FC2ブログ
2019
09.27

凡夫は勇気で仏となる

Category: 信心

 こちらでは11.18の創立記念日、また世界聖教会館の竣工を祝って、11月実配の聖教新聞の啓蒙に挑戦しています。新聞を自ら読み、記事に感動し、人に啓蒙していく。これは立派な折伏になると思います。そして推進した相手の方の幸せを祈り、仏法対話へとつなげていく・・・そうやって相手が信じても信じなくても種を蒔き続ける人こそ、如来の使いの人に違いありません。

 「闘争心のないものには福運はつかない」とは戸田先生のお言葉です。闘争心があるかないか・・・ここが勝負の分かれ目です。「凡夫の慈悲は勇気だ」とも言われています。「勇気と闘争心」、これがあれば人間革命は必ずできるはずです。いつまでたっても変わらないというのは、勇気と闘争心をもって戦わないからだと言えないでしょうか?

 私もこの一月で27人の方に新聞を啓蒙することができました。これは地区の世帯数と同じ数です。ほとんどの方が初めてで、一か月だけの購読なのですが、それでも私なりに挑戦した結果です。お願いしたうちの半分は断られましたが、組織で「打率5割です」と言いましたら、「それはすごい」と逆に皆さんに驚かれました。



IMG_8192q.jpg




 とはいえ、兄弟や身内ならまだしも、人にお願いするためには、まず自分の心に勝たねばなりません。小さな戦いかもしれませんが、この日々の小さな心の勝利を積み上げて、大きな宿命の壁がやがて崩れていく・・・それが人間革命の戦いだと言えます。「あの人は多分読まないだろう」「あの人は学会が嫌いだからなあ」・・・そんなネガティブな思いが命に湧いて、気が付くと「そうだ、やっぱり無理だから今はやめとこう」(笑)と弱い心にはあっけなく追従するものです。その心を打ち負かしてぶつかっていくのですから、まさに勇気、勇気を出さずして宿命転換がどうしてできるでしょうか。

  私の地区で未活で新聞もとっていないある壮年の方がおられ、その人を訪問した時のことです。当初はこの人はひいてもらえないだろうと思い、行くのを躊躇していましたが、「いや、この人も仏の生命、とにかく真心と誠意で一度ぶつかってみよう」と思い訪ねました。先入観で無理だと決めつけたその心が間違っていたと思ったのです。すると意外にも訪問したことをとても喜んでくださり、快く新聞をひいてくださったのです。そして座談会にもお誘いすることができました。

 こちらが仏の生命を湧きたたせ、相手の仏性を信じて行動するなら、無理が無理でなくなる、何か不思議なことが起こるものです。結局は一念を強くもって、誠実に行動すればいいのです。そのことも多くの方にお願する中で学びました。「凡夫は勇気をもって仏になる」・・・これが末法の仏道修行だと思います。

 私も聖教新聞をつい読まない時もありますが、時間を見つけてたとえ一つでも記事を読みますと、やはり滋養のあるものを食したような気持になるものです。教学であったり、体験であったり、「名字の言」も毎日素晴らしい。それらは幸福になるための智慧の宝庫です。聖教啓蒙を継続していく秘訣は、まず自分がよく読むということに尽きるのかもしれません。自分が読まないものを人に勧めることほどおかしな話はありませんからね。

 池田先生は「仏は文字をもって衆生を度し給うなり」(御書153p)との御文をひかれ、仏は文字の力で広宣流布していく、それが聖教新聞だと言われています。「正義を師子吼する文字」、「相手を慈しみ励ます文字」、「人と友好を結び平和を創造する文字」・・・それらはすべて平和と幸福を創造しゆく仏の文字であり言葉です。紙面を開けばいたるところにそれらの文字が躍っている、それが聖教新聞です。

 「世界中の人に読ませたい」との戸田先生の言葉を胸に、私も「読者」としてまた「無冠の友」として、聖教啓蒙から人間革命の突破口を切り開いていきたいと思います。


Comment:2  Trackback:0
2019
09.14

広宣流布という的に向かって

Category: 信心

 今回の台風では関東の方に大きな被害が出ました。私の姉も千葉におり、昨日ようやく電気が復旧したと連絡がありました。全被災地域の一日も早い復旧をお祈りいたします。

 今朝、聖教配達時に空を見上げますと、秋の雲と夏の雲が空で遊んでいました。朝晩は風もひんやりして暑さもようやく和らいできた感があります。



IMG_7903q.jpg


 世の中の多くの人を見るたびに、この信心をしていることをありがたく感じることがあります。私の周りにも仕事で成功し、高級車に乗り、ゴルフや釣り、美食に興じている人もいます。しかし、この信心で心の財を積んでいく道を知るならば、それらの楽しみもどこかはかない幻のように見えるものです。

