FC2ブログ
2018
11.28

「いをのぼりぬれば・りうとなる」

Category: 未分類

  朝晩、寒さが身に沁みる季節となってきました。朝の聖教配達もいよいよこれからが本番です。「この冬も自分は休まずに配達するのだ。暖かな春の日差しが降り注ぐ日まで・・・」  朝、5時を回って布団から抜け出すときに、御本尊様、池田先生のことを思いつつ、「さあ、今日も師匠との誓いを果たす一日としよう」・・・そう思い、暖かな布団を蹴とばして一日の行動開始です。

「このたきにををくのふなあつまりて・のぼらむと申す、ふなと申すいを(魚)のぼりぬれば・りうとなり候」(上野殿御返事1560p)

 今朝の「御書と歩むⅡ」に紹介された御文です。本当に素晴らしい御文ですね。滝を昇ることは人にとっての試練であります。その試練に勝ち切れば竜となる。竜とは「仏」だと言っていいでしょうか。

 私の尊敬する信心の先輩は。この御文を拝した時、「いつか仏になるのではない。今、仏だと決めきりなさい」と教えてくださいました。私もそれ以来、その心でやってきました。「私は仏なのだ」そう決めきることによって、仏の姿が現れ、振る舞いもそうなっていく・・・御本尊を信じることは自分自身を仏だと信じ切ることに他ならないのです。


朝焼け②



 先日、ある学会の地域の先輩の方が私のことをこう言われたそうです。「よくあの男は学会をやめなかったな。私はきっと学会を去って行くと思っていたよ」と・・・

 私は若いころ、組織嫌いで組織に出ていなかったのです。男子部時代にもほとんど一人拝むぐらいで、組織についてやるだけの生命力も、素直さもなかったのかもしれません。そうした反抗的な私の姿勢を見て、その先輩は心配されたのでしょう。

 しかし、今、私は地域の先頭に立ち、同志の方と広宣流布に向かい疾駆するまでに変貌を遂げました。日々、生命が革新していくことを感じながら、さらに成長したいと念じつつ、信心に励むことができる・・・自分自身の変わりようにも驚いてもいますが、そこになぜか自分の力ではない、大きな力によってここまで連れてこられたような、不思議な思いがするのです。

 私自身、今も悩み満載の身です。決して何不自由のない生活をしているわけでもありません。毎月のお金のやりくりにも苦労しながら、腎臓がんをやった疲れやすい体をなんとかなだめながら、家内の病との戦いも抱えています。しかし、悩みが深いければ深いほど、「面白い・・・やってやろうじゃないか。今に見ていろ!ここから信心の力を証明して見せるのだ」と、そう心が燃えてくるのです。

 法華経の信心の素晴らしさの一つは、不幸に負けないということです。それを証明するために、自分はのっぴきならない不幸を演じているのだ・・・そう思えば、心はいつも強気であり、攻勢に転じることができます。

 「御本尊様と創価学会にこの命を捧げ生きていこう・・・後は「煮るなり焼くなり」好きになさってください!」と、腹を決めれば、なぜか心にはさわやかな青空が広がっていくではありませんか?(笑)

 苦難の中を呵々大笑しながら、今日も妙法のエンジンをブイブイと鳴らして前進することができる。そのわけを聞かれれば私はこう答えるでしょう。「それは私が仏だからです」・・・と。

 さあ、今日も同志の皆さんと共に、希望と歓喜の創価の大道をまっしぐらに走っていきたい・・・まさに学会の信心は人生勝利、三世勝利の歓喜の無上道です。その生命歓喜の歌を歌いながら、時に舞いながら、私は朗らかに前進してまいります。




Comment:0  Trackback:0
2018
09.26

近況報告

Category: 未分類
皆様へ

 記事を更新しないでいますと、広告が入り見苦しいため、時折、広告防止のために(月に一度ですが)近況を記します。

 最近は学会系のネットの方もあまり見なくなり、これも自然の流れのように感じています。またこのブログにも、訪問してくださる方が今もおられ、恐縮いたしております。私のほうは前にもまして元気にやっております。現場での学会活動が何より楽しく、ありがたいことによい同志の方々にも恵まれ、信心に励むことができています。個性や癖の強い方もおられたり、時には内部で問題も起きますが、それらの事も含め、自身の人間革命の肥しとして、前向きに取り組んでいます。壮婦問わず、日ごろも時間を見つけて家庭訪問をさせていただきますが、どの方も信心の軌道に乗って幸福への道を歩んでいただきたい・・・その思いで人と接しています。

