広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      

≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

滝の詩

滝の詩

滝の如く 激しく
滝の如く 撓(たゆ)まず
滝の如く 恐れず
滝の如く 朗らかに
滝の如く 堂々と
男は 王者の風格を持て

 池田先生が青森県奥入瀬の滝を詠まれた詩です。
ここ数年、壮年部の会合などで合唱でよく歌いました。婦人部の皆さんの前で歌い、大きな拍手をいただいたこともあります。(笑)凛々しくない私でも、すっと背筋を伸ばして歌いたくなります。個人的にも好きで一人の時も時々口ずさんでいます。

 特に最後の歌詞が好きです。「滝の如く堂々と 男は王者の風格をもて」
ほんとに男(人間)は師子王のごとき王者の風格を備えなければなりません。まさに池田先生の態度、振舞いそのものが王者の貫録というものです。

 買い物などするときに、ちょっと値切ろうかなどと思うと、ふっとこの歌が脳裏に出てきます。「男だろ、王者の風格をもって安物買いするなよ」なんてやっております。(笑)「おばさん、お釣りはいいよ、とっといて、いいから、いいから」なんて言える境涯に早くなりましょう。
 
 学会歌を会合でやるのはいまどきじゃない、歌も軍隊調だし・・・という意見もあります。確かにそうかもしれません。ことさらネクタイしめて、センスを持ってソレッとやるのはいまどきのノリではないですね。何十年と変わらないスタイルですし・・・でも学会歌は会員のために先生が心を込めて作られたものが多いので、やはり心して聞いてしまいます。

 「人間革命の歌」も心に沁みるいい歌ですね。
池田先生の若き日の決意が見事に謳われていて、いつ聞いても襟を正したくなります。
先生の広布への情熱が体に沁みわたります。「自分も一緒に戦います」という気持ちになります。

 そのほか、「世界広布の歌」、婦人部愛唱歌「きょうも元気で」なんかも好きですね。(なぜかつい口をついて出てきます。過去世は婦人部だった?)




114_R.jpg



 また個人的に熱くなるのは私の場合、創価大学の学生歌です。
かれこれ20年ほど前に通信教育で入り、毎年、夏のスクーリングなどにもよく行きました。創価高校が甲子園に出た時も学生食堂のテレビでみんなで応援してました。知らない人同士が、そのことで一つになって歓声を上げたことなど懐かしく思い起こします。

 何か今思い出すとキャンパスのあちらこちらでこの歌が響いていたような錯覚を覚えます。(もちろんそんなことはないのですが)本当にいい歌ですので、御存知でない方は是非聞いてみてください。
信心の心熱き人ならこの歌聞くだけで創価大学をめざしたくなります。(笑)


 信心が深まると、境涯が変わると、御書もまた深く読めるようになると言われます。学会歌もそうかもしれませんね。「人間革命の歌」も「滝の詩」も年ごとにその歌詞の意味が重みを持ってきます。

 事あるごとに学会歌を口ずさみ前進しようとしている私がいます。
単に古いとか新しいとかではなく、学会歌には永遠不滅の仏の生命、不撓不屈の精神が詠われているからでしょう。
我が境涯の歌としてこれからも大事にしていきたいと思います。

 皆さんはどんな学会歌がお好きですか?好きなのがあればまた教えてくださいね。

創価大学学生歌



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28