広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月
ARCHIVE ≫ 2015年05月
      

≪ 前月 |  2015年05月  | 翌月 ≫

仏の住む場所


 27歳で創価学会に入会した時、私は宗教というより、友人から私の生き方について、折伏を受けた形で、即座にやってみたいという気持ちになりました。「創価学会のことをよく調べてから」とかそういう理屈は全くなく、(笑)ただ「南無妙法蓮華経」という言葉が心に響いたのです。そしてそれに賭けてみようと思いました。普段は優柔不断な私が、こんなにも迷わずに、物事を即決したことは後にも先にもなかったことです。

 その後、ほどなくしてある初老の信者の方との出会いがあり、そこで信心のすごさを知ることになりました。それはこの身が「仏と開く」・・・「一生成仏が信心の目的である」ということを教わるという、望んでも得がたい出会いだったのです。この方との出合いが私の一生の方向を決定づけたと思います。

 もちろん初信の私にとって、仏と言っても何もわかりません。強いて言えばスーパーマンのようなイメージしかありませんでした。(笑)きっと空だって自由に飛べるに違いない。願いはすべて魔法のように叶い、もちろん不老不死だ(笑)と、そんな感じを心に描いたことを覚えています。

 ところがそれから紆余曲折があり、10年たっても20年たっても、いっこうに仏らしき匂いも香りもしてきません。(笑)あいも変わらず、苦し気な自分です。一体、仏というのはどこにいるのか?仏界が湧現と言っても、このような頼りないものでもあるまいし・・・と、それは「日が暮れて道遠し」のような心境だったのです。

 生活面においても、新しい事業を始めたのですが、ますます窮地に立たされ、うんともすんとも開かない・・・お金も底をつき、深い苦悩の闇の中をさまようといった状況でした。「なんとか早くこの苦悩から逃れて、仏の世界に行きたい。私がほしいのは苦悩なんかじゃない。ほしいのは仏の世界なのだ・・・」とそんなことばかり思っていました。




ぼたん②



 思うようにいかない日々でしたが、毎日、1~2時間の題目はあがっていました。不思議な事に信心はむしろ強くなっていくのです。それで私は「これは何かきっと意味があるに違いない。よし、背水の陣で頑張ろう」と秘かに思いました。


 何年かたったある日のことです。ある思いが唱題中に起こりました。「あゝ、仏とは他ではない、どこか遠くの離れた場所でもない、私のこの苦悩の底に、この苦悩と共におられるのだ」というひらめきにも似た不思議な感覚に襲われたのです。

 蓮華は汚泥の中に咲く・・・この言葉通り、垢まみれ、煩悩まみれ、毒気深入して苦のみ多き私の命・・・その不幸の中に、仏はおられる・・・いや幸も不幸も、罪の軽重も関係ない、それらすべてが「南無妙法蓮華経」という私の生命なのだ・・・そういう思いがふつふつと湧きあがったのです。

 もっと清浄で美しい花園のような場所に仏は超然と住まわれている・・・そう思っていた私です。しかし、そうではない、人間生命の穢れた汚泥の奥深くにその住まいはあり、「あなたの煩悩、業、苦から一歩も離れずに私は蓮華と咲くのです」と苦を忍ばれつつ、私達の信心をじっとご覧になっているように思えるのです。

 私はそれまで、自分自身を否定し、自信も持てず、力も出せずに信心してきたことを思いました。法華経にある雖近而不見(すいごんにふけん=近しと雖(いえども)而(しか)も見えざらしむ)の言葉は、自身にある仏の生命を、凡夫には見えないことをいわれたものに違いありません。

 その日から「仏とは我が生命なのだ」その確信で信心できるようになりました。これさえあればいいのだ、「私は南無妙法蓮華経仏」これで生きるのだ・・・そう確信できたのです。

 仏の住む場所・・・それはどうしようもなくひどくて捨てたい、逃げ出してしまいたい、そんな凡夫の生命の中にあり、その人の胸中深く、その人のお題目に呼び出されて、花の如く開花する時をじっと耐えて待っておられます。

 どの人もわが生命の苦悩、悲哀と向き合って、お題目でそこを掘り抜いていくしかありません。その苦悩が出た時こそ仏の生命を開くチャンスの時です。「足下を掘れ、そこに泉あり」まさにそれが信心の精髄だと、いよいよの心でお題目に精進していきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31