広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 蒼蠅(そうよう)の信心

蒼蠅(そうよう)の信心


 来年の法戦に向かい、はやスタートは切られました。かつては選挙と聞きますと気の重い私でしたが、多少、人間革命ができてきたのか「待ってました、戦うぞ」という学会員らしい生命になりました。日曜には早速、候補者のポスターの掲示に地区内を走りました。今回は地区目標も早々にいただいて、私もやる気になっております。

 信心の状態がいい時には、生きることすべてに命が充実し燃えているということがあると思います。私はそうなるまであれこれ時間がかかりましたので、30年ほどはどこか湿ったようで燃えっぷりが悪かったですね。それが陰から陽、鬱から歓喜、受動から能動、愚痴から感謝へと近年、すべてが明るく変化し開けてきました。

 やはり我が身で現証をつかむことほど嬉しいことはないと思います。理屈も大事ですが、変わるための信心です。トンネルを一つ脱したのか、これからはすごい勢いで変われるように思います。またそこに創価学会の信心の正しさも証明されていきます。

 実は年々私は信心が良くなり、また強くなってきています。よく部や役職が変わって信心がトーンダウンする人がいますが、私にはそれがありません。今が一番信心がいいと思います。題目も強くあがりますし、折伏精神、学会精神も以前に比べはるかに旺盛です。



IMG_0639a_R.jpg
              



 その自分の生命状態を観察しますと、前の記事でも書きましたが、一念が「師弟」に定まってきたということがいえると思います。先生とより一つになって信心できるようになり、当然、創価学会とも一つになって生きていけるようになりました。先生と創価学会、そして自分自身とこの三つが一つになって御本尊に向かう時、功徳は無量に出ていくものと思います。

 信心が良くなるにつれ題目が良くあがります。それもリズムよく、力強く、元気にあがります。題目があがるので当然、人間革命が進みます。おかずがおいしいとごはんが進むようなものですね。(笑) 信力がぐんぐん増していきます。生活全般に張りと活気が出て、悩みや苦しみ以上に歓喜と情熱が迸(ほとばし)ります。

 顔が笑顔になり、柔和になり、清々しい、うれしい、ありがたい…といい心がいっぱい出てきます。あたかも黒く濁った生命が信心の力で清らかに澄んできたのか・・・そうなると人にも愛され、福運も顕われ、商売やっても恋愛しても好かれてうまくいくように思います。(さすがに恋愛はもうNGですが。(笑))

 それはまさに長い間、謗法で錆びついて動かなかった機械に、題目の油がしみこみ、モーターが回転を始めたかのようです。これがやがて唸りをあげて高速回転し始めたら、もう誰にも止められません。山本リンダです。(笑)すごいパワーで何でもできてしまいます。

 私には必ずそれで勝利できる確信があります。必ず勝つと決まっているのですから明るく楽しいとなります。その間、お金やらなんやらほんの少しの間の辛抱です。

 「蒼蝿驥尾(そうようきび)に附(ふ)して万里を渡り」と立正安国論にあります。全速力で疾駆する馬が池田先生です。ぶるぶる震えている我ら蒼蠅(そうよう)と言えど、その馬の尾っぽに飛びつき振り落とされないでいたいと思えば、それこそ「人馬一体」ならぬ「蠅馬(ようば)一体」で呼吸を合わせないといけません。

 そして我らもいつか蒼蠅(そうよう)から駿馬(しゅんめ)に生まれ変わって、一騎当千の勇者となり、広宣流布の大草原を疾駆したいですね。師匠の名代として、一人一人があの地この地で・・・

 誰もがそうなれる信心であり、必ずそうならねばなりません。「一念と題目で必ず変わるのだ」との心意気で魔軍を見下ろし、悠々「創価大道」を前進して行きたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

No title
編集
「一念と題目で必ず変わるのだ」
本当!早く確信つかませてあげたい!
王者の剣さんと 同じ気持ちでいるような気がします
楽しく 前進していきましょう
2015年12月16日(Wed) 18:38
Re: No title
編集
ちよさんへ

信じれば功徳が出ます。強い信力でぶつかることが一番です。
功徳が出れば確信が増します。その確信がまた功徳を呼んできます。

功徳が功徳を呼ぶようなそんな幸福の軌道になっていけば最高ですね。
そこへ行くまではいろいろあります。簡単ではありませんが、そこががんばりどころですね。

迷いを打ち破る強い一念と執念・・・泥臭いですがそういうことが大事だと思います。
その先には本当の歓びが待っているはずですから。

私もまだまだこれから・・・お互い、一歩づつがんばってまいりましょう。


2015年12月16日(Wed) 22:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30