広布の大河に君ありて tori

TOP徒然の記 ≫ 勝利魂

勝利魂


「冬は必ず春となる・・・」

 多くの方がこの御聖訓に励まされて、宿命と戦ってこられたと思います。私も年ごとに、この御文の意味を噛みしめながら前進してきました。

 まさに冬を越えなければ春はやってこない。「宿命の冬」「試練の冬」を乗り越えて、暖かな春の陽射しに包まれるような、そんな幸せの境涯を獲得できる信心です。厳しい冬を耐え抜いて花開いた幸福こそ、三世に薫る本当の幸福であり、その究極は何ものにも壊されない、生命の「絶対的幸福」、また「一生成仏」であると説かれます。

 そういう素晴らしい幸福が誰の生命にもある・・・釈迦仏法でも天台の法華経でも難しかった「一生成仏」を、日蓮大聖人様は「南無妙法蓮華経」のわずか七文字で誰もが「即身成仏」できるようにしてくださいました。

 延々と続く歴劫修行や、難解な理論を究(きわ)めないと駄目だとなると、私なんか入り口でアウトです。(笑)

 それを一心に妙法を信じて唱えれば、お釈迦さんぐらいの仏に易々(やすやす)となれるよと言われるのですから、ほんとうに親切な仏様です。この仏法にめぐり合えたことは奇跡であり、不思議というほかありません。それがわかると「歓喜と感謝」の心でお題目があがるに違いありません。

 もし大聖人様がこの仏法を顕してくださらなければ・・・もし創価三代の死身弘法の会長先生がおられなければ・・・世界は希望のない闇の世界だったことでしょう。我々も宿命転換も一生成仏もできないまま、六道を流転する不幸な民で終わったことだと思います。

 牧口先生が命を捨てて、大難の獄中闘争を忍んでくださったから、今の私たちがあることを、決して片時も忘れてはならない・・・いつもそう思います。今も私は冬の拘置所の牧口先生を偲ぶ時がよくあります。日蓮仏法の広布の大河の流れはその牧口先生、戸田先生の獄中闘争から始まりました。その会長先生の御恩に報いて学会を守りゆく生き方が、人として正しいのであり、仏の血脈を受ける人だと私は信じます。

 

 torima1_R_R.jpg



 有名な「苦徹成珠(くてつじょうじゅ)」(苦に徹すれば珠となる)という言葉は作家の吉川英治氏の言葉です。どんな世界にあっても、一流の人というのは、きっと苦に徹する修行の時代を耐え抜いた人ということでしょう。まして無上の幸福を獲得する信心の修行です。「宿命の苦」に徹して、「胸中の珠」を辛抱強く磨きぬいていく、強い忍耐力と持続の心が必要です。

 信心してあっという間に幸せになったら、それは嬉しいかもしれませんが(笑)、ありがたみも喜びもきっと薄っぺらなものです。苦労してつかむから値打ちもあるというものですね。

 私は苦しくてつらい時、その大きな苦を持ち上げてひっくり返す、あたかも力士のような力が、生命の底から湧いてくるのを感じます。「さあ来い、勝負だ!」といった勇猛心です。私はこれを「勝利魂(しょうりだましい)」と呼んでいます。(笑)この「勝利魂」がある限り、自分は負けるものか・・いつもそう確信します。

冬を愛する人は 心広き人
根雪をとかす大地のような ぼくの母親  (四季の歌)

 世間の歌ですが、やはり冬の根雪を溶かすのは、壮年部ではなくて母である婦人部のようです。(笑)
尊敬する婦人部の皆さん、これからも宜しくお願いいたします。

 思うようにいかない人生の冬を、信心を抱きしめ、多くの同志の方が戦っておられます。その方たちを励まし、ともにスクラム組んで、春をめざして私も生き抜いていこうと思います。


 寒さが本当に厳しくなりました。豪雪の被害に会われた皆様、また冬のさなか、復興への戦いをされています東北の皆様に、心よりお見舞いと激励を申し上げます。同志としていつもお題目を送らせていただきます。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

東北へのエールに感謝
編集
東北の(一部、北関東も含まれますが)福光(復興)への
激励とお見舞い、ありがとうございます。

東北から北関東にかけての沿岸部では、津波による
壊滅的な打撃を受けた市町村は、未だに再生への
確かな道筋が見えてきていないところが殆どです。
中でも福島県沿岸部各自治体は、原発事故の後処理を
巡って課題が山積している状況で、避難住民の皆さんは
県内におられる方にも、県外に避難されている方にも、
故郷の早期復興を望んでおられる方もいれば、もう、
故郷には戻れないと諦めている方もいるなど、
それぞれに様々な事情や思いを抱えています。

そういった中でも「少しでも前へ」という取り組みは、
政府と県とが綿密に連携しながら行なわれているわけ
ですが、選挙後間もない12月18日には、浜通り
(福島県沿岸部)を『ロボット研究開発の最先端地域』
にしようと『福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)
構想』実現に向けて、政府と県、市町村などが連携する
推進会議が発足しました。

