広布の大河に君ありて tori

TOP徒然の記 ≫ もう一度、一緒に・・・

もう一度、一緒に・・・

 

 先日、早朝、聖教新聞を配達していますと、ある路地のところの家の前に、一人の老人の方が立っておられました。

 その老人は、草創の頃、30代で入信されたのち、さまざまな事情で会合等一切出てこない状態となり、いわば退転状態で数十年を過ごされてきた方でした。

 私が数年前に地区の責任者となり、セピアに変色した会員カードを見てそれで家庭訪問したわけですが、まったく話もできず、いわゆる塩をまかれるような状態で帰ってきました。その人は大変な剣幕で「おまえらは学会に入れるだけ入れといて、後は何も世話もしなかったくせに、今頃何の用や。これ以上、家に近づくと警察に通報するぞ。帰れ!」と、狂ったように血相を変えて、私に当たり散らされたのです。

 入会の紹介者は今でも地区におられますが、当時、入会させるだけのような折伏を随分されたようです。ある方など、その人の折伏で、ズボンのお尻のポケットに御本尊をつっこんで、バイクで帰ってきたとの話も聞きました。そんな折伏をしておいて、私は「何十世帯も折伏した」などと自慢げに語るような人でした。


 入会させる時だけ大事にして、あとは面倒も見ない、信心もちゃんと教えない・・・こんな折伏なら、退転者を作るだけというものです。ある意味、入会した人も成果主義の犠牲者だといってもいいのかもしれません。

 その朝、怒鳴り散らされるのを覚悟の上で、私は微笑みながらその人に近づきました。すると案に相違して、その方も微笑んでおられるではないですか?(かつて私に怒鳴り散らしたことなど忘れておられたのかもしれませんが・・・)




IMG_9851g.jpg
                        <京都府京丹後市網野町>


 会話は弾み、学会のことや、そのあと信仰、生活といろいろあった来し方など話してくださいました。今は地元の邪宗と付き合いがあり、御本尊もどなたか(それが学会幹部ではないようです。)に返したということでした。数十年もの間、誰も会いに行くことがなかったのか、信心が空き家で手入れされることのない庭のように、雑草で覆い尽くされてしまっていたのです。

 もちろん、根本は本人の宿縁、信心の問題といえますが、その上で、地区にも大いに責任があると私は思います。
「鉄は熱いうちに打て」との格言通り、入会後、数年が入会者にとってはとても大事です。その時に宗教の正邪、信行学の実践をしっかり打ち込んでおかないと、やがて難が来たときに、一人で耐えきれない・・・信心を捨て、邪宗にまで戻るというのは、肝心要(かんじんかなめ)が教え込まれていない証拠のように思います。

 話を終えて、配達に戻った車中で、私は御本尊様に「どうか、この人の退転の罪を許して、もう一度、信心できる機会を与えてください。」と祈らずにはいられませんでした。

 何故、その人にこういう形で会えたのか?・・・やはりその方に御本尊様を求める生命が、残り火のように燃えていたのではないかと思いました。仏法には偶然はない・・・すべてに意味があるのなら、この日の出会いも、人を救いゆく広宣流布の大事な出会いであるはずです。

 これから時折、訪問しては、その方の生命の雑草取りをしたいと思います。(笑)その方はもう80歳ですのでどこまでやれるかわかりませんが、少しずつ距離を縮めて、いつかもう一度、笑顔で座談会にお招きしたい・・・今の地区の人達で真心の再折伏をしたいと思います。

 かつて学会員だったという方にも意外と出会うことが多いものです。退転者を再び、仏界へと導いていく手助けも、これまた自分に与えられた使命であり、そのためには私がそうした人々の味方となり、信頼を勝ち取ることから始めていこう・・・「きっと仏様はどの人も見捨てたりはしないはずだ」そう思うと、心もどこか軽やかに、自然と感謝の思いが湧いてくるのでした。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村







Comment

よいお話ですね
編集
素晴らしいお話です。
鬼の目にも涙、思わず落涙しそうになりました。
そうですね、放置されぱなしの方はいますね。
私も配達していますから、友人読者の立場の方から
実は御本尊があるんだよ、と、打ち明けられたこともありますし
この方は、住所を告げずに転居してしまった方です。

やはり友人読者から、ちょっと見てもらいたいものがあると、なんと御本尊
すでに他界した、お母様の御本尊を返却手続きして差し上げたことも
あります。統監のある組織で放置されていたケースです。
せっかく、一度は御本尊を受けて、ちょっと哀しいですが
先生の指導で金剛法器戒の指導がありまして、一度御本尊を受けた方は
必ずまた目覚めるというような指導でしたから、
どのような折伏のされ方でも、縁の深い方なのですね。

それにしても、無責任なやり方はよくないですね。
2015年09月24日(Thu) 18:05
誰が見てようが見てまいが・・・
編集
励ます時よく言いますね。「もう一度、一緒に・・・」
学会員が言うときは、仏の励ましであり、本来無責任ではあり得ません。

