広布の大河に君ありて tori

TOP徒然の記 ≫ 座談会

座談会

 昨日、私の地区では座談会が行われました。
我が地区は山間部、それもやや過疎化の進んだ地域ですので、座談会といっても10~15名程度の参加者になります。また高齢者も多く、最近は夜の会合がつらいという方も多くなってきました。高齢者の方にあまり無理な参加をお願いできないのも現実です。

 しかし、それ以上に青年の活動家が少ないのが地区にとっての課題です。名簿の上では何名かいますが、実際に会合に参加するのは男子部1名という状態が続いています。

 私は今、地区部長です。自身の一念で青年部を人材に、また新たな入会者を地域から出せるよう祈っています。自分の使命も、地域に後継の人材を育てることにあると思っています。

 そんな地区ですが、昨夜は男子部が4名参加してくれました。うち二人は隣の圏から、またあとの二人は同じ支部内からの参加で、そのうち2名の青年は初めてこの地区に来てくれました。

 一人は創価大学出身のD君、またもう一人は東京の大学を出て、神奈川から就職で兵庫に来たH君です。
 これまで何のつながりもなかった二人ですが、実は今、同じ職場で働いていて、つい最近お互いが学会員だとわかったそうです。今日の座談会も別々の男子部に誘われ、ここでたまたま顔を合わせたそうで、「君ら二人すごい縁があるなあ」と参加者一同に感心されていました。





 彼ら男子部のパワーで座談会は大いに盛り上がったのですが、会合も半ばを過ぎたころ、ある壮年が一人、ガラガラと玄関を開けて入ってきました。その壮年は実は私の小、中学時代の同級生で、20数年前、30代の時、この地区の地区部長をしていた友人でした。        

 彼の日頃の口癖は「俺はもう学会は卒業した。あとはこの経験を世の中に生かす」というようなことをいう男で、その言葉通り、無所属で町会議員にでたりしました。私とは気心が知れているので、選挙の応援も個人的にしましたし、時折は彼の家を訪ねて信心の話などもしていました。しかし、学会の会合には一向に出てこない、勤行もしない状態が20年続いていたのです。それが一週間ほど前、急に「一度、座談会に行くわ」と連絡をくれたのでした。

 私の方から、「何がきっかけで今日来る気になったのか」と聞きました。彼は「実は、昨年、中学を出て職人の道に入った時から、一緒だった仕事仲間の友人が自死をした。前からその気配を感じていたけど、自分はそばにいて救ってやれなかった。今思うと、学会の信心をさせなかったことが悔やまれる。そのことがあって、これから自分は座談会ぐらいは出て行かないといけないと思った」ということでした。

 彼の友人への思いを聞かされ私も感動しました。それと同時にかつて地区部長までした信心の火が、彼の中でずっと燃えていたんだと感じました。彼がこれから地区に出てくれば、何かいい波動が地区に起こるのではないか、また何より彼自身にとっても、新たな変革のきっかけになるように思いました。        
 辛辣な口で周囲に煙たく思われることもある彼ですが、いつか地区に戻ってきてほしいと思っていましたので、私の中ではまた一つ祈りが通じた思いがしています。

 どんな人であれ、広宣流布の会座に集えば、光が発光するように輝きます。そしてみんなの光の和で、座談会は盛り上がります。帰る時には、来た時以上に元気になって帰っていかれます。みんなそれぞれ悩みの生活がありますが、それに負けないパワーと歓喜を充電しゆくのが座談会の大きな目的です。そのためにも、地区部長として、一人一人の生命に光りをあてられるよう、常日頃から、祈っていきたいと思います。

 さあ、来月はどんなドラマが待っているか・・・

 私自身も若鮎の如く地区の先陣を切り、地域の広布の扉をさらに開いてみせる、との決意にあふれる夜となりました。

 「やっぱ座談会はいいなあ・・・」  今、我が地区は座談会が輝いています・・・




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

編集
こんにちわ 王者の剣さん
よかったですね
私も、結構お休みしていた時期もあるので、このご友人の気持ち わかる様な気がします
広布の庭に、帰ってこられて、ご自分の使命を、感じたのでしょうね
東京でも、男女は、少なくなっていると思います。がんばれ全国の地区部長!
2013年11月09日(Sat) 15:37
Re: タイトルなし
編集
ちよ様
まっすぐに生きていければいいですが、そんなにきれいな道ばかりではないのが人生ですね。
彼の心に立ちふさがる魔も強いですが、妙法に縁した生命はきっとまた妙法に帰っていくように思います。
私の代わりにもう一度、彼に地区部長の旗を持ってほしいと思います。


2013年11月10日(Sun) 00:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30