FC2ブログ
2019
06.13

王家の人と長者窮子

Category: 未分類


 先日、高校時代、同じクラスだったT君に実に40数年ぶりに会いました。T君は学会2世で、創価大学を出た後、日本でも有数の大企業に就職、最後は社員1万人を超える部門のトップにまでなった人です。テレビや雑誌などでも紹介されたこともあり、社会での実証も申し分なく、社会人としては超一流の人といっていいかと思います。

 一方、私はと言えば、真言宗の家に生まれ、高校時代、創価学会の「そ」の字も知らず、高校を出てからも「真言亡家」のままに他国を放浪し、何の目的観もない青春を送り、精根尽き果てて創価学会に拾われました。入会後もこれまた思うにまかせない難行苦行の道の連続で、近年になってようやく信心に目覚め、わずかばかり確信を持つにいたった、いわば「長者窮子」のような人間なのです。



20141202154241403_R.jpg




 そんな二人が、同じクラスだったということで、ある人の計らいで会うことになったのですが、T君は同じクラスだったにも関わらず、私のことをまったく覚えていなかったのです。そのこともあり話があまり弾みませんでした。

 私が入会後、調べるうち、同じ学年で学会員だとわかったのはわずか三名で(他にいるかもしれませんが)、T君と会ったならば、その稀有(けう)なことを讃えあって、さぞかし感動するだろうと、私は思っていたのです。

 もちろん私が二人の再会に期待をしすぎたのかもしれません。しかし、なんとなくその後、その出会いを思い出しても私は楽しい気持ちになれないのです。立場は違っても学会員同志であるならば、もっと響き合い喜び合うものがあってもよかったのではないか?それが二人の間に生まれなかったのは、なぜだろうと思うのです。

 T君と私の住む世界があまりに違ったせいか?あるいは40数年ぶりという空白の時間がその原因なのか?いずれにしろ、T君の生命は私との出会いにさほど感動はしなかったように思います。

 池田先生が言われるように、信心の世界は地位や名声は関係ないはずです。それらは身を飾る鎧(よろい)のようなものです。T君の鎧が立派で、私は鎧も兜も持ち合わせていない・・・そうした立場の差があっても、生命の次元では平等です。またお互いのその時々の外面の姿は仏法の眼で見るなら、すべては「願兼於業」と言えるものです。

 富や名声、貧乏や病気、そうした衣装をすべて取り去った裸の生命・・・それがその人の本性であり、煎じ詰めれば「仏の生命」です。その仏の生命で感じ合えれば、お互いの差異を越えて、信心の熱と熱で、生命は瞬時に感応できるものだと思います。


 あとで少し感じたことは、T君がより世法面を重んじた信心をしてきたのではないかということです。一方、私はブログに書いているように、人の生命が仏の生命であるということに、常に焦点を当てて信心しています。外に開く信心と内に掘り下げていく信心といえるかもしれません。どちらも間違いではないのですが、そうした違いが、二人の信心にあるのかもしれないと思いました。

 もちろんこれからも交流が続けば、私も望むところです。その時には、お互いの鎧兜(よろいかぶと)を取り去って、地涌の友として忌憚のないお付き合いをしたいと願っています。

 T君は創価の王家の人間であることを忘れずにいた・・・私はすっかり謗法の酔いが回り、そのことを忘れきって、貧民となって諸国を放浪してきた・・・とそんな風なとらえ方もできると思います。しかし、どちらも元は王家の人(仏の生命)であることに変わりはありません。創価家族という言葉がありますが、私はT君と会って、ただその一点を確かめ共有したかったのだと思います。

 その夜、地元に帰り、いつもの地区の皆さんと勤行をしながら、私は安心していました。また明日から私はこの人たちと一緒に生きていくのだ。貧しく名もなき人たちの輪の中で、私自身も「長者窮子」の一人として、一生成仏を目指していこう・・・と。私は私を生きるしかない・・・そのことを喜ばねばと思います。



参考:長者窮子の譬え
    長者とクージ


Comment:0  Trackback:0
2019
06.06

法戦について思うこと

Category: 未分類


 6月に入りました。今年もすでに夏日のような暑い日もあり、猛暑の夏の気配がします。近年は地震や豪雨・台風などの大きな災害も起こっており、朝夕のご祈念で災害のないことを強く祈っていきたいと思います。

