広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年08月
ARCHIVE ≫ 2016年08月
      

≪ 前月 |  2016年08月  | 翌月 ≫

人はみなダイヤモンド

 

 
 私の地域では昨日(21日)、未来部の「創価ファミリー大会」が開催されました。私も男子部とともに未来部担当者の一人なのですが、若い男子部の面々と活動することは楽しみでもあります。彼等といるとその清々しさにこちらの命の濁りを感じ、また浄化されゆくように思います。命を洗濯するようなその感覚が私は好きです。

 当日、会合では私は記録係ということで、演目のスナップや参加者の集合写真などを撮影いたしました。

 学会の体験談には生活上の功徳の話が多いのですが、私の場合は生命内奥の変革に功徳を感じることが多いです。「功徳とは即身成仏なり又六根清浄なり」(御義口伝P762)と説かれます。自分の生命が月々日々に清らかになっていく。もちろん煩悩も三毒も激しい私ですが、一昔前に比べたら、それらに負けない強く清々しい自分が出てきました。自然と笑顔も多くなり、朗らかに生きる日々になりました。




IMG_2593d.jpg






 歓喜や感謝など内面から現われる心にも「功徳」を感じますが、、自分の境涯として、どう「モノ」が見えるかということに、より功徳を感じます。日常の人や環境という縁に、それを鏡として自分を見ていく・・・時にはひどい自分が見えたりもするわけですが、そんな時こそ「よし、これを変えていこう・・・」と逆にそれらに励まされもします。

 「たとへば餓鬼は恒河を火と見る・人は水と見・天人は甘露と見る、水は一なれども果報にしたがつて見るところ各別なり」(法連抄P1050 )境涯をわかりやすく説かれた御聖訓です。私達も今まで何気なく見ていた光景が、新鮮に輝いて見えることがあるものです。人間の眼について仏法では五眼があることが説かれますが、日々の信心によって「法眼」や「仏眼」が開いて行けば、当然新しい眼を手に入れたように、世界が違って見えてくるに違いありません。その時にはじめて自分の生命にこびりついていた垢や汚れが落ちたことがわかるものです。

 昨日の会合に集ったメンバーを見ていて、私には一人一人が今まで以上に輝いて見えました。元気な人、そうでない人など様々ですが、どの人も私には尊く感じられました。裏方に徹する男子部、一家の宿業との戦いを体験で語った母子、導師を勤めてくれた高校生、ダンスや歌を披露してくれた未来部の子供たち・・・みんなひとつになって、会場全体が私には「仏界」のごとくに思われました。

 実は会合に来る前に奥さんと意見がぶつかって、私には修羅界が出ていたのです。(笑)ところが会場に着いた途端、その会合の空気に私の生命は清められ、にこやかな心持に一瞬で変わってしまいました。(単純やなあ・・・)気が付くと修羅界はどこへやら・・・

 
 司会をしてくれたのは少し地味な感じの中学女子で、緊張のせいかあまり表情がなくて、最後までいい写真がとれなくて困りました。そこで会合終了後に声をかけて、「ちょっと一枚撮らせて」とお願いしました。

 最初は固い表情だったので、「もっと笑って」というと、はにかみながらも弾けた笑顔が返ってきました。池田先生の信州の花畑の大きな写真の前に立ってもらいましたので、その中にもう一つまぶしい花が咲いたようでした。

 彼女にも「仏」を感じながらシャッターを切りました。「この人の生命もまた仏だ。彼女にも無限の輝く未来が待っている。」そう思うと思わず彼女にお題目を送らずにはいられませんでした。

 「今日みたいにどの人も仏に見えてきたら、俺も不軽菩薩やんか、すごいなあ」・・・と思いながら、「いや、そうなるんや。妙法を唱えて仏界を湧現しているんやから、みんなそうなって当たり前やん」と心で納得しました。

 「人はみなダイヤモンド」・・・そんな風に見えたら、その時はきっと我が身にも仏眼が開いているに違いありません。「仏とは究極の人間賛歌の世界や」そんな思いが私の心に広がりました。

 お盆ごろから暑さに少しバテ気味の私でしたが、「創価ファミリー大会」で新鮮な元気をもらいました。座談会、同中とアクセルをふかして、本年の後半戦の開始です。







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31