広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

一幅の曼荼羅

  入会して間もない頃、ある方からお伺いしたお話です。

 昔、東京・青梅の方に一人の乞食がいたそうです。おそらく昭和30年代のことだと思います。乞食ですので橋の下に筵(むしろ)か何かで囲いをして、そこをねぐらにして暮らしていました。その乞食がある日のこと、御本尊様を拾ったのです。それは誰かが御不敬して捨て置いたものだったかも知れません。雨風にもさらされていたせいか、傷みも激しかったそうです。

 当時は学会の折伏が日の出の勢いでしたので、御本尊流布も寺に行列ができるほどだったそうですが、反面、浅はかにも御不敬する人も多くあったようです。

 その御本尊様がどういういきさつのものであるかわかりませんが、それを拾ったのが乞食でしたので、特に警察に届けるでもなく、ねぐらに持ち帰りました。壁と呼べる場所が乞食の住まいにあったかわかりませんが、とりあえずしかるべきところに掲げていたようです。

 乞食ですので仕事はありません。日中は物乞いにあちこち出かけていたのですが、不思議な事にその傷んだ御本尊様を拾ったころから、道でもらうお恵みが増えて行ったのです。今まで入ったことのないようなお金が恵んでもらえたりする・・・そういう不思議な事が現証としてよく起こってきたのです。

 乞食はお金が入ってくるという現証を目の当たりにし、それがこの御本尊によることを確信しました。きっと歓喜もしたことでしょう。文字が読めたなら「なんみょうほうれんげきょう」とつぶやくことぐらいはしたのかも知れません。

 その話が、いつしか村のうわさとなって、やがて地元の学会の幹部さんの耳にも入りました。幹部さんは乞食の話を聞くために棲家を訪ねて行きました。しかし、あまりに御本尊様が傷んでおりましたのと、元の持ち主も不明ですので、どうすることもできないと思われたようです。



 midani1-1_R.jpg



 それで「この御本尊は傷んでいますし、あなたにお下げ渡しされたものでもありません。もし御本尊がほしいということなら、新しいものとお取替えをいたしましょう。」と乞食に言いました。

 すると乞食が言うには「いいや、わしはこれを拾った日からいいことがいっぱいおきるようになった。これを手放すわけにはいかない。新しいものなどいらないから、この掛け軸を持って帰らないでくれ」と言ったということです。    
乞食が絶対にその御本尊を手放そうとしないので、幹部さんもあきらめてそのままで帰っていくほかなかったそうです。

 話はこれだけなのですが、私はこの話はいい話だなあと、なぜかよく思い出すのです。

 何も知らない乞食が、ある日、一幅の曼荼羅を拾った・・・そこからその乞食の生活に変化が現れます。それは表面的には金銭的な功徳だったかも知れませんが、もう少し深い意味があったとも言えます。それは100万年暗きところに一筋の光がサーと射し込んだような、乞食の生命の中で幸福の花が知らず開いていく、三世のドラマの始まりではなかったかと思うのです。

 雨風に打たれていた御本尊様を拾い、持ち帰り、棲家にまつった・・・その行為は乞食にとっての仏縁となり、それに仏様のご慈悲がきっと下りたのだと思います。

 御本尊様を拝しますと、右の肩には「若し悩乱する者は頭七分に破れ」、また左の肩には「供養すること有る者は福十号に過ぐ」と認めてあります。謗法の罪は頭が七つに割れる。つまり精神病でしょうか?そして供養する人は福運がいや増して仏になる。その時の乞食の心境まではわかりませんが、きっと持ち帰り大事に思ったその心に、福十号が顕然したのかも知れません。

 いわんや私達は朝夕、御本尊様にお題目をご供養し、学会活動をし、折伏もします。その功徳がどれほど大きいか、凡夫の智慧でははかれないということです。

きっと今頃あの乞食は、どこかに生まれ変わって、「過去世に、捨てられて傷んでいた御本尊を救った功徳によって大長者に生まれ、諸天にも讃嘆されて幸せに生きている」と私は想像するのですがいかがでしょう?