 今、参院選に向かい、自身の宿命転換を賭けて戦っておられる多くの同志がおられます。私もその一人ですが、戦える場所があるということは本当にありがたいことです。中には選挙戦が憂鬱だという方もおられると思いますが、やらされるよりはやる方がずっと楽しいものです。自分で「さあ、やろう!」と決めて私も挑戦しています。

 私は昔は法戦は好きではなかったのですが、積極的にやってみますと功徳が大きいことを知りました。これはある意味、新鮮な驚きでした。ですから言葉は悪いですが、今では法戦を利用して大いに功徳をいただこうという気持ちでやっています。また何故、法戦を戦うのか?その意味も自分なりに学び、少しは理解できるようになってきました。

 とはいえ、信心するために学会へ入ったのにどうして公明党の支援をするのかというのは、多くの方が一度は持たれる疑問ではないでしょうか?

 一言で説明することは難しいかもしれませんが、よくそのことを説明するのに「王仏冥合」という言葉が出てきます。池田先生は「人間革命」の中で次のように述べられています。

「王仏冥合とは、政治の根本理念として、大仏法の思想を置くことである。豊かな土壌には、沢山の作物が実り、草木が繁茂する。痩せた土地には、発育不全の貧弱な作物しか取れない。政治でも、経済でも、芸術でも、大切なのは、その基調となる思想である。思想には、高低・浅深が必ずある。」

 「冥合」とありますので、根底・源を同じくすると言う意味なのかと思います。政治や文化、芸術・・・あらゆる人間の営みの根底に仏法の精神、すなわち一切衆生を幸福にするという慈悲をもっている。それが創価学会のあらゆる運動だと思います。文化と仏法も冥合し、経済と仏法も冥合します。それにより世の中が有意義な価値であふれ、人々が大いに幸福を感じる。公明党も政治の分野において、仏法と冥合して存在し、大衆の幸福のために活躍してもらわねばなりません。

 思想哲学と言っても高低浅深があり、どんな思想をもつかによって政治のありかたも違ってきます。日蓮大聖人の生命哲学を根本に持つならば、それは大衆の福祉を目的とするでしょうし、制度や法案によって光の当たらない弱者を救うことを目的とした政党となるでしょう。現に、そうした声に耳を傾けて、公明党は活動してきたと言っていいと思います。

 そうであるなら政治家の活動は本来、菩薩行です。公明党の議員が信仰をたもち、菩薩の心、慈悲の心で政治の世界で働き、仏法を世の中に還元しゆくならば、その存在は「立正安国」と「広宣流布」に直接、貢献していくものになるに違いありません。

 優れた宗教を実践しているからこそ、正しい人生観、人間観を体得でき、その人たちが世の中を良い方向へと導くことができる。その意味で仏法を実践する信仰者が政治に関わっていくことは、国益になっていくものと確信します。逆に何の正しい思想、目的観を持たない人達が政治を行えば、世の中が混乱し、大衆が不利益を蒙ることは、これまでの歴史が証明しているところです。

 よく世間では学会をすぐに「政教一致」という風に決めつけますが、決して学会は政治と宗教を混同したり、国家=宗教(創価学会)などにするというものではありません。あくまでも仏法をたもった人々が政治に参画していくということであり、それは信仰を持った人たちの人権という意味でも保障されなければならないと思います。当然、学会以外の人たちの信仰の自由も保障されるべきです。

 池田先生は「創価学会イコール公明党といったような、そんな狭量な考えであってはならない。政治だけが学会の活動分野ではない。社会のすべての面を革新しきっていく決意がなかったならば、最高の正法を根底にした文化国家は建設できない。」と言われています。

 池田先生の目的は「正法を根底にした文化国家の建設」にあると言われています。法戦だけが戦いでもありませんし、政治も世の中の一分野です。もちろん選挙屋なんかになる必要もない。社会のあらゆる分野で、また自分の今いる場所で、一人一人が地道に人間革命に挑戦する姿こそ学会員の本来あるべき姿です。

