FC2ブログ
2020
06.30

今、ここから現当二世の信心を!

Category: 信心
 

 コロナの問題も先行き不透明で予断を許さない状況が続いています。どなたであれ感染のことを思うと、もやもやした気分で日々をお過ごしかと思います。自分一人気が晴れても、世の中全体がこういう状況では、やはり心から喜べないものです。

 経済的にも精神的にもつらい日々ですが、同志の方々と励まし合いながら乗り越えていかねばと思います。

 どんな状況であっても広宣流布という目的に自分の生命を定めていく・・・そこさえ見失わなければ、心がぶれることはありません。迷ったときは原点である広宣流布という目的観に立ち返って、そのために自分の道を開こうとの思いで、私も御本尊に向かうことにしています。

 前回の記事にも少し書きましたが、信心は現当二世です。過去は問わない・・・過去はすでに過ぎ去り記憶の中にしかないものです。また未来も全くの白紙です。あるのは今の自分のみです。今日から、今の自分から生まれ変わると決めれば、過去の悪事など夢の如くスーと消えて(笑)、仏の生命としてまっさらな自分でやっていけます。



image1.jpeg




 仏の生命としてやっていくのですから、清らかで楽しく、祈りは叶っていく・・・仏の未来が暗いなどそんな馬鹿な話はありません。自分の信心でどんな素晴らしい未来でも作れるのに、疑ったり不安なことばかり考えているとそうなってしまうではありませんか。

 「過去の因を知らんと欲せば、その現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲せば、その現在の因を見よ」というのが仏法です。過去の因は現在の果に出ていますが、未来の果は今の因で決まります。ですから過去の自分がひどいからといって、未来まで駄目だなどと思わないでください。今の一念で未来は決まる。「自分は仏なのだ」「広宣流布するのだ」と決意し、今から学会活動に励むなら、それを因として未来の果はおのずと輝いたものとなるのです。

 物事にはすべて目的があります。商売人は金儲けが目的であり、物理学者は宇宙の真理を発見することが目的です。菩薩の境涯の人は人を幸福にするのが目的、男性が女性に高価なものを買うのは気を引くのが目的です。(笑) と、高尚なことから低俗なことまですべては何らかの目的があるものです。

 信心の目的は自分も他者も幸福にすることです。題目をあげるのは、自分の生命の仏性を呼びあらわすため。折伏をするのは他者の心田に下種をして、仏界を呼び覚ますためです。題目も折伏も自他共の仏の生命をあらわし、絶対的幸福すなわち一生成仏を果たし、三世永遠の幸福を獲得することが目的です。

 それゆえ信心に励むことは人としての最高善であり、無上道となります。仏弟子としてまた仏の使いとして大善を為すのですから、果報としてその人には仏の生命が現れます。仏様からのご褒美です。上中下根と機根は様々ですが、どなたも一生の内には必ず仏となると説かれるのですから、これをしないという人は、本当に損をするのがお好きな人としか言いようがありません。

 池田先生の「諸法実相抄講義」(池田会長全集10巻)の中に戸田先生の次のような言葉が引用されています。

 戸田先生:「この私の悩みは、信心に強く立つものが少ないことである。また、初心の者が、御本尊のご威徳を信ぜずに、退転することである。これらの者は、なんと浅はかなものであろうか。清水のごとく、こんこんとわき出る功徳の味を、味わいきれずに、死んでしまうのである。なんと、かわいそうなことではないか。私の胸の中は、キリで、もみこまれる思いで一杯である。」(戸田先生巻頭言)


 何らの徳もなく、人一倍愚かな衆生であり、創価の陣列からも最も遠い人間だと思っていた私ですが、幸いにも創価学会と池田先生だけは捨てることなく今日まで来ることができました。それだけが私の福運です。

 一人の一念が世界を変えるという信心です。我らの祈りでコロナ魔で鬱屈とした世界を「三変土田」し、清らかで明るい世界に変えなければなりません。そのためにも今から、今日から、自分からと決意も新たに出発していきたいと思います。









Comment:0  Trackback:0
2020
06.11

久遠の時は今ここに・・・

Category: 信心

 数日前、時間というものについて少し思うところがありました。私の考えることですので、正しいというよりは手探りで思索していくという感じですので、そのつもりで読んでくださればと思います。

 私たちは普段、時間の流れを一本の線のようにとらえ暮らしています。過去、現在、未来・・・昭和・平成・令和という風に。しかし、仏法では時間の流れは「無始無終」となっています。始まりもなければ終わりもない・・・たとえ線であってもいつから始まっていつ終わるということもない不思議なものです。



image2-1.jpeg
                 


 その時間を実体として感じられるのは、今のこの瞬間の生命だけということになります。昨日の私や明日の私がどこかにいたりはしません。今の私以外に過去や未来の私がどこかにいたら気味悪いことになります。今ここにいる私以外に私はいません。

 過去に戻りたい、未来に行きたいと思ってもそんな時はありません。タイムマシンに乗って若くて美しかった20歳のころに戻りたいと思っても、人生は残酷で年老いていくだけの一方通行です。(笑)

