広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 信心は毛穴から入る

信心は毛穴から入る

 
 今週はわが地区で座談会がありました。ブロック座談会ですが、会員数の少ない地区ですので、地区一体でやっています。

 私も外の壮年の方を一人お誘いしました。同中にも時々一緒しますが、その方は糖尿病があり、眼があまり良くないようで、どんな会合も目を閉じて、会合の雰囲気を味わっておられます。

 「一言お願いします。」と言いますと「ここに来るといつもファミリーみたいな雰囲気で、ほっとするんです。」と言っておられました。こちらこそありがたい「会友」ともいうべき仲間の方です。

 私は無冠の友として、毎朝、一時間ほど配達をしています。もう一人、婦人の方にもお世話になっていたのですが、最近、高齢ということでやめさせてほしいと話があり、私の配達範囲がさらに広くなるところでした。

 そこで座談会の場を借りて、「配達希望の方がおられましたら歓迎します」と言いましたら、別の婦人の方が「私、やるで」と言われたのです。

 その方は、普段、私にも憎まれ口を平気でやる方で、「○○さんに言いたいこと言うたらすっとするねん。それでストレス解消できるわ」というような、あけっぴろげな方です。



IMG_4460.jpg




 その方が配達すると言ったので、周りの人も一瞬「え?」という感じでした。一番しそうにない人でしたから(笑)離婚して今は一人で、生活保護も受けておられます。言葉など荒れたところもありますが、根はいい人です。2.3年前にこの地区に移ってこられた時は、もっとすさんだ感じだったのに、「いつの間にか信心が沁みてきてるやん」と思いました。

 また別の婦人部の方は、御書の一節を紙に書いて短冊にし、家に余っている石鹸や、乾電池、インスタントラーメンなどに、それを貼りつけてみんなに配ってくださいました。

 各自、いただいた真心のこもった手書きの御文を読み合いました。ちなみに私がいただいた御書は「大地はささばはづ(外) るるとも虚空(おおぞら) をつなぐ者はありとも・潮のみ(満) ちひ(干) ぬ事はありとも日は西より出づるとも・法華経の行者の祈りのかな(叶) はぬ事はあるべからず」(御書1351-18祈祷抄)」有名な祈祷抄の一節でした。

 今月の座談会御書は「阿仏房御書」でしたが、目の前にいる会員の方々が、「ああ、この人達こそ宝塔なんだ。今日はそう見えるなあ」と思いながら、拙い講義をさせてもらいました。

 みんなの信心の思いが集い合うのが座談会です。そこにいるだけで一つになれる仏の会座です。熱心な人も、久しぶりに出てこられた人も、すぐに一つに溶け合えます。きっと仏様の空気が部屋中に、また集まった人の生命に、花の香りのように沁みこんでいくのだと思います。

 そういえば、「信心は毛穴から入る」と言われます。信心が嫌いでも、知らないうちに毛穴から仏様の空気が沁みこんでいきます。それはきっと、その人の仏性を眠りからさまし、幸福の方向へと立ち向かわせていく、希望の光となります。

 正しい仏法は人々を結びつけ、和合の世界に変えていきます。反対に魔は争いを好み、和を破壊し、心をかたくなにさせていきます。目の前で起こる出来事も、それを基準に見れば、仏の所作か、魔の所為か、一目瞭然です。いくら仏法を語っても、人々を暖かく包む明るくさわやかな心がなければ、最後は賢明な民衆に見放されていきます。

 「みんな、喜んで帰ってくださったかな?」「温もっていただけたかな?」
 そんなことを思いながら、また明日から善なるこの人達を守っていこう…そう思う夜となりました。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment

No title
編集
 無冠の友として毎日、朝早くからの配達お疲れ様です。
尊い事です。男子部時代、支部全体の配達をほとんど男子部でやっていました。私も配達していました。あの頃は、配達は男子部がやるのだと思っていました。今は配達どころか、座談会にも男子部の姿はありません。
配達は婦人部とブロック長一人だけになりました。
ブロック長は壮年部員の無冠の友を増やしたいようです。
凄く頑張り屋です。彼の頑張りに奮起して王城会のメンバーになりました。
次は無冠の友お願いしますと言われないか、心配しています。 
使命感ある人でなければ無冠の友は務まりません。無冠の友の皆さんに、いつも最敬礼しています。寒い中の配達お疲れ様です。
2015年02月14日(Sat) 20:05
Re: No title
編集
うるとらまんさん

いつもありがとうございます。

パワフルな沖縄の太陽のようなお顔が目に浮かびます。
うるとらまんさんが悪い人なら、世の中みんな悪い人ですね。(笑)

無冠の友も9年目に入りました。最近、五時に起きれなくて困っています。(笑)
まわりがどうであれ、信心は池田先生と不二であれば、他には何もいらないと思います。
無冠の友も、王城会も、組織の役職も、先生と共に生きていけるなら、何もしんどいことはありません。

先生はみんな御存知です。だから私の心も沖縄の太陽のようにカラリと晴天です。
御本尊様も、諸天も、同名、同生天もみんなすべての善悪をご覧になっています。

うるとらまんさんの戦いもきっと仏天の讃嘆されるところだと思います。

冥の照覧を確信してさらに前進しましょう!

がんばれ!沖縄の丈夫さん!