 そして、あの地でもこの地でも、桜梅桃李の個性豊かな花を咲かせゆく・・・それが総体革命となり、幸福社会が出現する。それなくしては文化国家の建設も絵空事です。そこにどこまでも個人と社会の平和・幸福を願い創造しゆく、仏法の目的があると思います。

 この度の法戦も、私たちの同志から立派な議員を輩出して、民衆に貢献してもらうのだ・・・そのことを祈りながらの支援でありたいと思います。また議員も常に「民衆」という原点を忘れず、戦い続ける人であってほしいと思います。

 個人の戦いも、公明党の選挙の戦いも、その目的は「立正安国」と「広宣流布」です。そこを忘れれば、何のための支援か、何のための信心か見えなくなってしまいます。日蓮大聖人の民衆救済の御心をわが心に感じて、広宣流布のためにこの身を燃焼させていきたいと思います。




Comment:0  Trackback:0
2019
05.25

「喜捨」の信心

Category: 未分類


 我が家では先日、コシヒカリの田植えが終わり、植えたばかりの小さな苗が水田で五月の風にそよいでいます。これから九月末の収穫期まで4か月余りで米となります。小さな兼業農家ですが、私もちなみに農漁光部員でもあります。

 土を耕し、苗を植え、毎日、成長を見守り、やがて収穫する・・・そういう自然のサイクルにあった仕事は、体はつらいですが、充実を感じますし、そこから多くのことを学ぶことができます。育てるということは何であれ、楽しく生きがいを感じるものです。


IMG_7386q.jpg


 ちょうど今、わが支部にも、元気な男子部員がいます。この青年を確信ある大人材に育てたいというのが私の願いです。そのことを祈り、ともに行動もしています。青年の成長こそ私の喜びであり、「青年を育てる」という池田先生の心にも適ったことと思います。

 仏法には「喜捨」ということがあります。命を捨てるという意味では「不惜身命」「死身弘法」などの言葉もあります。御書では盛んにこの信心に身命を捨てることが成仏の要諦であると説かれています。そしてその通りの実践をされたのが、創価三代の会長です。命をこの仏法に捨てるというのは、そう簡単にできることではありませんが、半偈のために身を投げた雪山童子の説話にも、いつもそこに信心の真髄があることを教えられ、私は感動します。

 「喜捨」については、「新・人間革命」第四巻凱旋の章で、祇園精舎を供養した須達長者の故事を通して、詳しく述べられています。(その部分を末尾に載せてますので、よければお読みください。)

 日蓮大聖人は「蔵の財」「身の財」「心の財」と人に三つの財のあることを教えてくださっています。その中でも「心の財第一なり」と仰せです。また「凡夫は志ざしと申す文字を心へて仏になり候なり」(1596ページ)との教えもあります。「心」「志」で仏になるかどうかが決まります。仏法のためにこの命を使おうという心ほど尊い心はないはずです。その「心」「志」を仏様がどれほど喜んでくださるか・・・必ず功徳となって、その人の生命を荘厳することは間違いありません。

 厳しい宿命と戦いゆく中を「喜捨」の心で活動することは大変です。しかし大変であればあるほど真剣にやれます。また深く悩んだ分、それを乗り越えた時の喜び、菩提は大きいものです。蔵の財、身の財は少なくても、どなたも命は一つあります。私も苦しい時ほど開き直ってというか、もう破れかぶれで(笑)、「この命はいつでも学会に投げ出します」と宣言してやってきました。三毒熾盛(しじょう)のこの命を学会活動に投じて、「常楽我浄」の仏の身に変えてもらうのですから、しぶしぶやるようでは本当に申し訳ない話です。

 五月の陽光に照らされて、田んぼの稲も宇宙のリズムと合致して、これからすくすく伸びていきます。今日、明日には成長はわからずとも、必ず秋には稲となり米となります。私たちの「心の田」にもすでに妙法の種が芽吹いています。植物に太陽と水が必要なように、仏の生命を育むには信力行力が必要です。根を枯らそうとする魔性とのし烈な戦いもあります。強く清らかな信心で生命の奥深く丈夫な根を張り巡らせ、今世に人間王者の凱歌を勝ち取りたいものです。