御聖訓には
「一生はゆめの上・明日をごせず・いかなる乞食には・なるとも法華経にきずをつけ給うべからず」とあります。

 たとえ乞食であっても、また思うようにいかない不遇の身の上であっても、「この御本尊に傷をつけてはならない」と仰せです。そして信心できることがどんなにありがたいことか、信心を励むほどにわかってくるのです。

 今日もその福徳を噛みしめながら、障魔を蹴散らし、題目を朗々と唱え、笑顔で前進して行きたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



学会の看板

ある会合での幹部さんのお話から・・・

 「皆さんのお近くの外の友人の方に、創価学会で名前を御存じの方をあげてください・・と聞きますと、たいていの方が「池田大作」とお答えになるのではないかと思います。有名ですから・・・南無妙法蓮華経と同じぐらい流布しています。(笑)ではその次に御存じの方は?と聞きますと、原田会長かというとそうではありません。多くの方があなたの名前、またはお知り合いの学会員さんのお名前を言われるのではないでしょうか?
つまり皆さんは地元の友人の方にとっては、池田先生の次に有名な創価学会員さんになるのです。それだけ責任と使命があるということを自覚してください。」というものでした。

 もっともなことです。地元では池田先生に次いで自分が創価学会の看板を背負って立たねばならないことを、私もよく痛感させられます。特に田舎で会員が少ないと余計に注視されますし、どれだけ一人一人の学会員の存在意義が大きいか・・・よく感じるところです。

 そんな自分が金欠や病気で苦しんでいたり、人間的にぱっとしなかったりするわけですから、(笑)これは非常に申し訳ないなあと思ったりもします。しかし、過去の行いが良くなかったのか、様々な宿業を背負って生まれてきたわけですから、最初から立派というわけにはいかない。また不幸な人間が幸福になることを証明するためには、最初から立派ではうまくない話です。不幸な人ほど使命が大きいとなっていますので、そういう意味では私なんか使命が大きく生まれついたものだと、一瞬、呆然としてしまいます。(笑) さてさて皆さんはいかがなものでしょう?

 私は以前、地区の婦人部の方から「師弟不二」というのが良くわからないと聞かれました。(こちらも聞きたいぐらいですが・・・(笑))それで「師匠と弟子が一体ということですから、あなたが池田先生の心に合わせて、一つの心で広布の戦いをする。生きて行くということではないですか?」とお答えしました。するとその婦人は「そう言われても、恐れ多いですし、やはり先生は凄すぎて雲の上の方です。こんな自分が一緒というのは・・・とても私はそんな立派ではありません。」と返事が返ってきました。「いえいえ、不二なので私こそ、この地域の池田大作だと思って生きて行かないといけません。心の問題なので意識革命しましょう。」と言いますと、その方は、しばらく目をパチクリさせておられました。



IMG_8391a_R.jpg



 もちろん、婦人の方の気持ちはよくわかります。私だって先生と不二です・・・なんて人前ではおこがましくて言えないですし、それだけ立派な信心をしているわけでもありません。(笑)

 でもやはり法華経の原理から言うと、師と弟子は一体不二でなければいけないので、そのぐらいの心意気は持って生きる、あるいはいつもそう言い聞かせながらいくべきではないかと思うのです。

 そうでないと池田先生と一緒に学会の看板を背負うわけにはいきません。
その意味で「師弟不二」と言っても、結局は弟子の自覚で決まると思うのです。だから「私なんか・・・」という考えは捨てて、スッパリと「私はこの地域の池田大作です、創価学会です」と決めきってやるほうが、潔いと思うのです。
 
 池田先生は戸田先生とお会いになられた瞬間から、もう師弟不二の世界に入られました。私なんか30年たってようやくぼんやりと気が付いてきたようなものです。それほど毒気が強く染みているのでしょう。

 キリスト教などはいつまで修行しても神にはなれないと聞きます。全能の神はそれこそ雲の上の存在です。しかし日蓮仏法は「あなたが仏です、早く思い出してください。」と呼びかけてくださるのです。一人一人が『南無妙法蓮華経・日蓮』と早く生命に宝塔を建てて幸せになりなさいと、それはもう惜しげもない大サービスの宗教なのです。仏様がそう言ってくださるのですから、こちらは素直に「わかりました。その言葉を信じます。」といった方がいいと思います。「それは恐れ多い」というのは謙虚なようで、時には仏法からそれてしまうと思います。

 私は仏です、日蓮大聖人と同じ生命です、そして池田先生とも不二の師弟です・・・そういう自覚を持って、決めきって信仰していくことはとても大切なことです。私なんかもっと早くからそうすればよかったと反省しています。

 異体同心の本質を御書では「水魚の思い」と表現されています。その心に信心の功徳も備わっていく。大聖人様も池田先生も別の世界の人、自分とは違う人と思った時から、血脈はぷちっと切れてしまいます。(笑)

 地域にあって「創価学会の○○さん」そう言われることは人間として最高の名誉です。それで馬鹿にされたり、悪く言われたりするのは、仏法に無知な世間の人の勝手と思えばいいではないでしょうか?(笑)


