2017
10.12

信念の持つ力

Category: 信心
 
 今回の選挙は、「自公」対「希望の党」、そして「共産」「立憲民主」などのリベラルの3極の戦いだと言われている。その流れに集約される中で、私が一番、驚いたのは、民進前原さんの希望の党への参加であった。

 数年前(2009年)には政権まで取った野党第一党がいとも簡単に、自ら党を捨てたとも取られかねない行動である。党首自らが、名を捨て小池さんのもとに下るというのは、一見、情けない姿に思える。これでは代表自ら、「我が党では国民の信は得られない、政権交代は無理だ」と、白旗を挙げ、党に見切りをつけたと思われても仕方がない。

 憲法改正をはじめ、内部で意見が統一できないのが、民進党の大きな弱点であると言われる。そこにメスを入れ、篩いにかけ、安倍政権打倒を大義として動いたというなら、まさに捨て身の戦術だ。しかし、慌てて人(希望の党)の母屋に引っ越して戦うというのだから、足元がしっかりしているとは思えない。選挙後も含め、果たしてどうなっていくものか・・・前原さんの信念が、最後は問われる。

  生きていれば誰しも苦しいときもある。窮地に立ってあとがないという、状況に追いやられることもあるだろう。その時にどう生きるか、どの道を選択するのか・・・そこにその人の器も見え、真価も見える。要領や保身で道を選ぶのが、世間一般の多くの人の姿かもしれない。

しかし、「さすがに気骨があるな」と言われるだけの、己の信念を貫く人でなければ、政治の世界に限らず、人からの信用は得られないだろう。また大事を成し得ることもできない。その意味で厳たる信念を胸中に抱くことが、人生勝利の必要条件と言えるのではないだろうか。

  私も若い頃は、信念も確信もないままに、ただ流れに流されて漂よう枯れ葉のようであった。何か確たる信念がほしいと思ったものの、それをどうやってつかむのか、何が信念なのかさえわからぬまま、すべてに刹那的に生き、心に空しさを感じる日も多くあった。

 それが27歳でこの信仰にめぐりあい、以来、30数年、組織に出ないときもあったが、学会から離れずにやってきた。諦めやすい私が、粘り強く陰徳の日々を送ることができた。それは信心を教えてくれた偉大な先輩と、学会のみなさんのお陰である。そしてようやく生命に一つの信念を持てたと感じている。その信念とは「我が生命は仏である」ということに尽きる。どんなに辛い時も、この「信念の珠」を抱くならば、それで大丈夫だと思えるようになった。

  仏法を持つ人の信念とは、何ものにも絶対に崩されない強き生命の一念であり、その一念は人を救いゆく広宣流布への行動となる。どんな人の言葉にも惑わされず、またどんな力の前にも屈服することのない、鋼のような信念・・・それこそが、創価の三代会長が、自ら、大難を受けきって教えてくださった、仏法の真髄なのだと思う。
 
 私の生命に灯ったこの信念の珠は、まだまだ小さなものだ。これからこの珠にもっともっと磨きをかけねばならない。苦しみの中を学会正義の信念を貫いた人だけが、栄光の勝利を手にすることができる。どの人も一旦は谷底に落とされ、魔の試練を受け、そこから這い上がっていかねばならない。大事を成す人には大難大魔が競うというのも、ある意味、道理ではないだろうか。そうであるなら、大きな苦しみと戦う人こそ信念の強き、使命深き仏の人だと思いたい。

 私もこの先、何があろうと、この信念で難を乗り越えていく決意だ。そして信念の持つ力の偉大さを、私の立場で、現実に証明していかねばならない。

 信念のある人は、苦労が多くても美しい人生を生きる人だ。そして最後はその苦労さえも黄金色に輝く時が来るに違いない。逆に信念なき人は、世間的に華やかであっても、最後は虚しさの中で一生を終えるのではないだろうか。その人が何を求めて、何に命を捧げて生きていくのか・・・どの人もその一念で、人生も最後の臨終さえも決定していくに違いない。

