2015
12.25

創価学会「発迹顕本」

Category: 信心
 

 年の瀬を迎え、皆様慌ただしい日々をお過ごしのことと思います。この一年、皆様にとってはどんな一年だったでしょうか?今年は私にとっては入信以来、一番良い一年となりました。それは生命の革新を大いに感じることができたことによります。
 「変毒為薬」「煩悩即菩提」と言っていいと思いますが、生命の根本的な苦悩そのものが歓喜、感謝へと転じるといった大変革を体験することができました。明年をめざし、さらなる新しい決意でスタートを切っていきたいと思います。

 また創価学会においても今年は大躍進ができた一年ではなかったかと思います。遠くは宗門問題に端を発したわけですが、それによって日蓮正宗との決別を果たし、広布大誓堂の完成、昨年の「会則の改正」、そして本年の新・「勤行要典の制定」と、次々と民衆仏法の宗教団体としての姿を確立してきました。

 その歴史は日蓮大聖人直結の宗教団体としての独立を勝ち取った歴史でもあり、大聖人様の仏法を大衆、民衆の掌中にした宗門との人権闘争の歴史だと言っても過言ではないように思います。

 私自身も宗門問題以降、これらの改革によって自身の中にある迷妄を打ち破ることができました。一つは法主・宗門絶対論ともいうべき権能に対する迷妄、一つは弘安二年の御本尊という特定の御本尊に対する本尊観の迷妄・・・少なくともこうしたことが明らかになったことは私にとって大変ありがたいことだと思っています。




IMG_0885b.jpg




 弘安二年の御本尊もそれ以外の御本尊もすべて「法華経の肝心、南無妙法蓮華経」の御本尊であり等しい。弘安二年の御本尊は創価学会とは無関係となった邪宗門にあるがゆえに、身延の御真筆同様、受持はしない。こうしたことが明文化されたことは私は霧が晴れたように大変すっきりとしたことだと思います。

 思えば今後入会してくる人は、宗門も弘安二年の御本尊も知らないのですから、世界広布を前にして非常にいい改正であったと思います。

 「創価学会の発迹顕本」ということを時折、耳に目にします。私はまさにこれらの一連の改革の姿こそが「発迹顕本」にほかならないと思います。その内実は池田先生の思想の根本にある「宗教のための人間」から「人間のための宗教」への変革そのものです。

 法主や宗門の権威の前にひれ伏して信仰しなければならないという縛りを取り払い、また特定の御本尊から離れれば功徳、血脈はないという迷妄を打ち破ったことは、まさに「人間のための宗教」への大きな変換点となりました。宗門に隷属した「迹」の姿を払い、民衆宗教としての「本」来の姿を顕す・・・まさに「発迹顕本」そのものが起こったと言えます。

 その創価学会の「発迹顕本」というべき戦いを、先生は日顕宗という大魔をあぶり出し、魔軍からの大難を受けながら、後世の会員のためにうち砕いてくださいました。「すべては人間のために、民衆のために」との思いで・・・本当に強くありがたい師匠であります。

 これらの改革、改正によって創価学会は本来の独自の勇姿を顕すことができました。そして学会は威風堂々、世界広布の大海原へと自由に出帆できる身となりました。外部の方や反創価の人に何を言われようと「彼等は野干のほうるなり日蓮が一門は師子の吼るなり」(聖人御難事1190P)です。会員の私達も師子王の心をとりいだし、おおらかに伸び伸びとやっていきたいものです。

 その「世界広布創価丸」に私も皆さんと和気藹々(わきあいあい)乗りこんで、山本伸一船長の元、明年もまた無冠の乗組員として「人間革命」の航海を、楽しく朗らかに船出したいと思っています。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/163-8c3eab45
トラックバック
コメント
いつも配達 お疲れ様です
私も いい年になりました
来年 1月 誓願勤行会に 付き添いで参加できます
最高のご褒美 いただけました
いつもありがとうございます
ちよdot 2015.12.26 17:00 | 編集
ちよさんへ

いつもありがとうございます。

いい一年でしたか・・・きっとそうだと思いました。(笑)
よく頑張られますね。そのパワーとまめさに感心します。

きっと来年はもっといい年になりますよ。
私もその予定ですが。(笑)

年末になりますと昔、新宿の飲み屋で友人たちと年越ししたことなんか思い出します。
私も20代、入会前でした。今はすっかり下戸になりましたが・・・
巣鴨に彼女(笑)がいて、アメ横で食材買ったりして、
その彼女の実家に転がり込んで正月していました。
お父さんとも仲良くなって一緒になるつもりが運命にいたづらされまして・・・
そんなこんなで最後は創価学会に拾われました。

今は巣鴨に行くのは戸田講堂だけです。(笑)

そういうことを思いだすのも年の瀬ですね。
しみじみ・・・(笑
王者の剣dot 2015.12.26 17:38 | 編集
そうなんだ~!
新宿あたりで すれ違ってたりして(笑)
うるとらまんさんも 同じ頃(?)新宿 六本木で 遊んでいたようですよ(大笑)
戸田講 たまに行くことありますか?
是非 お会いしていですね
ちよdot 2015.12.27 13:32 | 編集
ちよさんへ

