しいことはないということです。終わったばかりですが、早く次の戦いがやりたい・・・と、そんな前のめりの心境でもあります。

 翌日、聖教新聞を配達しながら、「池田先生、兵庫は勝ちました。」と心の中で叫んでいました。これからは、行くところ行くところ連戦連勝でいくのだ!との思いが湧いてきます。途中、出会った外の婦人も(前回の記事で四国の婦人達を案内した地元の方です。)「良かったねえ。私も心配で、あれから2回も友人のところに頼みにいったのよ」と言われたので、「あなたはもう学会員以上ですよ。これを機会に入会しましょう!」と言いますと「いや、それはまだあかんねん!」(笑)・・・しかしその顔は学会の勝利を我が事のように喜んでくださっていました。

 学会の題目の力はいざという時に諸天を動かすことができる・・・兵庫中の題目で諸天が大いに動いた法戦でした。時には魔民さえも仏の応援に回ります。K市では立憲の党員である市長が、公明市議の日ごろの市政への貢献に感動し、「今回はTさんを応援します」といって、公明支援に大きく動いてくださったとの話も聞きました。

 仏の生命とは、三世永遠に師匠とともに戦いゆく生命です。今世だけではない・・・来世も、次も、またその次も、永遠に師匠と共に広宣流布に戦うことを決意した生命です。その心で自身の生命を固めることができれば、死も恐れなく来世に旅立てる。また明るい未来を三世に開いていくことができる・・・そういう安心と確信の生命へと変革していくのですからすごいことです。信心に反対する人は、その徳をもらうことができない・・・これは同じ人に生まれ、大きな損だろうと思います。

 ともあれ冥の照覧は絶対です。人の眼につかなくとも、足で歩き、口で語り、広布に貢献した人の功徳は絶大であります。私が言わずとも、戦った人はみんな功徳を受けられることでしょう。

 さあ、白馬がパッパッと駆けゆくように、大宇宙に信強き題目の音声を轟かせ、いよいよの思いで後半戦のスタートを切っていきたいと思います。

 

 
Comment:0  Trackback:0
back-to-top