広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 石虎将軍の矢

石虎将軍の矢

 

 少しずつ春の陽気が体に感じられ、サクラの花の開花の便りもあちこちで聞かれるようになりました。春こそ、人の生命が輝く時、出発のシーズンでもありますが、心新たに生活を開拓すべく、私も取り組んでいきたいと思います。

 信心をするまでは「確信」とか「一念」とかそういう言葉は、私の日常になかったわけですが、信心しまして、成功したり、願いを成就するために、何が必要なのかということを知りました。

 世の中で成功している人を見ても、「才能があるから」「運がいいから」というふうに見ていたわけですが、世の中には成功する秘訣、法則があるということを知ったことはすごいことだと思います。そしてそれを身にあらわせる御本尊を持っているのですから、まさに鬼に金棒というわけです。

 世間でも成功している人の多くが、自分の夢に向かって、自信をもって挑んでいる姿をよく見ます。たとえば野球のイチローやサッカーの本田なんか見てましても、メジャーやセリエの舞台で活躍している自分を、信じて疑わないでやってきたんだと思います。


 今月(4月号)の大白蓮華の研修教材にもあります、「石虎(せっこ)将軍」の話も、まさに願いを成就するための基本のお話です。将軍が母を殺した虎と思い、弓を射たところ、それは大きな石であった・・・しかし母の仇である虎を射抜く一念が強いために、矢が石を貫いたということです。また石とわかってからは矢が刺さることはなかったといわれます。一念があれば不可能と思えることも可能にできるという、素晴らしい故事です。



日本海2
                              < 福井・越前海岸>



 信心する多くの方が、夢に向かって挑戦されていることと思います。私も仕事の面で夢を心に描いて戦う日々です。その挑戦の中で自分が知ったことは、不可能を可能にしていくためには、迷いのない一念こそが必須条件であるということです。

 策や智慧を絞ることも時には必要かもしれませんが、その大元には「絶対、自分はこれを成し遂げてみせる。必ずこうなるに決まっている」という強い意志、一念がなければ、やがては空転していくということです。その一念があるのとないのとでは、言葉の響き、誠実さ、情熱と全部違ってきます。相手に通じるのは、そのまっすぐな一念であり、その力が不可能の壁をこじ開けていく鍵だと私は思います。

 そのことを学んでからは、私は物事をなし行く時、人ではなく自分の心を見るようになりました。「今の自分は目標に向かって迷いがないか?一本か?」とそう聞きます。その一念が出来上がれば、願いはもう半分は叶ったも同然のような気持ちになるのです。そのためには信力のこもった題目で、その心を固め、築き上げていくしかありません。

 「そうはいっても・・・」とか「この信心ではまだ駄目だよな」とか弱気な心が出ているうちは、諸天の働きも出たり出なかったり・・・(笑)本当に祈りが叶うところにはいかない・・・「自分を信じきれない」それが不信であり、願いを成就させない一番の悪玉菌です。

 恋愛だって「僕には君しかいないんだ、君じゃないと駄目なんだ!」と彼女のハートに「石虎将軍の矢」を放てば、必ず彼女の心を貫き、ハートを射止めることができるのではと思います。(これは体験談がないのが残念。(笑))

 「依正不二」の原理ですから、まずこちらの心が一本になる・・・それで初めて、仏天も世の中も「よし、わかった」と力をくださるのだと思います。結局、祈りを叶え、願いを実現するのも全部自分次第であり、「日蓮のとがにはあらず」というのが、今日の結論です。これはいつでも、どこでも、誰にでも言えるお話です。

 今日もありったけの信力を御本尊に打ち込む祈りで、大いに御本尊様を揺り動かしていきたいものです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment

編集
選挙の戦いをしている私ですが、本日先輩と一緒に回り、そこでおしえてもらったことは、必ずこうすると決めること。と言われました。
貯金でもなかなか貯まらないとはなしていたら、必ず100万円をためるんだと、自分できめることだとも言われました。確かに今までは貯まらないといっていました。
王者さんがいわれるように、やはり決めていくところに、自分がなっていくことがわかりました。

そこには一念がものすごくつよいであろうと思います。

私も心構えから変えていくことを、新たにしました。
今回も王者さんの意見よくわかりました。
それから写真が大好きです。
近くてあれば見に行きたいほど、どれも素晴らしいです。
2015年03月30日(Mon) 01:12
Re: タイトルなし
編集
糸吉さんへ

お元気そうで何よりです。法戦の戦いすごいですね。
糸吉さんは心が強いので決意したらすごいと思います。

どんなことでもはっきりとした目標を持つことは大事ですね。
そうでないと途中でどこに向かっているかわからなくなります。

写真は好きなだけです。心を打つ景色に出会うと、自分からもいい心がでます。
「生きていてよかった」とか「あの人も幸せに」とか「また頑張ろう」とか・・・

その心でシャッターを切ると、自分でもいい写真が撮れるように思います。
糸吉さんも、春の景色の中、パチリとシャッターをきってくださいね。
2015年03月30日(Mon) 10:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30