2017
07.19

組織という名の宝処

Category: 信心
 
64年前の7月21日に池田先生の人選で新たに「水滸会」が発足したそうですが、その折、池田先生が三か条の誓い(水滸の誓い)を示されたそうです。

 それは「御本尊に対する誓い」「師匠に対する誓い」「会員同志の誓い」の三か条です。(聖教新聞「栄光の峰をめざして」7.10日付より)

 とてもシンプルな言葉ですが、私は創価学会の信心の根本がここに示されていると思います。

 この3つの誓いに生きる人は、仏法の軌道に乗り、やがて歓喜と幸福の世界に入っていくだろうと思います。逆にそのうちのどれかが欠ければ、やはり不完全な信仰になるだろうと思います。日々の修行は御本尊に対し、その心をより深く強めていくものだと私は思います。

 その心で信心に励む人達が団結し、「広宣流布」の戦いをしていく・・・それを仏様は、どんなに喜んでくださるだろうかと思います。互いに尊重しながら、信心を高めあう・・・同志が生命と生命で結ばれた家族のように仲良くしていくことも、人としてまったく自然な流れです。

 学会の師匠は、常に民衆の中に飛び込み、民衆と一体となって、広宣流布をされてきました。そこに仏法者の向かうべき正しい道があると思います。ガンジーやキング博士など、人権運動のリーダーも、同志と手をつなぎ、連帯をもって権力や差別と戦いました。真に「一人立つ」人こそ民衆から離れない・・・積極的に同志との連帯を広めゆく人だと思います。






IMG_6818q.jpg




 

 組織がなくても一人で、信心はある程度できるかもしれない。しかし「広宣流布」はできないと私は思います。世界広布が進展する時代にあって、しっかりとした組織がなければ、どうして多くの入会者を受け入れ、責任をもって育てていくことができるでしょうか?各自が勝手気ままで、どうやって「異体同心」の勢いが出せるでしょうか?「広宣流布」の信心である以上、それを推進する創価学会に殉じることは、私は日蓮門下として最も正しい生き方であると思います。

 私もかつては素直になれずに、組織に出ない時期もありました。そのどちらもやった経験から、組織に出ないときは、やはり独りよがり(利己的)であり、発展性のないものであったと思います。今、地域の人々と切磋琢磨する中で、生命は「麻畝の性」のごとく素直になり、人間的にも開けてきたことを感じます。

 そこに組織活動による功徳の大きいことを感じますし、何より同志の方と活動している自分を健全に感じます。学会活動が何をするよりも好きになったと言ってもいいかと思います。

 戸田先生は「戸田の命より大切な学会の組織である」と烈々たる気迫で言われました。また「大聖人が創価学会を召し出だされたのだ。学会の信心以外に、大聖人の御心(みこころ)に適(かな)う信心などない。御本尊の本当の功力もない。仏法は勝負だよ。」と言われています。本当にこちらが吹っ飛んでしまいそうな戸田先生の師子吼は、まさに学会こそが宗教界の王者との大確信の言葉であります。

 信心の組織である以上、、教義や運動などその教団の独自性はあります。また内部に傲慢な人もいるかもしれない。負の部分をあげれば、どの組織、団体もあるに決まっています。しかし、学会の本質は、戸田先生が断言されたように、日蓮大聖人が召し出だされた「仏意仏勅」の仏の一団であり、大聖人様御遺命の広宣流布のための陣列です。

 私はそこに偉大さを感じますし、そこで戦える自分を誇りに思います。学会はまさに法華経に説かれる地涌の菩薩の集結の場であり、仏の生命が躍動するもっとも輝かしい宝処であると、私は確信しています。

 それゆえに学会から離れていく人ほど残念な人もいない、これは本当に正直な私の気持ちです。「何があっても学会から離れてはいけない」・・・との池田先生の指導は、人の三世の生命を考えるときに、重い意味があるだろうと思うものです。


 さて昨夜は多くの方が集っての座談会となりました。様々に境遇は違えども、創価の善友であることは皆同じです。「なぜ組織に出るか?」と問われれば「そこに多くの同志がいるから」「この集まりが好きだから」・・・それが私の答です。