 妙法をたもち、池田先生との師弟を求めて生きる、その不動の信念に生き抜く人こそ、「仏」であり、最高の「価値創造」を成しゆく人なのだと私は確信している。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




Comment:5  Trackback:0
2017
09.29

帝釈変じて鬼神となる

Category: 信心

 一般的に、人間関係の苦しみというのは、「相手が悪い、自分は悪くはない」という考えから起こることが多いのかもしれない。特に双方が互いにそう思う間は、溝は埋まらないばかりか、ますます仲が険悪になる場合もあるだろう。自分にも非があると思える時は、まだいいのかもしれないが、人はなかなかそうは思わないものである。

 私の地区の会員に非常に傲慢な方がおられ、その方がいなければ、どんなにかいいだろうと思った事がある。周囲の人もその人の振る舞いや態度に、私同様の思いをしていたこともあり、私も一方的に「相手が悪いのだから」と、思って見ていた。

 その人を訪ねたり、電話連絡をするたびに、嫌悪感が先に出て、相手とすぐに諍(いさか)いになりそうになる。相手も私への怨嫉が出るのか、水と油のように話がかみ合わない・・・世間でいうところの犬猿の仲であり、大げさに言えば「不倶戴天」の人である。

 命というのは、鈍感なようであって敏感なもので、こちらが相手を嫌えば、どんなに取り繕っても、相手にはこちらの本心が伝わってしまう。相手の仏性を信じ、尊敬しなければいけないというのは、頭でわかっていても、理性は往々にして本心に勝てないものだ。

 その怨嫉や憎しみを相手のせいにすることは簡単だが、それでその苦から逃れられるかというとそうはいかない。怨嫉は自分の生命の中にあり、相手というのは、縁にすぎない。その縁に触れるたび、私の命の中から怨嫉が噴出するのであって、ひとえにこれは自分の中の悪と言える。

 いつまでも変わらない状況に困りつつ、どう打開するか・・・自分の宿業としてとらえる他ないと、重い腰をあげたのは、かなりの年月が経ってからであった。

  以前、どなたかが、「相手が悪くても怨嫉した方に罰が出る」と記事に書かれていた。そうであるなら、私にも罪は十分ある。地域でその方は副支部長職ももっておられ、「同志誹謗」と言われてもやむをえない。

 私も前の記事で、人を嫌う「怨嫉」が「変毒為薬」して、人を愛せるようになったと書いた。そう書いたのには、実はこの人のことも含まれている。結果として、私はその人への怨嫉を宿命転換して、相手の幸せを深く祈れるようになったのである。

 御書には「雪山童子」(松野殿御返事)の物語がある。その人への怨嫉があらかた消えてみると、まさにその人は鬼神となって、私の信心を試したのだと思える。私の中の「怨憎会苦」(うらみ憎む者に会わなければならない苦しみ)や「怨嫉」の宿業をあぶり出し取り除くために、また私を真の「不軽菩薩」へと育てんがために、その人は私の前に現われたのだと、理解できるのである。

 もちろん私は雪山童子ほど素直ではなかったし、命を投げ出したわけでもない。しかし、喘ぎながらもそこから逃げずに、双方の怨嫉を我が宿業ととらえ、信心で乗り越えようとした。そして今、私は自分の怨嫉という悪に、勝ったのだと感じている。

 どなたにも人間関係において、「この人さえいなければ」「この人だけは憎い」と思う人がいるかもしれない。そんな時、相手を責めてみても何も変わらない。しかし、自分の業としてとらえ、信心に励めば、必ずその宿命を転換することができる。そして「この人がいてくれて、本当に良かった」と思える時がくるのである。

 病にしろ、経済苦にしろ、自分に襲い掛かってきた宿命は、信心の眼があれば、帝釈が鬼神となって信心を試し、その人を幸福になさしめんとする働きに見えるものだ。そこに気がついた時から、自身の生命の変革は大きく進むに違いない。

