2014
03.26

獅子奮迅

Category: 未分類
(3月21日付聖教新聞掲載・・新人間革命 激闘の章―1より)

 広宣流布の流れは、「大河」の時代から、「大海」へと向かっております。大海原の航海には、激しい風雨も、怒濤もあることを覚悟しなければなりません。
 しかし、競い起こる諸難は、経文に、御書に照らして、正義の信仰を貫いている証明です。大聖人は、『大難来りなば強盛の信心弥弥悦びをなすべし』(御書一四四八ページ)と仰せです。強き信心があれば、大難に遭おうとも、むしろ仏法への確信を強くし、歓喜をもたらしていきます。『衆生所遊楽』とは、難がないということではない。何があっても恐れることなく、日々、信心の歓喜を胸に、すべてを悠々と乗り越えていける境涯の確立です。

            

 弱き信心では魔にやられ生命力が萎えていきます。一方、強き信心の人にも魔が競います。同じ魔であってもそれは意味が違う・・・、強き信心の人は、魔が競い起こってもいよいよ喜びを増し、苦難を乗り越え、その歓喜と確信で境涯を開いて行くことができる。そういう幸福への好循環の軌道に乗っていける。そう教えてくださっています。



夕焼け1





 自分が幸福に向かってどの軌道を進んでいるのか、信心の弱い時には霧の中をさまようように見えないものです。それに乗じて魔がその人をたぶらかそうとする。逆に信心が強くなっていけば、自分が確かに幸福に向かっているというしっかりとした手ごたえをつかむことができる。それがさらに確信と歓喜を増していきます。

 今、その大確信に燃えて、私も報恩感謝の信心の道に勤しむことができるようになりました。その大福運を感じて、さらなる感謝が湧いていく。本当にいい方向にいい方向にと、生命が充実し、変革していく。それが創価学会の信心、池田先生との師弟の道の素晴らしさだと思います。

 私も今、ある意味、生き残りをかけての戦いの最中です。いよいよ来たとの覚悟で猛然と戦っていきたいと思います。今まで以上に体当たりで御本尊様にぶつかっていき、学会員の一人として広布の突破口をも開いて行く決意です。

 広布大誓堂が完成し、更なる本門の戦いが始まっています。
4月から地域本部の役職も受け、地区部長、支部責任者、無冠の友、そして仕事と忙しくなってきました。現実の戦いに100%以上の力を注いで奮闘していく決意です。今が自分の大事な正念場かもしれないと感じています。そういう時には師子奮迅の力で全力で戦えばいいのだ・・・といよいよの喜びがみなぎってきます。自分が沸騰するような信心をめざしたいと思います。(笑)

 時々、ブログが停滞、休止をしますがどうかよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment:4  Trackback:0
back-to-top