広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年08月
ARCHIVE ≫ 2014年08月
      

≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

熱き求道心

 
 先日来、こちらでも激しい雨が降り続き、近くでは被害も出ました。広島では土砂崩れで大きな被害が出ています。亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

 数日前、小説「新・人間革命」<求道の章>では北海道別海町の青年について描かれていました。

 貧しさから入信し、信心を求めゆく一人の青年・・・男子部の釧路での会合に誘われますが行く汽車賃がない・・・無理だと思うものの「待っているよ」との同志の声がよみがえります。やはり行かねばならないと決意した時、「そうだ、自転車がある」と気が付き、夜通し山道を走り抜け、100キロ以上の道を踏破して釧路の会場へと向かいます。

 そして会場に着いた様子が次のように描かれます。

 「一晩がかりの、百キロを大幅に上回る走行であった。菅山の顔は、汗と埃にまみれていたが、心は軽やかであった。自らの弱い心を制覇した“求道の王者”の入城であった。
 男子部の会合では、全参加者が、この“別海の勇者”を、大拍手と大歓声で讃えた。
 彼らは、菅山の姿に、男子部魂を知った。北海の原野に赫々と昇る、太陽のごとき闘魂を見た。感動が青年たちの胸を貫いた。」


 先生は会場に入ったことを「入城」と言われています。入城とは「仏界」という名の自身の生命の宮殿へ、、青年が一歩入ったのだと私には思えました。

 今、国内で100キロの道のりを自転車で走り、会合や活動に走る人はいないかもしれません。「道のとをきに心ざしのあらわるるにや」(乙御前御書)との御聖訓を思い起こします。1キロでも遠い人には遠い、100キロでも胸中に求道の炎が燃えていれば近い・・・そこにこそ信心があるのだと思います。

 一人の青年の魂が多くの青年の心に灯をともし、信心の波動が会場全体に広がっていったのです。本物の師子が一人立つことの大切さがそこにはあります。そしてその後、その青年は別海町方面の広布の勇将となっていくのです。



ginzanko1_R.jpg



 北海道と聞けば随筆『忘れえぬ同士』で描かれた、嵐慧子さんのお名前も浮かびます。草創期、各地で彗星の如く出現された強信の方々の信心に、今一度学びゆくことが大事だと感じました。そしてこのようなお話を読むと、私の心にも「やらんかな」の熱き心が噴き上がってきます。

 自分の心に「熱き求道心有りや?」と問い続けることは大切です。信心のことを億劫に思ったり、少しのことで無理だとあきらめたり、自分だけのことを考えていたり、その程度の信心では到底、広宣流布も生活革命も思いもよらない・・・広布に対する熱き心と闘争心はあるか?自己を厳しく見つめて行きたいと思います。

 池田先生の御指導には次のようにあります。

 「行動なくして仏法は存在しない。広宣流布のために、どれだけ動いたか──そこに本当の信心が現れるのである。求道の道、弘通の道。この「道の遠さ」は、そのまま深い「志」の現れである。「心こそ大切」である。真実の志は、必ず「行動」として現れる。逆に見れば、「行動」なき信心には真の「志」はない。(2008.4.9聖教新聞)

 口先や頭で考えることは簡単な事です。動かずしてできるからです。しかし行動は体を使い、勇気を出して動かなければなりません。「動かずして事足りる」、そういう横着な癖は 腐敗の元凶となっていくように思います。

 我々の戦いは、何があっても揺るがない不動の信念を生命に打ち立てる戦いです。その信念が確固たるところ仏界が成就していく・・・さあ折伏だ!行動だ!と自身の心に一鞭あてて、日々、立ち上がる決意です。

 今の日本は内乱や紛争もなく、物質的にも豊かすぎますね。だからと言って信心が強いかというとそうとは言えない。また3世、4世と入信動機のない方も多くおられます。豊かな分、世の中全体の魔も巧妙で強いのではないでしょうか?

