2014
06.26

あのころの仲間

Category: 未分類
 私は27歳の時に、当時いました東京で創価学会に入会しました。(そのお話は以前のブログに書きました)入会したころはすべてに行き詰っていたのですが、初心の功徳として素晴らしい人たちと出会うことになりました。まずは長年、信心に徹せられた初老の方を中心に、そこに多くの求道の若者が集まってきました。主に土曜の夜に、友人宅に10人前後の仲間が集い、徹夜で話をしたり、お題目をあげたり、日曜の朝、夜明かしして自分のアパートへ帰るということを繰り返しながら、自然と信心のことを学びました。

 お互いが連れてきた友人なんかも入会し、折伏も盛んで、いろんなメンバーが入れ替わりで仲間に入ってきました。創価大学の学生や先生なんかもおられ、今も交流が続いています。みんな若かったこともあり、わからないままに信心を求め、学ぶという姿勢は旺盛でした。(そういえば一度も飲み会はしませんでした。)

 若い人も多かったので、時には冗談も多く出ました。
 
 誰かが、「日寛上人は死ぬ前に駕籠に乗って、お世話になったところをあいさつ回りされ、蕎麦を七箸食べて亡くなっていかれたそうだ、みんな人生の最後は何を食べる?」など、一見、たわいもない話にも花が咲きました。(かわいいでしょ?)

 「最後の晩餐か?日寛上人様の時代は選択肢が少ないよ。麺類が好きでもラーメンもスパゲッティもなかったもの。ぼくは店屋物ならカツ丼がいいけど・・」
「ええ?カツ丼は肉だろ、死ぬ前に肉はいかんやろ?せめて木の葉丼にしとけ。」
「末法は無戎だろ?何を食べてもいいはずだ。それに木の葉丼だってかまぼこ入ってるよ。あれは魚だし」などという奴もいました。

 また、ある時は「今ここにある蜜柑でも、誰に食べられるか、誰の命を養うか運命があるよね。これにしよう、いや待てよ、こっちの方がうまそうだと一瞬、躊躇したことによって、こちらの蜜柑がぼくの口に入る。蜜柑からすれば、これに因果があると思うか?」などという話がでました。
「そりゃあるよ。因があるから果がある。俺の身を養える蜜柑は幸福者だ、それに引き替え、お前の腹黒い胃袋に入っていく蜜柑がかわいそうでならない、これは蜜柑にとっての最悪の果報だろう?」などといって大笑いしたものです。

 それがどうしたという話ばかりですが、そんな話で仏法を考えたりもしましたので、あながち無駄ではなかったかもしれません。もっと教学的な深いお話もあったはずですが、どうも覚えているのはこんなおかしな話ばかりで・・・(笑)そして夜明けも近くなると、みんな始発の電車などで三々五々帰って行きました。



IMG_4219-1_R.jpg




 「不幸の根源、邪宗教、御本尊は絶対だ!」そんな言葉が威勢よく飛び交ってもいました。そんな連中と一度だけ奥多摩に遊びに行ったことも今では懐かしい思い出です。セピアになった写真が1枚だけ残っていて、私も悩み深い顔して写っています。(笑)(なにせ30年前ですから)
 相手の幸福をそれほど祈りもせずに、友人宅を急襲してはガチャガチャ折伏をやったりしてました。(破天荒なあのパワーがどこか懐かしい。(笑))

 その仲間たちとの交流も4年ほど続きましたが、やがて私も父親の死に伴って、東京を離れましたので、それからその仲間とも疎遠になりました。そして、やがてあの宗門問題が明るみになったのです。

 かつての友人たちの消息を、ある人がいろいろと知らせてくれました。そして仲間の半分以上が法華講へと去ってしまったことがわかったのです。何人かと連絡を取り、対話しましたが、かえってこちらが悪く言われる始末。一人は学会を激しく中傷し、大きなトラブルまでおこしました。

   そんな中、今でも嫌いになれない、私と仲の良かった友人がいます。10年以上も前に電話で話したのが最後ですが、「Mちゃん(私のことです)、お山の御本尊様を拝めば、必ずこちらが正しいとわかるよ・・・」と沈痛な声で彼がいった言葉が、今でも耳にこびりついています。彼は純粋でした。今も思い出しては仏前で彼の幸福を祈る私です。(もちろん生きているでしょうけど・・・)

