2016
01.30

生命に眠る師子

Category: 未分類


 信心をしている以上は実証を出したいというのは誰しも思うところです。いかに教学を学んでも、実証が出せなければそれは理屈で終わってしまいます。また人にも伝わりません。ちょうど今月の御書講義も『三三蔵祈雨事』で、「日蓮仏法をこころみるに道理と証文にはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず」との御文を学びました。結果を出すということがこの信心の大事な目的です。

 「君の命には無限の可能性がある」と言われますと、私はそれはそうだと今は思えるようになりました。「どんな願いも叶えゆく力が自分にはある…後は妙法でいくらでもその力を出せばいいのだ」と確信しています。
 不可能と思えることも可能にできる、だから不可能と思える道を歩いて、自分がそれを証明するのだ・・・それが御本尊様から与えられた私の使命です。「あいつは死んだよ」「あいつはひどい人生だよ」そう言われた私が、この信心で蘇生し、大逆転する・・・それが私に与えられた今世のシナリオです。

 信心の環境も決して楽ではありません。200世帯の自治会で学会員は3名、活動家は私一人という状態です。そういう自治区がいくつか集まったのが私の地区です。真言、念仏でなければ人でないという因習深い田舎ですが、ここが今世の舞台。広布の舞台に不足はありません。不足しているのは私の勇気です。




8a.jpg




 村中、折伏して回って、塩を投げられ村八分になった・・・そんなところまで私はまだまだです。しかし、折伏の機は熟していると思います。あとは語り抜くのみ。そう思うだけで私の身体は「やらんかな」の気持ちに燃え上がります。

 今は会う人毎に仏法対話に入れるまでになりました。この生命力も現証であり、功徳だと思います。「窮鼠猫を食む」ではありませんが、年中、背水の陣です。だからこそ力を出そうとすることができる。満たされた状態では本当の力は出ない。それは仏様の御計らいだと思います。

 時を待つのか、作るのか?私なりに考え、自治会の活動も務め、信頼と友好を築きました。学会員は村の付き合いをしないと冷ややかに思われていましたが、私は神社の勤めも拝むこと以外は断りませんでした。そのせいか「君がここまでやってくれるとは思わなかった、偉いと思った」と言われ、中には選挙の頼みも聞いてもらえる友人もできました。

 今、信心の確信も強くなり、創価学会と共に生きゆく運命を自覚し戦い抜いて行きたい思いです。心に池田先生があれば勇気はいくらでも湧いてきます。どの人の生命にも「師弟」という名の「師子」がいます。それはいまだ眠れる師子ですが、題目の音声に呼び出されて顕われます。この師子がひとたび立ち上がれば自分の不幸な宿命を打ち破り、環境、国土をも変えていけるのです。

 終始、魔が競って陣地を奪い合う綱引きのような日々ですが、それも御聖訓通り・・・まだまだ私の魔などは小さな魔です。いつかは もっと大きな魔を呼び顕して、妙法の宝塔を我が生命に厳然と打ち立てねばなりません。

 「命限り有り惜む可からず遂に願う可きは仏国也」(富木入道殿御返事、955㌻)との御金言を抱きしめて、学会精神、折伏精神をたぎらせ、舞台狭しとこの故郷の地で妙法流布に生き抜こうと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/168-925e2abd
トラックバック
コメント
大変な地域ですね
大変とは 大きく変わると

「人生には大きく変わる時がある。
ここが正念場という、宿命転換、人間革命の勝負時がある。
いかなる試練があろうとも、汝自身の戦場から
一歩も退いてはならない。
その時を逃がさず、断じて戦い、勝つことだ。」

私の地域は 会長 副会長が 学会員
私の支部も 総務部長 総務副部長 婦人部長が 学会員
私も ここへ越して5年 4年間自治会で 役員をやらせていただきましたが 出る幕無いって 感じですよ
私は 小学校 中学校と 同じ墨田区内 それも 今住んでいる所の近くに母校があるのです
我が家の並びは 舎衛の三億です
アマアマの環境ですね(笑)

でも ここにいるのも 少年部 中等部 高等部 そして 女子部
婦人部と薫陶を受けてきたお陰と思っています

どこにいようと 先生の弟子らしく がんばっていきますね
王者の剣さんの ご健闘を心より祈ります
ちよdot 2016.01.31 06:28 | 編集
ちよさんへ

自分がどこで生きるかそれも願兼於業ですね。
自分で望んで出てきた場所だと思う時があります。
やりがいのある国土世間ですが、その力が自分にあると思いたいです。

>「人生には大きく変わる時がある。
ここが正念場という、宿命転換、人間革命の勝負時がある。
いかなる試練があろうとも、汝自身の戦場から
一歩も退いてはならない。
その時を逃がさず、断じて戦い、勝つことだ。」

いい指導ですね。心肝に染めたいと思います。
まさに今、大きく変わる時です。
鳩が鷹になる時と心得、前進していきます。
王者の剣dot 2016.01.31 20:57 | 編集
非公開K様

素晴らしいコメントをありがとうございます。

社会部こそ人間革命の主戦場ですね。そこでの祈りを根本とした戦いに
広布は進展し、Kさんご自身の福徳もいや増すものと思います。

組織に出ないのには人それぞれ事情があると思います。縁する人や地域で
又復活される方もおられます。

そういう善縁の人になって行くことも大事だと思います。
Kさんでないと起こせない人がきっとおられることと思います。

私も昨日は支部壮年大会でしたので、元気に活動報告をいたしました。
参加者の方を見ていまして普段、積極的に学会活動に出ている人はやはり元気、表情が違います。
記念の写真を撮りましたが、皆さんの表情で大体わかりますね。

