2017
08.26

この道を生きるに迷いなし

Category: 信心
 私は今、創価学会に全幅の信頼をもって生きている。それは私の信念であり、運命であり、人としての正しい道だと確信している。

 三世の旅路に牧口、戸田、池田先生に随順して生きていく・・・自分の生命にその確信を得たことが悟りであり、生命の基底部にそれは土台となって現れたと思う。今度生まれ来たれば、もっと若き時から池田先生のもとにはせ参じ、広布のお役に立ちたいと思うし、きっと願った通りの人生になるだろうと安心もしている。

 その道に入れたことは、過去の宿縁によるところが大きいに違いないが、何の逡巡もなく、ごく自然にその道を行く自分になったことは、やはり不思議と言わざるをえない。こればかりは創価を批判する人には、理解不能な世界だと思う。

 入会以来、私はお山への登山も人一倍参加し、宗門へのご供養もよくしてきた。アパートで強い声を出せないために、近くの正宗寺院にも日参する如く、題目をあげに行ったものだ。

 そんな私が、宗門問題を契機に、宗門を捨て、学会へと大きく舵を切るに至った。私にしてみればその判断は直感的であったけれど、今思うと命の奥底の声が、「学会が正しいのだ」と、そう私に呼びかけたのだと思う。

 宗門は仏法を伝持してきたかもしれないが、創価学会の折伏弘教がなければ、とてもこの正法に巡り合うことはなかっただろう。その意味で、私は創価学会に大恩を感じるのであり、いかに落ちぶれようと、決して学会だけは裏切りたくないというのが、私の人としての思いである。

 もちろん、学会のすべてが正しいとか、何も問題がないとは思わない。組織である以上、また凡夫の集団である以上、様々なことがあるのは当然であり、いつの時代にも内部に魔がうごめくのも、仏と魔の世界である以上、やむを得ない。

 そうであっても私は学会から離れることなく、そこで「人間革命」と「広宣流布」に励んでいくだろう。池田先生との「師弟」の絆こそが、私の生命線であり、そこから御本尊様を拝することが、仏果を得る最上の道だと確信しているからだ。

 地元の組織にあっても、私は人として未熟だけれど、同志からある一定の信頼を受けていると思う。そうした信頼は、昨日今日できるものではない。自分の顔、姿、生活をさらし、信心の姿勢を長年にわたり見てもらい、得られるものである。そして私もまた多くの婦人部、壮年部の同志の方々を信頼し、尊敬している。

 人が見ようが見まいが、長年、地道に唱題に励み、活動に勤しむ持続の信心が、その人の信心の骨格を作るのだと思う。そうやって作られた信念は、決して凡師人師の言葉に左右されるものではない。いかなる悪縁に出会おうとも、まったくぶれることもない。

 地元の同志の方々を大切に、さらなる信頼を勝ち得て、私も地域の柱となる決意である。決して同志の方々を欺(あざむ)くようなことだけはしたくない。そんなことをすれば、忘恩の輩となって、これまでの功徳は一時に消え去り、死しては阿鼻地獄に落ちるだろう。

 「この道を生きるに迷いなし」・・・人間それでこそ力も勢いもでる。世界を照らす太陽の心で、不信の闇を晴らしながら、今日も明日も、未来にも、喜んで創価の大道を歩いていきたいと思う。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:3  Trackback:0
2017
08.14

一人の「不軽」となって

Category: 未分類
 
 信心は、私のように智慧も福運も乏しい凡夫のため、まさに庶民の味方と言っていいものである。仏法に無知であっても、我が生命を仏と信じて「南無妙法蓮華経」と唱えゆくならば、何処(いづこ)の地のどなたであれ、宇宙のリズムに乗り、歓喜と感謝の生活になっていくのであり、その喜びが万里の外から幸福を招き寄せる。

 私が学会で信心するのは、現証として自分が様々なことで、人間革命していることに手ごたえを感じているからにほかならない。そうでなければ、自分も信心に迷いを持つだろうけど、生活上に苦楽はあっても、信心に迷いはない。何があろうと大丈夫と、頼もしくやっていけるのである。

 「大御本尊を受持しないものには幸福はやらんぞ」などというのでは、実に心の狭い意地悪な仏ではないだろうか?逆縁であれ、謗法であれ、一切衆生を救いたいのが仏であり、まして題目を唱え、心で求道する人であれば、喜んで功徳を差し上げましょう・・・それでこそ広大無辺の仏様の慈悲だと思う。

 「すりはむどくは三箇年に十四字を暗にせざりしかども仏に成りぬ提婆は六万蔵を暗にして無間に堕ちぬ・是れ偏に末代の今の世を表するなり(御書1472㌻)」

 愚鈍で人からも馬鹿にされたであろう須梨槃特(すりはんどく)は、師弟の道を一心に貫いて成仏し、膨大な経を知っていた提婆達多(だいばだった)が仏に背き、無間地獄に堕ちたことは、信心を考える上で大事なことだ。普通は教学に詳しい人に会うと、「へえ、すごい人だなあ」とつい尊敬もしたくなるが、それは信心の深さとは同じではないのだから面白い。またそこに教学の知識がある人が、増上慢となって退転する落とし穴もあるのだと思う。

 教学の話で対応できないからといって、人を馬鹿にするようでは、「どの人も仏である」という仏法の基本も知らず、かえって人から尊敬をされない増上慢の人だと言っていい。そんな人に自身の宿命と戦いながら、けなげに信心に励む人の気持ちなどわからないだろう。

