広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年10月
ARCHIVE ≫ 2014年10月
      

≪ 前月 |  2014年10月  | 翌月 ≫

日女御前御返事

 ここしばらく秋晴れのいい天気が続きました。週末の台風が気になるところですが、こちらでは米の収穫も終わり、秋の祭りが各地域でたけなわとなります。田舎で暮らしていますと、神社の役なども回ってきます。以前はお付き合いの仕方に心を悩ましたものですが、最近は受けるもの、断るものもはっきりとして、そう悩まなくてもよくなりました。(笑)

 創価学会からも「自分から進んで謗法を拝んだりしなければ、祭り等への参加、やむなく神事に立ち会う等は地域友好の一環であってけっして謗法ではない」という見解が、原田会長の指導として数年前に聖教新聞に出ました。中には鳥居をくぐるのも嫌だという人もおられますが、それで罰が出る、謗法に染まるという道理はありません。

 かつて池田先生が、出雲大社の境内で店をやっていた会員を激励されたとき、堂々と鳥居から入られ、その会員の商売、生活を励まされたことは有名なお話です。私自身も寺や神社に行くのは決して好きではありませんが、秋になるとハッピを来て、太鼓神輿で練り歩くというのがこちらの秋祭りの風習ですので、それらとも自然体で付き合うようにしています。

 昔、先輩からは「身は落ちても心は落ちてはならない」と聞きました。生活上でそういった場所に行くことがあっても、身と心をきっちりと立て分け、心で謗法を戒めつつ、身は良識ある振舞をすることが大事だと思っています。


IMG_8708a.jpg
                                   <月食>10月8日午後7時21分・自宅



 さて今月の御書講義は『日女御前御返事』でした。「相構えて相構えてとわりを我が家へ寄せたくもなき様に謗法のものをせかせ給うべし、悪知識を捨てて善友に親近せよとは是れなり。」とあります。自分の信心を誑(たぶら)かし、悪道に落とし行くものとは戦わなければなりませんし、用心して近寄せないことが大事です。

 私の地域でも支部長までしながら、陰で同志の悪口を平気でやるような男がかつていました。表向きは強信者に見えたこともあり、結果、数人の会員がその男に同調しました。私は最初から彼が自分を立派に見せたい、名聞名利の信心であることを感じていました。そのせいか、私のことは疎ましく思い、陰で様々、あることないこと悪口もいっていたようです。ちょうど私が地区部長になったころでしたので、彼に地区内を乱され、地区をまとめるのに苦労しました。信心ありげに「先生、先生」と常にいいながら、裏では自分にいいように会員を誑惑していたのです。幹部でさえ、彼を信用して支部長にもしました。表面だけでは人間はわからないものです。

 後日になって、女性問題や悪僧との付き合いなど、いろいろと彼にまつわる悪い話が出ました。そのこともあったのか、支部長職を放棄して、ある日突然、この地域から去っていったのです。何故、あわてて去っていったのか、いまだに謎というほかありません。陰で同志の悪口を言うことに対して、仏罰が厳然と出るということを私は知りました。その時、一緒に同調した人達も本当にろくなことになっていない。それに比べて、組織から離れずに地区を盛り立てやってきた人は、みんな守られています。

 あまりにもはっきりと現証が出ましたので、私も驚きました。ですから今、会う人には、「組織について地区や支部を盛り立ててやっていくことが大事だよ」と話をしています。それが我が身を謗法・悪知識から守る事にもなると思います。和合僧を破壊する罪は誠に重いと、私自身を戒めるいい体験となりました。学会と言えど、ほんといろんな人がいるもんです。(そういう私も少し風変わりな人間ですが・・・(笑)

 御書の最後で、「日蓮が弟子檀那等・正直捨方便・不受余経一偈と無二に信ずる故によって・此の御本尊の宝塔の中へ入るべきなり・たのもし・たのもし」と述べられています。

 私にとって、また学会員にとって、最高の善知識は言うまでもなく池田先生です。その先生に追随して、確信あふれる題目をもって、御本尊の宝塔の中に突入していく。それも日々、いつでもそうしていける。その無上道の人生を満喫していけます。そのことを教えていただいた学会に、地域広布の弘教を持って、必ずや報いていく決意です。

 昨夜は美しい月食でした。赤銅色の月をしみじみ眺め、自分の人生の来し方など、思いを巡らせながら(笑)宇宙と対話しておりました。皆さんはどんな思いでご覧になりましたか?



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31