2014
04.09

親の心

Category: 信心
 昔、信心強情な先輩の方から「御本尊様の立場になって自分の信心を考えて見るんだよなあ」と言われたことがあります。その時には、あまりわからなかったのですが、折に触れてその言葉が脳裏に浮かんできますので、私なりに考えたりもしてきました。

 御本尊様は主師親の三徳を御備えですが、その中でも私は親の徳ということを考えることが良くあります。つまり、私たちは子供で大聖人様は親ということになります。親から見れば、どの子もかわいいわけですが、とりわけ、病の重い子や、出来の悪い子には愛情も強くお持ちになるのではないかと想像します。


 私にも高校生の息子がいますが、本当に4歳、5歳のころはかわいかった。名前を呼べばすぐに私の腕にも飛び込んできて「とうちゃんが大好き」とかいいながらニコニコしていた。それが今、高校生になってみると、返事もしない・・・朝でもこちらが「おはよう」といっても、こっちを見ることもなく「・・・ふん」なんて言ってる。「ただいま」と言って帰ってきてもやっぱり「・・・ふん」です。「あのね、ふん(糞)という返事は相手に対してもっとも失礼な言葉だから、それはやめたほうがいい」なんて、ま、笑い話にして怒ったりするわけです。(笑)

 4歳、5歳で無邪気にこちらを信じて飛び込んできた時には、「ああ、この子は何の疑いもなく私を信頼している。かわいい子だな、この子のためなら何でもしてやろう、命だって惜しくないぞ」などと思ったものです。

 それが今、シラッとこちらをにらんで、チョー反抗的な態度で来ると「そんなに偉そうにするなら、ここを出て一人で生きて行けよ」などと思ってしまうわけです。

 子供が成長するという意味では親離れの訓練をしているわけで、これでいいのかも知れませんが、「ほんと可愛くないなあ、腹立つわ」となってこっちもいうことを聞きたくなくなってしまうものです。(まあ、腹の底ではかわいいんですけどね)


IMG_7255a_R.jpg
一つ58円のホームセンターのパンジーがきれいに咲きました。かわいいですね。健気に喜んで咲いています。



 仏様もやはり、多少似たところがあるのではないかと思うのです。(ここからは私の想像です) こちらが苦しくて「もう仏様しかいません。命がけで信心しますからどうか守ってください」と赤子が無条件に親にすがりつくように行けば、仏様も不憫に思われて救ってやろうとお思いになるのではないかと思うのです。

 それを「まあそのうちやりますよ。ちょっと待ってください、私もあれこれ忙しくて。よっこらしょ」的な態度で向かっていけば、怒られはしないでしょうけど、「私も暇じゃないので、もっと困ってる人の方へ先に行きますよ」といって、席を立たれるかも知れないと思います。なんせ一千万以上の人が24時間、御本尊様を拝んでいる時代ですから、仏様も忙しい・・・(笑)

 仏様の立場で考えるという意味では、本当に純粋に信じて、ありのまま、なりふり構わず、ぶつかっていく信心でいいのではと思います。それに喜びや感謝があれば10分のお題目でも受け取ってくださると思うのです。それを知ったかぶりしたり、やせ我慢や義務のようなつらい心で何時間拝んでも、それでは仏様から「なんかかわいげのない信心だね」と言われたりすると思うのです。仏様から見れば、どんな人も、幼稚の凡夫です。また苦楽ともに思い合せて・・・と仰せですので苦しい時は苦しい顔のまま、変毒為薬の感謝をもってひたむきに信じていけばいいのではと思います。


 先生もかつて指導の中で「かわいく拝むのです」と教えてくださったことがありました。そういわれれば、功徳をいただきたいわりに生意気な根性でやってるなあと自分を思ったものです。

 一度、お仏壇の中から自分を眺めて、純真でかわいい顔でお題目をあげているか、それともふてぶてしい顔でやっているか見てみるのも必要ですね。自分の信心に功徳を出してやりたくなるかどうか?(笑)

 「幹部がやれというから、まあやるか・・・一応成果の報告もあるしな、0では格好悪い・・・」なんて思いでやったところで、仏様や先生がお喜びになるか・・・やっぱこの信心はどこまで行っても志、真心・・・「心こそ大切なれ」なんだなあと思います。「喜んでやります。宿命転換させてください。仏道修行がうれしくて、御本尊様ほんとにありがとうございます。」せめてそんな心で日々、健気に信心に向かいたいと思います。そしてかわいい心で南無南無しようではありませんか?そしてこのパンジーの花のように自分らしく清らかに咲こうではありませんか? 

 この子には一番に功徳をあげたいなあ・・・仏様からそう思っていただけるような信心とはどういう信心か・・・仏様の立場に立って考えて見るのも大事なことではなかろうかと今日もまた思った次第です。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment:8  Trackback:0
back-to-top