 信心は「信と不信」の問題が根本であり、それに「焼きもち、憎悪、怨嫉」といった心の問題がある。人を見てそこを見抜けば、たぶらかされることはない。学会の婦人部の方々などはそういうところは、実に鋭い。(笑)

 池田先生は随筆「我らの勝利の大道」の中で次のように言われている。

「教学ができることと、信心があることとは、そのままイコールではない。これまでも教学を得意にふりかざしながら、退転したり、反逆した愚かな増上慢が出たではないか。        
(中略)偉大な信心の行者、信行の勇者に成長するための教学である。ここをはき違えては、絶対にならない。」
と・・・

 名もなき庶民であっても、地道に唱題・折伏に汗を流す人が実践の教学を知る人であり、御書を身で読む人だと思う。現場での実践をおろそかにして、信心を理屈だけでわかったと思う増上慢の人になるなと、私も自分を戒めたい。

 人を批判し、腐すことばかりやれば、やがて自身の仏も冥伏し、生命は枯れてゆくだろう。逆に人間の生命を仏と信じ、賛嘆しゆけば、おのずと自身が輝いてくる。魔は人ではなく、その働きであるといわれる。ならば、その働きを責め、その人の悪を取り除くことは、その人を救わんがためでなければならない。

 幸福を目指すなら、まずは自他共の仏の生命を尊敬し、讃嘆できる自分へと境涯革命することがその一歩だと思う。それがこの仏法の平和と幸福への方程式であり、智慧である。私も一人の不軽菩薩となって、使命の道を歩いていかねばと思う。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ





Comment:8  Trackback:0
2017
08.04

友の病に同苦して

Category: 徒然の記
 

 私が学会で信心する理由の一つに、より多くの同志と交われるということがある。「汝蘭室の友に交わりて麻畝の性と成る」(御書31P )との御聖訓通り、多くの人と交われば交わるほど、磨かれ、触発を受け、学びゆくことが自然とできるように思う。これは自己の成長にとって、一人ではできない大事な要素ではないかと思う。

 私も元来、人との交わりが苦手な方なのだが、最近は役職も受け、多くの同志と積極的に交わり、時には励ます機会も多くなってきた。

 人生経験豊富な壮年の方々との交流も、味わいがあり私は好きである。とりわけ病気や経済面などで苦労してきた人ほど、人にやさしくぬくもりを感じることができる・・・これも人生の妙味というものではないだろうか。

 地元の地域にあっても、組織を超えて励ます人もいれば、またこのネットを通じて知り合いになった方を励ます機会もある。相手に適切な指導など簡単ではないが、私なりに一生懸命、誠実に応えたいと思う。誰かの力になれるほど、自分を高めゆく作業もないに違いない。

 私の地区ではないが、私には一人の婦人との交流がある。別の方の勧めで、3年ほど前にお母さんと共に入会されたのだが、私も同時進行で仏法対話をしていた。そのこともあり、むしろ入会後に、何かと連絡をいただくようになった。私は誰に頼まれたわけでもなく、その方とお付き合いしていこうと決めたのだが、それはその親子が今まで私が出会った中でも、とりわけ幸福から見放された親子であったからである。

 乳がんからうつ病、心臓の病と、病気のデパートといってもいいぐらいたくさんの病を持っておられ、、そのため仕事にもつけず、わずかな生活保護で、年老いた母親の介護をしながら生きておられる。そのお母さんもパーキンソン病である。主人がなくなってから家業が傾き、親族からも見放され、知人からも借金を理由にパワハラを受けられたと聞いた。

 先日いただいたメールには次のように記してあった。

 「こんにちは。検査でいろいろな病状が出て落ち込んでいます。一日の3分の1が不整脈で.心室からも鼓動、徐脈や頻脈の症状があり、脳に酸素が行かず、時には失神の危険もあるそうです。ほかにもエコーした時に、「僧帽弁逸脱症」といって、生まれながら、心臓の弁がずれていて、血液の一部が逆流し、そのため心臓が苦しむそうです。
 心臓が苦しい時は、テレビの音も心臓にこたえてみれないときもあります。夜は睡眠薬で寝ます。
 勤行、お題目を唱えて治療していきます。いつも祈っていただいて本当にありがとうございます。」とあった。また私の奥さんの病後の心配もいつも添えてくださっている。

 信心して3年、まださほどの確信もない中を、おそらく「死」の影を感じて不安になることもあるのだと思う。私は絶対にこの方に、病に負けてもらいたくない・・・生きる喜びを知ってほしいと強く願わずにはいられない。そのことを御本尊に祈るばかりである。

 仏法には「眷属」という言葉がある。もちろん彼女と過去に何があったか、私にはわからない。しかし、縁があったということは偶然ではないと説かれる。私の妹であったか、娘であったか、それともご近所の人であったか・・・いずれにせよ、その人と出会い、救いたいという一念が、私の命にもあって、それでこの親子に会うべくして会ったのだと思う。そうであるならこの時を逃してはならない・・・必ず彼女の力になってあげたいと思う。

  「慈悲」とは「抜苦与楽」と説かれる。相手に同苦し、「何とか彼女の苦しみを抜いて、楽しい人生にしてあげたい」。その慈悲の一念の題目はきっと彼女の胸中の仏界に感応し、仏力、法力となって、宿命打開の道を照らしゆくことを信じたい。

 思えば慈悲深い仏様を胸中に抱けることはありがたいことである。この仏様と一体となって、また水魚の思いで祈りゆくとき、不可能を可能にしていく力が湧き出るのである。 その確信を彼女にも伝え、勇気と希望をいつも届けたいと思う。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment:6  Trackback:0
back-to-top