 遅かれ早かれどなたもこの世を去っていかねばなりません。その時に持っていけるのはこの命だけということになります。まさかベンツに乗ってあの世へ行くわけには行きますまい。笑) そしていったい、何を頼りに冥途へと旅立っていくのか・・・因果を知らず、三世を知らず・・・それを思うと何とか仏法を教えてあげたいと思うのは、信心する凡夫の慈悲心というものかもしれません。

 飢えた人にご飯をあげればひと時は救えます。しかし食べてお腹がすけばまた苦しみます。ですからご飯をあげることは小善です。この仏法を人に施せば、その人はどんな時も信心で生命力を豊かにし、福運と智慧を増し乗り越えていけます。そして自然と仏界に至り、三世永遠の幸福境涯に到達できるのです。ですから折伏こそが大善です。

 人生の目的は幸福であり、幸福とは「一生成仏」と説かれます。その仏法を世界に広め衆生を救うこと、すなわち広宣流布こそが仏様の願いです。その仏様の心と同意して広宣流布を目的に生きていく、そうすれば凡夫にも仏の命が開きます。「私の人生の目的は広宣流布です」その信念で生きる人に、仏力法力が現れゆくことは百発百中ではありませんか。

 広宣流布のために仕事に励みお金を儲けることと、単にお金儲けを目的にやっているのとでは、一見、同じように見えて天地雲泥の差があるものです。それは目的感がまったく違うからです。凡夫であっても仏の誓願に生きるならば心は仏界に住し、濁世にあって蓮華の華の如く清らかに咲くことができる。そこに人が想像もつかない境涯革命、人間革命の世界が開けていくことを確信します。

 世の中の多くの人がそんな信心の財を容易に信じようとはしないかもしれません。しかし生命に宿る心の財、仏の世界というものは絶対にあります。それは信じることによってしか見ることができない。不信こそがその世界を閉ざし人を迷いの世界にひきずりこむ無明という大悪です。その無明を打ち砕くのも自身の信力以外にありません。

  的のないところに向かい矢を放っても虚しいものですね。信心をする以上、己の名聞名利を退け、ただひとえに「広宣流布」という的に心を定めて、弓を引き絞りたいものです。その一念の矢は必ず仏様に届くと確信します。届いたときには心の闇は晴れ、生命には歓喜が生活には充実がみなぎっていくのです。

 一年のうちでは秋が一番私の好きな季節です。さあ、いつまでも悶々としてないでさわやかな秋晴れのごとくに生きてまいりましょう!「昨日の悲しみにさようなら、歓喜の私よこんにちは」です。(笑) そのためにも地域の先頭に立って広宣流布の活動を、一層、明るくにぎやかにやっていきたいと思います。


 

Comment:0  Trackback:0
2019
08.30

「人は光・あなたが光」

Category: 信心


 昨夜はわが地区で8月度の座談会があり、十数名の方が参加してくださいました。今夜は北隣の地区で、明日は南隣の地区での座談会があり、私も3日連続で参加予定です。(笑)一人でも多くの同志の方に会うことを楽しみに、座談会第一でやっています。

 私はここ10年、毎回はがきで座談会の案内状を作りお渡ししています。日時や会場のほか、拝読御書や巻頭言の一節を入れたり、また地区内で撮った写真なども入れます。今月の案内状には花火大会の写真に、「人は光・あなたが光」との言葉を添えました。


IMG_7897q.jpg


 
 どんな静かで目立たない方でも、一人の生命には光があり、参加されるだけでその場が明るくなるものです。これは本当に不思議なことです。そのたびにどの人も仏の生命であるという仏法の教えを実感いたします。2人より3人、3人よりも4人と増えた分、座談の場が熱を帯びて輝いていくのです。

 我が家は拠点ですが、ここに集ってきてくださる方には本当に感謝しかありません。来てくださるだけでありがたく思います。一人一人の光は小さくても、みんなの光を寄せ合ってその場が明るくなる。そして喜びも悩みもみんなで分かち合い共有すれば、帰る頃には心も体も軽くなり喜びの生命となります。気が付くとどなたも明るく発光している・・・それが座談会の妙というものですね。

 昨夜は私の家内が病との戦いの体験を語りました。また別の方はある時期、佐賀に住んでおられたことがあり、今回の九州の水害への思いを語られました。ある婦人は長年、自分の信心が聖教新聞と共にあったと語られ、聖教を離さず戦ってきた歳月を語られました。

