2015
08.28

師弟の世界に仏は光りて

Category: 未分類
 

 少し前になりますが、8月9日付の聖教新聞に、池田先生撮影の沖縄の恩納村の海の写真が掲載されました。青い海の写真を覚えておられる方も多いことと思います。あまりに美しい写真でしたので、「生命尊厳の時代を築け」との先生の詩と共に切り抜いて、今も仕事場の壁に貼って、毎日眺めています。我が心をこの海の写真に染めあげたいと思うほど、私にとっては美しい写真でした。

 写真にしても文章にしても、そこにはその人の生命が写しだされます。池田先生の境涯を、私が語ることなどできませんが、その生命から発せられる光は、どれほど多くの人々の仏界を呼び覚まし、幸福へと導いていく力があるのでしょうか?まさにその力は無限であり、智慧は無尽蔵であると、それ故、先生に随順していきたいと念願するものです。

 「この現実世界は仏と魔との戦場である。人間を不幸のどん底に陥れんとする「第六天の魔王」に対して人類を平和へ、幸福へ、希望へと導かんとする「仏」の勢力は断じて勝たねばならない。」詩の中で先生は訴えられます。

 仏の言葉である御書と、広宣流布に身命を捧げられた先生の指導こそが、我らの依経であり、それを信奉していく人生もつつがなく智慧と生命力に溢れ、魔を粉砕しゆくであろうと思います。





IMG_9978.jpg





 世間には先生の存在を知らないまま一生を終える人も多くおられます。また先生を悪しざまに中傷するだけの人もいることでしょう。それに比べ、私は先生を父とも師とも主人とも思い、随順していきたいと思います。その心が絶えることがなければ、「師弟不二」の原理にのって、「絶対的幸福」に至ることは、疑いようのないことと私には思えます。

「古(いにしえ)の奇(く)しき縁(えにし)に仕えしを
 
   人は変われど我は変わらじ」
 
 戸田先生が苦境にある時、手のひらを返したように「戸田のバカ野郎」と言って、去っていった幹部たちがいました。しかし、先生はこのお歌の心でただ一人、身命を賭して戸田先生を守り抜かれました。

 調子のいい時は誰でもついてきます。しかし本当に苦しい時に、自分のそばにいてくれる人こそ、真の友であり、その時に人間の本心もわかるものです。他者の仏性を信じるとはいえ、その人が信用できるかどうか、その判断は容易なことではありません。魔の働きをなす人間が無数にいるのも世の真実です。


 私など間違いなく愚昧の徒(笑)であり、不肖の弟子です。しかし、池田先生との師弟不二なる生命に仏界が湧現しゆくことを確信しています。「師弟不二」に生きようとする人、その人の生命には必ずや仏界が顕われることでしょう。先生一筋との心をもって、日々、前進すれば、それで信心に悩むことも行き詰ることもありません。

 27歳まで「創価学会」のソの字も知らず、池田先生を宗教と大衆を利用して私腹を肥やす人のように思っていた私が、自分の生命を差し上げてもついて行きたいと思うようになったのですから、それを私の「発迹顕本」、「人間革命」と言わずしてなんというのでしょうか?それでも世間の人からは「おまえはおかしい」などと言われるのですから、本当に信心の世界とは難解なものであり、反面、実に面白いものであると思う次第です。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:4  Trackback:0
back-to-top