2014
03.06

讃(ほ)むる言こそ多く候へ

Category: 信心
 前回の「法華経の智慧」のお話の続きになりますが、次のページで先生が人の育て方について言及されています。


 十界互具の人生は、信心を根本に、「ありのままに生きる」ということです。十界互具を説かない教えでは、九界を嫌う。九界を断ち切って、仏界に至ろうとする。これは広げて言えば、人間を「刈り込んでいく」生き方です。ここがいけない、あそこが悪いと。だめだ、だめだと欠点を否定していく。その究極が「灰身滅智」です。そういう反省も大事だろうが、下手をすると、小さく固まって、生きているのか死んでいるのか、わからないような人間になる危険もある。「角を矯めて牛を殺す」(少しの欠点を直そうとして全体を駄目にする)ということわざがあるが、むしろ少しぐらいの欠点はそのままにして、大きく希望を与え、目標を与えて伸び伸びと進ませる方がいい場合が多い。そうやって、はつらつと自信を持って生きて行けば、自然のうちに欠点も隠れてしまう。たとえば「せっかちだ」という欠点が「行動力がある」という長所に変わっていく。(中略)そういうありのままの凡夫が、奥底の一念を「広宣流布」に向けることによって、生命の基底部が仏界になっていく。(中略)活発に、生き生きと、毎日を生きながら、自分も、そして人も絶対的な幸福に向かって突進していくのです。

 
 人に対して希望を与え、伸び伸びとやれるようにしてあげることができればこんなうれしいことはありません。私など未熟なので、お題目をあげて祈る、そして会いに行く、一生懸命話を聞いて話をする・・・その繰り返しです。 でもそれで少しづつ自分も相手も何かが変わっていく、嬉しいのはそれが感じられることです。先生がそうされるように、人をもっと励ますことに向かって自分も生きていきたいと思います。

 人間関係ほど難しいものはないし、言葉ほど誤解を生むものもない・・・またやたら「頑張ろう」では、相手が参ってしまうこともあります。欠点を指摘する時は慎重にやらないと相手のやる気も奪い、時には自分を全否定されたと思われてしまうことだってあります。

 だから長所を一つでも見つけて心をこめて讃嘆していく・・・
注意したいことがあっても辛抱することも必要だし、かといって黙っているのが悪いこともあります。 


 根本は相手の幸福をよく祈ること、祈っていけば何かしら通じていくというのが私の体験です。
前に、お休み中の人が出てきたことを書きましたが、彼の幸せを祈るようになってから、急に変わりました。本当に相手に幸せになってもらいたいかどうか、自分の心をみつめることも大事です。

 日蓮大聖人様が四条金吾さんに対して、肉親への心遣いを諄々と説かれているところがあります。特に女性の罪に対して教訓したり、争ってはいけない。これが賢人の行いであり、これが仏弟子であるとまで申されています。(四条金吾殿御返事・九思一言御書)

 最近は女人の罪より、壮年の罪を婦人部に糾弾されることの方が多い・・私も日夜、奥さんと婦人部に教訓いただいております(笑)


 人の欠点を探す傾向の人は、相手を尊重できない人だと思います。また自分を優位に置いておかないと我慢できない修羅のおごり、増上慢のある人です。逆に弱い人、できない人をほめて自信を持たせ、自分以上の立派な人へと育てていこうとする人が、りっぱな人だと言えます。

 どちらの心も人間持っていますので、信心で境涯を変革していくしかない。お題目をあげると、必ず生命に貼りついている邪見や偏見が取れていく、それこそ薄紙をはぐように・・・そうして徐々に大きくものを見る目が備わっていく、心が広々としてくる・・・そうなっていくのが信心の功徳だと思います。かならずそうなれるすごい御本尊様です。やはり題目で生命を磨いていくしかないと思います。



aogaki8_R.jpg



 私たちは言ってみれば、欠点だらけの凡夫の集まりです。私もほとんど、とりえがありません。奥さんが何故、私と一緒になろうと思ったのか、不思議なぐらい(笑)きっと魔がさしたのだと思いますが、後悔しているか、今も怖くて聞けません(笑) そんな人間ですので完璧を求められてもできるわけがない・・・

 山本伸一役ができるのは先生お一人です。私達はお互い、欠点に目をつぶって、笑い飛ばし、許しあっていくしかない・・・そのぐらいの気持ちの広さでちょうどではないでしょうか?
 正邪を盾にして、何でもかんでも間違いを正そうなんて、それは仏子を苦しめていきます。


 「法華経の功徳はほむれば いよいよ功徳まさる、二十八品は正き事はわずかなりむる言こそ多く候へと思食おぼしめすべし」との御文もあります。(妙密上人御消息) 

 正しいことは少しでほめる言葉が多い・・・なんということでしょう。真実絶対の法華経でさえそういうものです。本筋さえ外さなければ堅いことは言わないから伸び伸びやりましょう・・・人に対してはそういう寛容の精神が大事だと思います。決して人を追いつめて(刈り込んで)苦しめてはいけない・・・最近、特にそう感じます。


  学会同志は妙法をたもつ人中第一の人の集まりです。その方々をほめることは仏を讃嘆することに通じます。逆にけなすことは仏をくだすことに通じます。どちらが大事かは良くわかるはずです。

 人はほめられると表情にもぱっと赤みがさし、晴れやかになるものです。長所をみつけて讃えあっていく。それの方が雰囲気も良くなり、成果もあがります。私も地区部長として失敗もし、体験いたしました。(笑)

 今、健気に地区の活動に出てきてくださる方々を本当にありがたく思います。特に婦人部の数名の方には感謝しています。その人たちがいないと、私も地区部長はやってられません。どこにでもいる関西の田舎のおばちゃんたちですが、その内証こそ仏の生命だとありがたく感じています。 

 同志を尊重し、相手をもっと伸ばしてあげたい・・・その心と祈りがあれば、きっと我が地区も発展していくものと思います。 まずは私の祈りから・・・もっともっと地区を変えていかにゃあならんと秘かに心に決意しています。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:10  Trackback:0
back-to-top