2016
04.25

誓願の道

Category: 信心


 世間では富や名声を持っていることが立派な人間のように思われます。人はそんなところで自分と他人を見比べて、落ち込んだり、相手を見下したりと、自身の幸福を相対的に見ることが多いものです。

 富も名声もない私は、見た目も立派でありませんし、「こんな自分に値打ちなどあるのかいな?」と思っておりました。それが信心だけは離さず大事にしてきたせいか、いつしか自分にも「心の財」があることを感じるようになりました。

 「心の財」とは究極、仏の生命です。その仏の生命はどなたにもあると言われますが、それを知る人は稀であるかもしれません。それほど我々の迷いも強いということでしょう。あるのか、ないのか?・・・と聞かれればそれは必ずあるのですから、何があってもこの身に顕したいものです。

 それは大富豪の社長さんといえど、いまだ知らない宝です。そのようなはかない夢の中の栄えではない・・・三世にわたり尽きることのない無上の宝です。たとえ今の姿は貧しく風采があがらなくても、我ら創価学会員はその宝を胸中に抱いた生命の大長者です。

  その「心の財」をより深く開くために私も信心しています。生命の究極の幸福を目指すのですから、大難や苦難がつきまといます。家の近くの丘に昇るのに苦労はありませんが、「一生成仏」というヒマラヤに匹敵するような登山の時には、それは命懸けですよね。また仏と魔の戦いです。仏にならんとする人をみすみす見逃すような魔などいないことでしょう。

 その意味で大難や苦難は仏になるための大事な通過点であり、それが出た人は喜ばねばなりません。いよいよ「仏になる時が来た」と心得て、「賢者は喜び愚者は退く」の御金言通りに向かって行くべきです。





20160318_97_R.jpg





 私などロクデナシの部類でしたので、人生が20代で破綻していました。それがどこでその福運を積んだものか、この仏法に巡り合うことができました。どうせその辺でのたれ死んでいてもおかしくなかったわけで、そのことを思えば、泥中で思いもよらない宝を拾ったものです。

 次元は違いますが、法華経の虚空会の儀式において、末法の弘通を地涌の菩薩に託された時、牧口先生、戸田先生、池田先生は、一番前で真剣に「死身弘法」を誓願されたのではないでしょうか?私にはそう思えてなりません。ここまで命がけの信心ができる人はもとより仏であり、雪山童子の生まれ変わりともいえる人です。私もその列に連なっていたということですが、きっと居眠りでもしていたか・・・ 記憶にありません。(笑)

 誓願勤行会は広宣流布の決意を御本尊様にお誓いしに行くものですね。虚空会で居眠りしていた私のようなもののために、「今一度ここで誓いなさい」と先生は広布大誓堂を作ってくださいました。(笑)
「虚空会」を信濃町本部に移して、「広宣流布」をお誓いする。それで一刻も早く虚空会の誓いを思いださねばなりません。

 我が家にあっても毎朝、御本尊に向かい誓いを立てる。今日一日をその信念に生きる・・・そうすれば生命は「一生成仏」の方向に自然と向かっていきます。その精進の日々に仏の生命が開き、幸福が訪れないわけがありません。

 それを「創価の信心は間違っている、こっちが本当の仏だよ」などといわれて、「あ、やっぱりそうかな?」などとたやすく「師弟の道」を捨てた人は、人としてもっとも貧相であり、「心の財」とはまことに縁遠い愚かな人だと私は思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:2  Trackback:0
2016
04.21

九州の皆様へ

Category: 未分類



IMG_1660q.jpg





九州の震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

余震が長く続いています。こんな地震は珍しいように思います。
ご家族を亡くされた方はもちろんですが、家を失ったり、仕事を失ったり、
そして長期の避難所生活が予想されます方の心の苦しみは大変なものと推察します。

兵庫や東北がそうであるように、この大難に屈せず、
九州の皆様が強い心で立ち上がり、復興されますようお祈り申し上げます。

大悪が起きた今こそ、題目を唱え、胸中に太陽を昇らせて進まれますことを念願しています。

我々も池田先生の励ましに心を合わせて、この大悪を大善に変える祈りを、
九州の天地に、また内外問わず被災された方々のために送り続けていきます。







※昨日(4月20日付け)の公明新聞に公明党から義援金の呼びかけの記事が出ておりました。
どういう支援をしていいかわからない状況でもあると思います。
真心の支援で、私も力になれたらと思います。

(義援金の送付先につきましては20日付の公明新聞一面をご覧ください。
ネットでの案内は 公明の災害義援金口座
またお近くの議員や党員の方、党本部などにお問い合わせください。)












Comment:2  Trackback:0
2016
04.14

我が声は妙法

Category: 徒然の記
 

 「声仏事を為す之を名けて経と為す」(御義口伝708P)・・・

 私達は人との対話にしても、また独り言にしても、声に出してやっています。(病で声を出せない方もおられます。)ネットでは声ではなくそれが文字であったりしますが、いずれにしてもみんなとめどなく心の思いを吐き出しながら生きているものです。