 そうであるなら、すべての出来事に感謝し、前を向いて生きるべきであり、決して何があっても悲観してはいけない。信心が楽観主義との意味もそこにあると思う。

 結局、我々凡夫は、悪しき宿命や煩悩などといった、持てる不幸を使い、「一生成仏」へと向かうのだ。断じて我が身の不幸を嘆くことはない。不幸の大きい人こそ、永遠の幸福を獲得できる条件を備えた、有り難き人と思いたい。

 怖い形相をして現れた鬼神に、「君は本当は帝釈だね。僕の宿命転換のために、わざわざ鬼神となって出てきてくれてありがとう。」そう元気に、声の一つもかけていこう。きっと帝釈も「善き哉、善き哉、あなたは真の菩薩。負けずにこの試練を勝ち越えて見なさい・・・」 そう微笑み返すだろう。

 そんなことを思いながら、私は今日も、自身の厚い宿業に挑戦している。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




Comment:8  Trackback:0
2017
09.20

私の「変毒為薬」

Category: 信心
 先日は我が地区でも座談会があり、台風一過の夜であったが、いつものように多くの方が参加してくださった。「広布のために人が集い合う」・・・これほど素晴らしい人の集いもないと思う。

 一人ひとりが宿命を抱えて生きている。私はそんな地区のみなさんの悩みも、少なからず知っている。それぞれ何かしら答えを求めて、またひとりでもがく日々に、力と希望を得ようとして集まって来られるに違いない。

 そんな人たちとともに、勇気と希望と歓びを分かち合って行くのが、この座談会の大きな目的だ。みんなで集えば、その場所は暖かく、光り輝く。私も地区の責任者の一人として、みなさんが喜んで帰っていかれるか、その表情をいつも見守っている。会合に来た人に元気が出なければ、その会合は失敗だったとさえ私は思う。

 そんな私も、もともと人付き合いがいい方ではなかったし、人と群れるより、一人でいるほうが好きであった。人が怖かったという時期もあったと思う。ところが今は、人の輪の中にいる自分が好きになった。これも私の大きな人間革命だ。

 地域でも自治会の役員を長くやったが、最初は「あいつは創価学会で、神社や寺も嫌っとる変わり者や」と、冷ややかに思われていた。しかし、一緒に地域の活動をやっていくうちに、私への見方も変わり、お互い、遠慮なく話せるほど仲良くなっていった。

 以前の私なら、そんな地域との関係も避けていたと思うけど、それができるようになった一番の原因は、やはり学会活動のおかげと言っていい。私の命の奥深く棲みついていた、「人嫌い」が、いつの間にか「人好き」に変わってきたのであり、そこに私は自分が「変毒為薬」をなし得たことを知っている。怨嫉の生命を転換し、人をより多く愛せるようになることは、幸せを得るための大事な要素である。

 学会が素晴らしいと常々言うのも、こうした自分の変革に、確信があるからである。どんなに反学会の意見が飛び交おうとも、私は実証を持って、「学会の信心には厳然たる功徳がある」と主張したい。

 ともあれ学会活動で「人間革命」を果たせることを、私は実践行動で知った。私とて理論や論理性は大事であると思うし、時には、本も読み、考え事もする。しかし、自分の汚れた脳みそに、仏法や池田先生を引き込んで、いいとか悪いとかいうのは好きではない。それよりはその大きな力を信じて実践したいと思うし、いつも疑わず「信」をもってぶつかっている。

 「こんな素晴らしいところから、どうして去って行くのか?」と、組織に批判的な人を見るたびに、私は残念に思う。それは長く組織を適当に考え、批判的だった私が、両方をやってみた実験証明の結果である。「良薬は口に苦し」と言うけど、自分が嫌だった学会組織の中に、私は自分が人間革命するための宝があることを発見した。つまらなく見える組織が、自分の取り組む姿勢で、宝土と転換する・・・まさにそれは恒河を火と見るか、甘露と見るかの違いと言っていい。

