広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 心ひとつ

心ひとつ


 心は目に見えない。 だが、その心ひとつで、

 目に見える現実も 大きく動かしていける。

 一人の心の革命によって、自分の人生も、社会も、国土も

 必ず変えていくことができる。(SGIグラフ9月号 池田先生の指導)

 
 美しいライン川沿いの街の写真と共に、今日届いたSGIグラフの巻頭には先生の指導が掲げられています。

 どの人にも信仰の原点というものがあると思いますが、池田先生こそが、我らが立ち返るべき原点であり、あまたの著作のどこをひらいても、仏法の眼から諸法万般にわたり、我々が進むべき道を示してくださいます。

 私も何かあるたび、手元にある大白蓮華や著作を手にします。そこに帰っていきさえすれば、答えが見つかる。砂漠で水を得るように希望がよみがえり、再び立ち上がることができるのです。

 今はいつでもその指導に触れることができます。仏法の奥義を、信心の極意を平易な言葉でわかりやすく説いてくださっているのですから、本当にありがたいことだと思います。





4.jpg





 指導では私達の「心ひとつ」で、環境を、世界を変えていけると教えてくださっています。環境を変え、世界を変え、自分の人生を望む方向に変えるためには何が必要か?それは「心ひとつ」でできると言われているのです。

 「力も智慧もない。お金もない。今の自分ではとても無理だ・・・」そういう思いの時、私達は現実を前にうなだれ、自分をあきらめてしまうことが多いものです。しかし、妙法には不可能はない、祈りとして叶わざるはないと断言されます。「無理だ、駄目だ」と決めてしまう自分の弱き心を打ち破り、「勝て!」と教えているのです。そして不屈の信心で立ち上がる時、必ず道は開ける・・・それこそが妙法の世界だと思います。

 自分がなりたい未来の姿を想像し、必ずそうなると確信しゆくために、題目で生命を磨いていく。不信の生命と勝つか負けるか、日々勝負です。そして自分は大丈夫だとの確信が持てた時、その「心ひとつ」から、諦めや疑いで錆びついた生命のモーターが、本来の回転を取戻し、祈りを叶えゆく働きが、力強く起こってくるのです。

 まさにわが生命を仏と信じることは、自分の無限の可能性を信じることに違いありません。「心」という武器をもって、魔との闘争を勝ち越えていく。信心は平和と幸福への無血革命であり、希望と歓喜に溢れた自己との闘争だと思います。

 縁あって偉大な妙法をたもった私達です。人生の途上、不可能と思えることが顕われた時が、信心を体得する絶好のチャンスの時です。臆せず勇気をもって挑戦して、妙法の力で変毒為薬し、その姿をもって、「よく見るがいい、これが学会の信心の凄さなのだ」との実証で、世の中を折伏していきたいものだと思います。

 
 心は工(たくみ)なる画師(えし)の如し・・・
 最高の「未来予想図」を心に描いて、さあ、前進です。





 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村




Comment

編集
わたしもとにかく、最近どんなことがあっても、乗り越えて見せるという気概になりました。
とにかく、がんばります。
2015年08月21日(Fri) 23:20
Re: タイトルなし
編集
糸吉さんへ

こんにちは。

>最近どんなことがあっても、乗り越えて見せるという気概になりました。

いいですね。強い心で行きましょう。

テレビで見ましたが、女性の方の名古屋弁は魅力がありますね。
おみゃーしゃんとかどえりゃあとか言われるのですか?

名古屋弁でブログとかやられたら面白いと思いますよ。
そのキャラが寿がきやうどんのような味が出そうです。(笑)

きっと幸せになられることと思います。
信心一筋で頑張ってください。
2015年08月22日(Sat) 11:07
No title
編集
とにかく、心が負けなければ、絶対に大丈夫ですよね^^
何が起ころうと、どんな苦境にみまわれようとも、とにかく、環境に左右されることなく、絶対の御本尊様である、との確信を胸に、お題目を唱え抜いていく、学会活動に励んでいく、悪戦苦闘の実生活にも前向きに挑戦し打って出ていく。
必ず人間革命していくぞ!と、必ず変毒為薬していくぞ!と決してひるむことなく、また惑わされることなく、どこまでも学会に就ききっていくことですよね。
新・人間革命 法旗には、こうありました。

『戸田城聖(とだじょうせい)の指導は、まことに峻厳(しゅんげん)であったことを語った。

「それは、私どもがめざす道は、『一生成仏』であり、『広宣流布』であるからであります。その道は、御書、経文に明らかなように、『不惜身命』(身命を惜しまず)であり、『身軽法重』(身は軽く法は重し)です。つまり、決して平坦な道ではなく、大きな困難が待ち受けているであろう、命がけの険路であるからなんです。』

と。
信心したのだから尚更大難が競い合ってくるのは、もう仕方のない事なのだから、避けるより立ち向っていくことですね。
どこまでも師弟不二で、一切衆生のために、広布に戦い抜く信心を貫いていこうと思います。

ちなみに、私は、「寿がきやラーメン」が好きです(笑い)
こしょうをいっぱいふります^^
2015年08月23日(Sun) 23:59
Re: No title
編集
ハピネスさん

お久しぶりです。

ハピネスさんは信心をよくわかっておられると思います。
私もそうですが、後は自行化他の実践ですね。

不幸があるから幸せになれる。迷いがあるから悟りが開ける。
万事、そう心得て、一喜一憂することなく、御本尊様に志を重ねていけばいいのだと思います。

苦難が大きいのは、登る山が高い証拠。まして「一生成仏」と「広宣流布」を目指す私達です。
命と引き換えに三世永遠の幸福をいただこうというのですから、苦しい時は牢屋にでも入ったつもりで腹を決めるしかありません。

人間革命は「心ひとつ」で始まり、最後まで真心をご供養していくしかないと思います。
人はどうであれ、修利槃特の如く、愚直でいいではありませんか?

うどんは食べてもお酒は控えめにね。(笑)
「寿がきやラーメン」があるのですか?想像するだけで不思議な味がしそうです。(笑)
ちなみに私の住む地域では「寿がきや」は売っていないのか、見かけません。
中部地方もまた独特の文化があるようですね。私は名古屋にも行ったことがありません。
岐阜羽島、名古屋と通過することはたまにありますが・・・(笑)未知なる世界です。

ハピネスさんの御健闘をお祈りしています。
お体を大切に、お互い、福運を育てましょう!
2015年08月24日(Mon) 16:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31