2014
12.06

「人間革命」光あれ

Category: 徒然の記
 2日付の聖教新聞は小説「人間革命」の執筆50周年の特集でした。この50年、多くの方がこの小説によって奮起され、また正しき信仰の何たるかを学び、おのおの「人間革命」の道を歩いてこられたものと思います。

 一人一人が「人間革命」のドラマを生きている・・・これが創価学会の実相であり、日蓮仏法を体現していく誉れの求道者こそ、まじめな学会員の方々だと言えます。私も広布に生き抜かれた同志の方々に頭を下げる思いで、この日の記事を読ませていただきました。

 「偉大なる ペンの聖業 五十年 『人間革命』 世界を照らして」 


 お恥ずかしい話ですが、実は私も熱心に読まない時期が長くありました。求道心のない時は聖教も大白蓮華も開かないものです。私の尊敬する先輩は題目をあげては、御書や大白蓮華を拝し、また再び、題目をあげる戦いを毎日、3時間、何年もやったと仰っていました。その戦いがどれほど大変か、やってみた人でないとわかりません。
 
 ある時、その先輩は池田先生にお会いされたそうで、「教学が良くわからないのですが?」と尋ねられたら、先生は「人間革命に全部書いてあります。」とお答えになったということでした。私ももう一度、「人間革命」を襟を正して読み直したいと思います。

 
 挿絵を担当されています内田画伯から、50周年を祝して、素晴らしい先生の肖像画が贈られたと記事にありました。ぜひ機会があれば、実物を拝見してみたいものと思います。氏ほど、先生のお顔、お姿を描かれた方はいないのではないでしょうか?それもまことに不思議な使命だと言えます。
 挿絵からは常に先生に対する尊敬の心がにじみ出ているように思います。肖像画は戸田先生に勝利を報告する先生のお姿だそうですが、それこそ創価の象徴である「師弟」の誉れの瞬間ではないかと思いました。


sengamine2_R_R.jpg
             
                冬空に 厳と立ちたる 古木かな 王者の風格 君も持(たも)てと (剣)


 またその日4面の「論苑」では、「生命変革の法理」と題して森永教学部長の論文も掲載されています。特に私の印象に残ったのは、「業生」から「願生」へという宿業の捉え直しのお話です。「願兼於業」が、とてもダイナミックに真実味を帯びて感じることができました。(詳しくは新聞をお読み願います。)

「自分の不幸や労苦は、仏法を証明するために、願って生まれてきたのだ」 そう強く確信したいと思います。

 そう言えば、小説「人間革命」は「悪しき宿命を使命に変えて、勝利しゆく」というテーマに一貫して貫かれています。「一番苦しんだ人、地域が一番幸せになるのだ、幸せにせずにおくものか!」という強い先生の心が、戦争に対する冒頭の言葉から今日まで、小説の背景に鋼の如く裏打ちされています。それこそが小説「人間革命」の要であり、骨髄ではないかと思います。

 多くの内外の方が池田先生を敬愛して、小説「人間革命」を生きる滋養としながら、日々、闘っておられます。
有名な方から無名の庶民の方まで、幾百、幾千万の人がまるで、池田先生から放たれる放射状の糸を、一人一人手繰(たぐ)り寄せるように握りしめている・・・

 それはあたかも創価学会=広宣流布という仏の大樹が、地中深く、幾千万もの衆生の信心の根から養分を吸い上げて発展しゆくように、私たちは誉れの根っこ一本一本であるとも思うのです。大樹(仏)と根(衆生)は不二である・・・根が枯れれば大樹も枯れます。日蓮大聖人と私達、池田先生と私達・・・その目に見えない強い信心の結びつき以外に仏法の血脈の道はないと確信します。

 決して華やかな人生ではないかもしれない、物質的に多く満たされることもないかもしれない・・・しかし心は人間王者として、世法や世俗を悠々と見下ろして、仏界に入っていくことができる、それが法華経の心髄です。私たちが目指すべき「真実・永遠の都」にほかならないと信じます。


 さて「師走」ですので先生はきっと走っておられますね。(笑) 100年後、200年後を見据えて、仏界と娑婆世界を往還されつつ、次々と手を打っておられるに違いありません。私達も「人間革命」の糸をしっかりと握りしめて、「地域の勇」として師弟共戦の道をさらに強く生きて行こうではありませんか?