 先日も長年(20年ぐらい)、信心を休んでいた壮年が、唱題会の日程を聞きに来ました。私と同年なのですが、体の方も弱ってきて、また生きる上で思うところもあったのか、もう一度信心をしたいという気持ちが起こったようです。地区部長までやった人ですが、これから再び活動家に、また善き同志として戻ってくれるよう善導できたらと思います。信心を離れますと楽なように見えて、本当の生命の充実は得られない・・・日ごろ、彼の表情を見ていて、そういうことを感じているのではないかと思います。

 今は役職上、会合の多い日々ですが、支部や地区の皆さんの顔を見るのが楽しみです。人嫌いの私も本当に人が好きになってきたのでしょう。その中でも幹部さんにお会いするより、会員さんとあっている方が、なぜか心安くて楽しいですね。

 何よりも学会活動が楽しい、地元の同志と集うことが楽しい・・・それが私の近況と言ったところでしょうか。

 どうか皆さんもお元気でお過ごしください。それではまた来月・・・



Comment:0  Trackback:0
2018
08.18

『法華経の智慧』ノート

Category: 未分類

 今年は例年になく猛暑の夏となり、また地震から豪雨と、大変な夏となりました。被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

 学会では夏季友好週間も終わり、いよいよ後半戦の開始です。私は活動を休むより学会活動に明け暮れている方が、調子がいいように思います。それは会社員の方が長期のお休みを持て余し、調子を狂わせるようなものかもしれません。とはいえ、私も家族サービスや地域行事など、有意義にお盆を過ごしました。

 さてブログの方も終了しまして、もう以前のような記事を書く気持ちは起こりませんが、日記であれ、散文であれ、何かを書くことは頭を使う作業であり、人として価値的なのだと思います。私もブログをやめたものの、やはり何かを書いていきたいという思いにかられますし、その方が自分にとって、健康的であると感じます。

  そこで以前から考えていたことですが、人のためとか、誰かに読んでもらうといういうことではなく、自分のために「法華経の智慧」を研鑽しながら、感じたことなどをノートに記録し、まとめていこうと思いました。「法華経の智慧」はいつも自分の傍において拝読していますが、ただ読んでいくより記事にすることでより思索、精読に通じていくだろうと思います。またこの書を学びゆくことは「師弟の道」に添ったものとなることでしょう。

 公開することで自分を律することもでき、またどなたかが楽しみにしてくださることもあるかもしれませんが、ただどこまでも自己の研鑽のためのものであり、読者の方との交流などもできれば遠慮したいと思っています。

 またいくらか教学的なことが主体となりますので、読んで面白いものではないかもしれません。ブログ村などへも参加せずひっそりとやるつもりです。役職もある身の上ですので、月に一つしか記事の書けない時もあるでしょうけど、やる以上はコツコツと最後までやり通したいと思っています。ブログのタイトルは「「『法華経の智慧』ノート」とし、あらためて一巻から順に追って読んでいきたいと思います。

 ブログを終了しながら、また別のブログをやるようで勝手もいいところですが、「広布の大河に君ありて」とはその主旨も違ったものですので、その点はどうかお許しください。

 この夏は私も暑さで寝不足がたたり、体調が崩れそうな時もありましたが、ここにきてこれからの活動に新しいパワーも充電できました。宇宙のリズムに合わせ、昼は太陽と共に行動し、夜は月や星と共に思索する・・・そんな生命のリズムで信心の歩を進めていきたいと思います。

 皆様も有意義な日々をお過ごしください。ともどもに価値創造の日々としてまいりましょう!


Comment:0  Trackback:0
2018
08.03

非公開様はじめ皆様へ

Category: 未分類


 現在、コメントには公開返信しないことにしていますが、何人かの方からも、その後もブログの終了についてコメントをいただき、重ねてお礼を申し上げます。

>一番辛いとき読んで励まされていました。
何度このブログに励まされたことか‼
(中略)
とても残念です。本当にせめて残してほしいです。

 今朝もある方から上記のようなコメントをいただきました。終了記事をアップしてから、これまで様々な方から、記事の更新を楽しみに待っておられたり、またこのブログが励みになっていたことを知らされ、驚いている次第です。過去記事など見ましても、今となっては削除したいものもたくさんありまして、そのような拙いブログにこうしたコメントをいただきますと、やめたことに対しどこか申し訳ない気持ちも、正直感じています。

 これまで自分の記事がどなたかの励ましや支えになっていると思うことは、自分が傲慢にすぎると思い、「うぬぼれないように」と自戒してきたつもりです。反面、訪問される人の中には苦しい中を何かを求めてこられる方もおられ、そうした目に見えない人の心を感じ、励ましたいと思って書いたことも何度かありました。