 座談会にお呼びした圏長は、幼いころ大阪のスラムのような家で生活したこと、弟の病気や結婚してからの家族の病気の体験を乗り越えて、今、ある会社の幹部として責任ある地位で働いていることを語られました。奥さんのステージ4の乳がんがきれいに消えたという素晴らしい体験もお持ちです。

 どんな人であれ、学会員となって信心に励むならば、一人一人に人間革命の歴史があります。そして苦難を乗り越えれば乗り越えるほど、何ものにも屈しない強き生命力の人となっていきます。

 病によって信心と人生を深めていく人。派手さはなくても何十年と地道に活動に参加し続ける人。何があっても人前では暗い顔を見せず、笑顔で同志を励まし行く人・・・まさに百花繚乱、多種多様な姿をもって人々が生命の港ともいえる座談の場に集いあうのです。

 そしてともどもに仏界を呼び覚まし歓喜をもって、港から再び濁悪の海原である娑婆へと散っていく・・・まさにその姿こそ仏界と九界を往復しゆく生命王者の地涌の菩薩の姿といえるのではないでしょうか?

 私も昨夜は以前、任用試験に挑戦してくれた高校生の青年を座談会に誘うことができました。任用試験を機に入会も決意してくれた彼です。来春には高校を卒業し県内の企業に就職しますが、社会人になる前にぜひとも学会員としての楔を打ち込んでおきたい・・・そんな思いで誘い出しました。来る前は「行こうかどうしようか?」と迷った彼ですが、帰りには「来てよかった」と言ってくれました。未来に向かい、彼の生命にも明々とした仏の生命がともることを念じていきたいと思います。

 疲れた体であっても、座談会に参加すればお風呂に入ったようなさっぱりとした、またさわやかな心身によみがえります。よみがえった心に瑞々しい力を感じて、私も青年の息吹で娑婆世界で戦ってまいりたいと思います。


Comment:0  Trackback:0
2019
08.19

悩みに負けない生命力

Category: 信心
 

 台風も日本列島を通過していきましたが、皆さんのところは大丈夫だったでしょうか?こちらは台風の暴風域でしたが田んぼの稲が少し倒伏したぐらいで、大きな被害はありませんでした。それにしても暑さが尋常でありません。私も日中はなるべく外に出ないで、自宅で題目をあげたり本を読んだり、高校野球も見たりしながら、お盆はゆっくりと過ごしておりました。



13_R.jpg



 我が家ではここ数年、家内が病との戦いを強いられたもので試練が続いていましたが、ようやく一山超えたように思います。この夏も検査で引っかかっていたこともあり、娘も一緒に無事を祈り勤行唱題を真剣にいたしました。個々の信心を励まし家族の絆を強めるという意味で、病こそ「人間革命」の機縁となります。御聖訓に「このやまひは仏の御はからひか・そのゆへは浄名経・涅槃経には病ある人仏になるべきよしとかれて候、病によりて道心はをこり候なり」(妙心尼御前御返事1480p)とあります。家内もまた病によって信心に目覚めていった一人です。

 精密検査の結果が出るまでは、家内はとても不安な心境だったのですが、検査結果では何ら異常もなく、みんなで手を取り合って喜びあいました。「お父さんに比べたら、私はまだまだ自分を信じられてないわ」と家内が言いますので、「それがわかっただけでもすごいやん」と私は言いました。

 今の私は、「いつでも仏の力を出せるのだ」「題目があれば鬼に金棒なのだ」・・・そういう心境で生きています。何もないことが幸福なのではなく、何があっても負けない強い心こそが幸福です。それが本当の安穏であり自信です。そう確信できれば「煩悩即菩提」へといつでも開くことができます。結局はわが生命を御本尊と信じきって唱題行に励むほかありません。

 いまだその確信が家内にはないのかもしれませんが、その間は私が杖柱となって支えていくしかありません。「今日も励まし明日も励まし」・・・そうやってお互いの信頼も強まれば、おのずと和楽の家庭も築けるのではないかと思います。一緒になったころは喧嘩もよくありましたので、病を通じて夫婦の人間関係も深まっていったように思います。

 何かあるごとに、信心が強くなっていく・・・その姿があればその人は、「一生成仏」への軌道を正しく進んでいるといえるのではないでしょうか?