 暑い夏を境にいよいよ後半戦、弘教拡大を目指し、意気軒高にやっていきたいと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/224-f7f31a7a
トラックバック
コメント
王者の剣さん
前記事のお写真、朝日だったんですね(汗)失礼しました。
これは紫陽花のかざり花?でしょうか。
涼し気です(^◇^)

新人間革命第8巻「宝剣」の章で、
「信心の筋金が入った人間とは、どういう人間をいうのでしょうか」
との青年の質問に対し池田先生が、

「それは、一生涯、学会についてくる人間のことです。また、広宣流布に生きる先輩についていく人間のことです。たとえ、誰から怒鳴られようが、あるいは、蹴飛ばされようが、学会から引き離されようが、どんなことがあっても、学会につききっていくことのできる人間が、信心の筋金の入った人だ。」

と答えられています。

私もかつて怨嫉などが原因で、組織から離れた時期がありました。
でも、どんどん生命力が落ちていく一方で、いいことは一つもありませんでした。この記事を拝見して、どんなことがあっても学会の組織から離れない!と改めて決意できました。ありがとうございます。

下半期も地区の皆さんとともに、仲良く楽しく戦っていきたいと思います(^^♪
ランdot 2017.07.19 19:13 | 編集
おはよう。
個人で信仰できますが組織がなければ広げることはできないですね。
広げることもできないし、社会を変えることもできないと思います。
公明党は、創価学会の絶大な支持で議席を獲得し社会貢献しています。
もし、沖縄に公明党がなければ基地返還が進まず、今の観光沖縄は、なかったと思います。公明党の沖縄の経済及び福祉への貢献は顕著です。
その公明党を支えている創価学会とは不思議な組織に思うことがあります。
今の公明党を支えているのは創価学会ではありますが、創価学会以外の方々が公明党議員一人一人の人柄に共鳴し、私達以上に応援してくれる方々が増えてきました。某公明党議員は、沖縄の宝と全力投球で応援してくれる方々とお会いすると涙が止まりません。
うるとらまんdot 2017.07.20 10:00 | 編集
ランさんへ

本格的な暑さがやってきましたが、お元気な様子で何よりです。

記事にぴったりの池田先生の指導をありがとうございます。

>どんなことがあっても、学会につききっていくことのできる人間が、信心の筋金の入った人だ

本当にその通りですね。それができるかどうかが根本で、あとは枝葉だといってもいいと思います。
私も枝葉は立派ではありませんが、今世で根っこから治しているところです。
しばらくの辛抱だと思い、一歩も引かずに頑張りぬきます。

学会とともに、先生とともに信心に励めば、生命力はどんどん増していきます。
そこから離れれば糸の切れた凧のように、やがては落下してしまうことでしょう。

休息や水分を上手にとって、これからの暑さを迎え討ちましょう。
学会もしばらくは友好期間です。どうぞ唱題、対話、教学と有意義な夏をお過ごしください。
王者の剣dot 2017.07.20 10:30 | 編集
うるとらまんさんへ

夏はうるとらまんの季節・・・そんな感じがします。
沖縄の美しい海と風を受けて、うるとらまんさんもたくましく日焼けされてることでしょう。

日蓮仏法は「人間革命」と「広宣流布」です。
その両方を果たせるのは創価学会だけですね。

ゆえに「日本の柱」であり「世界の柱」であると思います。
我々も「地域の柱」として立たねばなりません。


沖縄は基地の問題がありますので、議員さんが信頼できるかどうか、県民の目は厳しいことでしょう。
その県民に支持されていること自体、県民のために戦っている証拠です。

支援と言っても、県民の公明党への信頼がなければ、票にはなりませんね。
創価学会の政治への関与も、より良い方向に政治を正し、市民の生活に貢献していくためです。

これからも奢ることなく、国政、県政、また地方において努力していってほしいですね。

お互い、夏バテしないように頑張っていきましょう。
王者の剣dot 2017.07.20 10:44 | 編集
私は、創価学会に人生を懸けてきました。
しかし、創価学会が大御本尊を受時の対象から外すなど、
組織を信じられなくなっています。

組織こそが宝処というあなたの主張は分かりかねるというのが本音です。
元創価班dot 2017.07.20 22:51 | 編集
元創価班様

以前のコメントや過去記事にも書いたりしていますが、
今回の記事も含め、学会が正しいというのが私の考えであり信念です。

それが分かりかねる人も世の中に多数いれば、「そうだその通り」と納得する人も多くいるでしょう。
その両方があって何の不思議もありません。
私は池田先生と創価を信じていく・・・あなたは今信じられない、そういうことです。

創価学会に人生を懸けた人が、師匠池田先生の正義をわからないとは、私は少し情けないと思います。
仏敵となった日顕宗を許せないと思うのが、ほんとうの創価の人の答ではありませんか?