 法華講に行くも学会に残るのも運命です。それは三世の分かれ道ともいうべき事件でした。それにしても同じ穴のムジナであったのに、なぜ彼らは法華講に行き、私は学会に残ったのか・・・もちろん各々の宿業には違いありませんが、それはあまりにも不思議な出来事でした。

 本当は私(達)も法華講に行くところを、彼らがその業を背負い、行ってくれたのではないか?そういうことを思うことがあります。自分だけが幸福になる道を行き、彼らが不幸になっていいわけはない・・・自分一人が喜ぶことはやはりできない話だとも思います。

 その集まりの中心であった初老の方に、私がしんどくて個人的に指導を受けに行ったとき、「お題目をあげぬくんだ。池田先生について行きなさい。」と言われました。信心つたなき私の命に、将来を見透かしたように楔(くさび)を打ってくださったその方こそ、大恩の方というべき人です。

 入信した時のその人達との出会いは、私にとって人生を決する非常に不思議な出会いとなりました。あれから30年たちましたが、いつもあの会座を、あの友の顔を思い出さない日はないといってもいいぐらいです。そしてあの時が私の信心の原点になりました。


 受験に失敗し、東京に行けば何かあるだろう・・・そんな気持ちで夜行列車に乗り、一人上京しました。やがて落ちるところまで落ちて、仏様のご慈悲で創価学会に入らせていただきました。

 そして自分の知らない力で吸い寄せられるように出会った先輩や多くの仲間達・・・土曜の夜に道を求めて集まってきた不思議な仏縁の人々・・・そこで私は何物にも代えがたい、一生にわたる信心の土台と確信を得ることができました。
今、思うとすべては仏様のお計らいであったと確信しています。
 
 何かの行き違いのように、仏法の上で敵味方に別れることになった彼ら。いつの時も私にとって彼らが懐かしい、大切な心の友人であることに変わりはありません。むしろ年月が経つにつれ、よりあの時間がまぶしく、彼らが私にとって縁の深い大事な人たちであることを知らされるのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村





Comment:14  Trackback:0
2014
06.19

御書と歩む道

Category: 信心
 入会当時、ある方から御書をよく読むようにと教えられ、入会できた喜びも手伝って、わからないままに、けっこう一生懸命拝読しました。その頃は東京にいて、小さな会社で営業をしていました。移動中の電車や一息入れる喫茶店などでも、すぐに御書を開いたものです。

 あの黒皮の分厚い御書は持ち歩きには不便で、人目にもつきましたが、たとえ一行でも拝読したいと思い、欠かさずカバンの中に入れていました。仕事の書類より、御書や大白蓮華など信心のものの方がかさばっていたかも知れません。(笑)

 その頃は初めて知った日蓮仏法に、砂漠で水を得た旅人のような心境でした。(笑) そのおかげでしょうか?今でも何かあると御書の一節が出てきます。何か救いの手が伸びてくるようなそんな感じで・・・それはありがたく思います。

 田舎に帰ってからは、信心も思うようにできなくて、御書もあまり開かないこともありました。最近はまた御書の拝読が日課になっています。御書を読みたくて開きますので、よくいえば自分なりに信心が進んでいるのかもしれません。もちろん、その逆の時もあります。ある方が聖教新聞を読みたくないときは信心がおかしい…とおっしゃっていましたが、その人なりの信心を点検するバロメーターがありますね。


  戸田先生が「御書が分かったといったら増上慢だ、 わかんないと言ったら謗法だ」と言われたそうです。この話を聞いた時、「どっちやねん」と思ったものです。(笑)今ではわかるとかわからないという、拝読の仕方そのものが間違っていると気がつきました。信心をわかった、わからないということも同じだと思います。そういえば、随分、わかろうとして拝読していたなあと自分の増上慢を恥じております。
 御書は大聖人様の魂であり、お心です。凡夫らしく、それに触れさせていただける感動を持って拝したいと思います。



IMG_8176-1_R.jpg




 境涯で読み方が違ってくると言われますが、むずかしいことは私にはわかりません。ただ最近は御文に接すると、大聖人様にお会いして、直接、お話をうかがっているような気持ちになることがあります。そういう感覚は以前にはなかったものです。それから御書の拝読が楽しくなりました。御書を開くと大聖人様にお会いするように思いますので、それはうれしく思います。

