広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 法華の大海

法華の大海

 

先日の地区協議会の中で、ある婦人部の方がこんな話をされました。

 「御近所の方で、長年お付き合いしていても、どこか心を許していない自分がいるのに、学会員なら、初めて会っても、昔からの知り合いのように、何でも話していることがある・・・」 

 まさに我ら「学会家族」であり、そこには世間のお付き合いにはない、目に見えない深い絆があるように思います。「この方も学会員」と聞くだけで、ほのぼのとしたぬくもりを感じることがあります。
 
 まるで深海の底で人知れず結ばれたかのように、海上には姿はなくとも、生命の奥底では三世にわたり、厳然とある久遠からの縁(えにし)・・・仏や師弟、同志、眷属との深き絆・・・それを知り、その絆に生きることができる私達は不思議な人生行路を生きる幸福者と言えます。

 また海上にはどんなに嵐が吹き荒れていても、その海底には安心立命の崩れざる大歓喜の世界がある。それを知る人が仏であり、それに迷い、嵐に翻弄される人が凡夫であると仏法は教えます。

 よく法華経のことを大海に譬えられることがあります。「法華経の一字は大地の如し万物を出生す、一字は大海の如し衆流を納む」(王日女殿御返事)  「大海へ衆流入る・されども大海は河の水を返す事ありや」(椎地四郎殿御返事) また「をなじくは・かりにも法華経のゆえに命を捨てよ、つゆを大海にあつらえ・ちりを大地にうずむとをもえ」(上野殿御返事)もあります。

 まさに大海の一番の特徴はどんな衆流でも受け入れて一味にしてしまうことです。

 たとえドブ川であっても、糞尿が流れ込んでも、遠慮なく受け入れてくれます。「あなたは臭いからここに来ないで」などと言わない。それは小さな川同士の言い分であり、差別、いじめの世界です。




kodati_R.jpg



 やがて大海は同じ海水として、その汚れた川の水を変えていきます。ヘドロも糞尿も大海が飲みこんで、みんな溶かしてしまうのです。そして「よかったね。君もこれで同じ海水だ。それと同時に君が大海なんだよ」と言ってくれるのです。

 「実は私もひねくれた川の時代があってね。まあ、臭い邪宗水の、人が鼻をつまむような謗法川だったんだ。」なんて言っているかもしれません。(笑)

 私達は一人一人、水質や形の違う川のようです。それを理由にいがみあうこともある。世界で起きる対立も同じ構図かもしれません。

 万人に仏性があり、人間は自他不二であるという法華経の思想、菩薩の生き方を弘めゆく以外に、それらの対立の根本的な解決はないと思います。その意味で、今、192か国に日蓮大聖人の仏法が弘まった事実は、世界にとっての確かな平和の潮流であると、あらためて池田先生、創価学会のすごさを感じるものです。

 世界が混迷におおわれ、闇深き時こそ、必ずや、この仏法の光明が燦然と光り輝くものと確信します。

 私達にあっても同志を大切に、励ましあっていきたいですね。同志の足を引っ張って、歓喜や生気を奪ったり、中傷したり、善の連帯を分断する働きをなせば、それは法華経の心を踏みにじる、魔の行為と知るべきです。

 池田先生は「方便品寿量品講義」(上))で次のように仰せです。

 「人を喜ばせるのが指導者です。人を励まし、元気にするのが指導者の使命です。絶対に人を叱ってはいけない。(中略)かりにも人を圧迫したり、追いつめたりすれば、指導者失格であり、この経文に背くことになる」

 学会員なら本当に肝に銘じなければならない大事な指導だと思います。

 楽しくなければ、生命力も希望も湧きません。誰もそれを欲しています。それを人に与えることがどれだけ大事か、人を安心させることになるか・・・「抜苦与楽」こそが私達の活動の標(しるべ)であるべきです。

