広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年09月
ARCHIVE ≫ 2015年09月
      

≪ 前月 |  2015年09月  | 翌月 ≫

あなたを照らす太陽光線



 私の地区は山間部にあり、いわゆる過疎の農村部といった地域です。学会員の高齢化も進み、男女青年部の活動家もいない地区ですが、私自身は青年の心で頑張っています。

 部員数は確かに少ないのですが、一人の人間に仏の生命力が湧けば何事か成就するものと、「わが仏界よ、出で給え!」と祈りつつ戦っています。「師と共に戦おう!」そう決意するだけで、みるみる力が漲るのが妙法です。力が出ないのは決意と覚悟が足りない・・・戦う決意で題目をあげて力が出ないなんて、それはどこかおかしい話です。

 私もこれまで落ち込んでは、自分を励まし一人立つ心意気でやってきました。人を頼ろうにも頼る人がいないのですから、自分を励ます以外にありません。昔、会合で意気盛んに「この地域の広宣流布は私がやります!」と宣言したら、婦人部長さんから「それは違う、みんなでやるのよ」とたしなめられた思い出があります。(もちろんその通りですね・・・)(笑)

 そんな地域ですので一人の活動家は金の卵のようなものです。少しくらい何かあっても目をつぶり(笑)・・・ほめて讃えて盛り上げていくしかありません。内気で一言も発言しない人でも、座談会に出てこられるだけでありがたいものです。「あなたがこの地区の主役なんや」私はどの人にもそう言います。

 『あなたが光です』・・・座談会の案内状にこんなキャッチコピーを入れて見ました。座談会などの場にいますと、皆さんから光が発光しているのがわかります。有智無智、貧富やおしゃべりの有無(笑)を問わず、題目を唱える人から出(いず)る光で会場が熱く明るくなるのです。



susuki.jpg
               <秋の陽光は川面に踊り、ススキの穂は風にそよぐ・・・>



 あるユニークな婦人部さんは「もう座談会にはきーひんで(行かないわ)」と毎回そういって帰られます。
でも次の座談会が来ると私が電話を入れます。
私・・・「そろそろ座談会やで。今回はええモバイルやるし待ってるから」
婦人部さん・・・「いかへん、おもろないから・・・」
私・・・「みんな、あんたが来るのを楽しみにしてる。そっちが来ると盛り上がるんや。」
婦人部さん・・・「ふん、どうせ私をコケにして、笑うだけやろ」
私・・・「ちゃうよ。あんたはいるだけで人を明るくさせられるすごい人なんや」

そして座談会当日
婦人部さん・・・「地区○○がひつこくいうから来たわ。私何もしゃべらんからな」
私・・・「あれ、来たん?今日はそっちが来ないから、上品な座談会の予定やったのに、こりゃ今日もにぎやかやわ」(爆笑)

 そんなあいさつから鈴を打って勤行が始まります。わが地区の座談会は「参加することに意義あり」です。(笑)

 どの人も太陽の生命とはいえ、時にはどんよりと曇っていることもあります。年中曇っているような人(笑)でも、こちらが太陽の光をあてると輝いていくものです。人の欠点ばかり目につくのは、きっとこちらが輝いていないせいです。太陽のまぶしい光に輝かない人はいない、みんなが素晴らしい。他者を素晴らしいと讃えられる人の生命もきっと輝いているに違いない・・・私はそう思います。

 そんなわけで、老若男女を問わず、私は地区の人々を抱きしめてこれからもやっていきます。自分自身の太陽光線をもっと強烈にして、縁するあの人この人を照らしながら・・・(*^_^*)





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30