広布の大河に君ありて tori

TOP未分類 ≫ 「讃(ほ)むる言こそ多く候へ」

「讃(ほ)むる言こそ多く候へ」




「第二代会長の戸田先生は、よく、こう言われていました。
 『御本尊に常に感謝の念をもっている人は、いよいよ栄える。福運がいよいよまさる』『感謝を忘れた人は、福運が消えていく』                     
                                      小説 『新・人間革命 26巻 奮迅』


 頭が良くて智慧第一でも、御本尊様に心からの感謝がないと福運は増していかない・・・ここに幸福は「心で決まる」ということがあると思います。無名の庶民であっても、信心一つで、世界一の幸福博士、大境涯の人となって無上の人生を満喫することができる、本当に痛快で偉大な民衆仏法というほかありません。

 私が近年、一番、感じている功徳はわが生命がそのままで、明るく、楽しく、人を励まして生きていきたい・・・そんないい人間に生まれ変わってきたことです。(笑)我が生命が変革していく、まさに「人間革命」を実感する日々となりました。これこそ長年の陰徳の功徳だろうと思っています。

 かつて濡れた布団のように水を吸い、どんよりと重かった私の生命にも、不思議な事にそういう仏の世界が薫りはじめました。幸福の夜明けともいえる太陽が昇り始め、花々が馥郁(ふくいく)と蕾(つぼみ)をつけ始めたのかもしれません。

 「さくらはをもしろき物・木の中よりさきいづ」 「十字御書」のこの御文を、日々、味わいながら生きていくことができる・・・本当にありがたいと思います。



雪梅木1b_R




 戸田先生も池田先生も「小さな功徳でもどんどん語っていきなさい」と指導されています。「信心のお蔭でこんなに元気になりました。明るくなりました。お題目は本当にすごいです。」と声高らかに、どんどん人に語っていける、そして語ることによりさらに福運を増していける・・・そういう良い循環の軌道こそが、妙法の幸福の法則だと思います。

 愚痴や怨嫉の不幸の連鎖を逆転して、幸福の軌道に我が生命を乗せていく・・・それはきっと法華経を讃嘆していく、感謝と歓喜の言葉から道が開いていくのです。

 「法華経の功徳はほむれば弥(いよいよ)功徳まさる、二十八品は正き事はわずか なり讃(ほ)むる言こそ多く候へと思食すべし」(妙蜜上人御消息)

 私も「御本尊はすごい、信心はありがたい」と機会あるごとに、口にするように心がけています。愚痴の心を封じこめて、(笑)賛嘆の言葉をどんどん出すようにしていくと、心が自然とポジティブに、祈りが叶う方向に向かっていくのです。

 「お金持ちになって何不自由ない生活になれば感謝するよ」世間の人はそういうかもしれません。しかし仏法は逆のように思います。「まずあなたが御本尊様に感謝して、歓喜できるような人間になりなさい。そうなればお金でも何でも欲しいものは自然と出てきますよ」と・・・


 私達、学会員はどんな功徳であっても大いに体験を語るべきです。それによって小さな雪だるまが転がって大きくなるように、福運を増していけます。御本尊様を讃嘆する、同志を褒める、時には自分も褒めてあげながら・・・渋い顔は幸福に似合いませんね。そういう褒め上手な信徒になって、大いに幸福で楽しい人生を創造しようではありませんか!




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

Re: No title
編集
非公開03/02 07:28様

いつも暖かな励ましありがとうございます。
法華経は讃嘆しながら幸福になっていく世界だと思えてなりません。
もちろん根本は御本尊様を讃嘆していくことです。

みんなが幸せになるために信心したのですから
仏法の軌道に乗ることが幸福の直道です。

でもそこに行くまで私は時間がかかりました。
「迷い道クネクネ」と「異邦人」をやっていましたから。(笑)

結局、御本尊に喜んでもらえる信心、活動を地道に実践するしかないですね。
すると必ず自然(じねん)に「歓喜と感謝」の世界に入っていくものだと体験しました。

これからもよろしくお願いします。
2015年03月02日(Mon) 11:04
春の足音
編集
>戸田先生も池田先生も
>「小さな功徳でもどんどん語っていきなさい」
>と指導されています。「

>学会員はどんな功徳であっても大いに体験を語るべきです。
>それによって小さな雪だるまが転がって大きくなるように、
>福運を増していけます。御本尊様を讃嘆する

体験に勝る証明なしですからね。
菊川さんのブログにも通じることですね。

>二十八品は正き事はわずか なり
>讃(ほ)むる言こそ多く候へ

まさに、法華経の実質的な説法の開始の言葉が、
『諸仏の智慧は甚深無量なり』
ですからね。

実際に、仏教の真髄を知らない現代の(声聞の)学者は、
法華経には「賛嘆のみあって、教説少なし」と切り捨て、
その真実を知ろうともしないところがあります。

ところで、お写真は「紅梅」に雪が降り積もったところですか?