 学会に対し、いろんな意見があると思う。しかし、地涌の菩薩の皆さんが集う、仏の集団を嫌う命は、私は魔性の生命だと思う。「魔は分断を好む」と言われるが、ならば仏の生命は「異体同心」を持って、仲よく和合していくことではないか。私が学会で信心するのも、組織のためではなく、そこに愛する同志の皆さんがいるからであり、「世界平和」「広宣流布」と言っても、隣人や同志を愛せぬようでは、絵に書いた餅に等しい。

 その意味で、学会や同志の皆さんを裏切るようなことは、人として一番、やってはいけないことだと言うのが、私の信条だ。

 正しい仏法の実践と、人としての正しい生き方の中に、歓喜も感謝も滲み出てくる。そんな生き方を教えてくれた学会とともに、私も報恩の人生を生きたいと念じている。信心して30余年・・・私はようやく自分が学会員となったと思っている。あとは仏と不二なる生命の勝利をめざし、この道をただまっすぐに歩いていこう。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




Comment:14  Trackback:0
2017
09.13

閻魔の笑った顔

Category: 信心
 信心だけでなく、どんなことでも、自分の命で体当たりし、もがきながらつかみ取ったものでなければ、本物とは言えないと思う。妙法という仏の良薬を服し、折伏を実践し、どのように自分が変わっていったか、その体験がその人にとっての仏法であり、その姿、確信が、周囲の人をも変えていくに違いない。

 自分に確たる信仰体験のない人が、理だけを学び人を指導しても、やはり説得力にかけるだろうし、仏法の素晴らしさを生き生きと伝えることはできないと思う。

 仏法を実践すれば歓喜が湧き、生命が躍動する。どんな御馳走も食べなければ、いつまでたっても「おいしそうだ」で終わる。実際に食べてみたら「おいしい!まいう~!」と身口意で叫べるのであり、その感動で、人も食べたい!と思うのである。

 そういう意味では、人に対しても想像や妄想の域で考えても、何もわからないし、何も変えられない。それよりは直接会いに行き、眼を見て話をしてみることが大事だと思う。一度でダメなら、二度三度とぶつかっていく。そこからきっと何かがわかり、何かが変わる。

 私は27歳で入会したけれど、入会したら周りに学会員がたくさんいることがわかった。それで私はその人たちに、「どうして君たちは、もっと早く僕を折伏をしてくれなかったんだ」と言ったら、「おまえだけは絶対、信心しないだろうと思っていた。」という返事が返ってきた。

 命のどこかで信心を求めていた私だったのに、誰も「そうではない」と決めつけていたのである。その経験からすれば、表面的な姿で人を決めつけてはいけない。決めつけるなら、どの人も仏法を求めていると見るべきだ。へたな鉄砲も数打ちゃ当たるというけど、名人であっても打たなければ、永久に当たらない。

 大聖人様御在世当時、熱原の三烈士をはじめ、名だたる信者の方にしても、御書全集があったわけでもなければ、教学の本の一冊もあったわけではない。もちろん「博文堂」でお土産を買うという楽しみもない。(笑) 農民の人などは、文字も読めなかったと思う。それでも命を捨てるまでの信仰を実践し、山賊の出そうな山海の道を、大聖人様を求めて旅をしたのだ。たとえ難しい法門は知らなくとも、人はここまでの信心が十分できるのである。それこそが「信」の持つ力だと言えないだろうか。

 そうやってみると、雪のような純白な求道心こそが、一生成仏にとって、絶対に必要だということであり、その清らかな信こそが一切の要であるといえる。

 自分がそういう心で信心しているか、その一念が問われるのであり、人の観察ばかりしていないで、自分自身を見つめることがとても大事なことだと、私も反省している。(笑)