きっと信心のことを書くより、入信前、東京で漂流していた青春物語の方が
話としては10倍面白いと思います。(笑)
当然、今書いている記事の真逆の世界を漂流していましたので・・・
だから人生はおもしろいですね。

あの頃があったから、今の信心があります。
消したい過去、取り戻したい過去が山盛りですが、それができないのが人生・・・ですね。

それでも仏法に巡り合い、一番苦しんだ人が一番幸せになる・・・
私もその道を歩いているように思います。

あの頃一緒に生きてくれた人の幸せを、御本尊に祈ることがあります。
亡くなった方もおられますが、来世、きっとどこかで出会うような気がしますね。

その時にはきっと妙法を教えて、幸せに導いてあげられるように思います。
それが眷属というものでしょうか?

今は数年に一度、支援などで上京する程度です。
またいつかお会いすることもあるでしょう。

その時は変なおっさんだと笑ってやってください。(笑)

王者の剣dot 2015.12.27 23:41 | 編集
ご無沙汰でした。
本年も残り僅かとなりました。

>今年は私にとっては入信以来、一番良い一年となりました

このように堂々と宣言できるところが素晴らしいですね。
創価学会にとっても、仰るとおり画期的な3年間でした。

>思えば今後入会してくる人は、宗門も弘安二年の
>御本尊も知らないのですから

そう、まさにそうなんですよね。
ただ、日顕宗の坊主たち並びに過激な講員たちは、
いつまででもネット上で騒ぎ続けているでしょうから、
(嫉妬の炎は収まることを知らず、自分たちが真っ黒に
なるまで時に燃え盛り、時に燻り続けます)
このネット社会の中で、そういう彼らの中傷を眼にして、
「知らない世代の学会員」は知ることになります。

そこで慌てないように、しっかりと「正義と真実」を伝えられる
私たちでなければいけませんでしょうね。

もとより、大乗仏教というのは、在家の仏教徒のための
教えであると言っても過言ではありません。
中でも法華経は、社会のど真ん中で苦労しながら助け合って
生きる善良な民衆を励まし、苦を楽へと変じ、常楽我浄の
絶対的な幸福へと向かわせるために、その民衆の中に
分け入った「地涌菩薩」たちが、全衆生と苦楽を共にしながら、
「魔(元品の無明)」と戦いつつ共に「成仏」の境涯を開き
行かんとする最も崇高で、最も困難な労作業の方途を説いた
経典であると、私は思っています。

さあ、明年は一大決戦の年でもありますし、創価ルネサンス
集大成への大きな一歩ともなっていくことでしょう。
私も微力ながら、頑張ってまいりたいと思います。
福島の壮年dot 2015.12.29 09:54 | 編集
福島の壮年様

お久しぶりです。
今年は大変、お世話になり心より感謝申し上げます。

壮年さんの博識とも言える教学の力に励まされつつ、ブログを続けることができました。
清濁入り乱れた創価カテにあって、壮年さんの発信に多くの人が勇気づけられたことと思います。
今後ともどうかよろしくお願いします。

私達は妙法という宇宙と生命を貫く法を信受するのであり、妙法を求め、「南無妙法蓮華経」と修行する所、
どなたであれ功徳は厳然だと思います。家庭の事情で御本尊を受けられなくても、アフリカで何年も御本尊を
待っている人であっても、求道心と信力によって功徳は同じようにあるはずです。

「一生成仏」においても、それは特別、僧侶の力を借りなくとも、特定の御本尊を拝さなくとも
「信」の一字をもって妙法に南無すれば、即座に凡夫の生命に開くことができる・・・、
一人の人間と仏様の間の秘密の力というほかありません。

智慧も徳も薄い末法の衆生にむずかしい理屈を理解しろという無慈悲な仏様ではありません。
ただ信じて「南無妙法蓮華経」と唱えれば釈尊の因行果徳ぐらい譲ってあげましょうと言ってくださるのですから、
素直で純粋、これで行きたいですね。(笑)

広宣流布のために「異体同心」「師弟不二」で池田先生とともにただ学会に心を合わせればいいだけなのに、
あれこれ理屈をこねて、駄々をこねないとならないのですから、反対派もご苦労様なことですね。

これからの入信者はネット世代ですので、教学を学ぶのもネットからということもあると思います。
魔も複雑な様相を呈し、正邪がますます紛らわしく見えるかもしれません。そういう時代にあって、
ネットで正義を発信することにも一定の意味があるのかもしれません。(もちろん現場第一でいかねばなりませんが)

壮年さんの使命も大きいのではと思います。私も頑張りますので共戦、連帯の絆も固く、広宣流布のために師子吼し
お互いの使命を全うしていきましょう。

お体を大切に・・・どうか良い新年をお迎えください。
心より御多幸お祈り申し上げます。
王者の剣dot 2015.12.29 13:53 | 編集
お返事を頂、区切りのついたところで、
時間を空けての連投、恐縮です。
賛同の意を表したいことがもう一つ。