 どうせやるなら、中途半端ではなく、体のどこを切っても学会魂がほとばしるような、そんな鮮烈な信者になってこの人生を駆け抜けていきたいと思います。それでどこに連れていかれようと本望だと、腹をくくるのが師匠に対する誠意、誠実というものだと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



身で読む信心

 先日、私の圏でK大会というのがあり、80歳の婦人の方が体験発表をされました。この方は入信が72歳の時ということで信心歴はわずか8年ほど。昨年、腎臓に癌が見つかり、胆のう?にも癌ができていたそうです。それで手術で摘出することになったのですが、高齢ということもあり、大変難しい手術が予想されました。毎日、丑寅の勤行、日中は題目、仏法対話をやりきり、池田先生と奥様に自分で編まれた編み物の服を送られ、そして手術に臨まれたということでした。

 いよいよ手術開始・・・ところが手術室に入っていくときから、自分がどこか楽しい旅行に行くような気分がしたというのです。不思議な事です。そして手術は大成功、他に転移もなく片方の腎臓がきれいに除去できたということでした。10日後には退院。一年たって手術前より健康になりました、と喜々として体験発表されたのです。

 実は私にも同じような体験があります。私も40代の時、癌が見つかり手術に臨みました、開腹手術でしたが、その時、不安よりも絶対に大丈夫というしっかりとした気持ちで手術室に入っていけたのです。家族にピースサインを送って笑顔でした。麻酔が全身を熱のように駆け巡っていく中、意識の底で「ああ、死ぬというのはこういうことなのか?」と思ったことを覚えています。あとはまな板の上の鯉でしたが、5時間ほどの手術は無事に成功。サランラップにくるまれたようにきれいに癌がとれたそうです。あれから10年以上たちますが、元気で生きております。(笑)

 あそこで死んでたら、こうしてブログで皆さんにお会いすることもなかったわけです。その頃、私はB長の役をいただいたにも関わらず、あまり組織にも出ないで、勝手な信心をしていました。それで病気が出た時、「やっぱ、今までの生き方の罰が出たなあ」と思いました。それでも救っていただけたのです。それで変毒為薬したのか、今は学会に対してだいぶ素直な自分になりました。(笑)



050a.jpg




 手術に臨むとき、気持ちだけは「ここが私の竜の口」と、そう覚悟しました。この手術をもって大聖人様、3代会長のご難の一分に変えてください・・・と祈りました。それは私の人間革命におけるひとつの「発迹顕本」であったと、今振り返れば思います。

 先の婦人の方は信心7年目に出た大病です。役職もお持ちではありません。今は歓喜で折伏にも歩かれるようになったそうです。無理に力まなくても、うれしくなれば自然と仏法対話したくなります。策も方法もいらないですね。

 体験と歓喜があればそれが相手に伝わります。信心は体で勝負!こんな体験しました。こんな変わりました・・・そう言えないとせっかくの教学も「絵に描いた餅」で終わってしまいます

 「御本尊様はすごいよ!」そうストレートに言える人が、信心を身で読んでいる人だと思います。私も折伏に行くと「この御本尊様はすごい。もう生きてることが毎日うれしくなってくるんだよ」と、その歓喜を語っていけるようになりました。

 「今日も御本尊様を拝めている。池田先生という大師匠と共戦していける。」それだけで歓喜が湧くのが本当だと思います。何かが叶うから、うれしいというのではなく、瞬間、瞬間、生きていることがうれしい・・・そういう境涯に誰もがなれる信心です。

 その意味で、悪しき宿業、宿命が出た時こそ、「一生成仏」のための最大のチャンスの時。信心を身で読む最高の試練であり、いわば仏様からの贈り物と言えます。それをありがたいとするか、疑って苦しいものとするか、そこにその人の信心が出ると思います。

 まもなく子供たちも夏休みです・・・残念ながら信心に夏休みはありませんが。(笑)
日々、御本尊様に歓喜のお題目をご供養しながら、仏法対話に汗を流す、熱い夏にしていきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


人間王者

「自分自身の可能性を信じ、決意と挑戦の連続に身を投じるのだ
大願が偉大な行動を生む 大願が偉大な自分を作る」
                    6月29日付 聖教新聞「光のことば/幸福の曲」より


 日曜の朝、5時過ぎに聖教新聞の取次所に行き、新聞の束を車に積んだ時、ふとこの詩が目に飛び込んできました。しばらく車の中でその詩を読んでいましたら、また新しいエネルギーが体に満ちてきました。「よし、今日も挑戦!」そう思いながら配達に出発。車中、私もこんな詩が出てきました。

