2015
11.26

「信の一字」で行こう!

Category: 未分類
 

 念仏を始め、大半の宗教はことごとく逃避の宗教だと言えると思います。「穢土(えど)を嫌い極楽に向かわせる」「世を捨て人里離れて修行をする」「死んだ先祖のせいにして布施をとる」のもすべて現実逃避です。「苦から逃れたい」「楽になりたい」そういう弱い心につけ込んで、ありもしない妄想の世界に引きずり込み、生命力を奪っていくのは魔や悪鬼の好むところでしょう。

 私達はとかく、「貧乏さえなければ」「病気さえなければ」「あの人さえいなければ」と「あれこれ」なければいいと思うものです。そして現実から目をそらし、苦悩がない世界に憧れます。

 しかしそういう感傷は日蓮仏法でないことを池田先生は常々指導されています。感傷というのはどこか世をはかなむ心であり、無常感、無気力、退廃に通じます。若い時、私もそんな気分の時がありました。学生運動の火が消え、三無主義(懐かしい言葉です。)の風潮の中で、妙法を知ることもなく、どこか空しい気持ちで青春時代を送りました。

 「現実から目をそらす命」それは苦しい時に顔を出します。そして現実と向き合わない間、状況は変わらない。特に深い悩みでは無間地獄となって永遠に続くかと思い逃げ出したいものです。

  私にもこの「逃避」の命があります。崖っぷちに追い込まれると「これは無理だろう」「もういいよ」と諦(あきら)めが出ます。男は諦めが肝心ですが、仕事や人生はそれでは困りますね。諦めは御本尊不信に通じ、それで「南無妙法蓮華経」とやっても「口は妙法、心は念仏」です。まさに水の上で火を炊くようなもの、お湿(しめ)りのような信心では燃えっぷりも悪いものです。




47.jpg





 題目もよくあげているのに祈りが叶っていかない・・・それは御本尊のせいかというとやはりこちらのせいです。命に迷いや不信が出て心がぶれる・・・・自分の無限の可能性を本当は信じていない・・・そんな心が出ることがあります。日替わり定食みたいに不信の命が出てきて、それはどういうわけかすぐに叶ってしまう。(笑)そこには御本尊様を信じきれていない自分がいるものです。

 結局、我が身を苦しめるものは生命に潜む「不信」という名の魔性であり、それはまさに「一念無明の迷信」(一生成仏抄384P)です。それが不幸の根源であり、日蓮大聖人様は「信の一字」で打ち破るのだとご教示されています。

 「必ず願いは叶う」、「祈りは通じる」と確信できずして、そんな祈りでどうやって道が開いたりするでしょうか?100万遍の題目も迷いのない一念があってこそだと思います。
 
 心を鍛え迷いを打ち破り、「信の一字」で我が身を染めあげていこう!日々、たゆみない唱題行で我が生命の不信を打ち破り、どこまでも現実変革・現実勝利を目指す勇気ある信仰者として戦っていきたいと思います。



 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:3  Trackback:0
2015
11.20

「新時代」という名の航海へ

Category: 未分類


 11.18を晴れやかに迎え、「広布大誓堂」「会則改正」に続き、今回の「新勤行(御祈念文)」とまさに新時代にふさわしい内容が整備されました。本当に心からお祝いしたいと思います。これら一連の改革もすべて後顧に憂いなきように池田先生が学会、会員のために配慮してくださったものと確信します。

 これで学会は宗門から完全に決別し、「世界民衆宗教」として更なる広宣流布の長征へと出発することになりました。日蓮大聖人の仏法は名実ともに、民衆の手に渡ったものと私は思います。池田先生の御構想が一つ一つ形を顕し、そのために未来を見越し手を打たれていることにあらためて驚くものです。

 そして私もその時にその列に連なることができる・・・これほどの身の福運はありません。学会創立100周年までのこの15年間が私も勝負の時です。信心に生活に一歩も退くことなく戦っていこうと、「新勤行」の元、しっかりとご祈念させていただきました。

 創価学会は仏意仏勅の団体です。牧口先生、戸田先生が、襲いかかる大難に一歩も引くことなく、牢獄にまで入られたがゆえに、今日の私達の信心の環境もあります。感謝してもしきれない恩がそこにあるはずです。まさに牧口先生の偉大な生命は身を賭して、創価学会のみならず人類そのものの未来をも救われた・・・私はそう思います。