政府の代表として、公明党の高木陽介経済産業副大臣
(原子力災害現地対策本部長)が先頭に立っています。
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/12/post_11185.html

放射性廃棄物の処理については、宮城県知事が、
宮城県のものも含めて、最終的には福島県に最終処分
施設を作るべきとの見解を示し、会見した福島県知事が
拒否するという事態になっています。

私は、個人的には、現・福島第一原発は廃炉確定なわけで、
その施設内に、全国の放射性廃棄物を集積し、安全に
廃棄施設を維持管理していくしか道はないと考えています。
どこの住民であれ、自分のところに、そんな施設を
作ろうという計画ができたら、猛烈な反対運動が起きるのは
眼に見えているわけですから。
然し、地元の方たちにとっては、それによって新たに生じる
風評被害を懸念し、「被害者である被災地に押し付けるな」
という感情も勿論強いわけです。
ある意味で、沖縄の基地問題と似たような「押し付け合い」
が、ここにも見られます。

時間が解決する問題ではないところが、厄介ではありますね。
2014年12月20日(Sat) 11:29
Re: 東北へのエールに感謝
編集
福島の壮年様

 東北の状況をいろいろと教えてくださりありがとうございます。沖縄のことは比較的ニュースになりやすいですが、東北の復興(福光)の状況はあまり伝わってこないですね。私も阪神淡路大震災は真近で体験したわけですが、東北の場合は原発(放射性廃棄物)が大きなネックだということはよくわかります。単に物や器を作りなおせばいいというわけではない・・・そこに難しさがありますよね。

 廃棄施設の話も誰もが避けたい気持ちはよくわかります。風評被害も大きな問題ですし。でも誰かが、またどこかが受けなければ解決しない。知恵を絞って落としどころを見つけるほかないでしょうけど、地元住民が納得する案が出るかどうか・・・・

 心の復興も長期的にはやはり生活が成り立っての話ですから、何とか希望の光を、政治が中心になって灯し続ける以外にないと思います。公明党の議員の方にも、住民の声を吸い上げて、与党の位置を最大に利用して、復興に尽力していただきたいと思います。

 
2014年12月20日(Sat) 14:23
No title
編集
福島の壮年様     東北大震災で千年に一度の被害、まさかの原発事故、その苦しみは想像できません。放射性廃棄物の処理については、宮城県知事が、
宮城県のものも含めて、最終的には福島県に最終処分
施設を作るべきとの見解を示し、会見した福島県知事が
拒否するという事態になっています。 その事は地域住民が風評被害を懸念しているとのこと。胸が痛みます。沖縄の基地問題と同じ構造ですね。        沖縄は基地があるから経済が成り立っていると誤った風評があります。事実は基地があったから発展しなかったのです。北谷、新都心、小禄の基地返還跡地が開発され、その経済効果は数百倍です。普天間基地が返還されれば、沖縄は先生が言われた東洋のハワイになります。基地問題、原発事故解決には政治の力が必要であり公明党に期待します。基地問題に関しては沖縄公明党の動向がマスコミ、県民が注目しています。原発は高木副大臣が頑張っています。今回の公明党の衆議院の躍進の成果を更に発揮してほしいです。
2014年12月21日(Sun) 14:29
Re: No title
編集
うるとらまんさん

人は誰も不利益になるものを避けて生きたいものです。しかし誰かが利益を得る時には、誰かが不利益をこうむるのが、世の中の姿ともいえます。日本人は沖縄の基地負担のおかげで、安全保障を受けてきたわけですから、いつまでもそれに甘えていくという、その姿勢も転換する時が来ていると思います。基地のない世界、原発のない世界が理想とはいえ、現実的には今の状況をよくする方向で行くしかありません。不利益をいかに小さくするか、それが政治の役割でありますし、また、みんなでそのマイナスを分かち合っていこうという精神を育てることの大切さもあると思います。とても難しい問題ですが、沖縄だけが苦しみを受けることのないようにしてほしいものです。

 東洋のハワイ・・・いいですね。基地がなくても、観光資源で十分経済が成り立つ地域ですよね。北海道と共に、日本人の多くがあこがれる地域ですから。今後の成り行きを見守りたいと思います。

2014年12月22日(Mon) 10:34
No title
編集
うるとらまん さん、コメントありがとうございます。

沖縄の米軍基地問題は、本当に難しく悩ましい問題
ですよね。
経済状況も、国内他地域が新規求人倍率などの
雇用情勢が改善し、賃金も概ね上昇傾向にある中で、
沖縄だけはなかなか改善していませんね・・・。

私なんかは、誤解を恐れずに言うなら、いっそのこと
現在の福島空港を沖縄の代替基地にして貰えるように
働きかけてみてはどうなのかとさえ思っています。
ま、公的な立場にある人がそんな発言をしたら、大変な
ことになるでしょうけれどね。

