広布の大河に君ありて tori

TOP未分類 ≫ 「信の一字」で行こう!

「信の一字」で行こう!

 

 念仏を始め、大半の宗教はことごとく逃避の宗教だと言えると思います。「穢土(えど)を嫌い極楽に向かわせる」「世を捨て人里離れて修行をする」「死んだ先祖のせいにして布施をとる」のもすべて現実逃避です。「苦から逃れたい」「楽になりたい」そういう弱い心につけ込んで、ありもしない妄想の世界に引きずり込み、生命力を奪っていくのは魔や悪鬼の好むところでしょう。

 私達はとかく、「貧乏さえなければ」「病気さえなければ」「あの人さえいなければ」と「あれこれ」なければいいと思うものです。そして現実から目をそらし、苦悩がない世界に憧れます。

 しかしそういう感傷は日蓮仏法でないことを池田先生は常々指導されています。感傷というのはどこか世をはかなむ心であり、無常感、無気力、退廃に通じます。若い時、私もそんな気分の時がありました。学生運動の火が消え、三無主義(懐かしい言葉です。)の風潮の中で、妙法を知ることもなく、どこか空しい気持ちで青春時代を送りました。

 「現実から目をそらす命」それは苦しい時に顔を出します。そして現実と向き合わない間、状況は変わらない。特に深い悩みでは無間地獄となって永遠に続くかと思い逃げ出したいものです。

  私にもこの「逃避」の命があります。崖っぷちに追い込まれると「これは無理だろう」「もういいよ」と諦(あきら)めが出ます。男は諦めが肝心ですが、仕事や人生はそれでは困りますね。諦めは御本尊不信に通じ、それで「南無妙法蓮華経」とやっても「口は妙法、心は念仏」です。まさに水の上で火を炊くようなもの、お湿(しめ)りのような信心では燃えっぷりも悪いものです。




47.jpg





 題目もよくあげているのに祈りが叶っていかない・・・それは御本尊のせいかというとやはりこちらのせいです。命に迷いや不信が出て心がぶれる・・・・自分の無限の可能性を本当は信じていない・・・そんな心が出ることがあります。日替わり定食みたいに不信の命が出てきて、それはどういうわけかすぐに叶ってしまう。(笑)そこには御本尊様を信じきれていない自分がいるものです。

 結局、我が身を苦しめるものは生命に潜む「不信」という名の魔性であり、それはまさに「一念無明の迷信」(一生成仏抄384P)です。それが不幸の根源であり、日蓮大聖人様は「信の一字」で打ち破るのだとご教示されています。

 「必ず願いは叶う」、「祈りは通じる」と確信できずして、そんな祈りでどうやって道が開いたりするでしょうか?100万遍の題目も迷いのない一念があってこそだと思います。
 
 心を鍛え迷いを打ち破り、「信の一字」で我が身を染めあげていこう!日々、たゆみない唱題行で我が生命の不信を打ち破り、どこまでも現実変革・現実勝利を目指す勇気ある信仰者として戦っていきたいと思います。



 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

編集
わたしの場合は不信はないのですが、絶対祈りは叶うので、いざとなったらやればいいと、考えてしまっています。
わかっているので大きく変わろうと頑張ればできるのに、やらない。
例えばこの年で大学受験したい、ならご本尊に祈って行動すればいい、のでありますが、それをするにはめんどくさいと諦めています。
しかし、自分の身に起こった難は逃れようと必死で祈ります。必ず良い結果になります。
寒い冬に冷たい海に飛び込むことはしないけれども
降りかかった火の粉は消すみたいな感じですかね。
まだまだ生命力が弱いんでしょうね。
そこをお題目で強くしないとだめですね。
2015年11月27日(Fri) 08:09
Re: タイトルなし
編集
糸吉さんへ

いつも本当にありがとうございます。

生命の奥底で安心できる・・・それが一番ですよね。私も状況によっていろいろありましたけど、絶対に大丈夫だという確信はいつもありました。病気の時も生活面も結局は守られてきました。それなのに凡夫は何かあるたびにいろいろと出るものです。

自分の中にある不信というものを自分で感じることができる。それはいいことだと思っています。敵を知らねば敵に勝てませんよね。自分に勝つかどうか、信が勝つか不信が勝つか・・・

退転したり学会を去っていった人はみんなこの不信に負けた人だと思います。誰にもその命があると思います。いざという時には本当に強い魔も出てきます。きついですがその時こそチャンスの時です。不信、迷いの命(元品の無明)が第六天の魔王となってあらわれ信心を悩ませると仰せです。それに負けない信力で応戦するしかありません。それを教えてもらい、それと戦わせていただける。信心を身で読むことはありがたいことだと思っています。

寒くなりましたのでお体を大切に元気にお過ごしくださいね。


2015年11月27日(Fri) 11:27
Re: No title
編集
非公開11.29.12.43様


若い女子にはこんなひねたおっさんの記事は・・・(笑)

人には「ウナギの寝床」という場所があって、一度奥に引っ込むとなかなか出てこない・・・
ウナギならおいしい餌につられて出てきますけど、人間は臆病で怠け者。
居心地がいいのでしょうけど、最後はツケを払わなければなりません。
自分の殻に閉じこもるのももちろん逃避ですよね。

本当に自分が革命しなければならないところがどこなのか・・・そこが見えた人は強いですね。
そこに題目が沁みていきます。そして自分がかわいいという小我を乗り越え、大我に開いていけるのだと思います。

他人事ではなく、私も頑張ります。(笑)

2015年11月30日(Mon) 10:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30