 日蓮大聖人様が大好きで恋しいとなればきっと幸福になりますよね。経文(寿量品)には「心懐恋慕・渇仰於仏」とあります。男女でも恋に落ちると、若い時など会いたくて仕方ない。(笑)恋愛は時に悲しい結末に終わりますが、(そんなこともあったなあ・・・)日蓮大聖人様を好きになって恋い焦がれても、裏切られないばかりか、不思議なことに幸福の方向へとどんどん向かって行きます。

 しかしその道はまた、難信難解の茨の道です。宿業とか魔王の試練とか罰とか、いっぱい邪魔なものが顕れては苦しめられます。歯を食いしばり、一人悩みながら乗り越えていかねばならない。その時、道を照らし、確かな道しるべとなってくれるのが、御書の一節一節であり、それを根本にした学会指導ではないかと思います。

 大聖人様は悩み多き凡夫に寄り添い、語りかけてくださる。励ましては、希望と勇気を与えてくださる。この世の言葉で、御書ほど確かで信じられる言葉はないはずです。まさに「御金言」ですね。

 それを仮名交じりと言って見下し、焼いたり漉き返したりした五老僧・・・大聖人様に信伏随従していなかった証拠だと思います。日興上人様もさぞかしお嘆きになっておられたのではないでしょうか?

  いつの時代にも信心には御書があり、信徒の生活の中に御書は輝いていきます。御文には「此れを八万四千の法蔵とは云うなり是れ皆悉(ことごと)く一人の身中の法門にて有るなり、然れば八万四千の法蔵は我身一人の日記文書なり」(総勘文抄563P)とあります。

  忙しい時はせめて『今日の発心』だけでも拝し、(笑) 大聖人様のお心を学び、御書を身に帯した信者として、魔軍との戦いに勝利していきたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment:8  Trackback:0
2014
06.12

ある夜の唱題会

Category: 徒然の記
 
 週に一度、私の所属するある部では夜の唱題会をやっています。会場を変えながら3年ぐらい続いています。主に地区や支部の幹部さんの参加ですが、皆さん熱心で、「継続は力なり」であることを教えられます。唱題は3~40分と短いのですが、それが長く続いている秘訣かもしれません。(笑)

 昨夜は部長宅であったのですが、自宅は山間にあり、家の前を蛇行しつつ川が流れています。そして今の季節、唱題会が終わるころには、蛍が舞い飛ぶのを眺めて帰るという素晴らしい自然環境にあります。昨夜もちらほら舞っており、虫取り網を持ったおじいさんと女の子が川辺で蛍捕りをされていました。(昭和の風景やわ)きっと部長も幼き頃はこの川で水遊びや魚とりをしたんだと思います。

 部長は二世ですが、山奥の過疎の村で草創期に両親が入会され、信心をがんばってこられました。今や部長の二人の息子さんも創価大学などを出られ、教師になっておられます。信心の功徳は子孫七代と言いますが、代を経るごとに家庭革命されていく姿は、信心の大きな福徳そのものだと感心させられます。

 昨夜は部長が会館警備のため不在で、また参加者も少なく、私のほかに壮年が2名だけでした。部長の奥さんも入られましたが、私が導師に押されました。私は導師はあまり好きではないのですが、昨夜は後方から、力強く、白馬がぱっ、ぱっと駆けていくようなお題目で背中を押してくださったので、よく声もそろいました。

 部長の奥さんは、今年から別の部の婦人部長もされているのですが、非常におとなしい感じの腰の低い方です。何を言われるにも最初に「ありがとうございます・・・」とはにかんで遠慮がちに話はじめられます。決して人のことを悪く言われることもありません。「上から目線」という言葉がありますが、それで言えばいつも「下から目線」なのです。(笑)私なんかあまり丁寧に来られますと、とまどうこともあるのですが・・・どこかの幹部さんにも少し分けてあげたい謙虚さですよ。(笑)

 で、その奥さんが、導師の私のすぐ右後ろに座られたのですが、いざ始まってみると、私はその方のお題目に圧倒されたのです。普段は奥さんは一番後ろの方なので、意識してその声を聴いたことがなかったのですが、声といい、リズムといい、女子部からたたき上げたという張りのある題目でした。いつも寡黙で控え目な奥さんの姿からは想像できない迫力ある声だったので、よけいに感動したのかもしれません。導師の私の声を飛び越して、御本尊にひたぶるに向かっていくような強さがありました。



sakuhata2_R.jpg



 それで唱題中、私はその声に包まれて、そのリズムにのって軽快に唱題していたのです。こうなるとどちらが導師かわかりませんね。(笑)

