広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      

≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

生命の基底部

 
 ある方のブログに「生命の基底部」というお話が出ていました。私も「法華経の智慧」講義に出て学んだ後でしたので、そのことについて書こうかなと思っていたところでした。

 「生命の基底部」といいますとなんか難しそうですが、もともと生命の中のお話は、何をも聞いても難しい話ばかりですので、根気よく思索していく以外ありません。


 もちろんそんな難解な話を自前でやるわけにはいきませんので、池田先生の指導に学びたいと思います。(法華経の智慧・第4巻288P~池田先生のお話は茶色部分になります。)

 先に十界論のお話が少しありまして、その考え方について先生が話をされています。

 「一つのとらえ方として、生命の基底部を考えたらどうだろう。基底部というのは同じ人間でも地獄界を基調に生きている人もいれば、菩薩界を基調に生きている人もいる」

 「いわば、生命の『くせ』です。これまでの業因によってつくりあげてきた、その人なりの『くせ』がある」

 「バネがのばした後も、また戻るように、自分の基底部に戻っていく。地獄界が基底部といっても、四六時中、地獄界のわけではない。人界になったり、修羅界になったりもする。修羅界の『勝他の念』を基底部にする人でも、時には天界や菩薩界を出すこともあるでしょう。

 「修羅界を基底部にする人は、一時的に菩薩界を現出しても、またすぐに修羅界に戻ってしまう。この基底部を変えるのが人間革命であり、境涯革命です。その人の『奥底の一念』を変えるといってもよい。生命の基底部がどこにあるかで、人生は決まってしまう。」


 
 そのあと、先生は餓鬼界の基底部の人は餓鬼界の船に乗っているようなものであり、一時的に変化はあっても餓鬼界の軌道を進んでいる。死後も宇宙の餓鬼界の方向に合致していくと述べられています。

 「この基底部を仏界にしていくのが成仏ということです。もちろん基底部が仏界になったからといっても、九界があるのだから、悩みや苦しみがなくなるわけではない。しかし、人生の根底が『希望』になっていく。『安心』と『歓喜」のリズムになっていくのです。」と言われています。

(更に戸田先生の素晴らしいお話も引かれていますが、長くなりますので、詳しくは本編を読んでいただければと思います。)




ougo1_R.jpg




 私達は目の前の悩みで、宿命転換といって信心をしています。しかし、一歩、深い次元で見れば生命の奥底から変革しゆく戦いをさせてもらっているわけです。人間革命とは生命の基底部を仏界に変えることであり、それこそが本当の冥益の功徳です。種々の悩みはそこに至るための方便の悩みともいえるのではないでしょうか?

 表面的な生活の姿では、信心している人もそうでない人も違いはないかも知れません。しかし、生命の基底部を仏界にしていく作業を日々行えるのは創価学会員だけだといえます。

 そのことがわかると、「こんな悩みが現実に起こっているが、これは自身の仏界を強めるためなんだ」と思えるようになっていく。それを知らないと表面的な出来事で迷ってしまう・・・生命の基底部の変革を自覚できれば、信心の見方も変わっていきます。慌てることなく、悠々と戦うことができる。目先のことで一喜一憂することなく、「なにがあっても信心さえあれば大丈夫!」と希望が湧き、安心できるのです。

 更に先生は「九界の現実の苦悩と無関係な仏など、真の仏ではない。十界互具の仏ではないのです。それが『寿量品』の心です。」

 「ある意味で仏界とは『あえて地獄の苦しみを引き受けていく』生命といってもよい。仏界所具の地獄界。それは同苦であり、あえて引き受けた苦悩であり、責任感と慈悲の発露です。弘教のため、同志のためにあえて悩んでいく・・・その悩みが仏界を強めるのです。」
と教えてくださっています。

 これを聞けば苦労も悩みも大いに引き受けていこうという気持ちになるではありませんか? 学会で役職をいただいて、同志のため、地区のために苦労するということは、そういう深い意味があると思います。

 いい生活をすることだけが信心の目的ではない・・・どこまでも悩める人に同苦し、苦労を引き受け、難に耐えて仏法を語り弘めていく・・・常にその道を誓願し、最後まで戦いを全うする人こそが本当の信者であり、池田門下と呼べる人だと思います。


 私達は「仏界丸」という船に乗って、第六天の魔王が支配する大海原を航海していく仏の軍勢です。時には嵐を受けたり、氷に閉ざされることもある。仲間であっても波に呑まれ退転していく人もいる。その中を固く信心をたもちゆくならば、嵐を乗り切り、仏国土へと向かっていけます。そのための試練を避けて通るわけにはいかないと思います。

 一信者として、自らが選んだこの地域で「希望」と「安心」の笑顔を振りまきながら、広布のため、堂々と戦っていきたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28