 8月4日付の聖教新聞一面、<四季の励まし>で池田先生は次のように綴られています。

 信心したからといって、悩みの「汚泥」が
 なくなるわけではない。
 「悩みに負けない生命力」が出るということだ。

 むしろ、悩みをいっぱいもっていくことだ。
 それらの悩みに どれだけ挑戦できるかを
 楽しみにできるような 境涯になることである。

 大いなる境涯の人は幸福である。
 広々とした心で、毎日を生きぬいていける。
 強き境涯の人は幸せである。
 苦しみにも負けることなく、
 悠々と一生を楽しんでいける。

 

 そして希望をもって自己の課題に挑戦していくことの大切さ、またその源こそが信仰であると指導されています。私もその通りに生きていきたいと思います。「むしろ、悩みをいっぱいもっていくことだ。」・・・この一行に信心の醍醐味が感じられ、何とも頼もしい心を感じます。

 かくいう私の眼前にも不可能と思えるような壁が横たわっています。しかし、必ず超えて見せるとの強い信念と不屈の闘志を燃え上がらせていきたいと思います。不幸の壁にマシンガンを撃ち続けるが如く、力強き唱題行に専念するのみです。「私には題目がある、今こそ題目ですべての壁を打ち砕くのだ」との思いで挑戦です。

 組織にあってはいよいよ今週から唱題会を中心に後半戦の活動が始まります。誰よりも題目に挑戦する「唱題行の王者」、「地域の黄金柱」となって、先陣を切って戦っていきたいと思います。



Comment:1  Trackback:0
2019
08.03

仏はあなたを見捨てない

Category: 信心

 8月に入り猛暑の日が続いています。しかし心は灼熱地獄に負けることなく、8月の太陽のごとく輝いて生きていける・・・それが妙法の生命力です。よく睡眠をとり、栄養のあるもの、水分摂取を心掛け、夏バテしないようにやっていきたいと思います。
 
 我が家で購読している未来ジャーナルを読んでいましたら、こんな指導がありました。

 戸田先生に、入会まもない女子部員が「『南無妙法蓮華経』の意味について教えてください」と質問したことがあります。
先生は、「いい質問だね」とほめられながら、満面の笑みで答えてくださいました。「南無妙法蓮華経とは、つきつめれば、日蓮大聖人の御命と断じて差しつかえない。大聖人の御生命が南無妙法蓮華経ですから、弟子たるあなたの生命も同じく南無妙法蓮華経なのだよ。自信をもち、胸を張って、朗らかに生きなさい」
(未来ジャーナル2019.5.1号より)

 信心の姿勢、信仰者の生き方について明快に教えてくださっています。この心で信仰に励むなら、どんな苦難も乗り越え、道は開いていきます。これで不幸になって人生が終わるなら、仏様は嘘つきになってしまいますが、そのようなことは絶対にありません。


砂丘1a_R



 医者が見放した病であっても、返しきれない借金を背負った人であっても、使命のある人であるなら仏様は絶対に見放したりはされません。凡夫が仏を捨てることがあっても、仏が凡夫を捨てることなどあるでしょうか?「絶体絶命」という時のための御本尊であり、必ず解決の道が開いていきます。そのことを知るために、また御本尊様の功力を証明するために、信心の強い人には大きな難が出るとも言えます。それはその人が必ず信心で乗り越えられるだけの人だからです。

 病で言えば医者は外から薬なり手術なりの治療ですが、仏様は体内から病を打ち破る力を出してくださいます。医者の治療は受けるとして、御本尊に題目を唱える時、その無限の力を体内に引き出せる・・・南無妙法蓮華経は宇宙に存在するあらゆるものを生み出す根源ですから、ガンであれ借金であれ、それらを治癒し、変毒為薬する力があるのは当然です。


 さらに次のような指導があります。

「此の御本尊も只信心の二字にをさまれり以信得入とは是なり」
(御書1244p)
 「信心」とは「信じる心」「信じ抜く心」です。御本尊と自分が一体であると信じ、題目を唱え続け、前進していくところに、必ず必ず、希望と幸福の勝利の道が限りなく開いていくのです。」(同未来ジャーナル)

 御本尊は我々と不二であり、一つです。我々の生命が南無妙法蓮華経であり、信心する人はいつでもどこでもその力を出すことができます。あたかも打ち出の小槌を持っているようなものです。

 だから「困った、南無妙法蓮華経」といけばいい。それが天台のような難しい法華経と違って、大聖人様の信心の素晴らしいところです。智慧の有る無しを問わず、信心さえあればどなたでもウエルカムです。(笑)一切衆生、万人に開かれた御本尊であり、幸福製造機械と言われる所以です。

 その素晴らしい御本尊を顕してくださった大聖人様に今日も感謝を申し上げながら、「我が生命は南無妙法蓮華経なり!これだけでいくのだ」と、決意すればそれで全てです。その心に立つとき、どこにいようと希望が満ち、歓喜の生命となります。そしてその人は未来永遠に妙法と生き抜く軌道に載っていけることでしょう。私もその一人となって、さらに信心を強めていきたいと思います。



 続きを読む
Comment:1  Trackback:0
back-to-top