 実は私の奥さんはまったくこのブログを読んではいないのですが、ブログをやっていることは知っており、先日、やめたことを言うと「誰かの励ましになっているものをどうしてやめたん?」と言われ、一瞬、言葉に窮してしまいました。

 もちろん何事にも善悪はあります。ネットの功罪も感じながらの5年間でしたが、「功」の部分より「罪」の部分を多く見過ぎてきたかもしれません。今回やめてみて皆さんの言葉に、ネットの中にある善意の心もたくさん感じることができました。ほとんどの方と交流がないために、善意を感じにくい空間ではありますが、訪問してくださる見えない人々の「仏性」を信じ、その方々の心に語りかけていく・・・そういう作業もあながち無意味ではないように思います。

 現場でお会いできないハンドルネームの方を励ましたり、誰ともわからない相手に向かい記事を更新したり・・・確かに雲をつかむようにあやふやで、仮想空間と言われるネット世界ですが、だからと言ってまったく「不毛の空間」かというとそうとも言い切れない・・・皆さんのコメントからも、こんなブログにも多少の価値があることを教えられたのは、何より私自身かもしれません。

 いずれにしましても広宣流布の戦いは多岐にわたります。また総力戦でもあり、言論戦です。「語って語って語りまくる」「書いて書いて書きまくる」・・・そういう闘争心も決して失ってはならないことだと思います。

 「ブログ終了のお知らせ」にも書きましたように、今後、地域の先頭に立って、広布の戦いに挺身する決意はいささかたりとも変わりません。今は友好期間で少し暇がありますが、いずれまた慌ただしい日々が始まります。その時には今まで以上に戦う自分でありたいと満を持しています。今はブログを続ける心境ではありませんが、それでもいつか、自分の中から「何か書きたい、語りたい」とそういうものが出てくれば、それは自然な欲求として、その時の心境にまかせればいいのだろうと思います。

 今はそれ以上のことは言えませんが、読んでくださった皆さんの心を決して忘れることなく、またネットで縁する善意の皆さんとも「異体同心」の思いで、ともどもに「創価の大道」をしっかりと歩んでいきたいと思います。

 日々、アクセスもあるようですので、引き続き、「広布の大河に君ありて」はこのままにしておきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 
Comment:0  Trackback:0
2018
07.14

「ブログ終了」後記

Category: 未分類


 前回、ブログの終了をお知らせしたところ、何人かの方から、心温まるコメントをお寄せいただきました。この場を借りて心より御礼申し上げます。

 自分のブログを読まれる方がどんな方なのか、想像もつかないのがネットの世界でもありますが、どなたかにとってこのブログが有益であったなら、それは管理人の望外の喜びというものだと思います。

 私にとっては書くこと自体が楽しい作業であり、公開することによって少しでもちゃんと書こうという気持ちにもなれたと思います。やめてみますとどことなく寂しい気もしますが、それは私にとってもブログが生活の一部として、定着していたということだと思います。

 2.3の読者の方から、「ブログを削除しないでほしい」とのご要望もいただきました。中にはコピーして保存していますという方もおられ、少しびっくりもいたしました。そうしたこともあり、私自身も恥の書きついでではありますけど、特に問題があるわけではありませんので、一定期間、ブログをこのままにしておくことにしました。「にほんブログ村」に登録していますが、こちらは特に必要はありませんので、近日中に退会しようと思います。

 読者の方の中には自身の厳しい宿命と戦っておられる方も多いことと思います。私もまたその一人です。家の近くの低山に登るにはハイキング気分でいいかもしれませんが、「広宣流布」「人間革命」というアルプス・ヒマラヤにも匹敵する大山高峰を目指す人には、それ相応の覚悟がいりますし、また大きな苦難が待ち受けていることは当然です。どんな状況に遭遇しても、勇敢な信心でその壁に向かい、池田先生の弟子として、胸を張り顔をあげて朗らかに登攀しゆく自分でありたいものです。

 そして「太陽の人」となって多くの同志、友人の人生に妙法の光をかざせる人間でありたいと思います。そのためにも今まで以上に私も現場の活動に徹し、「金剛の鋼のごとき信念の人」となるために、さらに精進していきたいと考えています。

 一人でも多くの方が、ともに「創価師弟」の道に命を賭けて、信心を全うされることを願っています。ともどもに前進してまいりましょう!

 読者の皆様のご多幸、ご健勝を心よりお祈り申し上げます。ありがとうございました。     王者の剣


※前記事より、コメントにつきましては公開と返信はいたしておりませんが、すべて読ませていただいています。ありがとうございます。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top