私の主張の根拠は、次の通りです。

<参考資料>
http://toyokeizai.net/articles/-/1821
『東洋経済ONLINE/相次ぐ廃止・減便、露呈した“余剰空港”』

福島空港は1992年に開港。
利用者は1999年度の国内線70万人余、国際線5万人余、
合計が75万人余をピークに減少の一途。
直近の統計・2013年度利用者は24万人だとか。
空港使用料収入から維持管理費等を差し引いた収支は、
慢性的な赤字で、毎年膨らむ一方。
2010年までの累積赤字額は、約70億円(単年度7.6億円)。
今年度末までには、100億円を超える累積赤字額になる
のは、確実なのではないでしょうか。

勿論、県内の識者や経済会では、様々な改善提案を行なっ
ており、将来的には黒字化も可能なような設計図を提示しま
すが、中身は「・・・たら」「・・・れば」のオンパレード。
それができてりゃ、とっくに黒字化の目処はついてますって。

また、災害時の救援拠点になるとか、道路寸断時の
物資輸送・集積所として欠かせないとか、空港があること
による経済効果は、年十数億円になっているとか、
空港肯定論ばかりが示されますが、どれも「民間空港」の
「本来のあるべき姿」からは離れた議論です。
仮に年に十億円程度の経済効果があったにせよ、
そこに十億円の税金を投入(赤字補填)していては、何にも
なりませんしね。
福島空港から直近の郡山市なら、東京まで新幹線で1時間
半もかからないので、そこから羽田空港を利用すればいい。
仙台市までは僅か40分、そこから仙台空港も利用できます。
私には、福島県に民間空港を置く意味が理解できません。

感情論や個別の利害を廃し、空虚な「であれば論」を封印し、
日本にとって、地元民にとって、どうすれば現実的に最大の
幸福を実現できるのかと言う価値観に基づかなければ、
解決できないことは多いですね。
2014年12月22日(Mon) 13:13
こんにちは
編集
はじめましてりんごと申します

>この仏法にめぐり合えたことは奇跡であり、不思議というほかありません

はい、私も本当に心のそこからそう思います。
題目を上げるたびに歓喜の涙が流れることがよくあります。

日蓮大聖人様は本当に人類に素晴らしい
プレゼントをくださいました。

そして池田先生はその題目の素晴らしさを
教えてくださいました。

ほんとうに感謝でいっぱいです。
少しでも恩返しできるように折伏をしていきたいです
2014年12月24日(Wed) 19:26
Re: こんにちは
編集
りんごさんへ

こんばんは。
はじめまして。コメント有難うございます。

>題目を上げるたびに歓喜の涙が流れることがよくあります。

 そんな風に感応出来るなんて素晴らしいですね。
 
 池田先生は「思い出すのです」と言われました。
私達は自分の生命の故郷に向かって旅をしているようなものでしょうか?
久遠という故郷に帰れば、誰しも無作の仏ですね。私もそこを目指してお題目をあげています。

 過去の宿縁が追いきたって、今世にこの信心に巡り合えたそうです。どこでその福運を積んだものやら・・・
未来永劫、この御本尊、この師匠と共に生きていけるかと思うと、本当にありがたい限りです。
 
 共に精進して、三世にわたる幸福を勝ちとりましょう!
2014年12月24日(Wed) 21:47
創価哲学の実践こそが人類の宝
編集
りんごさん、お久し振りです。
お元気そうで何よりです。
りんごさんの純粋さに、頭が下がります。
こういう方こそ「仏を敬うがごとく」接し、
その姿勢を学ばせて頂かなければと、
心から、そう思います。
2014年12月25日(Thu) 09:58
ありがとうございます(>_<)
編集
王者の剣さん

>私達は自分の生命の故郷に向かって旅をしているようなものでしょうか?

 なんという素敵な表現なのでしょうか。感動で涙がいっぱいでございます。大変にありがとうございます。
 これからもブログを拝見させていただきます。


福島の壮年さんへ

なんと私にコメントをくださるとは。大変に感激です。
私は福島の壮年さんの男気と信心の深いお話が大好きです。

最近、やっと福島の壮年さんの掲示板を見つけました。

これからも学ばさせていだきます。
何卒、よろしくお願い申し挙げます。
2014年12月25日(Thu) 14:37
Re: ありがとうございます(>_<)
編集
福島の壮年様 りんご様

 コメントありがとうございます。お二人はお知り合いのようで、また交流できてよかったですね。
みなさん、信心が熱心ですので、こちらこそいろいろとご教示願います。

 それにしても信心はいいですね。私は不精な信心ですが、生命の功徳に浴して生きています。
明るい未来が両手を広げて待っているのがよくわかります。これからも感謝の一念で、お題目をあげ、報恩の道に生きていきたいと思います。



2014年12月25日(Thu) 15:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30