2014
11.22

篭の中の鳥

Category: 信心
 「御本尊様を拝むと、向こうから私の体に何か仏の力がやってきて、それで幸せになるのですか?」以前、そう聞いてきた婦人部の方がおられました。「いや、そんな魔法ではないですよ。自分の信心によって、自分の仏の生命を沸き立たすのです」とお答えしました。

 法華初心成仏抄には

「我が己心の妙法蓮華経を本尊とあがめ奉りて我が己心中の仏性・南無妙法蓮華経とよびよばれて顕れ給う処を仏とは云うなり、譬えば篭の中の鳥なけば空とぶ鳥のよばれて集まるが如し、空とぶ鳥の集まれば篭の中の鳥も出でんとするが如し口に妙法をよび奉れば我が身の仏性もよばれて必ず顕れ給ふ、梵王・帝釈の仏性はよばれて我等を守り給ふ、仏菩薩の仏性はよばれて悦び給ふ」とあります。

 仏の名前(南無妙法蓮華経)を呼ぶのも自分なら、呼ばれて出てくるのも自分(南無妙法蓮華経)です。御本尊(南無妙法蓮華経 日蓮)に向かって唱えれば、わが身に現れ出るのもやはり御本尊(南無妙法蓮華経 日蓮)だと言えます。


 創価学会に入ったということは、ピーピーと生命の雛(ひな)が産声をあげはじめたようなものです。元気よく題目を唱えることは、たくさんの鳥が集まって、ピーチクパーチク、外で鳴くようなものですね。その声に誘われて、わが内なる雛鳥も飛び出したくてしかたない。でも雛のうちは外に出るとかえって危険です。魔性の餌食になります。 翼がしっかり整うまではどうしても待たねばならない。もう大丈夫となればきっと飛び立ちます。

 そしてその鳥は仏の生命です。うれしくて楽しくて力強くて幸せで仕方ない・・・そんな幸せの鳥が篭を破って元気よく飛び出してくる・・・その姿が「一生成仏」であり、「人間革命」だと思います。

 功徳も幸福も自身の生命の中にあります。不可能を可能にする力も自分の中にあります。それを呼び出せるか呼び出せないか・・それが信心ではないでしょうか?

 唯、拝んでいるだけではきっと惰性のようなものですね。惰性というのは車のアクセルを離して、後、惰力で動いているようなもので、やがて止まります。 だから、お尻に火のつくような悩みが時にはあった方がいいのです。



tonomine1_R_R.jpg
      
                                      

 医者も世間も見捨てるような悩みになると、「御本尊しかない」となります。「絶対に負けない、信心しかない」という強い心で真剣に御本尊に向かいます。それがアクセルをふかして走っていく姿ではないでしょうか? 昔、先輩に言われました。「本当の信心を知りたければ、億の借金でも背負ってやることだ」とね・・・うーん、なりたいようななりたくないような・・・(笑)凄い境地です。(ちなみにその方は筵(むしろ)の小屋の生活まで落ちたそうですが、後には車を5台も所有する生活になられました。)

 医者が「駄目でしょう」といっても、「そう来たか、いや俺は生き抜いて見せる」 「もう倒産だ」と世間に言われても「どっこい、ここからが信心だ」 そういう一念で御本尊にぶつかると、必ず何か開ける道が出てきます。その時こそ宿命転換と希望をもって強く明るく拝めばいい、青い顔でぶるぶる震えては、鳥だって出たいと思わないですね。

 「窮鼠(きゅうそ)猫を噛む」とは世間のことわざです。いっそとことん行き詰った方が、法華経の兵法しかなくなって開き直ってやれるのかもしれません。信心の本当にある人は、多くの人がそういうところを歩かれています。師子が子供を強くするために、谷底へ落とすのでしょうか?「さあ、君に本当の幸せを教えるから、信心で這い上がってきてごらん」と・・・・

 念仏信仰なんかはそうなると、「もう死んで楽になりたい。この苦から逃れられるなら死んだほうがいい」となります。恐ろしい宗教ですね。他力本願です。法華経は自分の信心で自分の幸福を呼び出す、自力の信心と言えます。池田先生も「どうしても自分自身で自分を幸福にするしかない」とかつて指導されました。

 今、悩みの中でもがいている方も多いと思います。私も自身の悩みと格闘中です。実証を示すために、必ず打開できるとの大確信をもって、御本尊に向かっています。自分の信心が勝つか不信が勝つか、勝負です。

「あいつ、もう駄目じゃないのか?」そう言われたら信心はチャンスです。逆転ホームランという必勝の手が妙法です。

 「あいつの題目、最近、すごく力強くなったな、いちずでまっすぐだな」そう言われるような強き題目で、一切の勝利を切り開いていきたいものです。

きっと生命の篭を蹴破って鳥が飛び出し、やがて大空を悠々と舞うことでしょう。

「空飛ぶ者 の王たり鷲のごとし」と・・・      (千日尼御前御返事)

     
 「法戦に いざや出陣 師弟不二」  ともどもにがんばりましょう!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment:7  Trackback:0
back-to-top