 事故などありませんよう、また風邪などひかれませんよう、皆様の無事安穏をお祈り申し上げます。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/101-da58c4b4
トラックバック
コメント
こんばんは。
>冬空に 厳と立ちたる 古木かな
良い詩ですね。

広く知られている事ですが、自然との対話展での事。

とても上品な老婦人が、かなりの時間、身じろぎもせず、
じっと一枚の写真をみていたそうです。
よく見ると、泣いておられる。どうされたのかと聞くと、
「池田先生は、私たちの事を、決して忘れてはいません。
全部分かってくださっている。それが嬉しいのです」と。
その写真は、緑葉も全て落ち、厳冬に耐えながら、
凛として、原野に立つ、一本の銀色の木。
しかも、その木を仰ぎ見るように撮られている。

そのご婦人の姿は、あまりにも、美しく、
厳粛な師弟の生命交流だったそうですね。

>私たちが目指すべき「真実・永遠の都」にほかならないと信じます。
このご婦人はそういう方なのでしょうね。
草創の先輩に感謝と敬意と後継ですね。

コスモdot 2014.12.07 01:31 | 編集
コスモさん

おはようございます。いつもありがとうございます。
世の中には目に見えない心の電波が無数に飛び交っていますね。人を憎んだり、恨んだりする心も、人を幸せにしたい、愛するという心も・・・その中で、創価の師弟という心の交流ほど崇高なものはないと思います。このご婦人もその世界に住し、生きておられたのに違いありません。まさに仏界そのものですね。

それさえあればいいのではないでしょうか?私も結局、そこへと連れて行っていただいているように思います。世法世俗が思いもよらない清浄な世界が仏法の師弟の世界であり、そこには滔々と仏の血脈が流れくるものと信じます。それを知れば、世間の批判も蚊のさすようなものです。

師匠は弟子を抱きしめてくださる。でも弟子はその慈愛がわからない。それを知る戦いが人間革命だともいえます。そしてその清浄な流れを後継に伝えていく・・・私も広宣流布という壮大な戦いの中で、一仏子としてさらに精進していきたいと思います。
王者の剣dot 2014.12.07 08:01 | 編集
王者の剣さん、毎日お疲れ様です✨
癒されるお写真、ありがとうございます(●^o^●)
茜空と黒く写っている古木のコントラストが絶妙にマッチしていて、まるで影絵のよように幻想的ですね( ^^) _U~~

活動の あいまに同志(とも)を 励まさんと 
           カメラにむかう 真心嬉しき 

            
 

ランdot 2014.12.07 14:22 | 編集
ランさん

ありがとうございます。もう写真をゆっくりとる暇もなくて、昔、撮ったものを交えて掲載しています。(笑)日の目を見ることもない写真でしたが、ブログをやったことにより、少しはよみがえりました。今回の写真もデジタルではなくフィルム写真です。

先日の支部総会でも12点ほど大きくプリントして、会場に掲示させていただきました。また7月の誓願勤行会の折に、池田先生にお手紙に添えて写真を10点ほどお届けしております。

ささやかな趣味と言ったところですが、シャッターを切るときには、なぜか先生や同志の皆さんを思い浮かべることが多いのも事実ですね。

ところでランさんは鼓笛隊と伺いましたが、楽器は何をおやりでしたか?またいつごろの年代で参加されていたのですか?よかったらお聞かせください。
王者の剣dot 2014.12.07 18:41 | 編集
王者の剣さん
「お手紙に写真を10点ほど添えて」
剣さんのお写真はとても美しいので先生も喜んでくださったでしょう(^^♪

鼓笛は未来部のとき、座談会で昭和57年3月の第一回関西青年平和文化祭の映写をみて、憧れて試験を受けました。楽器はずっとファイフで卒業する直前にはアコーディオンに変わりました。通常、20歳までですが、私は26歳で卒業しました。途中眠ってた時期があったので(笑)卒業がのびたのだと思います。
ランdot 2014.12.08 14:15 | 編集
ランさんへ

返信ありがとうございます。ファイフという楽器は知りませんでした。小さなピッコロのような笛だそうですね。鼓笛隊に入りたいという心が、素直なんですね。そういうところに、2世の方の福運は輝く。私なんか、27歳の入会ですので、ひどい青春だったです。時代もあって反体制+虚無の方に傾倒して、暗い感じで赤ちょうちんで飲んでいました。結局、落ちるところまで落ちたので、信心に巡り合えたのですが・・・それが唯一、私の福運です。(笑)

その頃、週刊誌の池田先生を見て、「宗教を利用して私腹を肥やしているんだ」なんて思っていたのが、「永遠に一緒に戦います」と誓いのお手紙を出しているのですから、人間いくらでも変われるものです。(汗)

これからは報恩感謝ですね。精進しますのでどうかよろしく。
王者の剣dot 2014.12.08 16:40 | 編集
王者の剣さん、おはようございます(^^)/
王者の剣さんにも、そのような過去があったのですね、今の姿からは想像できないです(*'▽')人は変わることができるんですね。「あの人はああいう人だから」と決めつけてはいけませんね。