「雨がふろうが 嵐がこよが
俺は仏とにっこり笑い
創価の王道、今日も行く」 (先生の詩とはえらい違いやなあ・・・)(笑)

 信心を真面目に実践し、広布の戦いに身を投じようとしますと、必ず三障四魔という障りが出てきます。体と心を悩ます種々の苦悩が出来し、信心をさえぎり、精進の道へ入ることを邪魔することになっています。そういう魔の働きが出た時、大聖人様は「賢者は喜び愚者は退く」(兵衛志殿御返事)ものだと仰せです。

 凡夫ですので、魔が来てそう喜んだりできませんが、それでも最後は「来るなら来い!」」と、腹のすわった心境になるものです。魔が騒いでも「出たか、かかってこい!」と思えるか、「また来た、恐いな・・・」とおろおろするか、まさに勝敗の分かれ目はこちらの心の一念で決まります。腹を決めて題目をあげぬいていけば、必ず賢者の生き方、勝者の振る舞いができるということを、私も何度も体験してきました。

 そういうことを何度か経験していきますと、だんだん度胸がついて、怖いものがなくなってくる・・・というのも最近よく感じます。それこそ先生の言われる「勝って勝って勝ちまくれ」状態になっていけるという心境です。悪いものが出れば出るほど、妙法の正義と功徳が証明できるのです。本当に題目の力は無敵ですね。

 この世で一番怖いものは?と聞かれたら、「池田先生の眼」と私は答えるかもしれません。本当に対面してじっと見据えられたら、きっとこちらのすべてを見通されるので一番怖いのではないかと思います。(笑)

 親戚に真言のお寺があったりする関係で、葬儀や法事などでそこの老僧と会うことがあります。老僧は私を見ると瞬間、目をそらすのが良くわかります。目と目の勝負ですから良くわかるのです。そりゃ日蓮vs空海、信濃町vs高野山ですから、向こうは勝てないことを生命で感じるのだと思います。(笑)



kubogatani5_R.jpg
                                    < 写真は我が家から見た満月です>


 池田先生が世界のトップと会われても一歩も引けを取らないどころか、みんな先生の魅力にとりつかれてしまいます。それだけ生命力と智慧が半端ないのだと思います。人間、すべては生命力の勝負です。太陽のごとき仏の生命力を湧現するしか私など勝つ見込みはありません。(笑)

 「人に会うのが怖い」 「病気が出たらどうしよう」 「題目があがっていない、また魔が出るんじゃないか?」と何でもかんでも怖いのは生命力が弱い証拠です。(実も私もかつては対人恐怖症、金欠恐怖症でした)

 信心で境涯革命していけば怖いものはなくなってくる・・・怖いということが全くないのが仏と言ってもいいのではと思います。まさに「人間王者」です。結局、死ぬことが怖くなくなる・・生死を超えると説かれます。

 御書には「いかなる処にて遊びたはふるとも・つつがあるべからず遊行して畏れ無きこと師子王の如くなるべし」(経王殿御返事)とあります。人間にとって恐れというのは、結構、不幸の原因になるものだと思います。その場しのぎで逃げても、やはりまたどこかで出てくる。結局、自分を人間革命して、恐れなき境涯になるほかはありません。題目で命を磨き、折伏で菩薩行を積めば、誰でもそうなれると説かれます。


 私にはすべてを打ち負かす妙法がある・・・そう思えば安心です。安心できるからうれしいし楽しい。ほしいものは全部御本尊様の中に入っている。「困った、南無妙法蓮華経」で全部解決していく・・・こんなありがたい信心はないと思います。

 実は私もここ2,3か月、首から背中に賭けて激しい痛みが出ていました。痛みはつらいですけど、ありがたくて仕方がない・・・これで謗法の罪とも一つさよならです。ちょうど御書には「頭と目と背中の痛み」(太田殿御返事)と謗法の報いを説かれているところがありました。

 信心しない人は罪障消滅も宿命転換もない。だから悪いものが出てもまた残る。それで今ある福運が切れるまでの幸せです。不幸な人から順番に信心するので学会員は一歩、先を行っていると思えばいいのだと思います。

 御本尊を頼みにして信心に励めばどんどん生命力がついていきます。必ず不幸を変毒為薬する力が出てきます。以前、「押印和紙」というのを先生からいただきました。それには朱の陰文でくっきりと『人間王者』とありました。そうなっていきなさいとの励ましだと受け止めています。

 その「押印和紙」を毎日拝し、命に刻み、今日も自分らしく王者への道を邁進していきたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31