 仏法には「久遠」とか「久遠元初」という言葉がありますが、それは遥か彼方、計り知ることのできないほどの昔と説かれます。しかしそれも、紀元前何年何月というような具体的な時ではなく、どこまでも「無始」を表現したものだと言えます。

 これまた実体があってないような「空」という考え方でないと理解できない時です。その時はいつだったのか?本当にあったのか?と問われれば、死後の世界を知るよりも難しいかもしれません。

 その上、時間だけでなく、空間的にも宇宙は無限であり、果てしがないと説かれます。時間、空間共に果てのない世界であり、そしてそれがまた私たちの生命なのだと言うのです。私たちの生命も無始無終であり、果てのない宇宙だと・・・

 生命にも終わりがないのですから、死んでもまた生まれてくることになります。死は無になる死ではなく、生まれ直るための方便であり、「若退若出」(にゃくたいにゃくしゅつ)とあるように、ちょっとひと眠りしてまた出てくるようなものだとあります。

 池田先生はその生命の生死を波の起伏に譬えておられます。生きている時は波が立ったようであり、死ぬ時は波が収まって消えたようなものであると・・・それを読んだ時、すぐにはわからなかったのですが、しばらくして私も生命の永遠性が腑(ふ)に落ちたと感じました。波は大海の上で立ったり消えたりします。生命の大海とは宇宙です。死んで宇宙のどこかに冥伏しては、また縁に触れオギャアと生まれ出る・・・自分は無始無終の生命として波のように宇宙を母体として、生死生死と経めぐっているのだ。すなわち私の生命は宇宙であり永遠なのだと・・・

 「久遠」という時が一体いつか?凡夫にはわからない時なのかといいますとそんなことはありません。実は久遠とは末法の今だと教えるのです。それが「久遠即末法」「末法即久遠」ということです。これは久遠も末法も一つであり、せんじ詰めると生命の中にあっては一体だということです。生命を離れて久遠という時はないとも言えます。

 時間を歴史のように線で考えますと、久遠と末法は別地点ですが、生命の中では同時であり、それゆえ私たちは末法にいながら、久遠元初の生命に立ち返って生きていくことができます。

 私たちが受持し、拝む御本尊は末法の御本仏である日蓮大聖人様の「南無妙法蓮華経」のご生命をあらわされたものです。大聖人様はまた久遠元初の御本仏です。久遠元初の大聖人様も末法御出現の大聖人様も同じご生命であり、大聖人様のお出ましになられるところはいつの時代でも久遠元初と言えます。それで私たちも御本尊を拝む時、意識せずとも「久遠即末法」と開いていることになります。

 きっと今、共に戦う学会同志もみんな久遠の時にともにいた仲間なのでしょう。今が久遠ならば人も同じです。創価三代の会長先生たちは、一番先頭に立って、修行をなされていた・・・その時、私はいつも遅刻ばかりして、後ろの方でぼんやりしていたのかもしれません。

 「そんな難しいことわからんけど、私は元気いっぱい学会やっているよ」・・・それが現当二世の信心の証です。どんなに宿業が深くても信心を強く持てば、過去の業因は太陽の昇った後の朝露のように消えはて、毎日、久遠元初の生命に立ち返り、溌剌と未来を創造する人生を生きていけるのです。

 元気で生命力に満ち明るい人、宿命に負けずに笑い返せる人、うれしくて題目をよくあげている人・・・そんな人が一番です。きっとその人が「久遠即末法」を身をもって生きている人だと言えるのではないでしょうか。

 私もしっかり題目をあげて、久しく遠い時を思い出し、一層、信心に励んでいかねばと思います。


※長くなり恐縮ですが、池田先生のご指導です。ともに研鑽してまいりましょう。

妙法広布に戦う現在こそ久遠元初
 久遠元初とは歴史的過去ではない。遠きかなたのことでもない。この瞬間に永遠を凝結させている、大海のごとき大生命そのものであり、満々たる力と息吹をたたえているものであります。「御義口伝」にいわく「久遠とははたらかさず・つくろわず・もとの儘と云う義なり」とあります。久遠は通常「時の無窮なこと」「遠い昔」「永遠」というように理解されております。
 しかし、日蓮大聖人の仏法の眼からみるならば、久遠とは時間的な意味も含めて、大宇宙の本源、生命の根源の意義にまで及ぶのであります。無作本有常住の生命、無始無終の生命であり、久遠元初自受用報身如来の御生命を指すのであります。同じく「御義口伝」に「久遠とは南無妙法蓮華経なり」とあるごとく、久遠元初とは、一言にしていうならば南無妙法蓮華経それ自体であります。
 さらに南無妙法蓮華経と唱うる私達の生命もまた久遠元初を開いているというべきであります。
 故に、私達が常に御本尊を受持し広布のために戦うことこそ自体が、久遠の仏法の姿となっていくのであります。この元初の生命に綴られた尊い歴史というものは、永遠に消えることなき信心の元初の経典として輝いていくに違いありません。私達は今こそ、元初の朝の日の出を迎えている信行学の日々と銘記したい。
(百六箇抄講義より)



Comment:0  Trackback:0
back-to-top