2014
09.30

『行の題目』 と 『信の題目』

Category: 未分類
 御嶽山の噴火はまたも大惨事となりました。残された方の捜索も厳しい状況が続いています。ご家族の方の心中は大変なことと思います。また命を落とされた方々のご冥福を祈りたいと思います。本当に、天災、人災の事故が近年多発していますね。信心する一人として、安穏な国土であるよう祈らずにはいられません。


 先日は会館で「法華経の智慧講義」があり、参加しました。今回は「如来神力品」のところで、このことを記事にしようかと思いましたが、難かしいですので(笑)講義で聞いたことを、少しだけかいつまんで書きます。

 それは広宣流布を託された地涌の菩薩である創価学会員をおいて、この世界に仏はいないということです。どこか別の世界に大仏さんのような金ぴかの仏がいたり、社会的にも富裕な人格者が仏に近いというわけではありません。

 三類の強敵の迫害を忍びながら、また病気や貧乏と悪戦苦闘しながら、凡夫の姿で妙法を弘めゆく、学会員こそが仏だということです。それまでの宗教というのは、特別な神仏がいてそれにすがったり、崇めたりというものでした。それがここにきて、凡夫こそが実は仏(菩薩仏)であり、人間ほど尊貴なものはないという、一大転換がなされます。そして上行菩薩を上首とした地涌の菩薩に末法の広宣流布を付属されたのです。その誓いのまま、約束通り凡夫としてこの世に生まれきた「地涌の菩薩」が、何を隠そうあなたであり、私なのです。(ジャーン、すごい!)忘れましたか?すっかり・・・(笑)


 うちの奥さんに「あの、大事な話なんだけど、俺ね、実は仏なんだ・・・」と言っても「ええ?拝みすぎて変になった?」なんて言われそうです。(笑)でも池田先生に聞いたら「そうです。健気に信心しゆく皆さんこそ、地涌の菩薩であり、仏なのです」ときっと答えてくださると思いますよ。



IMG_8591a_R.jpg



 決して僧侶が上、在家が下などとそういう考えは仏法にはありません。一切衆生が平等に仏の生命を秘めている。いかに世間の人が嘲笑おうと、煩悩まみれの自分であろうと、本来、仏です。ピーマンの種はピーマンに、カボチャの種がカボチャになるように、妙法の種ですから、仏の生命を成就できるに決まっているのです。


 実はその後の対談の中で、遠藤さん(教学部の方です)が「祈ってはいるのですが、なかなか叶わない」という人に・・・と質問されています。(うーん、これこれ。すぐにでも聞きたい、遠藤さん、その質問ナイス!)

 それに対して先生は「大事なことは、日寛上人が仰せのように、題目には『信の題目』と『行の題目』があることだ。同じように題目を唱えていても、唱えるのは『行の題目』に当たる・・・御本尊の功徳を「確信」しているかどうかで、結果は変わってくる。この『信の題目』が大切なのです。」と答えておられます。

 100万遍唱えても、叶うことを信じていないと結果が出てこない。 病気が治る、仕事がうまくいく、家族が仲良く暮らす・・・みんなそうなりたくて信心しています。絶対そうなることを確信して題目をあげないといけない・・・「無理かな?」「自信がもてない」そういう疑いで「南無」したら、それが叶っていくものだと、実は私もよくやってきました。(笑)どうしても疑いが出てきてしまう。雑念もよく出ますが、疑いもほんとよく出るものですね。

 でもそこを抜け出るのはやはり題目の力だと思います。腹を決めて題目をあげぬいていくと、生命に確信が出てくる・・「これでいいのだ、妙法しかないのだ」 そう信じる心が定まっていくのも、題目の力だと思います。そうなって初めて諸天善神が動き始める。御聖訓には「必ず心の固きに仮つて神の守り則ち強し」云云、神の護ると申すも人の心つよきによるとみえて候」(四条金吾殿御返事)とあります。

 私も、自分は絶対に幸福になる・・・願いはすべて叶っていく・・との大確信で今は前進しています。過去にはもう戻りたくない(笑)そうなるとほんと未来は太陽が昇るように,明るいものです。       

 さて今夜は本部の唱題会。呼吸を合わせた確信の題目で、一切を開いていく戦いに挑戦していきたいと思います。
 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村




