広布の大河に君ありて tori

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年02月
ARCHIVE ≫ 2017年02月
      

≪ 前月 |  2017年02月  | 翌月 ≫

誇り高き「幸の城」



22.jpg 




 昨夜は支部の唱題会があり、新入会の婦人が、紹介者の男子部員とともに参加して下さいました。支部長からも「入会前より、顔が明るくなりましたね」と言われ、30分の唱題を元気にあげられました。何かあるごとに私にも電話が入ります。入会前から築いた信頼関係を大事にして、「学会に入ってよかった」と言ってくださるように、これからも力になっていきたいと思います。

 この信心は実生活と離れてあるのではなく、「信心即生活」とあります。その指導は永遠に学会員の柱とするべきものだと思います。「信心は観念の遊戯ではない」との戸田先生の指導もありますね。信心は行動、実践によって、現実の自分を変革し、周りの環境をも変えていくことを目指します。たとえ相手や環境が悪くても、自分を変革することによって、解決していけるのですから、結局はすべて自分に因を求めるものだと思います。

 その体験をつかんだ人は強いですね。なぜなら何があろうと、自分の信心で解決できることを知るのですから、頼もしい限りではないですか?

 その意味で自身の変革を決意して挑戦の信心をしたいものです。どこまでも自分を変える・・・内道探求の信心です。「自分はこうなりたい」「こう変わるんだ」と決めて挑戦です。確かに決意した時に、すでにそうなっていることが、今では私も感じるようになりました。

 私など仏様が功徳を受けられるようにたくさんの悩みや業苦をつけてくださいました。幸福になるための燃料には事欠きません。(笑)それをありがたいと思うか、つらいと思うか・・・どうせなら「ありがたい、やってやるぜ!」と笑っていきたいものです。

 自分が生きる地区、地域が生活に根差した本当の「人間革命」の道場であり、そこを離れて仏法はない・・・それが「信心即生活」の基本だと思います。私自身は相手も見えない、自分も見せないネット空間を「信心修行の場」と考えたことはありません。一人の人間を信仰に立たせ、自分が「人間革命」していくということも、地域という生活の大地で戦って一つ一つ勝利したいと思います。

 「人柄はどうか?」「生活はどうか?」「信頼はできるのか?」鏡のように地域では自分が映し出され、実像が等身大でさらけ出されます。ええかっこいってもすぐにメッキがはがれるのが実につらいところですが(笑) 現実を直視してこの姿で勝負です。日ごろの振る舞い、人間性が常に問われ、それによって信頼も決まってきます。

 「組織が面白くない」という人の気持ちもよくわかります。私もかつては組織が大の苦手でした。しかし組織がなければ「世界広布」も「人間革命」もできないでしょう。そこに身を惜しげなく投じて戦えば、確かに学会の組織というのは素晴らしい「人間革命」の道場だと必ずわかります。

 現実社会で悩み苦しむ人々が集い、顔と膝を突き合わせ対話する・・・一軒一軒家庭訪問し、唱題会を持ち、座談会を開き、一所に集いあって信心を学んでいく・・・そんな小さな会合を毎日のように私もここ10数年続けてきました。それは鑿(ノミ)で岩盤を打つような地味な作業の繰り返しですが、その中に「人間革命」の真髄があることを確信します。

 学会の組織こそ「師弟不二」「異体同心」の二義が厳然と備わっているご本尊様直結の「修行場」です。 そうであるなら田舎のこの小さな地区こそが私の誇り高き「幸の城」であり、「人間革命の港」です。何よりも私はその場所を愛している・・・今は心からそう思えるようになりました。

 
 「春はもうそこまで」と言いながらまだまだドン冷えの冬ですね。しかし、私の心にはポカポカ温かな春風が吹いています。地区の人たちを愛し、励まし、ともに成長しながら、御本尊と池田先生への「信」の一字をもって今日も前進しています。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


春はもうそこまで



 昨年、家内と二人で圏で体験発表をさせていただいてから、様々な実証が出てまいりました。仕事の方も5月までの良い仕事が入り、子供の大学進学に合わせて出費が増える折、助かります。病をひとまず乗り越えた家内の方も元気な体となり、信心と仕事に励んでいます。

 そして地区の折伏の成果も上がり、地域に波動を起こすことができました。明日は「支部壮年大会」。支部長の依頼で私は折伏の活動報告をさせてもらいます。遠慮せずバリバリでやりたいと思います。

 何より、今、快調に題目があがり、生命に歓喜と勢いが出ます。ブログも忘れるほど(笑)、現場の活動が忙しい状態となり、生命は活気にあふれ、充実し、何があろうと最後はいい方向にすべてが解決していくのです。

 昔、先輩から「信心は毎日、おちょこ一杯の水を一升瓶に入れていくようなものだ。なかなかいっぱいにならないからその間が辛抱だ。満杯になればいらないと思っても功徳があふれだすよ。」と景気のいい話を聞いたことがあります。

 私の場合、「一升瓶」が「一斗樽」だったのか(笑)入れても入れても満杯にならない・・・それはそれは長い30年余でした。




IMG_9396a.jpg





 今、生命に御前8時の太陽が昇り、未来は明るい。「今日はどんないいことがあるだろう」と思いながら、毎朝、仕事場に向かっています。

 歓喜の生命が幸せを万里の外から招きよせます。そう御書にあるのですから、必ずそうなります。疫病神や鬼神が好んで寄ってきていた命が、「常楽我浄」の幸福を吸い寄せる磁石へと変化していく。そうなればありがたいではありませんか? 難しい理屈はなくてもいい・・・一生懸命、学会と共に広宣流布を願い行動するだけです。喜んで唱題して、折伏に、家庭訪問に汗を流す・・・それで、毎日、不思議が起こり、劇的に変わっていくのです。

 先日もわが地区で友人葬があり、私も儀典部で参加しました。そこに家族の信心に強く反対している、ある婦人が参列しておられました。私も以前、挨拶した時に「私は家族を学会からやめさせたいと思ってます。」とはっきり言われました。私も祈っていたのですが、その友人葬の後、信心している家族に「あなたがやりたいなら、思いっきりやりなさい。もう反対はしません。」と言われたそうです。

 友人葬が、学会への偏見を打ち砕いたのです。導師の朗々たる勤行、唱題。池田先生からの真心の弔辞、名誉称号披露等・・・学会の友人葬の姿に、また間近で見た学会員の真摯な振る舞いに相手は変わったのです。「学会は香典を全部持って帰るそうな」そんなおかしな風評も、合わせて吹き飛ばすことができました。(笑)

 歓喜で活動に励めば、広宣流布の水嵩はどんどん増していきます。不可能を可能にする生命が、そこから起こってきます。戸田先生のあの75万世帯の宣言も、戸田先生の生命の中で、すでに成し遂げる大確信が沸き起こっていたのだと私は思います。

 さあ、寒い冬ももう少し・・・暖かい春が出番近しと待っていますよ。桜も梅も、間もなく開かんと、準備に余念がないことでしょう。我らも信心怠りなく、軽やかに春を迎えに行きましょう!

 私も地域の先頭に立って、生命の扉を大歓喜で開いてまいります。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28