池田先生と学会ほど、宗門に赤誠の外護を果たした人はおられませんよね。
その挙句、活動を制限され、破門され、登山停止を受けたのです。
その宗門にある御本尊をどうやって受持するのか、逆にこちらが聞きたいぐらいです。

これだけの仕打ちを受けて、まだ宗門に詫びを入れ、拝ませてくださいと頭を下げるのですか?
それでは宗門への隷属であり、人間主義の破壊です。
あなたが池田門下であるなら、決然とその悪と戦うべきではないのかと思います。
創価班で何を学ばれたのか?「師弟」ということを学ばれてこなかったのでしょうか?

たとえ素晴らしい御本尊であっても、そういう邪宗に成り下がった
宗門にある御本尊だからもう受持はしないと学会は宣言しました。

長年の宗門事件に対する、それが池田先生の答であり、
大御本尊を受持しなくとも、「一生成仏」「広宣流布」は可能であるということです。
「師弟」に生きる私はその道を支持したいと思います。

あなたも私もそれぞれの信念で生きるほかないわけですが、仏法の正邪は厳然とあり、
その報いから逃れることはできません。それを覚悟しつつ、私も前進していきたいと思います。
合わせてあなた様の改心をお祈りいたします。

(今後、同様の趣旨のコメントには対応しないこともありますのでよろしくお願いします。)

王者の剣dot 2017.07.21 12:50 | 編集
元創価班さんへ
 創価学会がお寺と絶縁宣言されたことに不満あるようですね。
 私は、もっと早く絶縁宣言して欲しかったです。
 御本尊に関しては元創価班さんが詳しいかと思います。
 教学的には、創価学会の正しさを私は説明できません。
 しかし、実践的なことでしたら創価学会とお寺では
 雲泥の差です。
 お寺で折伏された人、個人指導された人は皆無です。
 沖縄にお寺が4つありますが、すべて学会からの寄進です。
 お寺を宗門独自で作った寺は一つもありません。
 坊主がクルーザーで遊び高級車を乗り回しているのをどう思うかと
外部の友人から言われて、恥ずかしくて仕方がなかったです。
創価学会と決別しても、坊主が折伏しているのを見たことも聞いたこともありません。宗門は過去も現在、そして未来も広布流布する気概はあるはずはない。
こんなにも情けない宗門とは思わなかったです。
元創価班さん、折伏もしない宗門のどこに魅力がありますか?
うるとらまんdot 2017.07.21 13:34 | 編集
王者の剣さんも、うるとらまんさんも、コメントありがとうございます。

細かい反論はありますが、別に創価学会よりお寺に魅力があるとか、そういう話ではないです。

なぜ、大御本尊を受時の対象から外すのですか?
日寛上人の本尊は、大御本尊の書写ではないのですか。

私は、創価学会か日蓮正宗に属するかというのは、非本質的な話だと思います。

お二人は、大御本尊はどうでもいいのですか?

私は創価学会で、大御本尊こそ創価学会が身延と違うところだと教わってきました。

この見解を私は変えなければならないのですか?
人生の苦しい時に、大御本尊さまを思って祈ってきた私には、それはとても辛いのです。
元創価班dot 2017.07.22 23:54 | 編集
 蘭房と名乗ります。 暑い日が続きますね。

 さて、お聴きしたいことがあります。 

 「どんなことがあっても大御本尊さまを離れたらそれはもう信心ではない」旨の指導を、戸田先生、池田先生ともに、長年、なされてきました。 これには異存はないですよね。  では仮に宗創離反のいきさつが、いずれに非があるかは、ここでは置いておきますけども、  「どんなことがあっても創価を離れてはならない、」という言説と、「どんなことがあっても大御本尊様から離れては、、云々」との、いずれに優劣があるのでしょうか。まさか大聖人様と池田氏を同列においておられるとは思えませんが、ヘンな二者択一論で語られておられるような感があります。  そして「創価学会仏」などという珍説がまかり通っておるようですが、それは大聖人様に比肩する存在だとお考えなのでしょうか。 一土に一仏ということから考えても、納得できる論ではありません。 私は、「御法のために」は万難を排し、今の大聖人門下はあげて、本来あるべき「僧俗和合」の祈りと戦に邁進すべきと考える一人です。

