2017
03.01

幸福のデパート

Category: 信心



IMG_3751q2.jpg




 先日、「信心していても苦しいです」という婦人部員さんと話をしました。その方はまじめな方で100万遍の題目にも挑戦されています。でも思うように晴れない・・・そんな悩みでした。

 それで私はその方に「御本尊様の中にはあなたのほしいものが全部ありますよ。お金も健康も一家和楽も、なんでもあるんですよ。まさに幸福のデパートです。どんな不幸をもっていっても、幸福へと転じてくださる「幸福製造機」とも言われます。だから御本尊様の前に座ったら、「ああ、ありがたい。これでもう私は大丈夫、助かった。」そういって喜んで安心して題目をあげるといいですよ。そして「これこれこんな悩みで苦しんでいます。どうかこの悩みを解決する智慧と力を出してください。よろしくお願いします。」そう拝めばいいのではありませんか?」と言いました。

 その方は「絶対の御本尊」を拝みながら、どこか疑いながら不安な心で拝んでおられたのです。それではせっかくの100万遍のお題目も苦行です。それで功徳が感じられなくて、また疑うということでは「不信の悪循環」というものではないでしょうか?

 どうせやるなら「祈りは叶うに決まっている。私の元気な題目が御本尊様に通じないわけがない。今日もよろしくお願いします。」とはつらつと勇んでやるほうが、仏様もきっと喜んでくださると思います。「白馬がパッパッと駆けていくように」お題目は確信をもって迷いなくあげたいものです。

 そういえば昔、先輩から「仏様の気持ちになって信心はやるもんだよ。」と言われたことがあります。「半信半疑の題目」をご供養するか、「信強き歓喜の題目」をご供養するか、聞かされる仏様の側に立てば、どちらが喜ばれるか簡単なことです。

 諸天善神は苦しんだり恨んだり、怒ったり・・そういう命には寄り付かないし、守護はしないものです。諸天善神は楽しくってうれしくって、歓喜と感謝の命に集まってくるのです。私はそう思います。

 「広宣流布のお手伝いをさせていただける、うれしいなあ!」「宿命転換させていただける、ありがたいなあ!」「その上、一生成仏もや約束してくださる、もうめっちゃ感激です。」と、どんなことも歓喜と感謝に変えて、御本尊を拝していく・・・その心に諸天も感応して信者のために一生懸命働くに違いありません。そうなるとまたうれしくって、歓喜の信心に一層、拍車がかかります。今度は「信の好循環」です。


 とはいえ・・・・たったそれだけのことに気が付くのに、私も10年20年かかりました。(笑)だから人のことは笑えない・・・病多き、疑い深い末法の衆生です。知恵も福運も枯れ尽きた愚かで寒い衆生です。それをすべて直してくださるのですから、「こりゃありがたい。ぜひ、あの人にもこの人にも教えてさしあげたい」となるではありませんか?

 そんなわけで、会う人ごとに自然と仏法対話になります。信心している歓喜をもっともっと爆発させて、仏法の素晴らしさを語っていこうと決意しています。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment:14  Trackback:0
back-to-top