広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 目の前の使命

目の前の使命

 

 14日の投票まであとわずかとなりました。時間がないこともあり、電話での支援も多い今回の戦いです。平日は携帯の電話帳や同窓会名簿を頼りにアタック・・・また夜や土日は地区の内外の方にお会いしながら、支援に走っています。

  厳しい返事をいただくこともありますが、それもまたよし。安定してぶれない党の素晴らしさを、最後まで訴えていきたいと思います。

 また話が弾んで、普段お聞きできない生活上の悩みなど、お話してくださる方も何人かおられました。

 一人の青年(外部の方で35歳)ですが、奥さんと2年ほど前に離婚、3人の子供を自分が引き取って生活されています。昼間は工場で働き、夜は実家の母親が来て子供の方を見てもらい、コンビニで深夜まで働くという毎日。来年、真ん中の子が中学に入るので、家のローンと合わせて、お金の方が苦しいとの話でした。

 私が訪ねたのは日曜でしたが、「この季節、乾かないんですよ」と言って、洗濯物を取り入れているところでした。2つの仕事に慣れない家事と、一時、体も気持ちも疲れ果て、「もうやっていけない、俺、駄目かな?」と思ったこともあったそうです。「再婚は考えているの?」と聞きましたが、長女が中2で反抗期ということもあり、新しい奥さんが来ても、うまくいかないように思います、との返事でした。

 「頑張っていれば、また何かいいことがあるでしょう・・・」対話中、何度も彼はそう口にしました。少し前に、秋の運動会の日に一緒になり、彼が作ったお弁当を目にした時、それが本当に愛情のこもったサンドイッチだったので、「コンビニのじゃなくて手作りしたんだ。どんな気持ちで、朝早くからこのお弁当を作ったことだろう・・・」と思うと、私も思わずウルッときてしまいました。



IMG_9381a_R.jpg



 「今は子供たちのちょっとした成長や、笑顔に励まされて、なんとか耐えてます」とも言っていました。

 若いのに私なんかよりはるかに苦労している・・・そう思います。信心の話もしていますが、今はまだ受け入れる気持ちはありません。でも「負けたらあかんよ、必ず報われる日が来るから」そう励まして別れました。

 彼がどうやったら、妙法をたもって、宿命打開の道に入れるのか・・・私にとっては御本尊様からまた一つ、宿題を出されたような気分です。策も方法もありません。ひたぶるに御本尊様に祈りゆくしか、そしてきっとそれが最善の道であることを信じていこうと思います。

 そういう人が、今、私の周りに何人もいます。不幸な宿命に喘いでおられるのに、妙法を素直に聞き入れない。
その方たちが信心するまで、固い岩盤に穴を穿(うが)つような道かもしれません。しかしそれを避けて通るわけにはいかない・・・それが私の使命だと思います。

 今の目の前の現実にこそ、自分が果たさねばならない使命があり、そこが私の信心の道場です。一歩たりともその現実を離れて信心はない…先生の指導にもそうあります。

 「苦しむ人に自分は妙法を語った。信心しないのは向こうの問題だから仕方ない・・・」それではまだまだ無慈悲な折伏であり、本当に相手を救うという心が弱いと思います。私もかつてはそうでした。今はそこからが信心、自分の執念で彼の信心への無理解を打ち破っていく・・・その人が信心できるまで、粘り強く戦っていこうと、その強い決意と祈りが沸々と湧きおこってくるのを感じます。

  どんな戦いでも一筋縄でいかないからこそ、自身の未熟さも現実の厳しさも教えられ、地涌の菩薩としての力量も鍛えられていくのだと思います。

  「必ず、妙法の世界に連れていくから!」 そう心で語りかけながら、その夜、自宅のご祈念帳に彼の名前を加え,御本尊に祈りました。

 また新たな前進を開始したいと思います。

 
 北海道の同志の皆様、全国の同志の皆様、共々に勝ちましょう!お題目を送ります。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村





Comment

No title
編集
王者の剣さん、毎日の闘争お疲れ様です✨あとわずかとなりましたね

「一人が百歩前進するより、百人が一歩前進すること」

私も、皆様ひとりひとりの大勝利を祈っています✨
2014年12月12日(Fri) 14:51
Re: No title
編集
ランさんへ

いつもありがとうございます。今、この国で学会員が一番元気かもしれませんね。
それは勝利に向かって、同じ心で前進している無数の人の足音の高まりのように感じます。

もう一人、あと一人と、最後は執念ですね。悔いのないように、そして事故のないように・・・
晴れやかに14日の「討ち入り」を迎えましょう!
2014年12月12日(Fri) 15:30
大躍進、万歳!
編集
北海道、激戦を勝ち抜きましたね。
本当に、お疲れ様でした。
そして、おめでとうございました。