>入会させる時だけ大事にして、あとは面倒も見ない、
 信心もちゃんと教えない・・・

いますね、そういう方。
体験記事として全国版掲載された婦人もいますが、
記事を読むと、人格を知ってるだけに、「はぁ?」って思う人が
多かったですね。

上手に売り込んだみたいで、かなり恥ずかしい出来事でした。

ですので、剣さんのように、誰が見てようが見てまいが、
目の前の一人を真剣に励ます人。
心のひだに染みいる、妙法の慈悲の祈りを実践する方は創価学会の財ですね。








2015年09月24日(Thu) 20:25
Re: よいお話ですね
編集
大河さんへ

 信心が自分なりに進みますと、やはり生命の尊厳性に目覚めていくものですね。どんな人であれ、一人の人の生命が尊貴に見えてくるものです。実は私も統監を前にして、以前は完全な幽霊会員のような方は、こちらで統監から落として整理できないかと不遜にも考えたことがありました。

その時、幹部に指導を受けましたが、「こちらで落とすことはできない。本人から申し出があるまでは、勝手に統監から落としてはいけない」とのことでした。今、思えば私も統監の大切さ、御本尊に縁したことの重大さをよくわかっていなかったと恥ずかしく思うものです。

いかに退転の道に堕ちようが、ひとたびこの御本尊様に縁し、受持したということは、凡夫の智慧では量れない深い意味があると思います。それをこちらの浅智慧で介入することはよくよく慎まなければいけませんね。

爪上の土、竜門の滝の故事等、御本尊を受けて成仏しゆくことは難事には違いありません。多くの人が落ちていくことは、悲しいことですが、それだけに自分が縁する目の前の一人に、どこまでも救いの手を差し伸べていかねばならないと思います。

2015年09月24日(Thu) 20:41
Re: 誰が見てようが見てまいが・・・
編集
コスモさんへ

いつもありがとうございます。

この信心をすると、陽のあたらない人にスポットを当てる、その喜びに目覚めます。(笑)
目立つこともなく、ひっそりと、一生懸命生きている人と、生命歓喜の世界を作っていきたい。
普通の人間が素晴らしい・・・それを教えてもらえるのが信心ですね。

この記事の中の「自慢しい」の紹介者の方も、聖教の体験談に出ておられます。
しかし、私はその人の性根は見抜いているつもりです。
その上で、今はその人の幸せも祈れるようになりました。

世法をうまく泳ぐ人も、御本尊様はすべてお見通しで、最後は全部、そこで裁かれます。
それなら、最初から御本尊と自分の世界で生きていこう・・・それが私の生き方になりました。
仏法を知る人ほど、人の評価など関係なくなるように思います。
世渡りが下手な分、世法では損な道を歩くこともありますが。(笑)

創価の財には程遠いですが、私にできることはやらねばと決意しています。
2015年09月24日(Thu) 22:47
Re: No title
編集
非公開8:00様

私も入会時数年は都会にいたもので、その頃、折伏して御本尊送りまでしたうちの2名の方は、今、連絡が取れません。
以前の連絡先に連絡いれても、ある時から音信不通です。かれこれ30年前のことですので今とはなっては・・・他にも入会後、しばらくして亡くなられた方もおられます。

また当時の同志の友とも大半が連絡取れません。半分が法華講に流れていきましたので、探して会いに行った人もいますが・・・その頃を思うとなにか切ないものがありますね。きっと一つ一つに深い意味があるのでしょうけど、今思い出してはお題目を送っています。
2015年09月25日(Fri) 14:26
Re: No title
編集
非公開10:12兵○様

コメントありがとうございます。同県の同じ壮年部ということで親しみを感じます。
また、拙い記事を読んでくださっているとのこと恐縮です。そして感謝申し上げます。

つれづれなるまま勝手な事ばかり書いてきましたので、読み返すのも恥ずかしいものです。
でもそうやって、私も皆さんとともに、一歩づつ学び成長できればと思っています。

これからも信心の素晴らしさを私なりに発信できればと思います。

時にはずっこけるかもしれませんが、今後とも、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

兵○様の御多幸を心よりお祈り申し上げます。ともに精進していきましょう!



