広布の大河に君ありて tori

TOP徒然の記 ≫ 蘭室の友

蘭室の友


 先週の土曜日にはわが地区で座談会がありました。支部に声掛けしたこともあり、初めて30名以上の結集ができました。仏間の床を以前、補強しておいたことが役に立ちました。(笑)いつか折伏の入会者を含めて、この仏間をいっぱいにしたいと決意しています。

 外部の方も2名来られ、最後には座談会の感想を語ってもらいました。そのうちのお一人は本部婦人部長さんの友人で、地域の奉仕活動も一緒にされています。以前、別の宗教に勧誘を受け、その会合に行かれたそうですが、そこでは幹部の方がふんぞり返って、会員は平身低頭だったそうです。あとでコーヒーを出したところ、「先生がコーヒーを飲まれないことを知らないのか」と一喝され、その方は幹部の眼もまともに見ることができなかったとか。まさに今時、時代錯誤も甚だしい、笑止千万なるインチキ宗教です。(笑)

 「それに比べ、学会のこの雰囲気は自由で楽しさに溢れています。来て本当に良かった」と言われていました。「百聞は一見に如かず」・・大いに外部の方をお呼びし、温もりのある仏縁を広げていきたいものです。

 座談会では地区の婦人部の方に体験発表をお願いしたのですが、九州の大変貧しい家庭で育たれ、いじめや両親の離婚など、つらい半生を語られました。転校も多く、友達もいなかったこと、勉強ができなくて、中学を出て集団就職でこの地域へとやってこられました。

 結婚されてお子さんも3人できましたが、病気でお子さんを失いかけたことや、御主人が職場の同僚から暴力を受け、内臓破裂・・・それでも必死のお題目で九死に一生を得たこともあったそうです。今は、お金も無くなれば入ってきます、息子たちも優しい子に育ち、学会の墓苑にお墓も持つことができたと、信心の歓びを語ってくださいました。

 「一番苦しんだ人が一番幸福になる」という先生の教え通り、もっともっと幸せになっていただきたいと思わずにはいられない、わが地区の宝の人です。



IMG_9782a.jpg






 それにしても婦人部の方は健気で元気です。婦人部総会さながらの座談会となりました。(壮年部がんばれ!)

 「悦(よろこば)しきかな汝(なんじ)蘭室(らんしつ)の友に交わりて麻畝(まほ)の性と成る」(31P)と大聖人様は「立正安国論」に仰せです。善を愛し、善に交わることによって、人はさらに善人になるのだと私も思います。まさに求めるべきは善友です。その最高の善人の集まりが創価学会です。それは池田先生の生命の大殿堂・大宮殿そのものだと私には思えます。内部に入れば凡夫の集まりですので、いろいろなことがありますが、それらも自分を磨く磨き粉です。創価学会を深く愛せるようになったことは私の中での大きな宿命転換となりました。

 その学会の中で互いに敬い、励ましあって切磋琢磨していく・・・そこにおのずと自分をまっすぐな人間へと変えていく「麻畝の性」の力があるのだと思います。人間とは「人の間」とはだれが名づけたのでしょうか?まことに真理を言い当てたいい言葉ですね。創価学会こそ、人間主義の「麻畑」であり、「蘭室」だと確信します。

 地域の会館や、拠点提供のお宅こそ「蘭室」と呼ぶにふさわしい場所です。この蘭室に一人でも多くの人を招きいれるのが、仏法対話、折伏です。きっと仏様は不幸な人から救いたいと念願されていることでしょう。その仏様のお使いとして折伏に行き、御本尊の素晴らしさを語っていく・・・その折伏行こそが自分の天命だと信じて、創価の旗を掲げ、勇気凛々やっていきたいと思います。

 
 
           つらくとも 同苦の友を 励まして
                 
                いつか共々 勝利を分かたむ・・・





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

No title
編集
体験にかなうものはないですね
2015年06月21日(Sun) 10:38
Re: No title
編集
ちよさんへ

理屈も大事ですが、体験談はいいですね。
体験談の飛び交う座談会でないと面白くないというか勢いは出ません。

実験証明であり、現実勝負ですから、体験談がないということは信心してないのと同じになってしまいます。
やってどうなったか、どう変わったか・・・そのためにやるのですから。
大いに語りたいものです。
2015年06月21日(Sun) 13:01
No title
編集
座談会か・・・。うらやましいですね。
2015年06月22日(Mon) 17:57
Re: No title
編集
hide優さんへ

コメントありがとうございます。

座談会のお話ですいません。
いっしょに参加する思いで読んでください。(笑)

「心こそ大切なれ」

座談会に出たり、組織についていてもシブシブいやいややっている人もいます。
出ることができなくても池田先生と不二の思いで頑張っている人もいます。

その一念は一切の元になりますので、心だけは学会、先生と共に生きていきたいと思います。

学会の中にもひどい人もいますよ。
池田先生も手塩にかけた弟子から何度も裏切られました。

裏切ったり、会員をいじめた人には仏罰が出ることは間違いないと思います。
自分が間違っていなければ、堂々と胸を張ってやればいいだけです。

御本尊様はすべてお見通しとの思いで、自信をもって生きたいですね。
いじめられた分、何倍にもなって功徳が出ますよ。

暑くなりますのでお体を大事に。
いつもお題目を送っています。



2015年06月23日(Tue) 06:24
No title
編集
お陰様で うちの地区も 体験いっぱいの座談会になりつつあります
これでこそ 大善生活実験座談会ですね!
2015年06月24日(Wed) 06:51
Re: No title
編集
ちよさんへ

そうですか・・それは素晴らしい

御本尊を讃嘆できる人は、功徳がより増していきますね。
「たったこれだけか」なんて言うと功徳が止まります。
人をうらやんでも功徳が出ませんね。私もよくやりました。(笑)

してはいけないことばかり、懲りずによくやるものです。
どうか明るく楽しく信心して功徳をたくさんいただいてください。

2015年06月24日(Wed) 12:24












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31