 「喜んで信心しています!」「学会活動は最高です!」・・・池田先生が目の前におられたら、そう笑顔で報告できるようにありたいものです。「あの人はいつも喜々としているね」「顔や姿が生き生きしているよ」と、周りからもそう言われるように、私も力強く周囲に波動を起こしていきたいと思います。


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2019
05.13

目先の功徳と三世の功徳

Category: 未分類


 先日は全国の会館で本幹衛星放送がありました。中でも芸術部員のBOROさんの活動報告に多くの方が感動されたようです。私の元にも「良かった!」「感動しました」という感想を寄せてくれた方がおられます。

 なぜに皆さんが感動されたのか・・・いろんな理由があると思いますが、私は宿命に負けずに、信心を貫いてこられた信念の心・声が人々の心を打ったのだと思いました。恵まれた環境と才能でヒット曲を飛ばし、悠々自適の生活ならば、「すごいなあ」と思っても、「人間革命」としてはどなたも感動しないはずです。長年、悩みの中を一筋に師弟に生きてこられたからこそ、今、迷いのない確信の境地に達せられた・・・その声の力を感じました。

 「大阪で生まれた女」がヒットして順風満帆に見えた音楽活動でしたが、所属事務所から「音楽をとるか、信仰を取るか」迫られたそうです。事務所としては創価学会の看板、活動を隠したかったのでしょう。それでもBOROさんは迷いなく「信仰」を取り、その後、何年もの間、仕事も干されたそうです。しかし、屈することなく、信仰根本の大道を貫かれました。

 また離婚も二度経験されたそうで、離婚をした翌日に、学会のセミナーに出て人を励まされたそうです。セミナーの後、対話をした人に「自分は昨日離婚しました」と正直に話をされました。一家和楽を掲げる学会のセミナーで、「家庭不和」「離婚」を語ることは、とてもつらかったことかと思いますが、自分を隠さずに語られた。信心への確信がなければ、なかなかできないことではないかと思います。

 私もかつて関西の会合で、BOROさんの歌を、生で聞いたことがあります。その時は、お話はなく歌だけでしたが、苦労を乗り越えたいぶし銀のような力強い声に、私も感動した記憶があります。「声、仏事を為す」だと思いました。

 事務所から信仰を捨てるように言われた時、BOROさんが、目先の利益を追い求めて、信仰を捨てていたならば、いったいどうなっていたでしょうか?一時は良いものの、最後はどんな形であれ、破滅の人生になっていたのではないかと思います。御聖訓には「善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業因なるべし」(御書232p)と、明確に書き留めておられます。大聖人様の言葉は絶対です。

 信心をしていても目先の利益に目が眩み、三世永遠の功徳を失う落とし穴が往々にしてあるものです。それは第六天の魔王が、信心を捨てさせようとする謀(はかりごと)であり、BOROさんは瞬時にそれを見破り、信心を選ばれました。まさに絵に描いたように、魔王に試されたと言えます。苦難を覚悟で信心を選んだ強い心に、今は素敵な奥さんと巡り合い、さらなる人間革命を遂げられたBOROさんの勝利の姿がありました。

 「三障四魔」の教えにあるように、信心をすれば妻子眷属を始め、職場でまた地域で、信仰を理由に迫害にあったり、信心をやめるように脅されたり、そういう事態に遭遇します。宗門問題でも私たちは試されましたね。私もかつて上司から、「お前の後ろには池田大作がいる」と、責められ、退職へと追い込まれた経験があります。また親からも兄弟からも、「学会に入った親不孝者」と言われた時期がありました。

 しかし私もまた信仰への強い確信があり、頑として信心だけはやめませんでした。今、地域の先頭に立って、同志の皆さんと広宣流布に邁進できる・・・福運の人生の軌道へと生還することができ、元気いっぱいです。私の生命に潜む不幸へと向かう軌道を、「一生成仏」=幸福への軌道へと転換することができたと確信しています。

 三世永遠に信心を退転しない生命こそが、「一生成仏」の生命であり、本物の功徳だと思います。いかに今の姿が貧しくとも、また人に笑われることがあっても、法華経にだけは傷をつけない・・・池田先生と共に、堂々と信仰の道に勤しんでいく。それ以外に、本当の功徳を得る道など、絶対にないと確信するものです。

 さあ、私もBOROさんの体験に勇気をもらい、りっぱな先輩に続いて、さらなる広布拡大の道を切り開いていきたいと思います。心ある皆さんとともに!