>次々と民衆仏法の宗教団体としての姿を確立
>日蓮大聖人直結の宗教団体としての独立を勝ち取った歴史

これですよ。
それにつけても思うことは、創価学会が、
日蓮正宗信徒の一講中という位置づけ
(法華講のように)
ではなく、独立した宗教法人として登録されていて
良かったなと。

確か、世間的法難が惹起した時に、宗門を守るために
学会は別法人として存在せしめたと聞いた事があるの
ですが、今となっては逆にその先見性が、(建前上は)
思いも寄らなかった宗門から信徒団体への迫害という
事態に対して、「魂の独立」を勝ち取るための好機と
するに寄与したなと。

勿論、池田名誉会長は最後まで僧俗和合を図り、
学会員の動揺を少しでも和らげようと忍従に忍従を
重ねながら、「法主」ならぬ「欲主(ほっす=餓鬼の主)」
を諌め続けたわけですし、先生を守りきれなかった
者たちがいたのも事実ですが、別法人としていなければ、
眼が覚めた後に、やはり厄介な法手続きやら何やらの
問題を引き摺ったでしょうから。

振り返れば、先を見据えた戸田先生の慧眼ですよね。

私は力不足ですが、どうか、王者の剣さんには、
明年も益々ご剣筆を振るわれて、良質なブログを
続けられますよう、ご期待申し上げます。
福島の壮年dot 2015.12.29 14:02 | 編集
壮年様

>日蓮正宗信徒の一講中という位置づけ
(法華講のように)
ではなく、独立した宗教法人として登録されていて
良かったなと。

そうですね。今日の学会の在り方を先師、並びに池田先生は見越しておられたかもしれませんね。
もちろん僧俗和合が理想ですし、私も再びそういう時代が来るだろうかと想像もしてみましたが・・・

池田先生の赤誠のご供養も、狂った法主によって完全に踏みにじられ、破壊され尽くしてしまいました。

そして池田先生は独立の道を選ばれました。きれいさっぱり決別して生きていくということで、
ここ数年、会員の多くの方も腹が決まったと思います。

創価を正義だと確信する民衆の連帯で戦う時代が来ましたね。
先生はその勇気を持ちなさいと教えておられるように思います。


池田先生にすべてを護ってもらえた時代から、一人一人が本物の師子として立たねばならない時代が
近づいています。「その時こそ君たちは立って戦いなさい!」「よろしく頼むよ!」
そんな先生の声が耳に聞こえてなりません。

きっとこれから行く手には大きな魔が待ち構えています。
その時こそ「異体同心」の連帯と団結が大事であり、
またその時こそ「一生成仏」の大チャンスの時です。

魔は必ず人の弱みにつけ込んで退転を狙ってきますので、
創価学会や池田先生への信の弱い人から篩(ふるい)にかけられます。
今こそ信心の剣を磨いて、襲いくるであろう魔に勝たねばなりません。

何であれ、いつの時代も強き信心以外に勝利の要諦はないはずです。
「先々の用心・・・」を心がけて、学会員らしく明るく楽しく、法のため師匠のために
尽くしていきたいと思います。

いろいろとご教示ありがとうございました。


王者の剣dot 2015.12.29 17:29 | 編集
1年前は、これだけでもすごい学会の発迹顕本と思いました。
しかし、11月に、ついに「創価学会仏」宣言ですもんね。

人間革命12巻で戸田先生がおっしゃっているので、創価学会仏という単語自体は、ずっと前から既にありましたが、
まさか、会則変更で、本気の学会の発迹顕本が見れるとは、そして、その時代に自分が居合わせるなんて、全く夢にも思っていませんでした。

今までの爾前迹門の十界の因果が全て破られて、ついに本因本果が明かされてしまったんですからね。
本当に驚きました。
永遠の凡夫dot 2017.03.06 20:38 | 編集
永遠の凡夫さん

こんばんは。コメントをありがとうございます。

そうですね。私は平成に入ってからの宗門問題で、私の信仰観が見事に打ち破られました。
それは僧侶よりも民衆が主役であるという法華経の世界、人間主義の時代の幕開けだったと思います。

宗門との決別、大誓堂の建設、会則改正等々、これらは創価学会の「発迹顕本」の姿そのものです。
権威、権力に弾圧を受けた時、また最も苦しみぬいた時に組織も個人も「発迹顕本」するということですね。

そして「発迹顕本」の後に、創価学会は世界に大発展していく時代に入りました。

その弾圧、苦難に耐えうる力が創価学会にも、会員にも本来備わっていて、その本来の姿(仏)を現わすために
魔は競うのだと・・・これが法華経の要の理(ことわり)だと思います。

これからも内外に大難がくることが予想されます。今はそれに備えて各人が生命を磨き、本物の師子となるように
精進していく時だと思います。先生もそれを待っておられます。

お互いに一騎当千の人材となるべく、純粋な信心で戦っていきたいものですね。
王者の剣dot 2017.03.06 23:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top