我が東北も、長年の悲願「2倍革命」を遂に成就させました。
比例東北第2候補の真山祐一さんは、我が地元地区在住。
派遣で隣地区婦の奥様は、身重の体なので、今回は
ご主人に帯同せず、地元密着で頑張っていましたが、
昨14日夕の6時頃、同じ支部内にある党県本部から
呼び出しがあり、家内に「地区拠点にいけなくなりました。
申し訳ないですが、代わりをお願いします」と。

これは、2議席目にかなり良い手応えがあったのだろう。
と、踏んでおりましたが、比例東北で、福島県の開票終了は、
翌日午前1時半頃。最後になる宮城県は同2時頃。

NHKでは、全投票所の投票締切直後の午後8時には、
小選挙区・比例区合わせて325議席に当確を打ち、
残りは既に150議席。内、公明党の当確は27。
ここから、2時間程度は全く動かず、28議席目が、
北海道小選挙区でしたね。

私は、翌日(つまり本日)朝から年1回の定期検診が
入っていたため、11時過ぎには、祈るような思いで
ベッドに入りました。
そして、まさに「果報は寝て待て」となりました。
全ての支援をして頂いた皆様に感謝です!
2014年12月15日(Mon) 13:33
Re: 大躍進、万歳!
編集
福島の壮年様

 法戦、大変にお疲れ様でした。私も後半の3日ほどは、肩、首、歯と痛みが出て、それをこらえながらやっておりました。(笑)それでも昨日はわが家が拠点でしたので、朝から唱題、投票確認、報告と慌ただしい一日となりました。

 夜9時半ごろまで仏間で皆さんとテレビを見て解散となったわけですが、さすがに北海道だけは当確がでなくて、私も翌朝の配達のために就寝いたしました。壮年様と同じ心境で朝の新聞を見たわけです。北海道、ほんとうによかったですね。当選おめでとうございました。

4議席増ですので大躍進と言えると思いますが、関西比例の方は5議席をめざして4でしたので、少し残念な思いもあります。

 それにしても投票率の低さが気になりますね。安倍政権が圧倒的に支持されたのではなく、野党にまかせるよりはまだまし・・・といったところでしょうか?政治不信が蔓延しているように思います。また野党のふがいなさで、この結果になったとみるのが正しいと思います。庶民の暮らしぶりがよくできるかどうか、次の選挙ではそれが審判されますので、どうか気を引き締めてやっていただきたいですね。
 
 私が言うことでもありませんが(笑)、「本当に全国の同志の皆様、お疲れ様でした。またおめでとうございました。共に晴れやかに新年を迎えましょう!」

 
2014年12月15日(Mon) 17:03
No title
編集
王者の剣さん、毎日の激闘お疲れ様でした(*´▽`*)
今日は支援していただいた方にお礼をいってまわりました。
ともどもに『都の月』をながめましょう✨
大勝利バンザイ\(^o^)/
2014年12月15日(Mon) 19:47
Re: No title
編集
ランさんへ

今夜は会館警備で、先ほど帰宅です。

後半、体に魔がでましたが、何とか最後まで走りました。
支援は後のお礼が大事ですね。それとやはり日頃のおつきあいも・・・。

一生懸命、戦った方はきっと大きな功徳が出ると思います。
御主人が信心反対の婦人部の方も、昨日は一杯お題目があげられてよかったと
言われていました。

勝利を先生が喜んでくださればいいですね。
何はともあれランさんも大変お疲れ様でした。

また音楽隊、鼓笛隊、日本一おめでとうございました。
2014年12月15日(Mon) 23:46
No title
編集
九州沖縄も悲願の4達成です。自民党は沖縄小選挙区すべて落選しました。ヘノコ移設容認と公約違反が響いたと思います。与党で沖縄公明党だけが信念を貫き通し反対です。ヘノコ移設反対の沖縄公明党が賛成の自民党を推薦したことに落胆した友人は多いです。平和の沖縄公明党は信念を貫く事ができるか、これからが正念場と思います。同志ともに、基地と平和、支援のあり方を模索していきたいと思います。
2014年12月16日(Tue) 04:05
Re: No title
編集
うるとらまんさんへ

 沖縄大勝利おめでとうございました。公明党が自民を推薦したことは、中央公明と県公明のギャップが出た形ですね。それだけ沖縄の会員の方は矛盾を抱えた難しい戦いだったと思います。

 自民が全員落選したことに県民の怒り、批判を感じます。

 拉致の問題は被害者でないと本当に真剣にはなれないし、基地の問題は当事者でないと本当の状況や苦しみはわからないと思います。しかし大衆の声に私たちも無関心でいることはできません。世論を高めて、沖縄の人たちの望む方向に行くように見守り、応援したいと思います。
今後の公明党の判断がとても重要な意味を持っていると思いますね。

 戦争や基地のない社会、また原発事故や災害のない安全で平和な社会、宗教も政治も次元は違えども、目指すものは共通しています。大聖人様の「立正安国」を根本に法華経を信じる立場で、また沖縄の人の声をよく聞いて、私も基地問題を注視していきたいと思います。



2014年12月16日(Tue) 10:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30