「入会後の体験だけでなく、入会前の体験も生きてくる、すべての体験が生かされてくるのが信心のすごさ」だと戸田先生はおっしゃられています。
入会前の苦しみも、人を救っていくための方便の姿だと。

今月大白P95に『全部、意味があるのです。その時は悲しくて、苦しんで、やりまれなくても、負けないで生きぬいていけば、あとから「ああ、こういう意味があったんだ」とわかります。それが信心の力です。』とありました。
すごい信心に巡り合えて私たちはラッキーですね✨(^_-)-☆
ランdot 2014.12.09 07:46 | 編集
ランさんへ

戸田先生のいいお話をありがとうございます。

変わるために信心したのですから、大いに変わりましょう!蠅が鳳凰へと変われる信心です。私はもっともっと変わりますよ。この凡夫の姿のままで・・・(笑)

あの人は信心しないだろう・・なんて絶対に決めつけてはいけませんね。みんな命の奥底では求めているはずです。現に私がそうでした。回りは誰も信心しないだろうと思っていたそうです。

私なんか、王様の暮らしと福子で生まれてくるのを断って、(笑)あえて邪宗の家に生まれ、人間的にも最下層まで落ちて、そののちに信心して幸福になって仏法を証明する・・・きっとそう願って生まれてきましたよ。

今は福子でなくてよかったと思います。この方が私らしい・・・信心さえ強ければすべてが活きてくる。失敗や挫折、不幸が幸福に変わるのですからありがたい話です。




王者の剣dot 2014.12.09 10:32 | 編集
そう言えば、「人間革命の歌」も、当時の宗門から
槍玉に挙げられた歌でしたね。

<幻想的な写真に興趣が湧いて、凝りもせずに一句を献上>

群青(ぐんじょう)と 茜(あかね)の虚空(そら)に 
   漆黒(しっこく)の 大樹(だいじゅ)ぞ懸(か)けなん
                         諸天よ来(きた)れと

        (お粗末さまでした/福島の壮年)

ランさんは、ファイフ → アコーディオン → ピアノ ですか。
もともと楽才がおありなんでしょうね。

私は音楽隊でトロンボーン、その後ギターをやった程度。
今は、法螺吹き専門です(笑
福島の壮年dot 2014.12.09 13:23 | 編集
壮年様

法螺とはどのような音がするのでしょうね?(笑)
私も時々吹きますが、どうも下手なようで、すぐにばれてしまいます。

壮年様も音楽隊出身ですか?皆さん、筋金入りですね。道理で一筋縄でいかない人達ばかり、いや失礼・・・しっかりした人達ばかりなわけです。(笑)

しっかり信心して、魔が競う以上に、もっと諸天に働いてもらわないといけません。笑)いよいよ強盛の御志で戦ってまいります。ありがとうございました。
王者の剣dot 2014.12.09 14:03 | 編集
福島の壮年さん
あの時代の音楽隊、鼓笛隊はスパルタ?(笑)でしたから、遅刻すればグランド何週
かさせられたり、勤行.唱題はきちんとしているのかどうか先輩のつめが入ったり
厳しかったですよね。ダラダラしていると『練習こなくていいよ、かえっていいよ』って叱らりたり。それでも根性でついていった時代でした。でも厳しい訓練受けさせていただいたからい今の自分があるのかなって思って感謝しています。
王者の剣さん
二世三世の私たちと違い、『自らの意思で入会された』これが最大の強みだと思います。入会されていない方の気持ちがわかりますから。私なんて生まれた時から祖母、両親、親戚ほとんど学会員で外の世界を知らない(笑)
王者の剣さんしか救えない人のためにあえてご本尊のないところへ生まれてきて
広宣流布していくのが剣さんの使命だったんですよね。
それぞれが、それぞれの役割を自在に演じながら自分の使命を果たしていく。
そして自分らしく輝いていけばいいのですよね✨(^_-)-☆
ランdot 2014.12.10 06:49 | 編集
ランさんへ

鼓笛隊の頃の思い出話ありがとうございます。あの厳しかった先輩が、どこか懐かしく思えたらランさんが成長した証ですね。

私は砂漠の真ん中で水を得たような入信でした。また素晴らしい先輩とも出会えました。今、思うと全部仏様のご配慮であり、方便であったことがわかります。振り返ると信心しないときから、ずっと御本尊様に照らされていたような気がしてなりません。そのあいだろくなことはしていませんでしたが・・(笑)何をやってもうまくいかず、自分を見失い、精魂枯れ尽きた状態で、やっと拾われました。

今、少しづつ、それらの意味を「願兼於業」として感じています。

ランさんはランさんの使命があります。生まれる時に誓願したはずです。その誓願通り、一生懸命、信心に励まれておられます。善知識に親近して、さらなる戦いを続けられますよう、大境涯の人となられますよう祈っています。
王者の剣dot 2014.12.10 09:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top