広布の大河に君ありて tori

TOP徒然の記 ≫ 新年開幕おめでとうございます

新年開幕おめでとうございます

 

皆様、新年明けましておめでとうございます。

「世界広布新時代躍進の年」がいよいよ開幕いたしました。
皆様も新たな決意で新年を出発されたことと思います。
    
 年があらたまることは、生命があらたまることに通じているように思います。今年こそとの思いで、誰もが新しく決意をもって出発していくことができる。本当に現在と未来しか私達にはないものだと思います。

 過去は泡と消えてしまい、もう手元に戻ることもやり直すこともできないものです。消したい過去もたくさんありますが(笑)気にしても仕方がありません。私達にあるのは現在と未来であり、未来は触れることはできないものです。私達が変えていけるとすれば、今しかない。そのかわり、今この時に善因を積めば、未来を楽しいものにも明るいものにもできます。「未来の果を知らんと欲せば現在の因を見よ」まさにこの言葉通りですね。

 その今を変えていくためにもっとも大事なのは決意、決心だと思います。

 若い時、私は自分が失職し、これからどうしたものか、御本尊様にまるでお任せのような気分で題目をあげていたことがあります。でも一向に何も変わっていくことはなく、一年たっても、相変わらず悩んでいる私がいたのです。(その間、生活はどうしていたものか?(笑))

 実際、自分がこうなるという決意、目標もないまま拝んでいる。自分の心も定まっていない。この仕事をやりたいという願望があるのに、それを決意できないのは、信心の力で叶えていくという自信がないからではないか?とさすがの私もようやく気づいた次第です。


62-4.jpg



 それからはすべて未来に自分がこうなるという姿をしっかり描いて、信心しようと思いました。それが不可能に思えることでも叶うことを信じていく・・・池田先生は「無理を承知でやるのです。」と言われています。本当に切れ味鋭い御指導ですね。

 決意して祈ると、確かに自信や力が湧いてきます。事業や商売をしている人なら、自分が社長でバリバリやってる姿、商売が大発展している姿をしっかりイメージする。病気の人なら、完治して元気にやってる姿を・・・そしてそれに向かってまっすぐに祈っていく。そこに不思議と御本尊の力としか言いようのない働きが起こってくるのです。

 自分が必ずそうなると決めて祈ればそうなります。これはすごいことです。なぜそうなるか?絶対祈りの叶う御本尊だからです。仏の心と道理に反しないことであれば叶う。一生懸命、題目をあげて叶わないのは、たいてい決意が中途半端か、叶うことを疑っているか・・・いずれかではないかと思います。

 叶うことを信じきれない・・・・これは本当に御本尊様に失礼であり、申し訳ないことですよね。

 それがわかると悩みがあっても、未来が明るく希望に満ちたものに見えてきます。今の財布の中は薄くても(笑)、未来にはお金に困らないように思えてくる。自分が幸せになっている姿が確信できて「ありがたい御本尊様だなあ」と拝めるのです。それは「因果具時」の姿です。「幸福になろう」=「既に私は幸福だ」そう思えるようになっていくのです。

 鳥でさえ、「あそこまで行こう」と決意して飛び立つものです。「躍進」の「躍」の字の右側は、鳥が羽ばたこうとしている姿であると先生はご教示されています。(大白1月号P25) いわんや私達は人間です。強い決意に仏力が湧現し諸天も歓喜して加勢していく・・・それが信心で自己を開花させる鍵だと思います。

 さてさて、その上で、毎日の精進ということですが・・・うーん、これがまた大変(笑) 
 「共々に励まし、共々に征かなむ」・・・・ですね。

 善知識に親近して、今年も大躍進の一年にしてまいりましょう!



※創価大学箱根駅伝、感動をありがとうございました。初陣で大変だったと思います。でもあの場所に立ったことが彼らの勝利であり、新たな出発だと思いました。順位は悔しいかもしれませんが、優勝した青学も初出場の時は最下位だったそうです。必ず、これから後輩の方々がタスキをつないで歴史を作ってくれると信じています。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

No title
編集
あけましておめでとうございます
無理を承知でやる!いいですね
私もそうしていこう
今年もよろしくお願いします
2015年01月04日(Sun) 10:04
Re: No title
編集
ちよさんへ

あけましておめでとうございます。

医者が見捨てたら信心とよく言われます。
無理を承知で祈る・・・その時、御本尊様は「よし、私の出番だ」と顕れてくださる。

大変ですが、そんな心境になることも大事ですね。
お互いに精進してまいりましょう。

本年もよろしくお願いいたします。



2015年01月04日(Sun) 10:53
No title
編集
あけましておめでとうございます。箱根駅伝素晴らしかったですね。創価大学最終ランナー沼口選手が渡す相手がいないのに襷を渡す準備をしていました。その理由がhttp://kukurucafe.ti-da.net/e7122746.htmlです。感動です。来年の箱根駅伝一区走者に渡したとのことです。アナウンサーは沼口選手が襷をはずしたのは本能なのかと驚いた口調でした。26年目の悲願達成です。建設は死闘 破壊は一瞬です。私も母校の後輩に負けずに悲願達成を最高の信心と努力を決意しています。今年も宜しくお願いします。
2015年01月04日(Sun) 11:48
Re: No title
編集
うるとらまんさん

NEW YEAR おめでとうございます。
いいお正月をお過ごしですか?