IMG_7103_R.jpg





 宗門はその時どうだったか? 御存知のように、権力、軍部を恐れて神札を受け謗法と野合しました。いかに彼らが強弁しようと、仏法のために身命を捨てた創価学会と、臆病で謗法を受け入れた宗門とどちらが正しいか、それは一目瞭然。その時に正邪はすでに決したといえます。

 ある法華講員にそのことを問いましたら、「正法を護るために他に方法がなかった。だから罰を覚悟で謗法を受けたのだ。」と言うではありませんか?。余りの詭弁にあいた口がふさがらなかったものです。(笑)


 大恩を報じていく・・・それこそが日蓮大聖人の仏法の真髄でもあり、池田先生が常々、私達に教えてくださる正しい生き方です。

 第三文明11月号佐藤×松岡対談で松岡氏が

 『牧口会長は戦時下の忍耐の時代に「罰論(ばちろん)」として、戸田会長は戦後の復興期に「利益論(りやくろん)」として、池田会長は成熟社会の時代に「生き方論」として、創価思想を展開したと見ることができます。》
《そして、三者とも基本線としては、創価思想を「生き方論」として展開したといえるでしょう。その意味で、池田会長は「創価思想の完成者」と見ることができます。』
と分析されています。

 その生き方論の根本にあるのが信仰であり、御本尊です。報恩とは御本尊一筋、学会一筋の一生を真摯に歩き通すことでしか果たせないものと思います。

 広宣流布の新しい時代は到来し、今まさに民衆仏法の太陽が、世界中に昇りゆく時が来ました。功徳もいや増して出るものと確信します。その素晴らしい時代に伸展する創価学会に呼吸を合わせ、今いる場所から新時代の航海に船出したいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment:3  Trackback:0
2015
11.13

「足下を掘れ、そこに泉あり」

Category: 未分類
 

 人の文章や言葉は、その字面(じづら)を読んだり聞き流したりするだけのこともあれば、深く思索しつつ読んだり聞くこともあります。同じ仏法の話でも、生命の奥底で体得されている方の言葉は深く重みがあります。それは時にこちらの生命の根っこに突き刺さってくるものです。

 戸田先生や池田先生の指導は、一つ一つに千金の重みがあると私は感じます。言葉に曖昧さもいつわりのカケラもありません。言葉が言葉以上の豊かで強い生命力の光を放っています。まさに「言葉は命であり境涯である」と思います。

 指導にしても到達された仏の生命から相手を見つめ、世界を見ておられるに違いありません。こちらが知らない自分の善悪や三世の姿まで見通しておられるのですから嘘は通じない・・・そして最も正しい指導をすることができる、そういうことだと思います。

 その人が自身の生命の到達した場所が深ければ深いほど、人や世の中を深く洞察できることでしょう。御書の拝読にしましても、私など文上の意味を追いかけるのがやっとなわけですが、仏法を深く身読された方は、「そうだ、そうだ、その通り」とうなずきながら、より深く拝せるようになるのだと思います。




コスモス8






 古今東西の思想家の方の箴言(しんげん)を池田先生もよくスピーチ等で引かれます。それらは仏法の生命観と共鳴し、人間の最高の価値、エッセンスを抽出したものだからこそ、私達にも仏法の一分として紹介してくださるのだと思います。

 そんな言葉の中で私が大事にしてきたのが、「足下(そっか)を掘れ、そこに泉あり」とのニーチェの言葉です。もちろんこの言葉以外、ニーチェについては何も知らない私ですが(笑)、その思想はともかく、池田先生のスピーチでお聞きし、それ以来私の脳裏からこの言葉が離れることはなくなりました。

 信心は自身の変革によって人や環境をも変えていこうというものです。また「一生成仏」ということも自分を仏と知ることに他なりません。その意味で唱題行に徹し、自分自身を掘り下げていくことからすべては始まる・・・もちろん他者の幸福も広宣流布も「自他不二」の原理からして同時進行に開け行くに違いありません。

 私自身、最近は御本尊にまっすぐな力強い題目がよくあがるようになりました。あたかもそれは自分自身の生命を掘り下げていく修行そのものです。「足下を掘れ!足下を掘れ!」と言い聞かせながら題目をあげています。

 修行と言っても自分の幸せのためにやるのですから、これほどありがたくうれしい修行はありません。感謝と歓喜の題目であれば毎日、自分が変わっていくのもよくわかります。

 よく池田先生が私達に対して、「妙法をたもったのだからみなさんは必ず幸せになるのです。」と断言なされます。私などその言葉が信じられなくて、こんな私が幸せになれるのか?と迷いながらやってきました。ところが歓喜で題目があがり始めると、「そうだ、そうだ。その通りだよ」とうなずけるようになりました。(笑)こんな私でも「絶対的幸福」は間違いないと思うのですから、私にとって妙法は「希望の泉」そのものです。あとは命にあるこの宝の山を怠りなく掘り抜いていけばいいのです。