Comment:6  Trackback:0
2014
09.22

実践第一を信条に

Category: 未分類
あの美しい 満天の星の如く
勇気に溢れ 希望に溢れ
勝利に溢れゆく
栄光にふさわしき
人間王者の威厳に満ち満ちて常楽我浄の王宮の扉を開き
笑みを湛えながら
わが人生の流転を進みゆくのだ。   (9月21日付聖教新聞)


 日曜の朝、先生の詩を拝しながら、聖教新聞の配達につきました。
車中、入会して何を考え信心してきたか、ふと考えたら、やはり自分の幸せだけかもしれないなと思いました。この信心をすれば幸福になる・・・それを信じて入会したものの、20年ほどはどちらかというと、思うようにいかない生活だったように思います。その間、大きな功徳はあまり感じられなかった。それが今、何か自分自身が大きく変わりつつあるように思えます。それも日々、変わっていくような、確かな手ごたえを感じることができるのです。

 特にここ1,2年のことですが、池田先生との師弟の道こそが、絶対に正しい軌道であることを、自分の体で確信をもつことができました。体でつかんだものは理論では覆えされることはない・・・これもまた人の世の真理ではないかと思います。




IMG_8529a_R.jpg





 私は、理論派とは縁のない、どちらかというと修利槃特の一派です。(笑)また信心を長年やっても、聖教新聞の体験談のような目に見える功徳もつかめずに来ました。きっと自分だけ、功徳の出ない衆生かと(笑)本気で思ったこともあります。それでも折伏や脱講にいって「素晴らしい信心なんだよ!」なんて無理して強がっていました。

 そんな私も「理の信心」では駄目だということは知っていましたので、実践するしかない、御本尊様に通じるまで、できることは何でもやろうと決意しました。信心20年目のせっぱつまっての最後の決意でした。(笑)
 「変わらない信心を何年やっても駄目だ、自分を変えたい・・・ほんとうに変われるなら実践するしかない・・・」そういう心境になったのです。

 志願して朝、5時起きで一時間の聖教配達、一時間のお題目から始めました。今年で9年目になります。地区部長、支部、本部の役職を引き受け、我が家に10台ほど入れる駐車場を作り、床を補強して大型の仏壇を購入、拠点会場に提供しました。(実はその時も本当にお金がなかったのが何とか回っていきました。)王城会、会館まわりの草刈りなどできることは何でもやりました。もちろん折伏も好きで歩きました・・そういう実践が、いつしか陰徳となって私の体内を変革させていったんだろうと感じます。

 特に信心30年目ぐらいからはその冥益を強く実感できるようになりました。冥益の譬え話に、「一升瓶におちょこでお酒をいっぱいずつ入れていく。何日たってもさほど変わらない。だけどあきらめず毎日入れ続けていくと、ある日を境に一升瓶からお酒があふれ出す。冥益もそうなんだよ。」と先輩から聞いたことがあります。まさにその通りです。相手の色ばかりだったオセロゲームのコマが日々、私の色に裏返っていくような、そんな楽しい信心が生命に展開し始めたのです。

 昨日の休日も朝から法華講員宅の訪問、同志宅の訪問と走りました。法華講員との対話はなかなか辛辣な対話となります。昨日はなかなかのオバチャンで険悪な毒針が容赦なく飛んできました。(笑)

 同志宅も4件ほど訪問しました。一人のお宅は地区部長をしていた息子さんが、ネットにはまり、内部アンチとなって信心がおかしくなっていると事前に伺っていました。息子さんには会えなかったのですが、息子さんの奥さんは学会についてしっかりしているということで、なんとか、息子さんが学会に戻れるよう、みんなで力を合わせていこうと約束してきました。

 どこを訪問しても現実は厳しいものです。それでも笑って前進するしかない・・・創価学会員であることの喜びを噛みしめながら、また今日出会った人たちの幸せを祈りながら、帰路につきました。

 過日の聖教新聞、「創大讃歌」の中で次のようなエピソードが出ていました。「学生が決断力をつけるにはどうすれば?」と質問。先生は「私は答えない」「自分の力でやって苦労する中で、少しずつ力がついてくる。自分でやらなきゃできない。私は、答えようと思えば答えられる。しかし、それは観念なんだ。実践が、尊いんだ」と・・・

 学会は教授主義ではなく指導主義と言われる所以ですね。自分であたって苦労して掴む・・・倒れても痛い目にあっても、また信心で立ち上がる、その繰り返しこそが、若き苗もやがて堂々たる大樹へと育っていく、ただ一つの王道ではないかと思います。