2015年02月14日(Sat) 21:19
No title
編集
いい記事を ありがと~
無冠の友 10年目指し がんばれ~
心こそ大切なれ
心をしっかりみれる剣さん 素敵ですね
いい同志に囲まれて 福運満開の地区に幸あれ!

2015年02月15日(Sun) 15:46
Re: No title
編集
ちよさんへ

いつか拠点である我が家の仏間が、多くの人の笑顔でいっぱいになるよう、それが夢ですね。
そのために、自分が力をつけて折伏につなげていくしかありません。

それが私の広布の戦いです。頑張りますよ。


2015年02月15日(Sun) 20:44
活動の結晶・座談会
編集
心が「ほっこり」する座談会のご様子ですね。

「私、やるで」
いいですねえ、これ!

どこの地域でも、新聞の配達員さんを確保するのは、
大変なことだと承知していますので、ありがたいこと
ですよね。
聖教の配達は「お金のため」ではなく「使命感」が
なければできないことですから。

「祈祷抄」の一節は、是非こちら(↓)の、みかん。さんが
綴られた地元の方の講義もお読み頂きたいです。
http://9314.teacup.com/fukushima/bbs/t3/2

座談会御書、14日(土)に参加させて頂いた地区で
私も久し振りに講義をさせていただきました。
時間もありませんので、大白に書かれている解説から
大事なところを読み上げて終わろうと思っていたのですが、
口が勝手に、佐渡ご流罪中での大聖人と阿仏房との
出会いから、阿仏房が命がけで大聖人を外護したこと。
そのことを、どれだけ大聖人が感謝されていたか。
そして、阿仏房が大聖人にお訊きした「宝塔」が出現する
様子はどんなものだったのか、「宝塔」の意義とは何かなど、
早口で捲くし立ててしまいました。

ちょっと、皆さんがついて来れるかと、参加者の方々の
ご様子を窺いながらでしたけど、普段は結構、講義中に
私語の多い方もおられるのに、皆さん真剣に聞いておられ、
中には目を輝かせて聞き入っておられた婦人部の方なども
おられて、安堵しつつ、無事終了しました。

広布の活動は、「座談会に始まり、座談会に終わる」と
言っても過言ではありませんので、地区部長、地区婦さんの
(ブロック座ならB長、白ゆり長さんの)ご苦労には、
感謝感謝ですね。
2015年02月16日(Mon) 11:48
Re: 活動の結晶・座談会
編集
福島の壮年さん

彼女が「やるで!」と言った時には本当にびっくりしました。いい意味で裏切られました。(笑)
普段は会合にも「おもろないからいけへん」という方でしたから・・・

座談会は今は準備する方ですが、真心こめてさせていただいています。帰る時の皆さんの表情が来月の励みになりますね。参加される方は「今月も来てよかったよ」という一言をかけてあげてください。

会場提供も、式次第も準備する方は大変です。「部屋も暖房は暑すぎないか、寒すぎないか?」「樒は勢いのある葉っぱか?」「仏壇周りはきれいか?」そんなところから気を使います。

「阿仏房御書」は私も大好きな御書です。娘の名前にも、千日尼さんの千の字をいただきました。

理屈から信心を理解することも大事ですが、大聖人様が恋しい、池田先生が大好きだ…と、そういう心も、大きな信心の推進力です。きっと阿仏房夫妻も大聖人様を恋うる気持ちは日本一ではなかったかと思います。

御書講義はできるだけ噛み砕いてわかりやすいように心がけていますが、毎回、冷や汗、難しいですね。会員の方に「これぐらいは理解してください」という態度ではなく、どの方にもわかるように話せる自分でありたいと思います。壮年さんの知識があれば、5分や10分では足りない・・・きっと魅力的なお話も尽きないことと思います。御書講義の日だけ、その頭をお借りできればいいのですが・・・(笑)

過疎の村の座談会ですので、高齢者が多く、若者がいません。でもいつかここに青年男女が集うように、種を植えていきたいと思っています。


2015年02月16日(Mon) 12:58
Re: 活動の結晶・座談会
編集
福島の壮年様

壮年さんの掲示板にみかんさんも参加されているのですね?壮年さんのものは前にも拝見しましたが、みかんさんのは初めてです。中々眼が届きませんが、機会を見つけてこれからありがたく読ませていただきます。(笑)


2015年02月16日(Mon) 13:20
No title
編集
創価学会員さんは、なぜ集団的自衛権行使賛成の公明党を支持するのですか?
2015年02月17日(Tue) 01:21
Re: No title
編集
たべっこどうぶつさん

集団的自衛権と言っても、その内容が問題ですので、今回の法案で、公明党がかなりのブレーキ役を果たせたと思います。多くの識者や世論もそういう評価が多いのではないでしょうか?

今後は個別の事案にどう対処するか?その意味で公明党の存在意義は大きいと思います。国民の生命財産を守り、国際的な平和安定にも貢献できる道を、生命尊厳の思想の上で政治に反映してくれるものと期待しています。

今朝の公明新聞にも、自衛隊の持つクラスター弾(14000発あまり)を全廃できたとの記事がありました。条約加盟や実現のために公明党がリードしたものです。そういう活動も評価されるべきだと思います。

また、生活、福祉医療、税制、復興と政治のあらゆる分野で、汗を流してくれる政党です。地方議員と中央がスクラム組んで、庶民のために戦う党である限り、支援をしてゆきたいと思います。
2015年02月17日(Tue) 09:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31