2015年09月26日(Sat) 11:16
編集
折伏して、それからの責任感をしっかりやらなければだめですよね。
一人の人に幸せになっていってもらわなきゃだめですもんね。
以外ととうかんで、住んでいて、いつの間にか引っ越した人とかいて、困る人も見えます。
私も部員さんを立ち上げるべく、そこのところは使命だなと思っています。
2015年09月27日(Sun) 01:44
Re: ?
編集
糸吉さんへ

何らかの縁があって、学会へ入り信心する人でも、何もつかめず、信心をあきらめる人もいます。

宝の山に入ってきて、宝をつかむには、やはり宝をつかんだ人から学んでいくしかしかありません。
それには池田先生の指導、著作、行動から学ぶことが一番の近道ですね。
そこを求めないと、道から外れていくのも信心の道理かと思います。

部員さんに対しても上下の関係ではなく、一緒に御本尊と先生の方を志向して共に学んでいく・・・
そういうことでいいのではと思います。


2015年09月27日(Sun) 11:52
Re: 初めてコメント致します
編集
非公開21:37○井様

コメントありがとうございました。
また遠く海外からのお便りということでありがたく思います。

私も音信不通の友のことがいつも気になります。
祈っていけば、いつかまた会えることもあろうかと願っています。

一つ一つの出来事、出会いに深い意味と因果が備わっていることでしょう。
とはいえ過去には戻れない・・・私達にあるのは現在と未来ですね。

善き未来のために今から、今日から善因を積んでゆくしかありません。
友の幸せを題目で祈りながら朗らかに前進していきたいと思います。

またよければいつでもブログに遊びにきてください。
SGIメンバーとしての使命の天地でのご活躍を心からお祈り申し上げます。





2015年09月28日(Mon) 00:34
Re: タイトルなし
編集
非公開10.101:00さ○○様

コメントいただきありがとうございます。また日頃、記事をお読みいただきありがとうございます。

お姉さんのこと御心配だと思います。
信心は悩む人が祈るということですので、さ○○さんが御本尊様に祈っていくのが一番ですね。まだ御本尊をご安置されているだけでもすごいことではないですか?焦らないで親身に祈っていくしかないと思います。

私にも姉がいますが、信心にも反対です。兄弟家族というのは案外難しいものです。でも逆縁も毒鼓の縁ということもありますので、弟としては幸せを祈っていくしかないですね。きっと真摯に信心の話を聞く時も来るだろうと思っています。

お話を読んで、お姉さんに確固たる目的観があればいいなと思いました。「人間革命」「広宣流布」「師弟」ということが腹に入っていれば、感情に流されることなく、自身を見つめることができるものです。

凡夫には過去がわかりません。今の悪い果がどこに因あるのかわからないから悩むとも言えます。でも果がある以上は因もあったはずです。おそらく法華経に対して過去にいいことはしていないということでしょう。私なんかもそれを目いっぱい感じながらの信心です。

どうかあまり重く考えないで、一家の宿命転換をするのだとの決意で、朗らかに前進していただきたいです。すぐに解決できなくても最後はいい結果になることは因果の理法に照らして明らかです。その確信をもって祈っていくことがとても大事なのだと思います。

どうかこれからもよろしくお願いします。
2015年10月01日(Thu) 11:16
Re: タイトルなし
編集
さ○○様

ご返信ありがとうございます。

「無冠の友」素晴らしいです。

 たとえ、一遍でも心のこもった題目に勝るものはありません。
私も長年頭が苦しくて、題目三唱だけの日々を長くやりました。拝もうとしても頭が苦しくてどうにも題目があがらなかったのです。
それが過去世の謗法です。それは人にはわかりません。今、思うと生命の水道管に詰まったヘドロや汚物が轟々と出たのでしょう。
その間、辛抱するしかありません。苦しむことが償いです。それが仏様のご慈悲(あえて毒を出してきれいにしてくださるのだ)とわかるまでは時間もかかりました。

 しかし、苦しい中を御本尊にすがっていく人を仏様は絶対に見捨てたりされません。
苦しんでいる人ほど救いたいのが仏様です。私が仏ならそうします。

 こちらは「御本尊様しかありません」という純粋な気持ちですがるしかないですし、それが一番通じると思います。
池田先生は「かわいく拝みなさい」と言われています。幼児が母親に抱きつくように、「私は不幸です。仏様の言う通りやりますから救ってください。」と一途にぶつかっていくのがいいのです。私もあれこれ書いてはいますけど、所詮、病の重い衆生ですから結局それしかできません。その純粋な心で唱える題目が一番いいお題目だと私は思います。

 そういう素直な信心をしていけば、お金もなんとか回ります。飢えないためには御本尊様を抱きしめて離さないことです。真心で御本尊様にお仕えし、広宣流布のお手伝いをする、その人を諸天が守らないわけがありません。

 ネットでの御縁ですので、深いお付き合いはできませんが、私もさ○○さんのことを御本尊に祈っていきたいと思います。晴れやかな顔でにっこり笑って三唱して、そして早めに寝て(笑)、朝起きれるようにしてくださいね。決して無理をしないでいいですよ。

 創価学会に心を合わせれば、先生を始め世界の会員が唱えている題目がさ○○さんの生命にも沁みていく・・・それが師弟不二、自他不二の世界だと思います。「心こそ大切なれ」・・・心ひとつで幸福になれます。一緒にやってまいりましょう!

 



2015年10月06日(Tue) 16:01












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30