広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      

≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

仏様の教えたいこと




    20160318_92_R.jpg


 先日、知人から、学会関連の本をたくさんいただいたのですが、その中に「仏法と宇宙を語る」(全3巻・潮出版社)があり、今はそれを楽しみに読んでいます。宇宙論ではありますが、それは同時に生命論だとも言えます。現在(といっても発刊は昭和59年です)の天文学に対して、池田先生は妙法の法理の上から丁寧に説き明かし、包み込むように対話されています。

 私は普段、一凡夫として、その眼で御本尊様を拝し、あれこれ思いを巡らしながら信心しています。それはあたかも地球から宇宙を眺めているようなものかもしれません。お月さんを見たり、星座や天の川を眺めたりしながら、宇宙とは一体どうなっているのだろうと思っています。

 ところが仏様は果てしのない大宇宙をくまなく御存知であり、そこから私達を化導してくださるということになります。仏法が演繹的である所以です。御書にしましてもその宇宙大の大境涯で著されたものであり、それを凡夫が安直に「わかった読み」することは思えば危険であり、時には井の中の蛙が大海を語る、いやいやそれ以上の無謀な事にもなりかねません。

 仏様がご覧になれば、お金がないとか、あの人がこう言ったとか、人と比べて自分は駄目だとか、その辺のところでうろうろ生きてる私達の境涯は実に哀れでもあり、それ故に何としてでも仏界を知らしめたいと思われることでしょう。

 「あなたの生命は宇宙大なのです。あなたが思うほどあなたは小さな存在ではない、仏なのです。信心でそれを顕すのです。」と、きっとそう叫ばれているに違いありません。


 実は私も入信以来、ほんとうに思い描いた生活とは裏腹な、ある意味悲惨なところで信心してきました。聖教新聞に出るような鮮やかな実証もなければ、人間的に輝いていたというわけでもありません。何をやってもうまくいかず、まるで幸福から一人置いてきぼりを食らったような、日の当たらない谷間へと、信心しながら落ちていくのです。

 このままでは仏様を恨み、いっそ信心を捨ててもおかしくなかったわけですが、不思議な事にある時を境に、生命の内奥に灯がともりました。そこがきっと谷底だったのでしょう。唱題行、学会活動にも自然と弾みがつき、時に歓喜が体中を駈けめぐるようになりました。

 「一体、仏様は何を私に教えようとされるのだ?」と何度も自問自答しました。そしてようやく分かったことは、仏は私にこの世で果たさねばならない、私の使命を教えようとされているのだと気がついたのです。

 仏様が教えてくださる使命ですのでそれは「広宣流布」です。「わが使命とは広宣流布だ。広宣流布に生きるために、私はこの世へやってきたのだ・・・」何事にもにぶい私ですが、ようやくそれに気が付きました。この世に生まれてきた意味を知ったのですから、やらないわけにはいきません。

 大宇宙の仏の生命と我が内なる仏の生命・・・私のつたなき精進行にあって、私のあずかり知らぬところで、仏と仏が感応、交信しあうのでしょうか?私の行くべき道を照らし、広宣流布に立ちなさいと今日も声が聞こえてきます。

 時はあたかも桜花の季節。創価学会にはやはり桜が似合いますね。また心新たに今年の桜を愛でたいと思います。春の陽光に一斉に開花する・・・創価桜とともに5.3を目指してまいります。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31