 「言(ことば)と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり」(三世諸仏総勘文教相廃立563P)という御文からしますと、我々は心の思いを言葉に乗せて話している・・・同じ言葉でもその人の心によって、響き方が違うということはよく体験するところです。中には心より先に、言葉や手が出ているという、すごい人も見受けますが・・・(笑)

 その心の思いというのはまるで息を吐くように世界に、宇宙へと拡散していきます。我らの声は小声であっても実は宇宙の果てまでくまなく届くと仰せです。

 また今日一日、私達の念々に起こる心も、すべて宇宙に届いています。口に出さなければバレないだろうと思っても、人を妬んでも、悪しき考えをしても、すべてお見通しです。私など立派でないものでそれは大変です。(笑)





 IMG_1141a_R.jpg





 修羅界で怒鳴り散らしますと、その心、声が宇宙に拡散していきます。お題目で仏様を讃嘆しますとその心、声も宇宙に拡散していきます。もちろん謗法や邪宗の読経の声も空へ宇宙へ、唱える人の生命にと広がっていくことでしょう。

 そう考えますと、心や声と言うものが自分の幸不幸に大きく関わっていることがわかります。それらはやはり山びこのように自分に返ってきます・・・・そして因果具時の因となって自分の命に刻まれます。謗法や怨嫉、愚痴の心などは怖いものだと思います。またそういうのに限ってよく出ますね。(笑)
 
  「南無妙法蓮華経」は仏様の称号であり、この世でもっとも清浄で智慧と生命力と歓喜に溢れた美しい言葉です。

 この声を聞きますと宇宙にいる諸天善神も春風を受けるように気持ちよく、「うれしいな、ありがたいねえ」と法味を舐めて喜んで動いてくれます。時には美しい音楽を奏でながら、宝物を載せてやってきたりします。そんな時にはこちらも感応して、鼻歌や口笛が出たりするものです。

 一方、「南無阿弥陀仏」などと唱えますと、諸天も精気を無くし、「念仏は臭い!」と宇宙の奥にすっこんでしまいます。黒い雲に太陽は隠れ、時に大雨を降らせ突風が吹きます。あまり聞かせすぎますと「奪命者」や「悪鬼」となって出てきて、その人の生命を食ってしまいます。

 昨日は自治会で葬儀があり、真言宗での葬儀でしたが、まったく陰鬱なものです。黒い袈裟の坊主がさも厳かに読経して、ありがたげに高野山からの弔電を披露し、生前の故人の信仰を称え・・・と、ありがたくないものをありがたく見せようと、それはそれはもっともらしくやるものです。へたな芝居を観たような気分ですが、出演料だけはがっぽりと取って帰ります。(笑)

 そんな中、私一人、故人に真心こめて「南無妙法蓮華経」を送って帰りました。

 宇宙も「南無妙法蓮華経」、我が生命も「南無妙法蓮華経」です。我ら学会員は高らかに「南無妙法蓮華経」を唱え、その心と声を大宇宙に響かせていきたいですね。

 苦しい声では我が生命の仏界を呼び覚ますことはできません。粘り口だったり、怒鳴るようであったり、口ごもるようなお題目ではいけないと私も注意しています。白馬が春の野をパッパッと駆けぬけていくような、軽やかなリズムのいいお題目で、自分自身が若々しく、感謝と歓喜のお題目をあげていきたいと思っています。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:8  Trackback:0
2016
04.05

桜日和

Category: 徒然の記




IMG_1728a_R.jpg



先週の土曜のお昼に近くの公園に立ち寄りました。
天候も良く、絶好のお花見日和です。

桜はちょうど見ごろを迎えていました・・・
「冬は必ず春になる」・・・冬を乗り越えた桜達はどこか誇らしげです。








IMG_1488a_R.jpg



車いすの老夫婦の方に声をかけました。
御主人も写真が趣味で、昔は暗室をお持ちだったそうです。
とても感じの良い御夫婦で、お二人の若い頃の話で弾みました。

御夫婦を点景に何枚か写真を撮らせてもらいました。
思い切ってご住所をお聞きし、後日、写真を送る約束をいたしました。

その後もずっとお二人で話をされていて、ほんとに仲がいいですね。









IMG_1559q.jpg


今年は桜の花色がとてもきれいです。
「名所」でなくても近くのソメイヨシノで充分、満喫できます。

この日は戸田先生の命日。
素晴らしい晴天に恵まれました。
創価学会の大発展を祝福するように・・・
戸田先生も御喜びのことと思います。








IMG_1584a_R.jpg


あちこちでお花見をされています。
中国から働きに来られている女性の方の一団に出会いました。
中国にも花見はあるでしょうか?

若い女性グループですが、Tシャツもジーパンもお化粧も、
皆さん、一目で「china」とわかるから不思議です。









IMG_1595q.jpg


「また来年、来るからね」と桜達に声をかけ、公園を後に・・・

しばし心を春色に染めて、またいつもの娑婆世界へと帰っていく私でした。 




 お・し・ま・い






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment:5  Trackback:0
back-to-top