 まさに実践の労苦こそがその人を創っていくのだと思います。「これからは人を救いゆく苦労をします」、「折伏行に精を出します」と、御本尊様に祈りながら、現実の地域で広布の金字塔を打ち立てる決意です。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment:11  Trackback:0
2014
09.12

I love youの電波に乗せて・・・

Category: 未分類
 昨夜は友人を誘って同中に参加してきました。以前から対話をしていますが、最近は同中に誘ってほしいと先方から言われるようになりました。60代半ばの方ですが、若い時に入会、退会をされた経験があり、今、再入会を勧めています。大発展した学会の姿、池田先生の飾らない人柄にいつも感動されます。今月は座談会にも来てもらう予定にしています。


 最近、こんな私ですが少しは人間革命したのでしょうか?人並みに他者を愛する、思うということができるようになってきました。私自身は一人が好きなタイプの人間だったのですが、今、学会員であるなしに関わらず、人との交流を楽しむことができます。これも変毒為薬の力というほかありません。ブログを見てくださるみなさんのことも陰ながら愛していますよ。(笑)

 人を愛せる自分になると確かに生きて行くことが楽しくなります。生きることが楽しいから人を愛せるともいえます。これは不思議な事です。これにはいろんな理由があると思いますが、一つは憎む、怨嫉するという生命の濁りが薄くなっていく(冥伏する)ことがあげられます。(もちろん悪に対する憎しみは持ちたいと思います。)
 憎む、怨嫉するというのは、する方もされる方も苦しいものです。のたうちまわるような怨嫉だってあります。(経験者語る(笑))


砂丘_R



 また、愛する、憎むという心の波動は電波のように宇宙を駈け廻っていきます。どなたかのように感が強いという方はそういう電波をキャッチする装置が発達している方です。(笑)

 人を愛する、生きることがうれしい、人のためになりたい・・・などのいい心の波動は、世界を駆け回って世の中を浄化していきます。仏様や諸天の心にも適って、また自分に幸いとして帰ってきます。もちろん一番いいのは「南無妙法蓮華経」という仏様を呼ぶ波動です。逆に憎む、恨むというような波動や邪宗の祈りも世界を駆け回って、世の中をどす黒く染め、人間を分断していきます。まさに魔の働きです。

 指導と称して難しい顔で説教がましくやるよりは、にっこり笑って「あなたのことが好きですよ」という電波を発信するほうが、よほど相手と打ち解けて発心することがあります。

 私は人に向かって「愛してる」とは言いませんが、(笑)心で友人、知人を思い浮かべ「愛していますよ、幸せを祈っていますよ」という電波を送ります。その人の数が増えれば増えるほど、自分の境涯は広がり幸福になっていくように思います。仏様は一切衆生の幸福を祈っておられます。一切衆生ですので、提婆達多も極悪の坊主であっても幸福にしてあげたいと願われます。その上で悪を破折なされるのです。

 戸田先生は「青年は親をも愛さぬような者も多いのに、どうして他人を愛せようか。 その無慈悲の自分を乗り越えて、仏の慈悲の境地を会得する、人間革命の戦いである」と青年に向かって言われました。まさに私宛のお言葉です。(笑)「凡夫は勇気をもって慈悲に変えるのだ」とも仰せです。結局、信心に励むしかないわけです。そうして、まじめに唱題、折伏の道に励んでいくと、その信心に応じて人を愛せる楽しい自分に変わっていく、仏の境地を会得することができるというわけです。

 私などは脳の中の血管に、ヘドロのような汚物がいっぱい詰まっていて、よく死なずに済んだぐらいの人間です。長年信心してようやく少しは濁りが取れてきたかなと思うのです。生命の濁りをとることが信心の目的です。「常楽我浄」の言葉通りです。

 愚痴や嫉妬や怒りの臭い息を日々、宇宙に向かって吐いて、幸福だけくれというのは確かに横着かもしれません。(笑)「さいわいは心よりいでて我をかざる」との十字御書の通り、まずはいい心を発信できるように人間革命です。

 自分の生命に、深山の甘くておいしい清らかな水がこんこんと湧いてきたら、ありのままで大幸福になれるのだと思うのですがいかがでしょう?澄んだ清らかな生命ですので三世まで見える、池田先生の指導はそこからなされるから、100発100中、どなたにも命中するのですね。

