2014
01.04

新時代開幕ですね!

Category: 信心
新年あけましておめでとうございます

いよいよ広布新時代の新しい年が明けました。
すでに新時代建設に立ち上がり行動を開始された方も多いことと思います。

 私も元日より決意も新たに5時間の一人唱題会(笑)からスタートを切りました。
2日の日は家内が子供を連れて実家へと行きましたので、一人になってまた5時間・・・
唱題以外に自分の道はないとの思いになったことをありがたく思いつつ、今年の正月を過ごしています。

 今年はわが支部、地区とも題目をスローガンに掲げています。その目的は新時代を担う地涌の菩薩を呼び出だすためです。男女青年部の活動家がいない我が地区にとって新しき人材を折伏戦で呼び出だすほかに後継を作る道はありません。仏力、法力が現れないと折伏は叶いません。先生の御指導にあったように「梵天帝釈我が身に入り給え!」「この地より私たちの眷属を呼び出だしたまえ!」との思いで題目をあげぬいていきます。

 暮れの28日付けの聖教新聞、「御書とともにⅡ」には「ねふかければはかれず・いずみに玉あれば水たえずと申すように・御信心のねふかく・いさぎよき玉の心のうちに・わたらせ給うか」(窪尼御前御返事1479P)とありました。生命という泉に玉なる信心が強盛であればどの人にも仏の生命が輝いていくとの御指導です。

 私もある時から、創価学会の信心にすべて賭けてみようという心境になりました。それは苦境に立たされ、ほかに何の手立てもなくなってしまったからでした。(仏様のお計らいは本当にすごいものです。)

 聖教新聞の配達員を志願し、毎朝5時半から1時間の配達を8年続けてきました。また拠点に我が家を使ってもらえるよう、家の前の田んぼをつぶし、10台ほど車が止まれるようにし、仏間の床下を補強、新しい仏壇も購入いたしました。決して形ではなくそういう志が御本尊様に通じて行くことを実感しています。



 空-1



唱題、折伏、ご供養とどんな活動であれ、「志」、「心」で決まっていきます。まさに「心こそ大切なれ」です。数でも額でもない、いさぎよき玉の心が、妙の照覧に照らされ、大聖人様からの功徳となって我が身に輝いていくと思います。仏様は私達衆生のその清らかな心、けなげな心を喜び讃嘆されるのではないでしょうか?少なくとも私はそう思っています。

 人生、一寸先は見えないけれど、どの人にも行くべき道があります。それは一人一人違う・・・ある人は迷い道かもしれない、ある人は自信にあふれたまっすぐな道かもしれない・・世の中の多くの人を見るに大半の人は確たる目的観もなく惰性で生きて行く人が多いのでは・・・と思います。

 私達は一生成仏の道を歩けるのですからそれこそ無上道を生きて行ける。姿は賤しくとも「人中第一」と言われるのは法華経の無上道を生きるからにほかなりません。

 何の取り柄もないぐうたらな私ですが、この人生で妙法という一筋の道をいただくことができました。この度こそ、この道を違えずに不退の位へと駆け上る決意です。吉川英治氏の苦徹成珠ではありませんが、徹してこそ珠も輝く、また珠と成るというのはどの世界にも通じることですよね。

 人生、何も特にほしいものはありませんし、わき目もふらずに信心に生きて行くにはちょうど都合がいい(笑)
御本尊様だけあればもうそれで十分だという心意気です。

 そのことに深く感謝してこの1年も駆け抜けて行きたいと思います。

 疾風の如く魔群を粉砕する力強き題目の渦を我が生命に巻き起こし、青年の心意気で本年を大勝利して行きたいと思います。

最後になりましたが、ブログをご覧いただく皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。


※昨年末より、公私とも多忙になり、ブログの更新がままなりません。正直、先がわかりません(笑)本門の戦いの場所はあくまで自分が生きるこの地域であり、地元です。リアルであるこの地域での活動を最優先して戦って行きたいと思います。ブログがあとになり、不定期になりますことをご理解願います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村




Comment:4  Trackback:0
back-to-top