 お盆の休みも終わり、今年の後半戦もすでに半ばに入りました。まさに「光陰矢のごとし」です。今日からまた「求道」の二文字を心に刻み、我が使命の天地で、志のある行動を積み重ねていきたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


『いっぽんどっこの歌』

「ボロは着てても心は錦 どんな花よりきれいだぜ」

 これは水前寺清子さんの「いっぽんどっこの歌」です。みなさん御存じだと思いますが、作詞は星野哲郎さんという方で、阿久悠さんと並んで昭和歌謡の作詞家の大御所の方です。阿久悠さんが才気にあふれ、洗練された歌謡派なら、星野さんは苦労人で少し泥臭い演歌派と言えるかもしれません。その分、応援歌や励ましの歌も多く書かれています。船乗りから作詞家になられた方で、若い時に腎臓結核という病気で腎臓を摘出され、船を降りられてから作詞の道に入られたそうです。

 何かの時に私の命にこの歌が出てきます。誰しもそういう歌の一つ二つお持ちではないかと思います。「学会歌ではないのですか?」と言われそうですが、学会歌もありますが、こういうのも出てきます。仏法に通じているからでしょうか?特に金欠病の時は良く歌います。(笑)

 学会員さんでも真面目な方は信心の本しか読まない、学会にしか友人がいない・・・という方もおられます。一見、純粋に見えますが、それでは世界が小さくなることも事実です。大いに外に目を開き、他の文化や社会や趣味など、もっと学びたいですね。広宣流布も外交戦との指導がありますから、一期一会であっても命と命の交流です。池田先生が難しい話をしないで、手品で子供たちを楽しくされるのも、相手との距離を縮めて、命の交流をいっぱいされたいのだと思います。私も無芸で困りますが、人を喜ばす芸の一つぐらい持ちたいものです。山本リンダさんぐらい歌って見ようかと思います。(笑)(冗談です)

「若いときゃ二度ない どんとやれ 男なら 人のやれないことをやれ」

 学会精神にも通じます。剛毅な戸田先生、池田先生を彷彿とさせられるではないですか?先生の指導に「大変な時こそ大胆であれ」とあります。小っちゃくなってはいけない・・・小っちゃい私はいつもそう自分に言い聞かせています。(笑)



IMG_4366a_R_R_R.jpg



 北島三郎さんの「風雪流れ旅」も星野さんの作詞です。「鍋の焦げ飯 袂(たもと)に隠し 抜けてきたのか親の目を・・・」なんて歌詞は、なぜか佐渡で阿仏房夫妻が人目を忍んで、大聖人様に食事を届けた光景を想像してしまいます。

 世の中には仏法に通じるものをもった素晴らしい方がたくさんおられます。もちろん森羅万象、妙法の働きであるわけですから、星野さんの歌も仏法と共鳴しています。さらっと書かれているようにあって、苦労人の生き様や根性がにじみ出ています。そういう演歌の世界も私は好きです.。

 理屈では人生は解決しない。現実にぶつかって、うちのめされてまた這い上がって、苦労しながらつかんでいく・・・その中には自分が幸福になるための肥しがいっぱい詰まっています。幸福になるために本当はありがたいところですが、当の凡夫にはつらいものですね。

 蓮は汚泥に咲くと決まっています。生命の汚泥の中に、いえ、もう一歩深く、汚泥そのものがあの美しい蓮の花へと変化していくのではないかとさえ思います。汚泥の多さなら人に引けをとらない私です。(笑)最後にはどんなに美しい花が咲くか、大いに楽しみにいこうと思います。

 「幸せは歩いてこない だから歩いて行くんだね 
    一日一歩 3日で3歩 3歩すすんで2歩下がる」  『365歩のマーチ』

 2歩下がるところが星野流幸福術のように思います。3勝2敗の人生もしぶとさがあっていいではないですか?それでも人生勝ち越せます。(笑)
全部勝たなくても負ける時だってあります・・・そういう心のおおらかさ、それで人の世の痛みも知りながら、今日も爽やかな心で妙法を唱え、生きて行きたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


誓願の大道

 
 台風の進路が気になるところです。我が家でも一泊、日本海に行く予定でしたが、少し日を変更しようか思案しているところです。皆さんの心のほうの空はスカッと晴れているでしょうか? こちらは快晴ですよ。(笑)