 無理難題に思えるこの人生も、御本尊様さえあれば、そして弛(たゆ)みない唱題行を根本にすれば、それですべて大丈夫・・・そう確信できるようになったことが私の一番の功徳かもしれません。

 人は見ずともこつこつと忍耐強く、日々の信心で生命を磨いていく・・・そこに冥益ともいえる命の輝きがいつしかじわじわと現れていくものです。その喜びをかみしめながら、今日も御本尊に向かいたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:5  Trackback:0
2015
11.03

魔王が支配するこの世界で

Category: 未分類

 私達がすむこの娑婆世界は「第六天の魔王」の世界と説かれます。魔王ですのでその体は妙法不信であります。妙法不信は人間不信に通じ、諸悪の根源となっていくように思います。国と国であれ、人と人であれ、不信と怨嫉から争いが起きていきます。日頃、起きる出来事を見ていてもこの世界は矛盾や不条理にみちており、心が悲しくなるような事件もあとを絶ちません。

 無実の人が冤罪(えんざい)によって、一生を牢獄で暮らさねばならないこともあれば、善良な人々が大災害に見舞われたり、罪なき子供が殺人鬼の標的になることもあります。因果と言えばそうでしょうが、これほど理不尽なことはありません。悪人が善人の顔をし本当の善人を迫害することも常であり、正邪も紛らわしい・・・まさに顛倒(てんどう)の世界であり、善よりも悪が幅を利かす世界に違いありません。


 私達はその娑婆世界に何の不思議か「妙法」を抱いて出てきました。しかもあえて苦悩を願い受けた不幸な姿で、人々を救わんがために出現しました。そしてこの魔性の世界を仏国土に変革する戦いに挑戦していく・・・信じがたいことではありますが、それこそが創価学会員の生きる真の目的であり、それを知った人を仏というべきだと思います。

 華々しく颯爽(さっそう)と娑婆世界に登場したいところですが、それぞれ宿業も重く、身なりもそれなりです。(笑) なにせ枯れ尽きて入会したわけですのでしばらく時間をいただかないと・・・人から馬鹿にされながらも、「なにくそ、今に見ていろ!」と思いつつ、「冬は必ず春となる」との御聖訓を抱きしめてみんな励んでいくことになります。

 それでも「妙法」をたもち、自身の宿命と戦いながら、広宣流布に立ち上がる人は皆仏です。本人が自覚しようとしまいとその本地、内証は仏であり、それゆえに決して互いを謗ることがあってはならないと思います。同志を謗る人は、いまだ自他共の仏性を信じることができないと自ら認めているようなものです。



IMG_0374b.jpg





 「第六天の魔王」にしてみれば悪が栄えるこの世界に、妙法をたもった地涌の菩薩が出現することほど忌々(いまいま)しく腹立たしいことはありません。この人達が栄え広宣流布していくことは魔王自身の世界が仏国土に変わることを意味します。そのためには学会員を悩まし、苦しめ、退転させねばと、あの手この手で狙うのも道理です。信心が強く、広宣流布に貢献しゆく人ほど、大きな魔と対峙しなければならないことでしょう。

  ネットのように自分の姿、生活も見せないで、物が言える世界は魔の格好の棲家ですね。言葉だけで正邪を言えばいいのですから、ある意味理屈の強い人の世界だとも言えます。人は実際にあってお付き合いしないとわからない、生活を見ないとわからない・・・これは真理だと思います。理屈だけで善良な人々を狂わしていくのですから、信心に確信弱き人はよくよく気をつけねばならないと思います。

 魔の働きをしっかりと見定めることができれば紛動されることはないはずです。そのためにも御書を拝読し、池田先生の指導を生活の中心に据えることがもっとも確かであり、迷った時こそそこに帰るべきだと思います。

 最後はこの命を仏様に差しあげる以外に「一生成仏」はないのですから、どうせなら最初からそういう覚悟で行こう、私はそう自分に言い聞かせています。魔王も必死ですので、こちらも一生懸命やるしかない・・・それは理屈ではなく現場での実践しかないはずです。

 「今日も自分のいる場所を「娑婆即寂光」と開いて行こう!」「魔王の試練に打ち勝とう!」との強き心で、地域広布に挑戦していきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

続きを読む
Comment:4  Trackback:0
back-to-top