2015
07.13

私の信心6か条

Category: 信心

 皆さんの地域では台風の被害はいかがでしょうか?こちら(関西方面)は今のところ大きな被害はありませんでしたが、相変わらず、重くどんよりとした梅雨の空が続いています。梅雨を吹き飛ばすような、明るい南の太陽のような心でいきましょう。


 先日も地域の同志の方と信心の話となりました。この方とは地区は離れていますが同年代。最近、奥さんを亡くされてから訪問させてもらうことが多くなりました。その方との話で、祈りが叶うにはどうすればいいかということになり、普段、自分が思うところをお話しましたら、大変喜んでいただきました。実は全部、先生の指導や先輩方の指導にあることばかりなので、いまさらと思う方もおられるでしょうけど、これまでの指導や体験を私はまとめて『信心6か条』として心にいつも置いています。(私の決めた6か条ですのでそのつもりでお願いします。)


1.明確な目標
2.強い決意
3.絶対の確信
4.強情な祈り
5.価値的行動
6.勢い


 たしかに全部、学会指導ですね。(笑)だから受け売りですが、うまくいかない時は、実はこの中のどれかが欠けていることに気が付くのです。

1.明確な目標
・・・病気の人は病気を治すことが目標、仕事の人は自分がこうなりたいという姿があると思います。大きなことだけでなく、小さなことでも、しっかりとした目標を持たないと、自分が何をしたいか、的がぼやけてしまいます。

 自分は京都へ行きたいのか、東京に行きたいのか・・京都に向かっていたのに、人に誘われ、気が付くと北陸に向かっていたりしては、迷走ですよね。(笑)目標も持たずに信心すればそれは惰性です。

2.決意・・・必ずこうなる、こうしてみせるという強い一念。それがしっかりしないと、何か障害が出るとすぐに折れてしまいます。決めた道をやり遂げる強い意志(心の固き)に、諸天も動くのではと思います。

3、確信・・・御本尊の力をもってすれば絶対うまくいく、成功するという確信です。「うまくいくかな?いや無理かもしれない・・」これでは半信半疑、疑いが半分ですので、叶うわけがありません。これは私もよくあります。(笑)病気の人は「いかなる病さわりをなすべきや」と仰せですので、「絶対に治るに決まっている」という強い確信を持って祈らないといけないと思います。

4.強情な祈り・・・これはもう学会員の本領です。特に婦人部の方なんか、唱題の鬼です。(笑)目標に向かって、まっすぐな心で祈り抜いていくことですよね。

5.努力、行動・・・題目も学会活動も行動です。また仕事なら研究や精進、営業努力や訓練など、ご飯を仕掛けたら、スイッチを入れないと炊けません。

6.勢い・・・目的に向かうには敵を上回る勢いが大事です。病気の時は病気に負けない心の勢いも必要です。勢いが出れば歓喜と感謝も湧いてきます。池田先生も「戦いは勢いのある方が勝つ」と常々言われています。

 祈りがあっても目標があいまいでは駄目。目標を立てても行動、努力がなくては駄目。決意ができても確信がなければこれまた駄目です。(笑)6つのうちのどれかが欠けても、がんばっているのに空転したり、迷走したり、行き詰まることが多いので実に不思議です。その空転に魔が喜んで付け入ります。それで出てくるのは愚痴と不信です。これが一番怖いですね。

 もちろん根底は「広宣流布のために」ということが前提です。池田先生はよく「何のため」ということを私達に問われます。「人間革命」「広宣流布」という大目的を見失うと、そこからすべてが狂っていくものです。それは自身の「信心の一念」に納まっています。その「一念」や「姿勢」は案外、自分で見えないことが多いので、信頼できる先輩や同志に指摘してもらうこともいいと思います。

 この6か条は折伏にも、生活にもすべてに当てはまるので、私はどこかおかしいと思う時は、いつも一つづつ確かめるようにしています。

「広宣流布」という明確な目標をしっかりと持って さあ、朝の、配達、勤行から今日も出発です。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:11  Trackback:0
back-to-top