 先月の末の連休に私も広布大誓堂に行かせていただきました。前日の午後に東京入りして、本部に行ったのですが、池田先生へお手紙をお渡しすることが一つの目的でしたので、まっすぐ接遇センターに行き、手続きの上、無事にお渡しすることができました。日々の写真の中から「無冠の友」の写真として10枚ほどを同封いたしました。(今日の写真も入れました。)

 今回は先生に自身の未来に向かっての誓願をお書きしました。そして最後に先生と永遠に戦いゆくことをお誓い申し上げました。結局、その誓願が私にとって最も大事なものだからです。嵐であっても心そこにあれば、すべては希望と歓喜に晴れ渡ります。先生にお手紙を書いて誓った以上、もう後には引けません。(笑)これで私の人生は決定したのだと自身に言い聞かせました。おかげで身も心も一段とすっきりといたしました。

 「誓願」と聞きますと有名な御聖訓を思い起こします。「我日本の柱とならむ 我日本の眼目とならむ 我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶるべからず」との開目抄の一節です。私など一家の柱になるのもやっとですが(笑)この信心をした以上、いついかなるところにいようと、「広宣流布」と「一生成仏」の誓願をもって生きることが、仏の道の肝要ではないかと思います。

 そんなありがたい身に反して、怨嫉と不信の命で反学会のお先棒を担ぐ人も世の中にはいます。本当に末淋しき境遇と心から同情申し上げます。御本尊様と学会に反対して幸福になる人はいない・・・仏の生命を傷つけ損じるのですから、やがては自分が滅びていく、哀れにもその業因を日々重ねている人々・・・そのことを思えば、私たちは100千億倍も幸福者です。自然と歓喜の舞の一つも舞いたくなるというものです。

 朝に夕に「誓願」の旗を前に立て我々は生きて行く。今がどんなにつらくても、過去がどんなにひどくても、明るい未来を開くことができる。だから強気で行けばいいということになっています。「現当二世」ですので今日から未来に生きる・・・私など過去がひどいものですので、「現当二世」や「本因妙」という言葉にはいつも希望をいただいてきました。


IMG_8167_R_R.jpg


 晴れやかに誓願勤行会を終えて大誓堂の外に出ますと、戸田先生のお歌の碑が立っています。

 『妙法乃 広布の旅は 遠けれど 共に励まし 共々に征かなむ』

そして脇には池田先生の峻厳な師子吼が私たちの生命を貫きます。
  
  『我ら戸田門下生は 広宣流布のその日まで
  勇んで三類の強敵の嵐を超え
  恩師のこの和歌を永遠の原点となし
  異体を同心として 仏意仏勅のために
  共戦しゆくことを ここに誓うものなり
  
  この和歌の精神に違背する者は もはや魔類であり
  我らの同志に非ざるものなり
  我ら創価門下はすべからく 生々世々代々の会長を中心に
  折伏弘教にまい進すべきことを ここに書きとどむ』

 (その場でメモしたもので字句に間違いがあればお許し願います。)

 「魔類」との言葉に先生の並々ならぬ三類の強敵との対決の生命を感じます。我らもあとに続き、仏に背く勢力と戦いゆかんと思うのみです。

 今回、誓願勤行会に参加し、私自身、これからの「人間革命」の土台を、「師弟の道」の進路を、我が体内にいや増して明確に顕すことができました。我々は希望と歓喜に燃え、雄々しく人生と広布に挑戦、開拓していかねばなりません。師弟の道に、題目の音声と共戦の誓願をもって呼応し、異体同心の道を心ある皆さんと共に歩いていきたいと思います。

 今年は蒸し暑い日が多いですね。寝苦しい夜も多いと思いますが、皆様、体調に気をつけて、有意義な日々をお過ごしください。8月は「原爆の日」「終戦記念日」と戦争を心に刻み、不戦の誓いを新たにする月でもあるかと思います。私も折々にその祈りと共に生きていきたいと思います。

ブログをご覧いただく皆様のご多幸とご健康を心からお祈りいたします。

 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31