このままでは「宗家と本家」ではありませんが、同士討ちの愚をもっぱらにして、積まなくてもよい悪業を再生産しているように見えてなりません。
それと、私の地域のご僧侶は、常に「折伏」の戦いで寺を空けておられます。
個々の事象をいちいちに挙げてもあまり生産的ではありませんね。 それなら創価の堕落大幹部さんはどうなんだ、となります。
原点回帰。 これが創価の必須科目です。 宗門攻撃は大聖人様(大御本尊様)への誹謗に繋がります。 言葉を使い分けても同じです。
宗門が学会に行ったことは「訓導」です。 そも、「仏法イコール創価学会」という図式しか想起できないことが悲劇の始まりだなあと思う次第。 

大聖人の仏法を大衆化した創価は立派でした。そこまでは良かった。 だから私も約50年、ついてきました。 ずっと高等部、学生部、男子部、壮年部、そして創価班・牙城会の第一線で戦ってきました。 人生そのものでした。

 しかし両先生の仰ってたことに反して「大御本尊を受持の対象としない」にことが及んでは、これは「創価の死」ではないか。あれは「方便」だったのか??
 そう思うに至り、先日 脱会しました。 このように、長年を見返してみて、創価の指導は やたら永遠に!だの絶対に!だの言葉は高揚感に満ちていましたが、結局のところ、これまた変節の歴史でした。(先鋭的にはハム党とその方向、あるいは第一次、二次宗門問題) 方便なのか、化城喩品なのか。。。  わけが分かりません。

 いずれにおいても、大御本尊様まで捨てるに至ったのですから、学会員さんはもう「日寛書写のコピー本尊」を拝むのも教理の上からしておかしい。 これは血脈論です。 宗門は法体相承ですから。 それであの小樽法論でもやりあった歴史があります。
一大秘法にあいそをつかしたのであれば、もう自前の「本尊もどき」を作成して拝していくのがスジではないでしょうか。
「創価学会仏」ですから。    この11月が楽しみですね。

ではお邪魔いたしました。失礼します。
蘭房(RAMBO)60代男性dot 2017.07.23 14:36 | 編集
元創価班様

再度のコメントということできりがないでしょうから、私もこの件に関して最後の返答といたします。


>細かい反論はありますが、別に創価学会よりお寺に魅力があるとか、そういう話ではないです。

私自身もそういうことではなく、純粋に大御本尊から離れてもいいのか?ということで悩まれていると理解しています。

私自身の私見ということで言いますが、御本尊様はどれも同じだと私は思います。
御本尊によって功徳が違うということはないと考えています。
差があるとすればこちらの信心の厚薄です。

大御本尊様も、学会常住の御本尊様も、日寛上人様のものも、日達上人様のものも・・・
また身延にある御真筆というものも、日蓮大聖人様の御一念から出生したものは、御本尊としては同じだと思います。
もちろん、それぞれにしたためられた意義はあると思いますが。

拝せるものなら、御真筆の御本尊を拝したいと思いますが、身延にある以上、拝みにはいかないですよね。
それと同様に、学会を謗法と断じて破壊しようとした宗門にある御本尊を、拝みにはいかないということです。
それが受持しないということですので、その理屈はおわかりになると思います。

戸田先生や池田先生の過去のご発言と違ってもそれは仕方ないことです。なぜなら学会は大御本尊様のために正本堂までご供養して荘厳しましたが、(もちろんそのほかにも数百か寺のお寺や建物、金銭のご供養)宗門はその信徒の真心を踏みにじり、僧俗和合を破壊したのです。そこまでのことをしておいて、「大御本尊を受持しないとは昔の発言と違うだろう?」という言い草は大変卑怯と言わざるをえません。