 ともあれ仏法の実践は楽しいものだ。今月の座談会御書は「持妙法華問答抄」である。「須く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ他をも勧んのみこそ今生人界の思出なるべき(御書全集467p)と仰せである。折伏の好きな人なら大好きな御書である。この世の出来事は一睡の夢に終わるとも、実践した唱題と折伏だけは生命に刻まれ、命から消えることなく、冥途の衣装となるのである。

 閻魔大王もこの衣装を見れば、三途の川で笑って道を開け、「あちらで大聖人様、日興聖人様がお待ちですよ。」と案内してくれるやも知れない。皆さん、めったに見れない閻魔の笑った顔を見るためにも、「自行化他」の実践に悔いなく、励んでまいろうではありませんか。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:7  Trackback:0
2017
08.26

この道を生きるに迷いなし

Category: 信心
 私は今、創価学会に全幅の信頼をもって生きている。それは私の信念であり、運命であり、人としての正しい道だと確信している。

 三世の旅路に牧口、戸田、池田先生に随順して生きていく・・・自分の生命にその確信を得たことが悟りであり、生命の基底部にそれは土台となって現れたと思う。今度生まれ来たれば、もっと若き時から池田先生のもとにはせ参じ、広布のお役に立ちたいと思うし、きっと願った通りの人生になるだろうと安心もしている。

 その道に入れたことは、過去の宿縁によるところが大きいに違いないが、何の逡巡もなく、ごく自然にその道を行く自分になったことは、やはり不思議と言わざるをえない。こればかりは創価を批判する人には、理解不能な世界だと思う。

 入会以来、私はお山への登山も人一倍参加し、宗門へのご供養もよくしてきた。アパートで強い声を出せないために、近くの正宗寺院にも日参する如く、題目をあげに行ったものだ。

 そんな私が、宗門問題を契機に、宗門を捨て、学会へと大きく舵を切るに至った。私にしてみればその判断は直感的であったけれど、今思うと命の奥底の声が、「学会が正しいのだ」と、そう私に呼びかけたのだと思う。

 宗門は仏法を伝持してきたかもしれないが、創価学会の折伏弘教がなければ、とてもこの正法に巡り合うことはなかっただろう。その意味で、私は創価学会に大恩を感じるのであり、いかに落ちぶれようと、決して学会だけは裏切りたくないというのが、私の人としての思いである。

 もちろん、学会のすべてが正しいとか、何も問題がないとは思わない。組織である以上、また凡夫の集団である以上、様々なことがあるのは当然であり、いつの時代にも内部に魔がうごめくのも、仏と魔の世界である以上、やむを得ない。

 そうであっても私は学会から離れることなく、そこで「人間革命」と「広宣流布」に励んでいくだろう。池田先生との「師弟」の絆こそが、私の生命線であり、そこから御本尊様を拝することが、仏果を得る最上の道だと確信しているからだ。

 地元の組織にあっても、私は人として未熟だけれど、同志からある一定の信頼を受けていると思う。そうした信頼は、昨日今日できるものではない。自分の顔、姿、生活をさらし、信心の姿勢を長年にわたり見てもらい、得られるものである。そして私もまた多くの婦人部、壮年部の同志の方々を信頼し、尊敬している。

 人が見ようが見まいが、長年、地道に唱題に励み、活動に勤しむ持続の信心が、その人の信心の骨格を作るのだと思う。そうやって作られた信念は、決して凡師人師の言葉に左右されるものではない。いかなる悪縁に出会おうとも、まったくぶれることもない。

 地元の同志の方々を大切に、さらなる信頼を勝ち得て、私も地域の柱となる決意である。決して同志の方々を欺(あざむ)くようなことだけはしたくない。そんなことをすれば、忘恩の輩となって、これまでの功徳は一時に消え去り、死しては阿鼻地獄に落ちるだろう。

 「この道を生きるに迷いなし」・・・人間それでこそ力も勢いもでる。世界を照らす太陽の心で、不信の闇を晴らしながら、今日も明日も、未来にも、喜んで創価の大道を歩いていきたいと思う。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:3  Trackback:0
back-to-top