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2019
04.17

荒波を越えて「人間王者」に

Category: 未分類


  桜の花もその短い命を終え、はや散る頃となりました。時の経つのは早いもので、もう四月も後半です。統一地方選では大阪で維新の台頭が際立ちましたが、自公での安定した政治運営がこれまで国を安定させてきたことも事実だと思います。所詮、この世界にあっては創価学会や公明党をよく言う人も少ないものです。こちらのすべてがいいということではありませんが、いつ何時、大きな試練がやってこようと、一人一人が広宣流布の松明(たいまつ)を掲げ、そのもとに一致団結して前進していきたいものです。



IMG_7114q.jpg




 法戦のさなかですが、先日はわが支部の男子部のN君に誘われ、彼の友人宅に激励訪問に行ってきました。友人は昨年、N君の折伏で入会をしたのですが、体に障害があり、今もベッドでの生活です。訪問している間、未入会のお母さんが、心配そうにずっとそばにおられ、信心の話もしづらかったのですが、私のほうから思い切って、学会について話させてもらいました。

 「息子さんの社会復帰まではまだ時間がかかると思いますが、僕らも応援していきます。」と言うと「本当によろしくお願いします。」と言われ、終始、和やかに対話をすることができました。また生活面においても当初、地元の公明議員に動いてもらったこともあり感謝を述べておられました。息子さんへの愛情の深さがこちらにもひしひしと伝わり、「いいお母さんやなあ」と帰りの車中でもN君と語り合い、私も「お母さんの入会を祈っていくぞ」と決意しました。やはり仏法対話はいつでも清々しく楽しいものです。

 信心をしていますと多くの方の悩みに接する機会があります。どなたも悩みのない人はいない・・・結局はそれに負けるか勝つかではないかと思います。お金の悩み、健康の悩み、仕事の悩み、家族の悩み・・・本当にこの世の中、煩悩の砂漠を旅して生きるようなものです。

 私も解決しなければならない大きな悩みを抱えています。それでも前に比べ、その悩みで落ち込むことはなくなりました。なぜならいかなる悩みにも負けない、その煩悩を菩提に変えていける信心があるからです。どんな悩みが来ても波乗りのように悠々と越えていける・・・・その確信があれば、プロのサーファーが大波を待ち受けるように、「さあこい!」「よし、来たか!」と逃げないで受け止めることができます。

 その意味で、信心を長年、地道にやってきた人というのは、「人生の達人」になっていくのではないでしょうか?聖教紙上にもそういういぶし銀の光を放つ、壮年、婦人の方が登場されます。万の荒波を乗り越えつつ、生命の太陽を輝かせていく生き方こそ、「人間王者」の生き方だと思います。

 「悩みがないから幸福なのではなく、悩みがあるからこそ私は幸福だ」・・・信心があればそう言えるようになります。悩みは自分を成長させてくれる肥やしであり、自分の生命の仏界を呼び覚ます起爆剤となるものです。「悩みがある,、ありがたいな。この悩みをもって私は仏になろう!」と感謝、決意できれば、勝利はすでにこちらのものではないでしょうか。そう思えるのが信心の力であり、功徳だと思います。

 難しい教学は知らなくとも、そんな「煩悩即菩提」が身で読めれば、信者として立派な人だと思います。そうなるためにも強き信で戦うしかありません。生命に太陽が昇るまで、あるいは信心の火が煩悩の衆草を焼き始めるまで、決して信心を諦めたり、緩めたりしてはならないと思います。

 昨夜も同志の皆さんと元気に唱題に励みました。地区のどなたも最後まで落ちないようにと祈りながら、5.3の創立記念日に向かい、さらに戦いの駒を進めていきたいと思います。

 





Comment:0  Trackback:0
back-to-top