駅伝は創価がなかなかテレビに映らないので、録画をかけて見ていました。
最終ランナーの沼口さんの願いが来年、叶うといいですね。

私も通教出身ですので、創大は母校ですが、すっかりそのことを忘れて見ていました。(笑)

それにしても全国のエリートを私立大が集めて、一流のコーチで育てるわけですから、
出場するだけでもハードル高いですね。素晴らしいことです。

スポーツや文化の活躍は全国の学会員を励ますことにもなりますし、その意味でも、
青と赤のユニフォームが輝いて見えました。ユニフォームは断トツ一位でしたね。(笑)

2015年01月04日(Sun) 13:03
躍進の年 おめでとうございます
編集
 おめでとうございます

 本年もよろしく! 壮年部として共に躍進しましょう。
2015年01月04日(Sun) 15:46
Re: 躍進の年 おめでとうございます
編集
キタヤンさんへ

明けましておめでとうございます。

「キタヤン」という名前の響きだけで元気が湧きますね。
「へい、毎度!」てな感じになります。

こちらも明日をもしれぬブログですが、息の続く限り(大げさです)
書いていこうかと思てます。

本年もどうぞよろしくお願いします。
どうか健康で、功徳あふれる一年をお過ごしください。
2015年01月04日(Sun) 17:01
新年のご挨拶
編集
剣さん、遅くなりましたが、
新年 明けましておめでとうございます。

『過去には戻れない』
その通りですね。

『消したい過去もたくさんあります』
これもまた、恥ずべき行いが私にも山ほどあります(笑

人間は、やってきた過去を「忘れて」しまえるからこそ
前を向いて生きていけるのだそうです。
動物としての「ヒト」が、
「知恵」と「理性」を得た「人間」となってしまってから、
恥ずかしい過去、辛い過去を全て覚えているようだと、
とてもではないですが、前を向いて生き続けて行くことが
難しいのだそうです。
人間にとって、「忘れる」ということは、
未来に向かうためには「必要不可欠」なのだとか。

私は、必要なことまで忘れてしまうので、
それはそれで「如何なものか」というところもありますが(笑
いずれにしても仰るように「現当二世」。
辛い過去に「うじうじ」と拘ることをせずに、
前を向いて無上の喜びを得ていきたい。
そう思います。

『私は自分が失職し、これからどうしたものか、
御本尊様にまるでお任せのような気分で題目をあげて
・・・でも一向に何も変わっていくことはなく、一年たっても、
相変わらず悩んでいる私がいた』

この体験、創価カテ内で苦悩しながら前に進む様子を
綴っておられる「関西のおっさん」さんに是非とも
お話していただければなと、思います。
勿論、私にもそういう体験はありますが、質が違いますので。


本年も楽しくも建設的なブログを綴られていかれることを
ご期待し、楽しみに拝見させて頂きます。

本年もどうか、宜しくお願い致します。
2015年01月09日(Fri) 09:56
Re: 新年のご挨拶
編集
福島の壮年様

こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

「今世の恥はものの数ならず」ともあります。
私も恥と失敗の半生ですが、前を向いて生きています。

 それに自営業ですので、戦い続けなければ生きていけない身の上です。
「困った、南無妙法蓮華経」といくしかないわけです。
冷静に考えますと、それは仏様が私を成仏させるための方便として、種々、悩みをつけて
くださっているということになります。

 関西のおっさんの件は了解ですが、自分でぶつかって会得していかれるタイプのようですので、御本尊様がひっぱってくださることを信じたい。(笑)器も大きいですが、波も大きいようですね。

 私の話でよければいつでもOKですが・・・

 海底というか、生命の基底部が安定すれば、波が大きくても大丈夫ですが、それが弱いうちは海上の波の姿(宿命)に翻弄されてしまいます。それには師弟不二と広宣流布に生きるしかないですよね。

 お金への執着で信心することも良しですが、それがすぎて執着に振り回されるとおかしくなります。第六天の魔王は欲界の主ですから、そこを狙って誑かしにくる。(私もひどい目に遭いました。(笑)) 

  まあ、共にがんばれるよう、またブログ訪問します。同じ関西ですし、愛すべきおっさんではあります。(笑)
2015年01月09日(Fri) 11:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30