広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年07月
ARCHIVE ≫ 2015年07月
      

≪ 前月 |  2015年07月  | 翌月 ≫

「困った、南無妙法蓮華経」



 7日付聖教新聞には、お元気な池田先生、奥様の姿が掲載されました。牧口記念会館、東京富士美術館を訪問されたご様子で、昨日8日付の新聞にはそのことにも触れ、随筆を寄稿してくださいました。梅雨の合間の晴れた空のように、私にはうれしい記事でした。先生のブレザーのブルーも、紫陽花のブルーのようで爽やかで、(笑)多くの会員さんの心にも、あかりが灯ったのではないかと思います。

 
 私達のいただいている御本尊様は世界最高、いや宇宙最高の無上の御本尊様です。福として、また智慧として汲めども尽きない、甚深無量の法力、仏力が収まっている宝の蔵、功徳聚です。 宝は取り放題、もうなくなるということもありません。しかも信心をやりぬけば、三世永遠にこの御本尊と共に生きていける、仏の境涯が約束されています。

 いかにしてこの宝を受け取るか?それは信力、行力を強く出す以外にありません。私も信心しながら、組織から離れたり、拝めなかったりと、あれこれ遠回りしました。まさに「修行の枝をきられまげられん事疑(うたがい)なかるべし」(四条金吾殿御返事)との御文の通りです。これからは、素直で強い信心で、しっかり功徳をいただいて実証を示したいものだと思います。

 かつて、私も仕事のことで行き詰まり、自分の智慧ではどうにも打開できないというところにいきました。その悩みの底で、「御本尊様があるじゃないか、御本尊様しかない、今こそ信心だ!」という境地に立てました。それでようやく、信心に開眼し、生命に火もついて、反転攻勢できたことがありました。





IMG_9880abjpg_R.jpg





 御本尊様は衆生に信心を教えんがために、時として崖っ淵や谷底に私達を連れていってくださります。そこでもがき苦しみ、信心で這い上がってくるのをじっと見つめておられます。まさに試練こそ、その人にとって最高のパートナーです。またすべての出来事に深い意味があるということだと思います。

 そこでいや増して、強く御本尊様にぶつかって行けば、「妙法」の世界に入れます。信心をつかむことができます。私もその時、「妙法」の世界に一歩深く入ることができたと思いました。「南無妙法蓮華経」が生活上、最高の策であり、智慧だと強く知ったのです。題目によって、いつでもどこでもその最高の智慧、力をいただくことができる。「困った、南無妙法蓮華経」でいいのだ。その代り、この命は御本尊様に捧げていこうと、そういう思いになりました。

 いかに御本尊様を強く信じるということが大事な事か、御本尊様への確信がないことがどれだけ不幸なことか・・・そういうことをいくばくか身で読めたことは本当にありがたい体験となりました。

 信心をがんばっている、仏法対話も100万遍の題目もやっている・・・でも祈りが叶っていかない、功徳が出ない。そういう時は本当に御本尊を信じきれていない、命のすべてでぶつかっていない・・・結局、そういうことではないかと私は思います。100%御本尊を信じて、行が足りて、それで祈りが叶わないということはやはりないと思います。

 人間の不幸の原因は邪宗教にあるわけですが、生命でいえば、それは「御本尊不信」です。我が生命と御本尊様の間に横たわる不信の命・・・その不信こそが不幸の根源なのだと私は常々思います。そこで多くの人が御本尊を信じきれず道を誤まる・・・魔の誑惑に負け、「疑網」に絡めとられていく人を見ると、結局、その人の信力の弱さに魔がつけ込むことがよくわかります。

 誰しも心に不信の命が出るものです。しかし、そこを必死で、信力、行力を奮い起こして立ち向かって生きていく。その姿自体が正しい勝利の信心だと思います。「負けない、あきらめない、くさらない」を合言葉に、どこまでも御本尊を信じ抜き、不信の魔を粉砕していきたいと思います。

<記事は7月10日に加筆しました。>






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村




07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31