「一緒に幸せになろうね・・・」そんなあたたかな声があなたから聞こえてくるか・・・ 私から発信できているか・・・

 今日から私も同志の方とともに、沖縄のカチャーシーでも舞うように、もっともっと明るく楽しく、生きる歓びを広宣流布していきたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

No title
編集
言辞柔輭悦可衆心の ところが好きです
そこに 慈悲があるかないか でしょうか?
今日も 世界の平和を祈ります
2015年01月25日(Sun) 09:46
Re: No title
編集
ちよさんへ

言辞柔輭悦可衆心・・・そうです。それが大事ですね。
池田先生は有弁とはよくしゃべるということではなく、
言葉は少なくても相手を納得させることだと仰っています。

ともかく、お互いに希望と歓びを与えることにつきますね。
それが本当の同志であり、善知識だということですね。

これからも皆さんを励ましてあげてください。


2015年01月25日(Sun) 11:34
Re: タイトルなし
編集
糸吉さん

いつもありがとうございます。

信心すると誰にも試練がきますけど。それに負けないでいけば
必ず、何かが開けていくことを確信します。

私の場合、池田先生との師弟、組織活動ということは悩みました。
実は悩むということは求めているんですよね。
求めなければ悩まなくてもいいですし、楽かも知れないですけど。

でもすべてはこれからですね。
そのためには題目しかないと思います。そして学会のために働きたい。
唱題に徹していけば、魔にも負けない、境涯も開いていけます。
題目しかないというのが、正しい考え方だと思います。

糸吉さんらしく、一緒に前進していきましょう


2015年01月26日(Mon) 01:06
編集
おはようございます。ご無沙汰しています。私も未来部の時から地域の同志の皆様には大変お世話になり学会家族の中で信心を教えて頂きました。それと母親が信心反対で虐待の中私一人が信心してこられたのは、私の信心を強盛にするためであり、母からかえって信心を教えてもらいました。今世でこういう形で私の使命を願兼於業で誓い果たしていくということだったんだな~とあとでわかるようになりました(*^▽^*)/。時間の都合上、毎日更新できない私のブログを見てくださりありがとうございます。また、きますからよろしくお願いします。
2015年01月30日(Fri) 08:53
Re: タイトルなし
編集
花百連様

コメントいただき恐縮です。

「命のかよはんほどは南無妙法蓮華経・
南無妙法蓮華経と唱えて唱へ死に死るならば・・・」

如説修行抄の一節を思い起こすような体験に
こちらがたまげておりました。(笑)

またそれを善知識に捉えられたところが素晴らしいですね。

またお邪魔させていただきます。

これからもよろしくお願いします。
2015年01月30日(Fri) 12:48
編集
王者の剣様

ありがとうございます(*^▽^*)/

こちらこそよろしくお願いいたします。
2015年01月30日(Fri) 22:56
Re: タイトルなし
編集
リカちゃんのママ様

コメントありがとうございます。

交流で飛鳥ですか?
私は明日は大阪方面の会館にお邪魔します。

一年間で「人間革命」読破とはすごいですね。

師弟の道は険難の道でもありますけど、一番確かな安心の道でもありますね。

ネットもいいですけど、大事なのは現実であり、現場だと思っています。

今いる地域でお互い、人間革命を果していきましょう!
気を付けて交流、参加してきてくださいね。








2015年01月31日(Sat) 16:52
Re: No title
編集
非公開2:20様

コメントありがとうございます。本陣長職大変にご苦労様です。
地区部長と共に組織の最前線ですね。

どんな役職でも一生懸命努めれば功徳は同じですね。私はB長時代さぼっていまして
大きな罰がでました。今だから笑えますが・・・・

だから学会の役職の意味の重大さは身で知っているつもりです。
どうか共々に創価の新時代を開くため、戦って行きましょう。

ちなみに私は関西方面ですので、こちらではB長のことは常勝長と命名されています。
所変われば品変わる・・・ですね。(笑)
2015年02月24日(Tue) 10:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30