広布の大河に君ありて tori

TOP徒然の記 ≫ 雪中座談会

雪中座談会




IMG_4234a.jpg





 日本列島各地は、ここ数日、稀に見る豪雪に見舞われました。私の地域でも山間部ということもあり、30cmを越える積雪となり、隣の地区では最大70cmの雪が積もったそうです。

 その地の配達員さんと連絡を取りましたら、早朝に聖教配達を済ませたそうで、これには恐れ入りました。早朝と言っても真っ暗です。私の方は事故の危険が高いと判断して、朝の配達を3日間、断念。道が通りやすくなった夕方に配達をしたのですが、それでも路地に入りますと雪が凍っており、ヒヤヒヤしました。

 我が家にも雪がまだたくさん残っていたのですが、昨夜は座談会を開催いたしました。雪で中止も考えのですが、なんとしてもやりたいと思い、仕事から早めに帰り、家の周辺の雪かきなどして開催にこぎつけました。

 前回、お話した新入会者の婦人も紹介者の男子部N君とともに参加され、また久しぶりに参加したという方もあって、多くの人(といっても10数人ですが)がお見えになりました。

 「人は灯り」・・・私は座談会のたびにそう思います。一人でも多いほど、会場は明るくにぎやかになります。たとえ暗く沈んだ人でも仏の生命を秘めた「灯り」です。そのこともあり、座談会の前には一人でも多くの方が参加されるように祈らずにいられません。


 今回は恥ずかしがり屋のうちの娘が未来部代表で、「へっこきよめさん」という紙芝居をやってくれました。(恥ずかしがりのわりにはすごいのをやります。)その中で何度も嫁が屁をする場面があるのですが、婦人部の方がうしろを向いて「プ~」と大きな声でやってくださり、大笑いの一幕もありました。

 男子部N君には今回の折伏の体験ということで発表してもらいました。

 彼は関東のある大都市の出身で、たまたま介護関係の職種の募集で、神戸だと思って来てみたら、ここが大変な田舎だったのでショックだったそうです。一昨年はトラックと正面衝突をしたものの、奇跡的に助かったという経験もあり、死んでいてもおかしくない事故だったようで、「死ななかったのは使命がある。大功徳や」と、私も励ましています。

 彼も今時の青年ですが、折伏を目標に毎日、一時間の唱題を欠かさない強さもあり、2世らしい福運を感じます。何かあると連絡をくれることもあり、私は彼を自分以上の人材にと秘かに企み、ともに折伏戦に歩きたいと思っています。なんといっても25歳・・・その年がまぶしい!(笑)

 新入会の婦人も少し落ち着いてこられ、周りの婦人部の方とも少しづつ、うちとけていかれるようです。長年ごたごたともめていた土地の権利の問題が、入会後すんなり解決がつき、「初心の功徳やなあ」と喜んでいたら、娘が訪ねてきた際にその話を聞き、「私も拝む」と言って題目を唱えたそうです。その娘さんも当初は親戚と一緒になって、お母さんの入会に反対していたのですから、何がどうなるやら、面白い展開です。

 座談会の中で、参加者の方に一文字づつ、漢字で今年にかける思いを書いてもらいました。「挑」、「革」、「信」、など・・・中には「陰」と書いた人もいました。「陰徳に徹するのか?」と聞きましたら「いや、表には出ない」と言って笑わせてくれました。確かにめったに出てきてくれない壮年さんです。(笑)

 私は「動」と書きました。家庭訪問、折伏と行動によって道を開いていきたいと思っています。

さて、皆様はどんな一文字でしょうか?
誰しもいろんな悩みを抱えていますが、それを忘れるぐらいの強情な信心で、悩みを吹き飛ばしながら、走り抜きたいものです。


 雪の中を帰る皆さんを見送りながら、「みんな功徳を受けて幸せになろうな」・・・善知識の集いに私自身もほっこり心が温もった雪の一夜となりました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

長の一念
編集
雪の中 お疲れ様でした
功徳満開の 座談会 素晴らしいですね(^^♪

東京は 雪慣れしていないせいか すぐに 中止になります
上から流れてくると すぐ 中止になるのが さみしいですよ(笑)
私は やっちゃいけないんですか?と聞きます
そういうわけではないけど・・・という 返事が欲しいから(大笑)

うちは 今日が座談会です
母の話を 体験発表させていただくことになってます

雪かきは 絶対無事故 祈りますね
2017年01月19日(Thu) 14:48
Re: 長の一念
編集
ちよさんへ

座談会に来てくださった方が、あったかい心になって帰られると嬉しいものです。

今は無事故優先ですので、中止もやむを得ないことがあります。
野外での座談会や飲食なども、原則、駄目ですし、時間にも厳しいですね。

やはり品行や秩序、無事故がより大事だということでしょう。
堅苦しいのも事実ですけど、組織行動、団体行動ですのでやむをえません。

ちよさんなど、嵐の中で座談会をやりたい方でしょうけど(笑)














