FC2ブログ
2019
03.09

信心とは確信なり

Category: 信心





 寒さの中にも春の日差しが射しますと、心は上気し、何か幸せがあちらこちらからやってきそうな気配がします。こんな私の心にも春の太陽が輝きだしたのでしょうか?そういえば今日は3月9日・・・「サンキュウの日」ということで、宇宙にも世の中にも感謝の言葉を投げかけながらこの記事を書き始めました。

 大白蓮華3月号には次のような池田先生の指導があります。

 若き日、戸田先生に「どういう人が偉い人なのでしょうか」と質問したことがあります。恩師は即答してくださいました。「確信のある人だよ。人生は、また、すべては確信だよ」(P12)

 この言葉に私は信心のすべてが言いつくされていると感じます。御本尊に対する絶対の確信、創価学会、池田先生に対する絶対の確信・・・その絶対の確信をもって、学会活動に励む人にほかに一体どんな指導が必要でしょう?その確信があればどんな人生の悩みであれ解決しないことなどないのですから。

 必ずやその人の生命は春の陽光のように輝き、未来に向かって力強く前進していくことでしょう。そういう確信の生命に自分を作り上げていく・・・それが精進行である仏道修行なのだと私は思います。その確信のない人にこそ、励ましや指導が必要なのだと思います。

 しかしながらその確信は決して一朝一夕にできるものではありません。私など疑い深く、迷いながらくねくねとやってきた方ですので、随分と道草を食いました。しかし、ここ10年、「無冠の友」を始め、「拠点提供」、「支部地区の役職」、「王城会や未来部」など、私なりに率先してやってきました。活動家も青年部もそれほどいない田舎の地域で、組織からのこれでもかという打出にもめげず(笑)、どうなろうと自分一人になっても旗を降ろさない覚悟でやってきたつもりです。

 そんな時、私が頼りに思った地区の壮年の人たちは、見事にあてにはなりませんでした。(笑) 唱題会に必ず参加されるのも婦人部の皆さんです。いつも婦人部数名の中に壮年は私一人・・・そんな唱題会、協議会を何年もやってきたのです。そのおかげで地域の婦人部の方からは信頼を得ているやもしれません。私がどれほど一緒にやる壮年の人を欲したか・・・自身の徳のなさも感じつつ、今も信心に目覚めた壮年よ出でよ!と祈る日々です。

 「一体、いつになれば自分の生命に太陽が昇るのだろう?」と思っていた私ですが、陰徳が御本尊様に届いたのか、ここ数年はそれこそ日増しに「確信」が生命に成就してきました。「これを強めれば仏なのだ」、「仏とは絶対の確信の人のことなのだ」と、今ではそのことがよくわかります。また「自信」とは信心の確信のことだということも身で知りました。本当に戸田先生はすごい指導をされるものですね。

 「法華経を信じる人は冬のごとし、冬は必ず春となる」(妙一尼御前御返事)・・・誰もが愛する御本仏のお言葉ですが、人の生命に春の太陽が輝きわたるなら、世の中は明るく楽しいものとなり、また縁する人をも輝かせていけます。妙法をもって世の中を平和で幸福にしていきたい・・・そんな仏様の心の一分が、凡夫の身にもふつふつと起こってくるではありませんか。それこそが「太陽の心」です。

 この確信をさらに絶対のものとしていくのだ・・・今日よりはさらに信の一字をもって「元品の無明」を打ち砕きながら、「人間革命」と「広宣流布」の戦いに挑戦していきたいと思います。







Comment:0  Trackback:0
back-to-top