冬の厳しさを耐えるのもあと幾許。
すぐそこに来ている春を、梅は教えているよ。

というような、いい風情を醸し出していますね。
2015年03月02日(Mon) 16:15
Re: 春の足音
編集
福島の壮年様

いつもありがとうございます。

>実際に、仏教の真髄を知らない現代の(声聞の)学者は、
法華経には「賛嘆のみあって、教説少なし」と切り捨て、
その真実を知ろうともしないところがあります。

そうなんですか?もったいないことですね。
難解な教説を理解しないと幸福になれない・・・そんな仏法はありませんね。
学も無く、知恵も少ない不幸な衆生を幸福にする力がなければ
民衆救済はできません。
かな交じりの御書をないがしろにした五老僧と同じ発想ですね。

頭がいいことも大事ですが、善人であることがもっとも大事ですね。
その方が仏様より愛される気がします。(笑)

写真は紅梅に雪が積もった光景です。年に一度あるかないかですが、この日は
運よく美しい景色にめぐり合えました。紅梅の下に白梅も咲いています。

桜に雪はないと思いますが、梅は雪が似合いますよ。

福島もまだ寒いでしょうが、お身体を大切に・・・
また教学をご教示ください。楽しみにしています。





2015年03月02日(Mon) 22:23
編集
私の家にはステラ(ミニシュナの犬)という家族がいました。ついこのまえ3月6日に霊山へ旅立ちました。
このステラは去年6月10日折しも息子の結婚式の当日にメニエールになりました。真っ直ぐ歩かなく、結婚式の後にあわてて病院へ行きました。先生からメニエールだねと言われましたが、それより顎にある膨らみの方が気になります。と言われました。その後それは最もたちの悪い悪性黒色腫瘍とわかりました。先生に寿命を聞いたところ半年と言われました。手術をと考えましたが、14才(72才/人間)という高齢なのでやめました。
その後腫瘍はゴルフボールの大きさから顔半分に広がりました。でもステラは頑張って生きていました。私はご本尊様の前で一緒にお題目を唱え、顎をさすりながら南無妙法蓮華経と唱えました。
去年の暮れには腫瘍が4倍に膨れ上がってきました。
病院で先生がこの子はほんとに頑張っていますね。と言われすかさず私は先生に言いました。私は創価学会です。お題目といって南無妙法蓮華経と唱えて必死に祈っていますと。先生はその一言で顔がにこやかになりました。その後の話がスムーズになりました。
また今年も行ったとき、他の先生(動物病院ですが、先生は13人)にも頑張っているね、普通なら肺に移転して呼吸困難になるケースが最も多いのにと言われました。その時も私は学会員で南無妙法蓮華経とお題目を唱え、祈ってます、といいました。その先生もお顔がやわらんでいました。ステラと一緒に戦いメラノーマ(病名)に勝つんだとご祈念してきました。顔半分腫れても食欲もあり、寝たきりになることもなく、最後は私が帰るのを待っていてくれました。
昨日ご本尊様のまえで、私はステラは腫瘍になったけれども、勝ったんだ、寿命を3ヶ月のばし、腫瘍も最後は不思議に小さくなってました。
学会の同志が駆けつけて、とても病気じゃないような安らかな顔だねと言ってました。
ご本尊様にステラは勝ちました。本当にありがとうございました。と感謝のお題目に精が入る毎日です。
長く書きましたが、ありがとうございました。
2015年03月10日(Tue) 05:44
Re: 紹介
編集
> 言霊百神 http://futomani.jp/

ご紹介ありがとうございました。
2015年03月10日(Tue) 14:15
Re: タイトルなし
編集
糸吉様

お久しぶりです。わんちゃん、ご愁傷様でした。犬とはいえ、家族同様に飼っていると淋しいことだと思います。
我が家にも甲斐犬もどきの雑種がいますが、もう18歳で、よぼよぼになって生きています。

歩くのがやっと、目も耳も駄目なようですが、ごはんだけは喜んで食べます。

最近は家の中で小さな犬や猫を飼う方が多いですね。
人間界も冷たい風が吹いていますので、動物に癒されるのでしょうか?

動物も人界に縁が強いですと、来世はまた糸吉さんのもとに出てくるかもしれませんね。

長い間のお世話、ほんとうにお疲れ様でした。


2015年03月10日(Tue) 14:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30