広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 鏡に映った自分から

鏡に映った自分から



 普段、人は自分の身の回りで起こるさまざまなことに、自分というものが映し出されることを感じるものです。いろんな出来事が鏡のように、また縁になって、自分を映し出してくれます。宿業や苦難と言った大きな鏡もあれば、人との会話や、さりげない行為と言った小さな鏡もあります。

 その鏡を正面から見つめ、自己を知ろうとする人は、常に発心と向上の道を目指し、成長の人生を歩める人だと思います。たいていはひどい自分や、ふがいない自分の姿が映るわけですが、「よし、また一歩、大きくなろう、強くなろう」と決意して、御本尊様に向かっていけることは、なんと頼もしい人生であろうかと思います。

 そういう意味で、自分を映し出す鏡と言うものは、時に目を背けたいことがあるものの、生きることに挑戦と奮起の心を呼び出してくれるありがたいものだといえます。

 私の小さな出来事ですが、先日、仕事の後に、スーパー銭湯のようなところに入りました。すると脱衣場の私のロッカーの近くに、なぜかティッシュの屑が散乱して落ちています。私は従業員の方に言って、掃いてもらおうと思いました。その時、私からさらに離れたところに、風呂上がりの老人がおられ、そのゴミの近くまで歩んで来られたと思うと、腰をかがめティッシュくずを拾い集められたのです。そしてゴミ箱に捨てていかれました。瞬間、その出来事に私が映りました。

 そこには自分でゴミを拾おうとせず、従業員に拾ってもらおうという横着な自分が映っていたのです。なぜ、わずかのゴミを自分で拾おうとしなかったのか、老人を前に恥ずかしい気持ちになりました。その老人は鏡となって、「自分でやろうとしない」私の姿、心を鮮やかに映し出してくださったのです。

 大げさな言い方ですが、その時、仏様のお計らいで、そんな自分を見せてくださったのかと思ったほどでした。老人に一つ教えていただいたことを感謝し、「小事にも人間の一念が見えるものだ」と反省したのです。




IMG_8946ブログ



 

 毎日、たくさんの鏡に自分が映ります。昔、出会った鏡と同じような鏡にまた出会うこともあります。その時に、どんなふうに振る舞うか、相変わらずの自分なのか・・・そこに自分の成長が映ります。ひどい自分でも、一歩成長した振舞になるように、絶えず命を磨いていかねばならない。自己を見つめる眼・・・その眼を磨き抜き、自身の生命を掘り下げ行く精進が、やがて「仏の眼」に通じていくのだろうと思います。


 傲慢な人は鏡に映った、汚れて歪んだ像を見て、「これは鏡が汚れているのだ、歪んでいるのだ・・・自分は正しいのだ」と、相手を非難する人なのかもしれません。謙虚な気持ちでその像を見つめ、「自分が汚れているのだ」と受け止め、自己を磨いていこうとすれば、その時から「人間革命」がはじまります。自分を正していこうと唱える題目は、きっとそこに良薬となって沁みていくことでしょう。

 娑婆世界は厳しい世界ではありますが、自分を映し、明らかに見せてくれる鏡に満ち溢れています。
 「どんなにひどくても、きたなくても大丈夫、そこからだ」・・・と、自分を省みて、信心で立ち向かっていく人が、「本因妙」の信心の人です。

 いつでも今いるところから、いよいよの心で「人間革命」に挑戦していく日々でありたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

Re: No title
編集
非公開様

楽しく生きられることはいいことですね。
信心していくと新しい楽しみにたくさん出会えます。
自分が変わりゆく楽しみにはまっています。(笑)

その時にはいろいろと出るので大変ですが、それが信心ですよね。
多くの友人の方を励ましながら、これからも楽しくおやりください。
2015年06月14日(Sun) 21:07
初めましてm(_ _)m
編集
初めましてm(_ _)m

こちらの記事に感動いたしました。私のブログで紹介させていただいてもよろしいでしょうか?
2015年06月17日(Wed) 19:24
Re: 初めましてm(_ _)m
編集
白ゆり様

こんばんは。はじめまして。
私も時折、ブログを拝見しています。

記事はそちらのブログ内であればいいですよ。

またこちらからも訪問させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。
2015年06月17日(Wed) 20:59
No title
編集
こんにちは!
王者の剣さん、メッセージありがとうございました。
2~3日芳しくありませんでしたが、大丈夫です。祈っても祈っても、何も開けない自分に少々行き詰っていました。その間、PCも開かず。ブログのメッセージは携帯に表示されますので気づいたしだいです。何も動かないように感じるときの唱題は重たいものがあります。蓄えも減りあせる気持ちが自分を追い詰めているのかもしれません。メッセージ感謝いたします。ありがとうございました。
2015年06月18日(Thu) 17:08
Re: No title
編集
hide優さんへ

ありがとうございます。

絶対に大丈夫、守られますよ。

何のために御本尊様はあるのか?
それは苦しんでいる人、悩んでいる人を救うためです。
私のため、hideさんのためにあるのです。(笑)

hideさんの命におられる御本尊を
お題目で呼び出す思いでいきましょう。

苦しい時は、曇り空のようなものです。
雲の向こうにはきっと夏の太陽がいつも燦々と輝いています。

それが御本尊を信じて拝む人の命ですね。

これからもよろしくお願いします。
2015年06月18日(Thu) 17:26
No title
編集
こんばんは。渾身の励ましブログ、頑張っておられることを、
嬉しく思っています。

ご老人素晴らしいです。そう思った王者の剣さんもですが。
人間性は瞬時の出来事、言動の対処に出ますね。
これは、王者の剣さんを非難してるのではありません。

ご老人はおそらく戦前の教育を受けられた方でしょう。
その世代は、世のため人の為こそが、人として生きる道であると、
教育された世代ですね。
日本企業はこれを基として発展して、
日本を世界に館たる経済大国に押し上げました。
しかし、この精神風土を、悪しく利用したのが軍国主義でした。
その反動で、戦後教育は権利と自由ばかりで、
それを確かなものにする義務と責任をほぼ無視した教育でした。

私は戦後教育を受けましたが、戦前の教育が間違っていたと、
一概に言えないと思ってる一人です。

他方、今の若いものはと言う意見は間違っていると思っています。
エレベーターやコンビニでドアーを明けて待っててくれるのは、
圧倒的に若い世代が多いですから。優しい若者がほとんどだと思っています。
2015年06月18日(Thu) 23:39
Re: No title
編集
コスモさん

いつもありがとうございます。
こちらこそ励みになります。

老人の行動には頭が下がりましたし、そこに一陣のさわやかな風が吹いた思いでした。
私もそういう振る舞いのできる人間になりたいものです。

私も戦後教育を受けたものですが、学会員になってからの方が、凛々しい生き方を学べていると思います。
人のために尽くし生きることほど、清々しく楽しいことはないのかもしれません。

今の若い人は、あいさつなど苦手な人も多いですが、心根はいい人が多いと私も感じます。
震災や土砂災害に駆け付ける若者を見ていても、自分の若い頃に比べて、社会とかかわろうとする意識の高さを感じます。

ネット社会は悪い情報も多いですが、反面、いい意見も多く発信されていて、若者はスマホをいじりながら
案外、「人の声」「世の中の声」を見聞きして、真摯に考えているのではと思います。

ブログは拙い記事でお目汚しも多いとは思いますが、いいも悪いもこの自分しかいません。
ご寛容のほど、今後もよろしくお願いいたします。

2015年06月19日(Fri) 10:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31