広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      

≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

祈りから始まる

 各地で雪の被害が出ていますが、みなさんのところは大丈夫でしょうか?関西方面はそれほどでもなかったですが、中部や関東から北の方は積雪で大変だったようですね。心よりお見舞い申し上げます。


                        *-*-*-*-*-*


 私の地区の50代の壮年部員のB君が、ここのところ、協議会や唱題会に少しずつ出てくるようになりました。B君は7年ほど前に入信したものの、会合にも余り顔を出さず、もちろん仏法対話などもやらずに今まできていました。ネットなんかの学会の裏情報や地域の方の個人情報を拾ってきては、批判めいたことを言ったりもしていました。

 そういう信心のせいもあったと思うのですが、入信以後、よく罰が出たのです。入会直後にお母さんが病気になったり、弟さんが脳梗塞で半身麻痺、本人も失職したりと・・・そのたびに激励しましたが、それでも信心を熱心にやろうとはしませんでした。またそういう罰で余計に信心に対して不信になってしまったのです。

 私もB君にいささか手を焼いて、「信心やのに疑ってばかりでどうするんや?」「学会に入ったんやから一度、騙されたつもりでがむしゃらにやってみよう」などと、訪問しては発心を促していました。

 先日「他者の幸福」という記事を書きましたが、実はその頃、「連れ出すことに一生懸命で、自分は本当にB君の幸せを祈れていただろうか?」とふいに思い当たったのです。B君を動かそうとしている自分、B君の信心を弱いと思っている自分はいるけど、ではお前は本当にB君の幸せを祈っているのか?と考えさせられたのです。



IMG_4453-2.jpg



 それ以後、朝晩の勤行の時、唱題の時、彼が活動に出てくる、出てこないに関わらず、B君の幸せを祈っていこう、と深く決意しました。お題目を彼の生命に送り、「御本尊様、どうか彼を幸福の軌道に導いてください」と強く祈るようにしました。するとB君に対する自分の気持ちもやさしく穏やかになっていくのです。

 そして、それから1週間としないうちに、なんと彼が出てきたのです。私は思わず「すごいなあ、御本尊様は!」と思いました。こちらの一念というのは宇宙に広がっていく・・・当然B君の生命にも沁みこんでいく・・・こちらの一念が変われば、相手も変わるというのを目の当たりにしたのです。


 衆生を幸福にしたいというのが仏様のお心です。ですから、こちらも友人、知人に幸せになってもらいたいという仏様と共通の思いで祈る。その祈りは叶っていくんだ!と思いました。

「だから祈っていくことが大事なんだ・・・これだ、これだ」となんだか一人で小躍りしたい気分でした。

 仏様は一切衆生の幸福を願われているのに、祈る方はいつまでも「お金に困ってます、体の具合が悪いです・・あの幹部のせいで信心が面白くありません」などなど・・・自分のことばかり言ってる、相手の批判ばかり言ってる・・・これでは水の上で火を炊くようなもので、仏の心とバラバラの祈りですよね。(笑)

 長年、信心してきてそれなりにお題目は良くあがっているのに、状況は変わっていかない・・・そんな時に、自分の祈りの姿勢をあらためる機会を、彼は私を悩ませることで教えてくれたのです。



 今、朝晩の勤行等で私は多くの人の幸福を祈っています。それは私の未知なる挑戦です。同志の方々、家族、友人、知人、またこのブログで御縁のある方も・・・その祈りがどこまで叶うか、祈り抜いていこうと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

 ※余談ですが、今朝の浅田真央さんのフリーよかったですね。SP16位の時には私も「なんだよ、それ~」ってまことに勝手なものでちょっと不満が出ました。でも今朝の演技はドラマチックでした。勝負には負けたけど、最後は自分に勝ったんだって、そんな顔でした。こちらもうるっときちゃって・・・SPで自分を見失ってそのあと、精神的に本当に大変だったと思います。立派だったと思います。感動をありがとうございました。 2/21



02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28