 さあ、涼しくなったら折伏ですよ。暑くて動けないと言う人は、今活動しないと、また寒い冬がやってきます。その時には「春になったら…」というつもりでしょうか?(笑)

 信心を励まして楽しい人生を!妙法の音声を宇宙大に響かせて、今日もあなたらしく生きて行かれますように・・・と祈りつつ、、私もともに精進していきたいと思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村




Comment:12  Trackback:0
2014
09.03

窮子(ぐうじ)の信心

Category: 未分類
 30年前に創価学会に拾われ、入会したものの、私にとってその組織や雰囲気は最初はそんなに居心地のいいものではありませんでした。謗法の毒も強く出ました。もちろん組織について信心をしていましたが、どちらかというとそれほど熱くなれず、また池田先生もどこか遠い人でした。

 しかし、組織が苦手であっただけで、生命の奥底ではやはり先生を求めていたのかも知れません。宗門問題もありましたが、多くの友人が法華講にいったにもかかわらず、私自身は学会を去る気持ちは全くおきませんでした。そして紆余曲折があり、信心も30年を過ぎた頃から、俄然、私の生命にはっきりとした世界が現われてきたのです。それはまさしく池田先生との「師弟」という世界、「生命の絆」の世界の顕現でした。

 それまでもここ14、5年、役職を受け、無冠の友として、我が家を拠点に解放し、学会と共に生きるように努力はしてきました。しかし、どこか自分の中で晴れやかになれない時もあったのです。それを言葉でいえば「疑い」ということになるかもしれません。それが闇が晴れるように、かさぶたがはがれるように(笑)近年きれいに消えて行ったのです。まさに朝の光に草露が消えていくように・・・それこそが私の信心の功徳でした。

 法華経信解品に「長者窮子の譬え」というのがあります。まさに私は窮子であり、池田先生は長者であったと言えます。30年の信心で御本尊様が教えてくださったものは、池田先生との「師弟の道」であり、それこそが私の行くべき確かな道であったということです。

 人は同時に二つの道を歩くことはできない・・・また歩むべきではない・・・そう思います。同じ歩くなら晴れやかに迷わずに行きたいものです。疑念と批判の人には晴れわたる青空の世界は訪れない・・・これもまた真実ではないでしょうか?


matoba1_R.jpg



 日々、歓喜と確信にあふれ「もう自分は大丈夫だ、迷うことはない、ようやく私も法華経の世界へ入ったのだ」と明らかなるものを見る如くそう思えるのです。

 世の中には学会を仏意仏勅の団体と信じることができず、池田先生との師弟の世界に迷い、活動を休む人も多くいます。もちろんそれぞれの自由ですし、諌めてどうにもならないことの方が多い。しかし、学会を批判する人に「師弟の世界」は素晴らしいと私は訴えたいのです。本当に信じて間違いのないものを私は知ったのです。知ると知らないのとでは天地雲泥の違いなのだと・・・

 私とて創価学会、池田先生をどこかで疑う命もありました。それが同じ人間でありながら信じることができるようになった。そこに題目の力、変毒為薬の仏法のすごさを感じるのです。


 池田先生が中心となって、日蓮仏法を世界に広めたことは紛れもない真実です。池田先生ほど、折伏、弘教をされた方はいない・・・また仏子を慈しみ、育てられた方もいない。

 誰よりも御書を会員に説き、学ぶ機会を作り、宣揚された方も池田先生です。末法においてこれだけ身を捨て、折伏、弘教された人が悪人で、その団体の供養でのうのうと生きていた坊主が仏だなんて、子供にも分かる話です。池田先生への批判は必ずや仏意に背くことになり、その人の身に返ることもまた道理だと強く断言したいと思います。

 日蓮大聖人の下(もと)、現実には衆生(人)の弘通によって仏法が広まります。まさに「法自ら弘まらず人・法を弘むる故に人法ともに尊し」と御聖訓にある通りです。その衆生の代表が戸田先生、池田先生であり、その師匠と異体同心して活動していくところ、我ら凡夫も、仏法の素晴らしさを身で読むことができると確信します。

 今、私の前には晴れやかな一本の道が続いています・・・晴れ渡るその爽やかな道をしっかりと踏みしめながら、我が人生の信心完成に向かって、大確信をもって、今日よりまた新たな挑戦をしていきたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村




Comment:13  Trackback:0
back-to-top