この人のように元気で溌剌と生きていきたい・・・私もそう思われるような自分を目指したいと思います。

まだ寒い日が続きますが、風邪などひかれませんように元気でお過ごしください。

 
王者の剣dot 2016.02.01 11:37 | 編集
 無冠の友として、毎朝の配達ご苦労様です。
 私の母も昨年無冠の友として40年続け、ありがたくも表彰していただきました。
 毎朝、3時4時代に起床し、朝早く出勤する方々にも新聞をと配達しているようでした。
 また、新聞啓蒙でとっていただいている外部の方への配慮も相当しているようでした。毎月、月末になると集金があり、苦労しているようですが、外部の方と仲良くなり信頼を勝ち取っているように思えます。 
 信心の大先輩として、見習わないといけないなぁと思います。。 
 それよりも、、長男の私に厳しい母でしたので、、、、、息子としても大変でしたが(笑)
 まだまだ、寒い時期が続いております。また、インフルエンザなども大流行しておりますので、どうかお体にはお気を付けくださいますように。

 さて、2点、ご報告させていただきたいと思います(笑)
 といっても、いつも私が勝手に閲覧し、コメントさせていただき、王者の剣さまにご丁寧な激励のコメントをいただいているのですが、、、(お手数をお掛けして申し訳ございません)。

 1点目。 30代後半にして、昨年から1年間牙城会大学校に入校させていただき、2月7日に無事卒団させていただきました。 
 私は埼玉に住んでおりますが、卒団式は先生が先日お見えになられた埼玉文化でさせていただきました。また、最後にありがたくも、総県代表で牙城会歌の指揮を取らせていただきました。 一年間牙城会大学校のメンバーを一生懸命面倒見て下さった
役員の方々への感謝の思い、また昨年決意したことをすべて勝利で終わらせることができたことへの感謝の思い、でとらせていただきました。
 これから本番の着任になります。 会館の警備だけでなく、池田先生の名代として会員の皆様をお迎え、またお送りする、等如敬仏の気持ちで着任させていただきたいと思っております。 また、年齢的にも後輩を育てていく年齢となっておりますので、自分自身の使命をしっかりと自覚し、後輩育成も含め戦ってまいりたいと思います。

 2点目。実は牙城会大学校に入校するときの願いの一つに、結婚をしたいという自身の願いもありました(笑)
  特に昨年の秋から、会社の同僚への折伏のために唱題を必死にあげ、その方への折伏をする中で、以前にもお話致しました方をご紹介いただきました。
 その方との結婚を意識し、さらに唱題を重ねる中で、不思議と感謝の祈りに代わり、先生にお誓いした社会部の結成と一つ一つ決意したことが結果として叶えることができました。戦っていくなかで不思議と決まっていくものだ、とよく聞きますが、本当にその通りでした。
 祈りの確信をつかむ、そんな戦いをしてきましたが、先週、彼女から結婚OKとのご返事を頂きました。本当に不思議なだなぁって今さらながら思います。
 当たり前の話ですが、これからが人生の勝負となります。
 お互いに仕事を続けていくことになりますが、大黒柱として彼女を支え、またお互いに創価門下生として師匠であり、創立者池田先生とともにさらに戦い、実証を示してまいりたいと思います。
 また、楽しく朗らかな家庭にしていきたいと思います。
 
 いつも長文で読みづらくて申し訳ございません。
 そして激励ありがとうございました。
 
 本日の新・人間革命でも埼玉の歌をご紹介いただきましたが、連日埼玉への沢山の激励をいただいております。埼玉が勝てば、、、とおっしゃっていただきました。
 先陣の旗を持って、断固法戦の戦いに勝利してまいります。 
 
kendot 2016.02.08 17:11 | 編集
ken様

いつも素晴らしい報告ありがとうございます。
こちらが頭を下げて教えを請わねばならないほど、素直な信心です。(笑)

あなたのような息子さんをお持ちのお母様は、幸せなお母さんです。
またそんなお母様の元で育ったkenさんも幸せな方です。
それにしても3時、4時起きの40年間の配達、できるものではありません。
御本尊様の功徳はkenさんだけでなく子子孫孫、末代までも一族を荘厳していくことと思います。
本当に素晴らしい・・・ネットの彼方からお母様に最敬礼しないといけませんね。

牙城会大学校、そして前に言われていた結婚のこと、重ねておめでとうございます。
お二人の前途を祝福申し上げます。

謗法の家で生まれた私は、30年毒気に喘ぎ、罪を償い、ようやく信心の土台ができたように思いますが、
kenさんはその土台を持ってこの世に生まれてこられたように思います。
それこそが福子の方の福運だと思います。

何があっても題目根本、師弟根本で、彼女とお二人で絆を深められ、
広布の牙城ともいうべき素晴らしい家庭を築いていってください。

埼玉は先生が広布の勝敗を決する大事な地域だとお考えの県です。
その埼玉で創価の三色旗を高々掲げ、勇気ある信心で広布の峰を越えていかれますようお祈りいたします。

 
王者の剣dot 2016.02.09 01:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top