 部長は明るく、どちらかというとおおらかなタイプですが、その奥さんの題目を聞いて「あ、この家はこの奥さんの信心が一家の柱になっている」と感じたのです。(もちろん部長もいい信心をされています。)

 「言(ことば)と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり」(総勘文抄563P)とあります。奥さんの唱題の音声に、普段、表では見せない人としての芯の強さ、負けじ魂の強さを垣間見た思いがしました。
奥さんも二世(近くの出身です)だと思いますが、こういう草創から継承された一家の信心が、過疎の村の学会の灯を守り続けてきたのだと思います。


 部長も50代後半ですが、この奥さんのことを今もって「ちゃん付け」で呼ばれています。それが非常にほほえましく、奥さんをとてもかわいがっておられる感じがします。

 人は見かけによらぬもの・・・とはこの奥さんのことかも知れません。おとなしいけれどこの人が本気になるとすごい・・そうも思いました。そういえば、前に聖教新聞の切り抜きを出してお話されたことがありましたが、人が残さないような非常に小さな記事まできちっとスクラップしてあり、びっくりしたことがあります。

 こういう方にいつも信心を教えられる気がするのはなぜでしょうか?
 目立たなくても地道に真剣に、御本尊様と池田先生を求めて生きておられる、幹部になっても決して偉ぶることもなく、人を讃え、陰の人、支えの役に徹しておられる、その信心根本の生活が、やがてじわじわと確かな幸福の現証として花開き、平凡であっても輝いた人生となっていく・・・その粘り強さ、清らかさのようなものを奥さんから感じるのです。まさに「陰徳の人」だと思います。部長が奥さんを大事にする理由も本当はそういうところにあるのかもしれません。


 唱題会を終えて外に出ると、暗闇にゆるやかに川の流れる音が聞こえています。蛍の舞うのを見ながら、私は心地よい気分でした。帰りの車中、山間を一人走りながら、「俺もこれからや、また明日からがんばろう」そんな気持ちがみなぎってくるのでした。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment:14  Trackback:0
2014
06.08

信の一字

Category: 信心
 全国的に梅雨入りしたようで、こちらも2.3日雨模様の日が続きました。近年は大雨の被害もよくあり、その被害も甚大です。被害のないように祈りたいものです。我が家の田んぼの緑も日毎に色を増し、これから一段と成長していく時を迎えます。私も半分、(いや4分の1ほど)お百姓さんですので(農漁光部員です)たまには農作業の汗もかいています。


  創価学会に入らなければ私は祈るという事について、深く考えることもなかったと思います。入信したときは願いと祈りの違いすらわからない有様でした。考えて見ると、願いはこうなりたいという望みですが、それに対し祈りとなると、それは成就するまで念じゆく能動的な行為になってきます。

  病気を治したい、貧乏を転換したい、人生を明るくしたい…等々、切実な悩みをぶつける御本尊があるということはすごいことだと思うのです.
まして、世界最高の強力な御本尊なのですからありがたいことです。世間で、「御多幸をお祈りします」と言っても漠然として、具体性がない。それに対し、学会員の祈りは叶えることに目的があり、祈るということが前提になります。どこまでも具体的に現実の自分なり、生活なりの変革をめざしていくものです。

 有名な祈祷抄には「大地はささばはづるるとも虚空おおぞらをつなぐ者はありとも・潮のみちひぬ事はありとも日は西より出づるとも・法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず」とあります。 それらの御文を始めて拝しましたとき「え?そうなの?本当に?」と思いました。これはすべての祈りが叶うという断言のお言葉です。

  それなのに現実には祈りの叶わないことがあります。それは何故なのか? 私が一日2時間のお題目を続けていた時、友人から「そんなに題目あげないと願いは叶わないものなのか?」と言われハっとしたことがあります。(笑)  題目をよくあげ、、学会活動をよくやっていても、思うようにいかない・・・一体、何がおかしい?自分の信心のどこがいけない?・・・私はある時期、よく考えさせられました。

