広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年01月
ARCHIVE ≫ 2016年01月
      

≪ 前月 |  2016年01月  | 翌月 ≫

自分史を綴りゆく「道」

 

 皆様 新年明けましておめでとうございます。

 いよいよ2016年が開幕いたしました。皆様も新年勤行会から元気に出発されたことと思います。私は今年は会館で司会の役でしたので、どこか気ぜわしい中で終わってしまいました。そして今日は早5日ということで、一月もあっという間に過ぎ去るように思います。




IMG_0367a.jpg






 仕事のこと、地区広布のこと、様々な決意をして出発いたしました。
元朝は家族全員で勤行をした後、みんなそれぞれ一年の抱負を語りあいました。母は要介護1ですが、今年からデイサービスを一日増やし週2回に。92歳ですが新しい友達を作りたいと言っています。

 親子、夫婦、嫁姑と、一家和楽にも様々な人間模様があります。その根本は相手に対する愛情ということになると思いますが、我が家も徐々にですがその兆しが出てきたように感じています。一時は我が家でも世間並みに嫁姑の激しいバトルあり、夫婦間の非常事態あり、反抗期の長男との仁義なき戦いありと、一通りは学ばせて頂きました。(笑)

 今は家の柱である私自身がもっともっと家族に感謝できるように、太陽のような暖かな光をみんなに注いであげられるようになりたいと決意しています。そしてその通りの心が私の胸中にも広がってきました。その暖かな愛情が伝わっていくとき、家族の心も変わっていくはずです。創価の人間はどこにいても太陽となって、世界中の冷たい氷を溶かしていく使命に満ち満ちていますね。

 昨年は生命に大きな功徳をいただきましたので、今年はその生命を土台に一段と飛躍したいと思います。日々を堅実に戦うために、新たな挑戦として5年日記「道」をつけていくことにしました。これからの一年一年を今まで以上に大切に、また丁寧に生きていきたいとの思いです。

 私の信心は自身の生命の内奥を探求し、開きゆく信心だと思っています。昔、尊敬する先輩に「悟りとはなんですか?」と窺ったところ、「自分を知る以外に悟りはないよ」と教えていただきました。それ以来、この言葉が心に浮かばない日はありません。自分を知る・・・私達は自分が何であるか、どこから来て何処へ行くかも知らず、人生に迷いながら生きている漂流者のようなものです。

 しかし、「一眼の亀の浮き木」の譬えのごとく、ありがたくも妙法を受持する身となりました。どんな大富豪よりも大学者よりも幸福この上ない身分だと思います。いくら財宝を積まれてもこの信心と引き換えることはもったいなくて到底、私にはできません。千載一遇、巡り合えたこの無上道を迷いなく、大確信をもって日々歩んで行くことが即ち「悟り」であり、自分を知る「道」に違いありません。

  「本当の自分を知りたい・・・出会いたい・・・」その思いは年々大きなものとなり、信心の挑戦へと私をかきたてます。法のため、広布のために生きることを無上の喜びとして、自他共の幸福を創造しながら、今年も自分史を綴っていきたいと思います。

 皆様に置かれましても幸多き、功徳多き一年となりますよう念願しています。ともどもに前進してまいりましょう。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31