例えが下世話で申し訳ありませんが、さんざん暴力を働いて虐げておいて、妻から離縁された男が、「おまえは結婚する時、何があっても俺に一生ついてくると言ったではないか?」と問い詰めているようなものです。男の風上にも置けない女々しいやり方ではありませんか?裁判所も当然、女性の味方に付くでしょう。

私はどの御本尊も同じと言いました。ですから、今、学会でいただいている御本尊様があれば十分です。私もかつて登山に行ける時は、有休とお金を使い果たしてでも行った方です。ですからあなたの気持ちがわからないでもありませんが、僧侶を敬っていただけに、裏切られた分、宗門と特に日顕と「縁が切れて良かった」という気持ちなのです。




会則の改正もありましたが、特に大御本尊を拝さなくとも、私個人は十分功徳が出ています。
ブログにも書いていますが、歓喜と感謝で生きておりますし、未来が明るくて楽しくてしょうがありません。
本当にすっきりとして、創価の中で師弟の信心の素晴らしさを満喫しています。
そうなると、特別、大御本尊に執着しなくてもいいことがわかるのです。

その辺は信心ですので、心までは説明はしにくい・・・特に反創価の方には理解できないことだと思いますが。

私は未来に向かって、楽しく、おおらかに学会で信心していきます。あなたがどういう生き方を選択されるやわかりませんが、
お互い信念で勝負すればいいではありませんか?

反論もおありでしょうが、ここで教義について議論を延々とやるつもりはありません。

どうぞ、良き決断をなされ生きていかれますように、またあなたさまの御多幸をお祈り申し上げます。





王者の剣dot 2017.07.23 17:27 | 編集
蘭房様

はじめまして。

長文の一言、(笑) 拝見いたしました。

コメントをくださいましたが、創価を信じるものと、信じない者、これは見識が違うのは当然でしょう。
正邪の考え方が違うのですからやむをえません。
ですから議論しても仕方ないと承知の上でコメントくださったことと思います。
またこのような創価を信じる者にコメントをいただき、これも仏縁かと、ほほえましくも感じております。

大御本尊につきましては、前にも少し書きましたが、幸いにも「元創価班」という方がコメントをくださり、
それにも思うところを書いていますので、それを参照してください。
学会員とて、大聖人様、御書、御本尊様から片時も離れたことはありませんよ。
丁度、あなたからコメントをいただいた時に書きましたので、その辺も含んだつもりです。
ですので、一つ一つにお答えすることはいたしません。

万の言、思いを書いたところで、それでお互いの溝が埋まるとは思えませんし、ましてここはネットです。
あなたにしても、創価班様にしても、会いもしないで、理屈だけやっても、疲れるだけに思います。
私はそう言う議論が好きではないのです。

それより同じ60代、あなたと同じ地区に住んでいれば、笑顔で対話も可能だと私は思いますが、
他の方も同様ですが、このコメント欄でどちらが正しいかやりあうなんてやめましょう。
お互い、残り少ない今世の命ですしね。(笑)

皆さんも反創価の意見をあれこれお書きです。私もそういう方の意見を時には読むと思います。
学会憎しで書かれているか?真摯に道を求めて書かれているか?そういう心を見ています。

私は創価の正義を書きたい人間であり、それが反創価の人へのメッセージです。
お互いに賛同はできなくても、相手から学べることもあるでしょう。

私も信心が未熟、人間的にも未熟ですので、間違いも書くでしょうが、私なりに一生懸命、信じた道をやっています。
その信念に生きるしかありませんし、幸いにもそこに迷いはありません。

もとより満足できる返答などできませんが、今後とも機会がありましたら御笑覧のほどをお願いいたします。



王者の剣dot 2017.07.23 18:10 | 編集
 こんばんは、管理人様

 確かに長い一言で下手な披露宴の挨拶みたいです(笑

 そうでしたか、同じ60代、落ち着きのある文体だと感じてきました。
 御近所ならね 口角泡を飛ばしてやりあうのもアリでしょうが、それにしても仏の道を求道(ぐどう)せんがためのこと。 感情論に陥ってしまうのも情けない。  一献、傾けながら昔話しでもしたいところです。 
これからも「熱」は忘れず、生き通していきましょう。

 ではお礼まで。 失礼します。
蘭房(RAMBO)60代男性dot 2017.07.23 21:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top