 4月号の大白蓮華の池田先生の指導にこうあります。

 <願いは、心の奥底のものが叶う >
  「よく皆さんは、口では“叶う”と言いながら、心の中では、あまり思わない場合がある。 願いは、心の奥底のものが叶うのです。“病気が治りますように”と、お願いしながら、心では“治らないかもしれないな”と思う。これでは御本尊に通じません。
 信心をキチッとしていれば、どんなことでも叶いますよ。叶わないのは、そう願っていないのです。皆さんの心に聞けば、良くわかるでしょう。信心をしきっていけば、絶対、どんなことでも現証として現れます。ただ、宿業によって、時間がかかる場合がありますが、それでもキチンと分かるものです。何らかの形態で現証がでます」




バラ園
                    


 実は私のようなものはいかに御本尊様でも救いようがないかもしれない・・・と、暗にどこかで自分を否定し、疑いをもつ、自分を信じきれない私がいたのです。あることの成就を願いながら、壁に突き当たると「やっぱ無理なんじゃないか?」と疑いの心が出る・・・確信をもちたいのにどこかに不信がにじみ出ている。そして祈れども祈りが叶っていかない・・そういうジレンマにずっとはまっていたのです。

 不信の根本は生命に備わっている「元品がんぽん無明むみょう」と説かれます。それは第六天の魔王を動かし、その人の信心をたぶらかし、退転させゆくものです。御書には「設ひ等覚の菩薩なれども元品の無明と申す大悪鬼身に入つて法華経と申す妙覚の功徳を障へ候なり」(兄弟抄)と述べられています。もちろん私は等覚の菩薩ではありませんので、なおさら大変だと言えます。

 その自分に気が付いてからは、もっとしっかりと「信」を確立させなければならない、と思うようになりました。唱題行を根本に、御本尊様への絶対の信を打ち立てたいと思いました。そうなれば祈りは全部叶っていくから・・・そう言い聞かせました。今もその揺らぐことのない「信」に向かって毎日が挑戦だと言えます。

  いかなる病も治ると言われている。その力は誰しも自分の生命に持っている。けれどそれを祈る私が「そうは言っても大丈夫かな?」と思う時、治る力は湧現しない。本当に願っているとは言えなくなる。それが不信であり、題目をあげても水の上で火を炊くようなものだと仰せです。
 それが私の或る時の信心でした。それまでの自分の生きざまや、命の癖で、自分が幸福になれるなんてなかなか信じることができなかったのです。(ほんと人生そのものががトラウマでした)(笑)

 私は自分の信心を反省し、御本尊に対する不信をお詫びしました。「もっと自分の信力を強いものにします。さらに深い信心に立っていきます。どうか見ていてください。その信が確立した時には願いをかなえてください」と誓いました。
 仏法では「以心得入」「信のみ能く入る」など信じることの大切さを求めます。御本尊様は身の財や蔵の財以上に、信じるという心の財の供養を一番喜んでくださるのではないかと思います。

 信じきってはじめて不可能が可能となる道が開ける。「疑いなき信」が祈りを叶えていく最低の条件なのかもしれません。自身の無限の可能性を信ぜずして、御本尊を信じているとはとても言えない。そこまでいくだけでも私などは大変なことです。

  日蓮大聖人様は「元品の無明を対冶する利剣は信の一字なり」(御義口伝/751P)と、不信には信をもって対決せよと喝破なされています。自身を「信の一字」に染めあげて題目をあげる。その師子吼が我が心の不信を打ち破り、すべての祈りを叶える力となっていくことを学びました。

   信心はこの生命に潜む不信の命との対決だとも言えます。これは誰の生命にもあるものです。御本尊様に対し、また学会に対して、はたまた自分に対しても最初から100%信じている人はいないと思います。この不信をあぶり出し、信力、行力で対冶しゆくところに、清らかな強い「信」が常住してくるものと思います。

  その道を行くと魔の反撃もおのずと強くなってきます。その魔を魔と見破り、それを一歩深く打ち破るまで、私は一歩も引かない覚悟で行こうと決意しています。

 日蓮大聖人の仏法という最高の宗教、生命哲学を持った一人の人間が、どこまで人間革命できるものなのか、人間革命というのはどういうことなのか、それを求めて、今再びの心で新たな挑戦を開始したいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment:2  Trackback:0
back-to-top