2017年01月19日(Thu) 16:16
No title
編集
こちらは昨日まで私は半袖で生活していました。
今日は冷え込む予報です。
只今の気温は16度です。
20度切ると寒さを感じます。
私にとって、寒くて雨の多い、この時期は一番嫌いです。
さて、あと数日で2ヶ月五時間題目、100万題目になります。
ちょっとしたきっかけから五時間題目するようになりました。
五時間1週間できたら一ヶ月、そして2ヶ月と伸ばしていきました。
一日五時間題目する人は宇宙人と思っていた私が2ヶ月できそうです。
これだけ題目上げたことはありません。学生時代にもありませんでした。
数年後には還暦の私です。は還暦までは助走期間との気持ちで題目を上げきり実証を示し、悔いのない人生をと
決意しています。

2017年01月20日(Fri) 15:08
はじめまして
編集
こんにちは
私はアラ還の婦人部員です。
いまだかつてない宿業の大波に飲み込まれて
身動きとれない状態です。
そんな時こちらのブログに出逢えました。
心がほっこりして 又前を向いて行こうと
少しだけ動き出しました。ありがとうございます。
また覗かせて下さい。楽しみにしています^_^
2017年01月20日(Fri) 16:14
Re: No title
編集
うるとらまんさんへ

すばらしい挑戦ですね。
一日5時間の題目を続けるなんて、それこそ信じられません。(笑)

目標に向かい、宿命打破に向かい、題目を唱えていくことほど素晴らしいことはありませんね。

私もそちらの半分ほどですが、朝夜1時間の題目のリズムは変わりません。
それに加え、朝は配達、夜は会合に唱題会など時間と疲れとの戦いです。

今夜も夕方から会館警備です。

最近、朝5時に起きれなくなりました。(笑)
起きて、コーヒーでも飲まないと、身体が始動しません。

沖縄と違い、本州の北日本側は今、冷蔵庫状態です。
それでも動き始めると、心に太陽が昇ります。
池田先生のまなざしが太陽光線となって心に射し込みます。

そして「さあ、やるぞ。負けるものか!来るなら来い!」と気合を入れて出発です。
そうなると歓喜が体に走ります。その歓喜で題目を唱えて走っています。


「歓喜があれば何でもできる!」確かイノキさんもそう言ってましたよ??(笑)

今年も一年、ともどもに元気でやりましょう!
私も自分の壁を破る決意で挑戦していきたいと思います。

どうか沖縄から暖かい春の風を吹かせてください。

2017年01月20日(Fri) 16:49
Re: はじめまして
編集
花水木様

はじめてということで、コメントをありがとうございます。

たとえ、少しでもブログが励ましになれたなら嬉しく思います。

>いまだかつてない宿業の大波に飲み込まれて身動きとれない状態です。

大変な状況なのですね。
いざ、自分がその苦境に立つと、心も体も簡単に立ち上がれないものです。

それでも前を向いて進み始められたのですからすごいことです。
宿命に勝つか、負けるか・・・勝つには御本尊を抱きしめて戦う以外にありません。

腹を据えて御本尊に向かうことが、一番の近道です。
「何の兵法より法華経の兵法」・・・そう決めて祈りゆくなら、必ず妙法の力が湧現し、宿命が転じていきます。

どんな苦難にも必ず勝てます。その苦難には幸福になるための深い意味があり、戦う中でそのことに気がつく時が来ます。
どうか希望を持って明るい未来に前進していってください。私も陰ながら応援していきます。

またブログにも遊びに来てください。
ともどもに勝ちましょう!

2017年01月21日(Sat) 02:11
編集
雪が降る中での新聞配達、お疲れ様です。

今日の新聞で、無冠の友への新春メッセージがありました。

「無冠の友」の渾身の力走あればこそ、聖教新聞の真心のリレーも実を結ぶのです。
皆さま方こそ、信心の息吹と感動を伝える゛人間機関紙″を、「日本中に、世界中の人に読ませたい」という恩師・戸田先生の熱願を、全国の同志に届けてくださる、最強の幸福勝利のアンカーなのです。

私も先生と共に、絶対無事故でと祈ります。
お風邪を引かれませんように。
2017年01月23日(Mon) 22:04
Re: タイトルなし
編集
プリッツさんへ

コメントをありがとうございます。

今年の冬の配達はきっと雪が降り積もるように、功徳も降り積もることでしょう。(笑)
暗い雪道を難儀しながらの仏道修行は、道の遠きに功徳ありと同じ原理でしょうか?

毎日がありがたい日々です。その感謝の心がさらに自分を「人間革命」していくように思います。
ひねくれ者の、垢まみれの私ももっと人を愛し、朗らかないい人間になっていくことでしょう。

池田先生に感謝感謝の日々です。

法華経の信心は冬が春になる信心です。
私も入信以来長い冬を味わってきています。
それでも少しづつ、雪が解け、氷が解け、春の陽射しが感じられるようになりました。
いよいよこれから「御奉公」と心に決めて、精進したいと思います。

プリッツさんも宿命に負けないで前進してください。
堅固な信心を貫き通されているのですから勝利は必ずやってきます。

共々に前進してまいりましょう!
2017年01月24日(Tue) 17:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31